ビルの窓に貼られている三角印!あの赤いマークの意味とは?

ビルやマンションなどの建物にある、窓の赤い三角形のマークを見たことがある方は多いのではないでしょうか。

しかし、その赤いマークにはどのような役目があるかをご存知ですか。

普段何気なく目にしている赤い三角マークには、重要な意味があります。

ここでは、その意味や建築においての決まりについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

賃貸契約書を紛失してしまった!紛失した際の対処方法

賃貸を借りる際に受け取る賃貸契約書。借りるにあたってのルールなどが記載された、大切な書類です...

窓から入りこむ音を遮断!シャッターを取り付けて防音対策!

窓から聞こえる音は、ときに騒音に感じてしまいます。人によって音の感じ方は違えど、静かに過ごした...

引っ越し先でトラブル!実は大家と不動産会社の関係が重要

引っ越しをした時、良質な物件で有あれば、すぐに快適に住むことが出来ますが、必ず良い物件に当たるとは...

窓に貼るフィルム!外から見えないからプライバシー効果抜群

賃貸物件に住んでいると、1階に住んでいる場合は特に、窓からの他人の視線が気になる方が多いのではない...

窓の格子にすだれを挟む?格子付きの窓の日除け&目隠し対策

格子付きの窓の日除けや目隠し対策に、何をお使いですか?夏場、窓を開けて風を通したい時など、カー...

賃貸契約書は重要書類!届かない場合はどう対処すれば良い?

賃貸契約にあたり、一般的には契約書が渡されます。署名捺印をするとても大切な書類になるので、賃貸に...

窓に貼れる遮光フィルムの種類は?100均でも効果ある?

賃貸物件にお住まいの際に、日差しが眩しい、カーテンが開けられないなど、入居されている物件の窓につ...

家賃滞納の時効と連帯保証人の保証債務の時効について知りたい

知人や身内の賃貸契約の連帯保証人になっている人は、たくさんいると思います。万が一、契約者が家賃滞...

貸主から敷金の返還で領収書の発行を要求された場合の対処法

賃貸を退去する際、部屋の状態が良ければ、普通なら敷金が返還されることになります。しかし、敷金...

建築物設計の基本!建蔽率と容積率の求め方を解説

整然とした街並を確保するために、建蔽率・容積率などの各種の決まりが定められています。建築物を設...

引っ越しが済んでも敷金が返還されない!一体いつ戻るの?

賃貸物件を解約すると、敷金が返還されることが多いでしょう。しかし、引っ越しが済んで日にちが経...

家賃の日割りなどで退去費用を損しないポイントをご紹介!!

引っ越しは何かとお金がかかりるので、少しでも安くしたいものです。引っ越し先の初期費用も抑えた...

建物の新築や増築は登記を行おう!用意する必要書類はなに?

建物を新築した際は、建物表題登記を行わなければならないことをご存知ですか?また、建物を増築した...

準防火地域だとサッシの価格が高くなる?その他の地域は?

都市計画として、都市の防災のために「防災地域」・「準防火地域」・「法22条区域」があります。...

窓を交換するときのために!高さなど寸法を知っておこう

建物に窓は欠かせませんが、実際にどんな大きさのものなのか、取り付け位置の高さも含めて寸法を把握し...

スポンサーリンク

高層の建物の窓に付いている赤い三角マークは何か

高層のビルやマンション、ホテルなどの窓に貼られていることの多い、赤い三角形のステッカーですが、あの印には、防災上の重要な意味があります。

あの赤い三角マークが何かと言うと、「消防隊進入口」や「非常用進入口」と呼ばれるものです。

火災や地震などにより災害が起こった場合に、消防隊員が消火や救出をスムーズに行なうための目印となっています。

非常事態が起こった時に、赤い三角マークがある窓を破ってその建物に進入することを示しているのです。

そのマークが貼られている窓は、ただの目印となっているだけではなく、他の窓に比べて壊しやすい窓であったり、外側から開けやすいように取っ手などが付いていたりする窓もあります。

また、非常用進入口の目印である赤い三角マークですが、大きさなどに決まりがあります。

どのような決まりかと言うと、「赤色反射塗料による一辺が20cmの正三角形によらなければならない」というものです。

外側から見ると赤い三角形ですが、内側は白地で、赤い文字で「消防隊進入口」と書かれているものや、両面とも赤いものもあります。

窓に赤い三角マークを貼る決まりがある?

