CATEGORY

法令

  • 2019年7月3日

建築基準法にある居室の定義を知る!台所は居室になるのか?

建物は建築基準法をもとに作られています。もし建築基準法を守っていないことが分かれば、新築の場合でも是正の命令を受けて罰則を受けることがあるかもしれません。実際には施工会社が知識を持っているため大丈夫なことが多いですが、何が良くて何が駄目なのか自分でも知っておくと良いですよね。記事では、新築基準法にある居室に注目し、居室の定義や台所など居室かどうか曖昧な部分についてもご説明していきます。

  • 2019年6月23日

窓の幅や高さに決まりはある?建築基準法をもとに考えよう!

住宅を建てるときには、窓の配置も重要なポイントとなります。どこに窓を作るのか、幅や高さなどのサイズはどうするのかなど、決めなければならないことがたくさんあるでしょう。しかし、日本で住宅を建てるときには建築基準法にのっとった窓造りをする必要があります。今回は、建築基準法における窓の基本的な考え方についてお話しします。また、窓の役割や種類についてもご紹介するので参考にしてみてください。

  • 2019年6月19日

ビルの窓に貼られている三角印!あの赤いマークの意味とは?

ビルやマンションなどの建物にある、窓の赤い三角形のマークを見たことがある方は多いのではないでしょうか。しかし、その赤いマークにはどのような役目があるかをご存知ですか。普段何気なく目にしている赤い三角マークには、重要な意味があります。ここでは、その意味や建築においての決まりについてお話ししていきます。

  • 2019年6月12日

その私道はだれのもの?通行権がないと車が通れないかも!?

車で道路を走るときに、その道路が公道か私道かについて考えている方は少ないのではないでしょうか。そこに道があるのなら、誰でも通行可能だと思ってしまいますよね。しかし、もし道路が私道だった場合、利用するには通行権が必要です。もし、これから土地や物件を購入する予定のある方は、隣接する道路について事前に確認したほうが賢明でしょう。

  • 2019年6月12日

登記を閲覧するときの手数料はどれくらいかかるのか

みなさんは、土地や建物といった不動産の所有者を確認したいと思ったことはあるでしょうか。不動産の所有者を知りたいと思ったときは、法務局へ行きましょう。法務局へ行き、登記記録を閲覧することで、所有者を確認することができます。登記記録を閲覧するときには、手数料を払わなければなりません。手数料は登記記録の取得方法によっても異なるのですが、一体どのくらいの金額になるのか、ご説明していきます。

  • 2019年6月11日

準防火地域とは?窓・サッシ・シャッターに規制があるの?

建物の建設を考えている、あるいは購入した土地が準防火地域だったらどうなるのでしょうか。普段聞きなれない言葉だからこそ、どのような規制があるのか見当がつかないことも多いでしょう。ここでは、準防火地域について、また防火対策として窓・サッシ・シャッターの規制についてもお話ししていきます。

  • 2019年6月11日

法務局で土地の所有者を確認したいときはどうすればいいの?

みなさんは、法務局で土地の所有者を確認したことはあるでしょうか。もし土地の所有者を知りたいときは、法務局へ行けば、所有者を確認することができるのです。ではどのような手順・方法で確認するのでしょうか。今回は法務局で土地の所有者を確認する方法を説明していきます。

  • 2019年6月10日

新築の際に必要な「登記」について解説!その意義や流れとは

家などの不動産を購入する際に申請が必要となる「登記」とは、どのようなものかご存知ですか?聞いたことはあっても、あまり詳しく知らない方が多いのではないでしょうか?不動産登記は、土地や建物が誰のものなのかはっきりさせ、その情報を公示(一般に公開)するために行う手続きです。こちらでは、新築する時に必要な登記とはどのようなものなのか、その意義や申請時の流れなどを詳しくご説明していきます。

  • 2019年6月9日

建築物設計の基本!建蔽率と容積率の求め方を解説

整然とした街並を確保するために、建蔽率・容積率などの各種の決まりが定められています。建築物を設計する際に、建物の規模を決定する基本が建蔽率と容積率となります。求め方や算定をする際の様々な条件が建築基準法で細かく定められているのです。今回は、建蔽率と容積率に関わるご案内をいたします。

  • 2019年6月8日

新築・増築・改築時に容積率、建蔽率を調べる方法は?

建物を新築や増築、改築する際、「容積率」「建蔽率」という言葉を聞くことがあるでしょう。容積率、建蔽率を知ることで、その土地に建てることができる建物の規模を調べることができます。今回は、容積率、建蔽率がどういうものかについて、また容積率、建蔽率を調べるための方法や気を付けることを、詳しくご紹介します。