企業に社宅がある訳!引っ越して入居したくなる理由!

近年では福利厚生に社宅制度を取り入れている企業も多い傾向にあり、気になっている方や、実際に引っ越しを考えている方も少なくはないかと思います。

そこで今回は、社宅制度が存在している訳や引っ越したいと思わせる理由(利点)、反対に社宅の困った点、違約金に関することなど、社宅制度について記載していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートの一階は特に注意?!賃貸でもできる防犯対策とは?

世界から見れば安全といわれる日本ですが、犯罪が全くないわけではありません。住宅を対象とし...

退去時のアパートの壁紙の張り替えはだれが負担する?

住んでいたアパートを退去する際、原状回復が求められますよね。原状回復に関する項目の中では...

徹底調査!アパートの1階と2階ではどちらが生活しやすい?

アパートの1階は、あまり人気がない傾向があります。1階というと、日当たりが悪い、空き巣に入られや...

旗竿地の購入は後悔するだけ?!ブログで学ぶ成功例

住宅を建てる場合、旗竿地という言葉を聞いたことがあるかもしれません。旗竿地とは、狭い通路の延...

アパートの部屋が臭い!その原因は一体何!?

賃貸物件のアパートで暮らしていると、家賃や部屋の広さだけでなく、臭いも気になりますよね。アパー...

敷金の返還に差が出る!アパートのお風呂場をきれいに掃除

アパートに入居するとき、敷金や礼金・仲介手数料といった初期費用がかかりますが、敷金については返還...

狭いアパートのリビング収納術!スペースを有効に利用しよう

リビングは、居室の中でも多くの時間を過ごすスペースです。そんなリビングは、心身ともにくつろげ...

アパートで雨漏りが発生!家賃減額の交渉をする人も存在?

知らぬ間にアパートで雨漏りが発生していたとなると驚いてしまいますよね。雨漏りによってこうむっ...

マンションでピアノを弾くために!物件の選び方と防音対策

マンションを探している方の中には、ピアノが弾けることを条件としている方もいるでしょう。し...

アパートのアンテナ端子は様々!テレビを見るための接続方法

はじめて一人暮らしをするとき、さみしさを紛らわしてくれるのは、テレビだったりします。実家で使...

マンションを購入するなら新築?中古?購入者ブログを参考に

マンションを購入しようと考えている場合、決め手となるのは何でしょうか?新築であること、中古で...

アパートの壁紙にカビが生えてしまった!原因と対策をご紹介

何気なくアパートの壁を見たとき、壁紙にカビが生えていることに気づいたら焦ってしまいますよね。アパ...

【新築一軒家】おすすめの間取り・人気の間取りが知りたい!

新築で一軒家を建てるなら、後悔しない間取りの決め方を学びたいところですよね。この記事では...

新築の玄関をおしゃれに魅せる!そのためのテクニックとは

家を新築するなら、いろいろな部分にこだわりたいものですよね。居住スペースの他にこだわりたい場...

アパートでBSデジタル放送が無料で見れる?どんな内容なの?

アパートやマンションといった賃貸物件を探していると、「BS」や「BSアンテナ」という文字を見かけ...

スポンサーリンク

社宅に引っ越したい?存在している理由

社宅とは一体何なのかといいますと、企業側が住む場所を社員に安く与えてくれるというものです。

詳細に言えば、借り上げ社宅と社有社宅の二種類が存在しています。

安価に入居できるため、社宅に引っ越ししたいと感じる方も少なくはないでしょう。

社宅が存在している理由としては「福利厚生のため」です。

就職活動を行ったことがある人のなかには、企業の福利厚生が優れているか否かという点も重要視しているという人もいるかと思います。

そのくらい企業側の福利厚生には魅力があり、需要があるのが雇用市場です。

福利厚生が優れているという特徴を持つというのは、企業側にとって大きなアピールポイントになるのでしょう。

いかに優秀な人を確保できるかという点においても重要なのですね。

また、面倒で手間のかかる賃貸借に関する手続きも不要になるため、スムーズに住めるという点もポイントが高い部分になります。

社員からの満足度をアップさせるためには社宅制度を取り入れても良いですよね。

次項では、その他の理由も考えてみましょう。

転勤のしやすさも考慮したというのが理由のひとつ

前項では、社宅についてや社宅が存在している理由として「福利厚生のため」という点を挙げましたね。

しかし、福利厚生のためという理由だけではなく、その他の理由も挙げられます。

それは「転勤のしやすさを考慮した」という点でしょう。

いろいろな場所に配属先がある企業にお勤めであれば、もしかしたら突然転勤することになるかもしれませんよね。

実際に数か月で転勤になってしまったなどのお話も耳にすることがあるでしょう。

その場合には、社員は引っ越しをしなければならないかもしれません。

アパートを見つけて、賃貸借に関係する手続きを済ませて、お金を用意して、としなければならないことが多く大変に感じることでしょう。

このような部分は社員に負担をかけてしまう部分でもありますので、できれば少しでも負担をなくしたいものですね。

このような意味で社員を手助けするだけではなく、仕事へのやる気をキープさせるためにも社宅制度は有効です。

社宅に引っ越ししたい理由はその利点にアリ!?

