Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

窓・床・壁には防音シートで騒音予防!気になるニトリの商品

2019.9.30

暮らしのなかで発生する足音や人の声は、隣人に迷惑や不快感を味わわせてしまった時点で騒音問題に発展してしまう恐れがあります。

そのようなことを予防するためにも、窓や床、壁といった箇所に防音シートを設置することをおすすめします。

そこで今回は、防音シートにスポットを当ててお話を進めていきます。

その中で、気になるニトリの防音商品のご紹介もさせていただきます。

窓や床の防音をしよう!

賃貸物件で暮らしている場合には、周囲の部屋から聞こえてくる生活音が響いてしまいがちですよね。

防音性能で賃貸物件を選んだ場合をのぞいては、多少なりとも耳に入る生活音で気が散ってしまうなんて可能性もあり得ます。

それでは、騒音にお困りな人にとって、例えばどのような生活音が聞こえてくる傾向があるのでしょうか。

よく聞くのが「足音」が大きく響いて困っているという意見です。

歩いている本人は普通にしているつもりでも、他人からしたら大きく聞こえるなんてこともありますね。

うるさくならないように気をつけて歩くべきなのですが、そこまで響いていないだろうと当の本人は思ってしまいがちです。

また、小さな子供がいるご家庭ですと、勢いよく走り回っていたり飛び跳ねていたりとアクティブな行動をする子供もいます。

他には「人の声」にお困りの方も多い傾向にあるようですね。

普段から大声で話しているのはもちろんのこと、子供を叱って注意しているときの声なども聞こえやすいとのことです。

さらに、家電の音や楽器の音など、生活音の範囲は幅広いものになります。

そこで、ニトリなどで取り扱っている防音シートなどのアイテムを活用するなどして、窓や床の防音を行うことをおすすめします。

騒音のストレスを受けないように、さらに騒音のストレスを周囲に与えないように、自ら防音対策を施すのが賢明なのですね。

ニトリでも買える!窓用・床用防音シートで騒音対策をしてみる

先ほどは、騒音のストレスを緩和させるために窓や床に騒音対策を施す大切さをお伝えしましたね。

では、具体的に何をしようか迷ったときのひとつの手段として、ニトリなどで見かける「防音シート」で騒音対策を行うという方法が挙げられます。

防音シートには窓用や床用などがあります。

貼りたい場所に応じて防音シートを設置していきましょう。

部屋が交通量の多い車道に面していたりすると車の音が響きますし、居酒屋が多かったりする場所ではガヤガヤしていたりする場合がありますよね。

また、電車が通過する音や踏切の音が気になるという場合もあることでしょう。

このように室外からの音に困っている場合には、窓に防音シートを設置するのが最適です。

窓の防音ができれば、室外から伝わる大半の音をシャットアウトできるとされているため非常に効果的なのです。

また、窓という限られた範囲だけ防音作業をすればいいので、気軽に行うことができるのではないでしょうか。

防音シートと聞いてイメージしやすいのが窓用ですが、床用のものも使い勝手がよく、防音に取り入れたいアイテムです。

防音シートを床に設置して床の防音を行うことで過ごしやすさが変わります。

足音が響き渡らないように作用してくれるのが大きなメリットです。

また、意外に響いてしまう物を落下させてしまったときの衝撃音も、床用防音シートがあれば音を緩和してくれるのも嬉しいですね。

窓・床だけじゃない!壁用の防音シートも◎

前項では、窓用・床用の防音シートを設置することについておすすめしました。

これらの他に、防音シートには壁用のものが存在していて、こちらも高評価を得ています。

理由は壁の防音を行えるからというのももちろんありますが、オシャレな空間に近づけられることも重要なポイントです。

単調になりやすい壁紙に変化をプラスできるのが、嬉しいポイントではないでしょうか。

現在のインテリアの雰囲気を邪魔しないような防音シートもきっとあるはずなので、探してみるのがおすすめです。

特におすすめのタイプといえば、レンガ模様が描かれているオシャレな防音シートです。

壁に設置すれば、落ち着いた空間かつ洗練されたデザインが映える空間になります。

壁用防音シートは設置のしやすさや剥がしやすさも兼ね備えた商品が多い傾向にあり、画期的です。

では、次項からは話題になっているニトリの防音関係の商品をお伝えしていきます。

床の防音シート!ニトリではこのような商品が!

さて、さっそくニトリの防音関係の商品をお伝えしていきます。

まずは防音シートのご紹介です。

【ニトリ:防音ノンスリップシート(HH防音)】

参考価格:740~2,306円

こちらの商品は好評で人気があるもので、とても便利な床用の防音シートです。

窓と同じく床の防音も大切なことはお伝えした通りです。

設置の仕方はとてもシンプルで、まずはさみでカットして使いたい分の防音シートを準備します。

そして、防音シートを敷き、そのうえにカーペットを敷くという順で設置していくというだけです。

足音やものを落下させてしまったときの音を和らげてくれるので重宝しますよ。

騒音問題を回避するためというのが大きな目的ですが、実は他にも嬉しいメリットが存在しています。

ひとつめは保温効果が発揮されるということです。

床から熱が逃げないことで、寒い時期の過ごしやすさも左右されるといっても良いのかもしれません。

ふたつめはふかふかな踏み心地が体験できるという点にあります。

みっつめにはカーペットがずれてしまうのを回避するという点を挙げることができます。

カーペットがずれてしまうことで生じるストレスの軽減にも役に立ちますね。

ネットのみ販売!ニトリの壁用防音シートについて

こちらの見出しをみてドキッとした方もいるかもしれませんが、ここでご紹介するのはネットのみ販売されているもの、いわゆる「ネット限定品」といわれているものです。

先ほどは床用の防音シートとしてのニトリの商品をお伝えしましたが、次は壁用の防音シートとしての商品をお伝えしていきます。

【ニトリ:簡単にプチリフォームができる厚み1cmのドリームクッションレンガ 3枚セット】

希望小売価格:4,980円(税込み)

壁用の防音シートのなかでも絶大な人気を誇る、レンガ模様が描かれたデザインです。

シックで大人っぽい雰囲気へと変身させてくれる優れものですね。

こちらの防音シートを使ってオシャレに騒音予防をしていくのはいかがでしょうか。

また、こちらの商品も防音性能だけではなく、部屋の保温性を高めてくれるように働いてくれるとのことです。

次項では一般的な窓用の防音シートについて少しふれていきます。

一般的な窓用の防音シートについて!

ここまで、床用と壁用の防音シートについて、ニトリの商品を2つご紹介してきましたね。

最後にふれておきたいのは、一般的な窓用の防音シートについてです。

一口に窓用の防音シートといってもさまざまな種類があるのは当然なのですが、そのなかでもシンプルなものがあります。

それは水の使用だけで窓に防音シートくっつけられるというものです。

水だけでくっつけられるとなると、かなりお手軽に挑戦しやすいのではないでしょうか。

防音シートを切るときは、窓のサイズよりも少し大きめにするのが最適なので知っておきましょう。

窓と防音シートを水で湿らせてから、窓にくっつける作業に入ります。

防音シートで不要になった箇所は除去しましょう。

ニトリでも見かける!市販の防音シートを活用しよう

窓用・床用・壁用と種類がある防音シートですが、目的に合ったものを見つけてみてはいかがでしょうか。

今回ニトリの商品を2つご紹介しましたのでひとつの参考にしてみてください。

市販の防音シートも活用して、騒音予防につなげていければ良いですよね。

 - 住まい, 防音