CATEGORY

防音

  • 2020年1月27日

木造アパートに住む前に知ろう!「新築」なら騒音は大丈夫?

これから物件を探そうとしている方のなかには、どのような構造の物件にしようかと迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、「木造アパートには騒音の問題があるというイメージがあるけれど、新築なら大丈夫ではないか?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。そこでここでは、これから物件を探そうとしている方のために、木造アパートについて詳しくお話ししていきますので、ぜひ、参考になさってください。

  • 2020年1月19日

木造住宅は防音対策が大切!家を新築するときに考えること

木造の家を新築するときに、気になる問題が音の漏れについてです。近隣住民からの騒音だけでなく、自らが騒音の発信源になり、これから長く住み続けていくことになる土地で、騒音が原因によるご近所トラブルに発展してしまうのは避けたい事態でしょう。また、上下階、あるいは隣室など、同じ家に住んでいる住人同士で騒音に悩まされることもあります。そこで、今回は家を新築するときにできる防音対策についてご紹介していきます。賃貸住宅である木造アパートでの防音対策についてもご紹介するので、そちらも参考にしてみてください。

  • 2020年1月3日

賃貸物件は木造と鉄筋のどちらを選ぶ?防音性の違いについて

賃貸物件に住むにあたって気になるのが、防音性についてです。たくさんの人が住む賃貸物件では、音による近隣トラブルが起こりやすいので注意が必要です。そこで重要になるのが、賃貸物件の構造についてです。木造か鉄筋かでも防音性に違いがありますので、それぞれの特徴を知り、防音性についても考えていきましょう。

  • 2019年9月30日

窓・床・壁には防音シートで騒音予防!気になるニトリの商品

暮らしのなかで発生する足音や人の声は、隣人に迷惑や不快感を味わわせてしまった時点で騒音問題に発展してしまう恐れがあります。そのようなことを予防するためにも、窓や床、壁といった箇所に防音シートを設置することをおすすめします。そこで今回は、防音シートにスポットを当ててお話を進めていきます。その中で、気になるニトリの防音商品のご紹介もさせていただきます。

  • 2019年9月20日

木造アパートは新築だったとしても防音性が低いの?

これから住むアパートを探すとき、家賃や防音性、間取りや駅近など、いろいろな条件をもとに比較しますよね。一般的に木造アパートは家賃が低めに設定されていることが多いため、木造アパートをメインに探されているという人もいると思います。しかし、木造アパートは防音性が低いといわれているため、神経質な人は気になってしまうかもしれません。新築の木造アパートであったとしても、やはり防音性は低いのでしょうか。

  • 2019年8月29日

部屋を防音するために!防音ドアの効果を知り利用を考える

好きな音楽を流してリフレッシュ、楽器の演奏、友人と集まって楽しい時間を過ごす。多くの方にとって、ストレス解消ができる特別なひとときですよね。学校や職場で気を遣っている分、自宅では思い切り好きなことをしたいと思う方も多いのではないでしょうか。部屋の防音効果を高めれば、同居している方に迷惑をかけずに楽しめるかもしれません。ここでは、防音ドアをはじめ様々な防音アイディアをご紹介します。

  • 2019年8月26日

木造住宅の騒音トラブルを防ぐ!床の防音対策おすすめ商品

木造住宅は、主に木材を使用している住宅のことで、日本では最もポピュラーな構造形式です。一方で、音が響きやすいというデメリットがあり、とくに集合住宅などでは騒音トラブルが問題となっていることも多いです。小さい子供をお持ちのご家庭では、子供が飛び跳ねたり走り回る音で、階下から苦情がきてしまうこともあります。ここでは、木造住宅の騒音トラブルを防ぐために、床の防音対策について考えてみました。

  • 2019年7月22日

窓の防音対策で外から響く音を緩和!賃貸物件でも可能!

賃貸物件での騒音と聞くと、周囲の部屋に住む人からの騒音被害などを想像する方も多いかと思いますが、決してそれだけではありません。例えば、ご自身の住んでいる部屋の窓を通じて、外からの騒音が響き渡ってしまうという騒音問題も挙げられます。そこで、当記事では賃貸物件でもできる、窓に施せる防音対策についてお伝えしていきます。

  • 2019年7月16日

窓の防音対策にはプチプチの使用は望ましい?他の方法は?

窓にプチプチを貼り付けて防音対策を行っているという意見も度々見かけますが、「プチプチは防音性に優れているのかな」と疑問に思う方もいるかと思います。プチプチの使用でもたらされる効果には防音は含まれているのか、当記事で考えてみましょう。また、防音対策として望ましいと考えられている方法についても一緒に記載していきます。