今現在、社宅に引っ越しをしたいとお考えの方も少なくはないのではないでしょうか。

その理由は、社宅の利点に隠されているようです。

やはり、よく聞く利点として多いのが「費用の抑制が可能」ということでしょう。

上記でお伝えしたように、社宅制度を適用する場合には住む場所を安く手に入れることが可能になるため、経済的なのは想像しやすいことですよね。

他にも企業によって違いが出てくる部分ですが、いろいろと手助けをしてくれるパターンも存在しているとのことです。

例えば、支払いは家賃のみで電気代などは支払わなくてもOKなパターンもあるようです。

さらに、なかには設備(クーラーなど)があらかじめ社宅に設置してあるという場合もあり、そのような場合には非常に助かります。

家電の購入などには費用がかかってしまうことも多いですからね。

また、「社宅が勤め先から近距離のところにあって楽」という声もみかけました。

勤め先から近距離である場合には身体的にも精神的にも楽ではないでしょうか。

健康に過ごすうえで心身のストレスは軽減されるほうが良いですよね。

これは、時間を有効的に使うことが可能だということが言えます。

移動距離が短い分、移動時間の短縮につながり、余った時間を使って自由なことができるためです。

社宅に引っ越しをすることの困った点について

前項では社宅に引っ越したい人がそう考える理由についてみていきました。

費用面も距離の面でも社宅は優れている傾向があると言えますね。

では、その反対に社宅に引っ越しをする際に生じやすい困った点について考えていきましょう。

よく耳にする意見としては「社宅自体が気に入らなかった」という意見です。

これは、費用面や距離の面では問題なく、他の面(構造・間取り・場所・部屋の位置・セキュリティ対策の面など)が気に入らなかったという内容ですね。

企業側としては近距離であるという面を一番に考慮している傾向にあるため、このような事態が発生してしまいがちなのかもしれません。

「思っていたのとは違った…」と後悔しないようにするためにも、社宅へ引っ越しを行うのかを慎重に判断することが求められています。

さまざまな事情で社宅を引っ越ししたいと思う人がいる

ここまで、社宅に引っ越しをする利点や困った点を挙げてみました。

きちんと納得したうえで社宅に引っ越しができれば、利点のほうが上回る可能性があるのではないでしょうか。

しかしながら、さまざまな事情や理由でせっかく社宅で暮らせていても転居したいと感じる人もいるようです。

まず例を挙げるとすると、「騒音問題」ではないでしょうか。

騒音問題は共同住宅で生じてしまう傾向にあり、もしかしたら社宅でも発生してしまう可能性もゼロではありません。

いろいろな利点が得られるのですが、騒音問題を抱えてしまっては困ります。

私たちが何気なく発している生活音が周囲の部屋に住む住民を不快にさせてしまっている可能性もありますし、反対にその逆のケースも少なくありません。

まずは自分が騒音問題を招かないように防音対策を実施するのが好ましいですね。

また、周囲の部屋の騒音にお困りの場合には管理会社に伝えるのが得策です。

騒音問題だけではなく、嫌がらせ行為を受けているなどの場合にも管理会社に伝えるのがベストです。

次に挙げたい例としては「結婚した場合」「家族が増えた場合」などでしょうか。

家族が増えた場合というのは子供が生まれた場合などですね。

また、親の介護などが必要になったなどの事情が出てくる場合もあるのではないでしょうか。

社宅から引っ越しを行うときの違約金ってどうなの?

前項では、社宅から引っ越しをしたいと感じる場合のその事情や理由について述べてきました。

騒音問題などの問題を抱えてしまっていることの他に、結婚した場合や家族が増えた場合などが挙げられましたね。

では、ここで気になるのが社宅から引っ越しを行う際には違約金がかかるのか否かという点ではないでしょうか。

結論から言いますと、場合によります。

これは企業ごとに判断が違ってくる部分ですから一概に言えることではありません。

さらに、企業からの引っ越しの許可が下りるか下りないかが重要なポイントにもなってきます。

結婚したなどという理由であれば許可が下りやすい傾向にありますが、騒音問題や嫌がらせ行為などという事情の場合はなかなか許可が下りにくい傾向にあると考えられています。

費用面も距離の面でも社宅は優れているのが嬉しい利点

社宅制度は福利厚生に含まれていて企業側の大きなアピールポイントになっている他、転勤のしやすさを考慮していることも同時にうかがえます。

また、社宅に引っ越ししたいと感じる人がいるのは嬉しい利点があるからです。

特に費用面や距離の面では社宅が優れているということが可能でしょう。

社宅に引っ越しを行うかどうかは慎重に判断して後悔がないようにしましょう。