Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

19万の手取りでも家族三人は生活だって貯金だってできる!

2019.1.15

家族三人で生活する上で、手取り19万は少ないでしょうか。
それとも十分な金額でしょうか。

インフレ傾向にある現在の日本では、手取り19万では少なく感じるかもしれません。
ましてや、家族三人ともなれば、生活を切り詰めねばならないのかもしれません。

ですが、ちょっとしたことで、これは簡単に解消できます。
やる気と意識、この2つで手取り19万でも、立派に生活できる方法があることを証明してみせましょう。

手取りの19万を上手く運用する

最初に、19万という手取りについて、よく考えてみましょう。

この19万円は、家族三人が1ヶ月生活するのに十分な金額かどうか。

答えはYESです。

現在、家族三人で手取り19万で生活していて、毎月足りないという方は、少し意識を変えてみましょう。

19万をどう分配するのかを、改めて見直して、無駄な出費をどんどん省くだけです。
この意識改革が、19万を上手く運用する方法です。

具体的なことは、お金の流れを把握することから始めましょう。

19万円の内、家賃(住宅ローン)はいくら、食費はいくら、水道光熱費は・・・など毎月掛かる費用を算出します。

必ず支払いが発生するものに対しては仕方ありませんが、それ以外の出費を削るだけでも、月で数千円から数万円差が出ます。

意外と見落としがちなのが、通信費です。

ネット環境、携帯料金はお金が掛かって当然と思っているのであれば、大きな間違いです。
携帯料金が、夫婦で月に2万円以上掛かっている方は要注意です。

そこから半額以下にできますから、本当にその支払っている金額は妥当なのか、考えてみましょう。

こういった、ちょっとしたことだけでも、必ず結果になります。
お金の出方を意識するだけです。

これができるようになれば、確実に生活はできますし、貯金だって可能です。

家族三人それぞれができることから始める

手取りの19万を活かす道筋は見えました。

では、その道筋を活かすためには、どうすればよいのでしょうか。

まずは、家族三人という生活環境で、何ができるのか。
これについて、考えてみましょう。

手取り19万というのは、夫は働いているが、妻は働いていない状態の金額だと推測されます。
パートに出ていれば、夫婦合わせれば、大体25万程度にはなるはずですから。

では、なぜ妻は働いていないのでしょうか。

子供が小さくて働きに出られない、持病があってなど、考えられる理由はありますが、働けないことはありません。

やる気ひとつで、仕事は家庭内でも十分可能です。

具体的には内職です。
これなら子供が小さくても、目の届く範囲に置いて仕事ができます。

子供が小さければ小さいほど、時間に余裕がありますから、内職は大いに役立つことでしょう。

持病があるという方にも、内職はおすすめです。
タイピングさえできれば、クラウドソーシングで月2~3万円くらい稼いでいる人は、ざらにいます。

これらは、自ら調べるという、やる気を起こせば解決することです。
働く手段に困っている方は、ぜひ活用して欲しい手段のひとつと言えます。

手取り19万を活かすには固定費用の見直しが大事

1ヶ月の生活には、必ず支払わければならいものがあります。
それは、公共料金などの、いわゆる固定費です。

前述したとおり、家賃や住宅ローン、水道光熱費に学費や保険料。

これらは絶対に払わなくてはなりませんが、その支払金額を抑えることができれば、大きな節約につながります。

支払わなければならないお金と固定観念で決めつけないで、疑ってかかると見えてくるものがあるでしょう。

家族三人という規模にもかかわらず、住んでいる家が分不相応の大きさで、家賃が月に6万円の家に住んでいる。

妻が日中、家にいる間中テレビや電気をつけっぱなし。
調理時間が非常に長い。
契約している保険各種が、掛け金と内容の整合性が取れていない。

これらの問題点は、すぐにでも改善できるものです。

手取り19万ということは、固定費はトータルで考えても、10万以下に抑えなくてはなりません。

残りの9万を流動的な支払いに当てたり、貯金に回すことになります。
9万残っていれば楽ですが、4万しか残っていなければ、苦しいだけです。

