CATEGORY

造成

  • 2020年5月11日

家を建てる際は擁壁も重要!「耐用年数」は構築物にもある?

新築の住宅を建てる際に、ただ土地を購入して家を建てるだけではなく、「擁壁」を設置することが必要になる場合もあります。ここでは、その擁壁についてのお話やその耐用年数、その他の構築物の耐用年数や対応策などについてもお話ししていきます。これから新築・中古問わず、住宅の購入を考えている方は、ぜひ、参考になさってください。

  • 2020年2月17日

擁壁の意味や種類は?水抜き穴にはフィルターを設置しよう!

擁壁について深く考えたことはあるでしょうか。何気なく見かける擁壁にも、存在する意味やいくつかの種類があるのです。今回は、そんな擁壁の意味や種類についての基礎知識をご紹介し、擁壁に欠かせない水抜き穴や、水抜き穴に設置するフィルターに焦点をあててお話ししていきます。擁壁の見た目や耐久性を維持するためにも、擁壁についての知識を深めていきましょう。

  • 2020年2月9日

擁壁とは?斜面の土地に家を建てるときは距離や高さを守ろう

新しい家の建築を検討している方の中には、「斜面のある土地が購入候補の1つ」という方もいることでしょう。そのような場合、斜面に擁壁工事を行わなければならないかもしれません。ただし、擁壁(ようへき)をつくるにも法律、距離や高さなどの決まり事が存在します。それらの決まり事を知り、ルールにのっとった擁壁を設置しましょう。また、擁壁の種類や、すでに擁壁がある土地や家を購入するときのポイントについてもご紹介しますので、そちらも参考にしてください。

  • 2020年2月1日

塀や擁壁をきれいにしたい!洗浄・塗装のDIYにチャレンジ!

ご自宅の印象を左右する、塀や擁壁(ようへき)は汚れていませんか?いくら家の外壁やエントランスが美しかったとしても、それらを囲っている部分が汚ければ、美観は損なわれてしまいます。苔や雨だれ、排気ガスで汚れているなら、きれいに洗浄していきましょう。また、「DIYで塗装してみたい!」という方のために、塗料選びのポイントや作業手順もご紹介します。気になる方は、ぜひご一読ください。

  • 2019年12月23日

擁壁がある土地は確認が必要!擁壁の高さや確認申請について

現在、土地を探している方のなかには、がけになっていたり、高低差があったりする土地の購入を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのように、擁壁がある、または造ることが必要になる場合には、様々なことに気をつけなければなりません。ここでは、擁壁がどのようなものかということから、擁壁の設置が必要になる高さの話、その確認申請についてなどをお話ししていきますので、ぜひ、参考になさってください。

  • 2019年12月5日

擁壁の確認申請は高さが決められている!建築基準法との関係

擁壁とは、崖などが崩れることを防ぐために作られた壁のことです。壁の形成には、コンクリートで固められていたりブロックや石が使われています。新築一戸建てで擁壁が必要な土地を選んだ場合、どのような擁壁を造ればいいのでしょうか。擁壁には高さの基準があり、建築基準法で決まっています。擁壁の高さによってどのような違いがあるのか、擁壁における建築基準法について解説します。

  • 2019年9月28日

法面の草刈にはこれを使おう!法面用スパイクで疲れ知らず!

賃貸物件を持っている方で、敷地内に法面がある場合、定期的な草刈が必要となることでしょう。しかし、法面は平地と違い斜面となっているため、草刈をするにもなかなか重労働になってしまいますよね。大変な草刈を楽にするためには、法面用スパイクを使うといいですよ。こちらでは、法面用スパイクをご紹介します。どのようなものか、使い方なども一緒にお伝えします。

  • 2019年9月27日

擁壁の確認申請は必要?擁壁の高さによって確認不要の場合も

擁壁があるような中古住宅や、擁壁を造る必要がある土地の購入を検討している方は、擁壁の確認申請について知っておく必要があります。擁壁は高低差がある隣り合った土地に造って土砂が崩れないようにする壁ですが、擁壁の高さによって確認申請は不要になる場合もあるのです。また、確認申請がされているかどうかによって、擁壁の安全性が問われることになります。擁壁の高さによってどう確認申請が違うのか、安全性の違いなどもお伝えしていきます。

  • 2019年9月19日

擁壁がある物件購入には注意が必要!崩れた責任はどうなる?

擁壁があるような物件は景色が良かったりするため、魅力に感じられる方も多いですよね。しかし、そのような物件の購入を検討している場合、注意が必要です。擁壁は年月が経つことによって崩れやすくなり、新しいものだとしても地盤の弱さによって崩れやすいことがあるからです。また、崩れによって起きた損害賠償責任を問われてしまうこともあります。擁壁とはどういうものなのか、強度はどうなのか、崩れた責任はどうなるのかお伝えしていきます。