ビルなどの建物の窓に貼られている赤い三角マークが何のためにあるかについては、おわかりいただけたかと思います。

災害時に重要となる非常用進入口の目印となっている赤い三角マークですが、それを貼る必要のある建物には条件があります。

そもそも、非常用進入口を設けることについては、「建築基準法」により定められています。

建築基準法のなかで、その非常用進入口の設置義務がある建物の条件として、次のようなことを挙げています。

●3階以上の階層(地上より31mまでの階層)に設置する

●対象の建物の外壁40m以内の間隔で設置する

●歩道や通路を含む幅員4m以上の道路や通路に面する外壁の各階に設置する

このように設置が義務付けられる条件のある非常用進入口ですが、高層の建物のなかには、赤い三角マークが貼られていない建物もあります。

そのような建物があるのはどうしてなのかについては、後ほどお話ししていきます。

窓自体の決まりもある?赤い三角マークを貼れる窓

建築基準法により、設置が定められている非常用進入口の印である赤い三角マークですが、そのマークを貼ることのできる窓の基準というものもあります。

赤い三角マークを貼ることのできる窓についての条件には次のようなことがあります。

●高さ120cm以上

●幅75cm以上

●床面から80cm以下に設ける

●外側からも開けられる窓

●防犯用の割れにくいガラスではないもの

これらのような条件を満たしていない窓であると、検査を通らない場合があります。

非常用進入口は、火災などの災害時に救急隊がスムーズに進入できるようにするための窓ですから、条件を満たせないのでは非常用の役割を果たせなくなってしまいます。

これまでお話ししてきたように、ビルなどの建物の窓に貼られている赤い三角マークには意味があり、そのマークを貼る窓にも様々な条件があることがおわかりいただけたでしょうか。

しかし、前章で先述したように、3階建て以上の建物のなかには、赤い三角マークが貼られていない建物や階もあります。

そのような場合があるのはどうしてなのでしょうか。

赤い三角マークを貼らなくてもよい場合もある!?

3階建て以上の建物など、先ほどご紹介したような非常用進入口を設置する条件にあてはまる建物であっても、赤い三角マークを窓に貼らなくてもよい場合があります。

そのような建物とはどのような場合なのでしょうか。

それは、次のような建物が該当します。

●非常用のエレベーターが設置されている建物

●燃えにくい材質の不燃物などを保管するだけのためのフロア

●冷凍室や冷蔵のための場所や美術品を保管するための部屋など、窓を付けることのできない場所

●非常進入口に変わる窓などを10m以内の間隔で設置している場合

これらのような場合には、赤い三角マークを貼らなくてもよいとされています。

そういったケースもありますので、3階建て以上の建物でも赤い三角マークがないからと言って、建築基準法に違反しているわけではありませんので、ご安心ください。

赤い三角マークを貼る条件があてはまる戸建て住宅の場合

先述したように、建築基準法では、3階建て以上の建物に非常用進入口を設けることが義務付けられています。

それでは、3階建て以上の戸建て住宅でも同じように設置されているのでしょうか。

3階建て以上の戸建て住宅の場合は、バルコニー部分に非常用進入口を設けているケースが多くなっています。

そのバルコニーには次のような規定があります。

●横幅:4m以上

●奥行:1m以上

と定められています。

その他、非常用進入口には、赤い三角マークを貼り、その窓の上に赤色灯を設置することも義務付けられています。

また、建築基準法では、住宅の場合は階数に関わらず、非常用進入口以外にも窓やバルコニーの設置について、隣りの住宅との境界からのスペースに関する決まりが定められています。

たとえば、境界から1m以内に窓やベランダがあり、隣家を見通すことができる場合は、目隠しを設置する義務があることなどが挙げられます。

このように、建物を建てる場合には、様々な建築基準法による決まりがあります。

専門の建築士の方が把握していることではありますが、知識のひとつとして頭の片隅に入れておくとよいでしょう。

赤い三角マークがある窓やその付近での禁止事項

これまでお話ししてきた通り、赤い三角マークが貼られている窓というのは、非常用進入口として、万が一の災害時に使用される重要な役割を持っています。

そのため、日頃からそのマークのある窓の周辺では気をつけておかなければならないことがあります。

●非常用進入口の前に棚や大きな荷物を置いてふさがないようにする

●非常用進入口となっている窓を外側から開けられない状態にしておかない

赤い三角マークが貼られている非常用進入口の窓の手前に棚や大きな荷物を置いてしまっては、いざという時に消防隊員が入る際の邪魔になり、すぐに消火や救出にあたることが困難になってしまいます。

消火や救出がスムーズに行なえないと、その災害による被害が大きくなる恐れもありますので、普段から上記のような状態にしておかないことが重要です。

また、非常用進入口に関わらず、建物の中にいる人が避難する際に使用する非常口や非常階段などのスペースにも、通行を妨げるようなものを置かないようにすることも必要でしょう。

非常時に使われるものの意味を知っておこう!

普段、何気なく目にしているマークにもそれぞれ何かしらの意味があるものです。

特に、非常時用に使われる箇所のマークのことは、知っていたほうがよいでしょう。

ここでご紹介したような、万が一の時に重要な役割をする窓や扉などの周辺は、常日頃から物を置いたままにしてふさぐことのないようにしておくことが必要です。

自分がいつも生活している環境の中に、非常時用のものがどこにあるかを確認しておくとよいのではないでしょうか。