もし現在、固定費が10万円以上掛かっている家庭は、見直しを検討してみると、目に見えて効果が出ます。

それほど、固定費というのは、ひと月の中で比重が重い支払いということです。

家族三人の生活環境を見直して節約につなげる

固定費見直しの重要性は、認識できたと思います。

次は、流動的な支払いについて考えてみましょう。
食費・交通費・日用品・通信費・遊興費・小遣いなど、金額が決まっていない支出を指します。

これらは、固定費よりも簡単に節約につなげることができますから、しっかり対策しましょう。

家族三人といっても、家庭環境はそれぞれ異なります。

その中でも共通するのは、手取りが19万ということです。
これを念頭に置いて考えていきましょう。

食費を例にすると、お酒やお菓子は節約できて、効果も大きいです。

その他にも電車通勤から自転車通勤へ、遠くに子供と遊びに行っていたのを地元へ変える。

先ほども少し触れましたが、携帯料金が夫婦で月に2万円掛かっている場合は、見直してみることをおすすめします。

スマホからガラケーにするだけで、月額が半分以下です。
つまり、年間12万以上お得になりますから、その分、貯金も可能ということです。

「仕事で使うから仕方ない」というのは違います。
電話やメールであれば、スマホでなくても、ガラケーで十分役割を果たしてくれます。

流動的な支払いを見直すときには、家計簿がとてもおすすめです。
こまめに家計簿をつけることで、無駄な出費が目に見えてきます。

固定費同様、流動的な支払いでも、節約の術がありました。
これらを、しっかり意識していきましょう。

手取り19万の中からできる節約とできない節約を考える

固定費、流動的な支払いについて考えてみましたが、その中でもできる節約とできない節約があります。

これは家族三人の家庭環境も大きく影響しますし、夫婦間の考え方でも差が出てくるかと思います。

例えば、家賃が6万の部屋で満足しているし、ここから4万の物件に引っ越すことは考えていない。

月2万も差があるなら、絶対引っ越したほうが節約としては間違いがないはずです。
ですが、その代わり、別のことで節約していれば良いのではないでしょうか。

家賃6万だけど、食費2万まで抑えてる。

無理そうに見えますが、家族三人で食費2万は可能です。

無駄な買い物はせず、セールなどの安売り時にまとめ買いや、毎食自炊をするだけでも、近い数字が達成できるでしょう。

人によって、できる節約とできない節約があるということです。

譲れる部分が価値観次第では、違っていて当然です。

手取り19万だけど、がんばって今月1万円余裕できたから、100円のプリンを1個買う。

確かに無駄な出費ですが、こういうがんばっている自分にご褒美は、節約生活へのモチベーションになります。

たまの贅沢は生活の潤いにもなりますから、少しくらいなら、取り入れることも良いのではないでしょうか。

家族三人での生活が苦しくても貯金は大切に取っておく

家族三人で手取りが19万でも、生活も貯金もできます。

今まで見てきた節約方法をしっかり実践していけば、お金に関しては、そこまで苦しい生活にはならないはずです。

スマホをガラケーに変更なんてできないと、考えているうちは苦しいままでしょう。

やれることはやってみましょう。
できないことをやるわけではありません。

仮に19万で生活していて毎月赤字になって、貯金を切り崩して生活をしているとします。
突発的な出費が重なったら、一体どうするのでしょうか。

冠婚葬祭は、社会人であれば、お金がないから出席できないというわけにはいきません。
子供の入学や、修学旅行などの学校行事にもお金が掛かります。

そういったことを考えておかないと、貯金を切り崩すことが、どれほど危険なことかわかるはずです。

妻が働けるようになるまで、貯金を少しずつ切り崩していくというのは、最終手段と考えておきましょう。

やる気次第で、節約はどこまででも可能ですから、意識を変えていくことが極めて重要です。

手取りが少なくても笑顔があふれる家庭が理想

19万の手取りでも、家族が協力し合えば、生活していくことは十分に可能です。
その協力し合っていく過程で、家族の絆は深まり、少しのことでは揺るがない家庭が築けるのです。

そんな素敵な家庭には、必ず幸せの笑顔が溢れているはずですよ。

 - ローン, 暮らし, 経済