法面の草刈にはこれを使おう!法面用スパイクで疲れ知らず!

賃貸物件を持っている方で、敷地内に法面がある場合、定期的な草刈が必要となることでしょう。

しかし、法面は平地と違い斜面となっているため、草刈をするにもなかなか重労働になってしまいますよね。

大変な草刈を楽にするためには、法面用スパイクを使うといいですよ。

こちらでは、法面用スパイクをご紹介します。

どのようなものか、使い方なども一緒にお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

境界トラブルを防ぐ!ブロック塀の積み方や撤去費用について

隣地との境界線上にあるブロック塀をめぐり、近隣トラブルに発展してしまうケースは少なくありません。...

境界フェンスをDIYで安く取り付ける!その方法と注意点は?

お隣さんとの境界はどのようにされていますか。プライベート空間を保つために、目隠しにもなって、...

境界線に塀や壁を設置したい!費用や高さに決まりはあるの?

新たに取得した土地に、塀や壁を設置したいと考えている方はいませんか?または、これまで住んでい...

旗竿地にカーポートを建てる際よくある隣家からの苦情とは?

旗竿地とは読んで字の如く旗の形をした土地のことを言います。つまり、通路部分が狭く、奥が広くなって...

住所の正式な表記を検索するには?書き方やコツも知りたい

みなさんは住所の正式な表記を普段からしっかりと把握できていますか。普段は簡易的な表記で住所を...

地目の一つである原野とは?その特徴や売買など詳しく解説!

地目が原野と聞いて、すぐにどのような土地のことだか想像がつかない方もいるでしょう。こちらでは...

地目が「畑」の土地に家を建てたい!気になる地盤について

家を建てるには、まず土地が必要です。宅地として土地を利用する際、気になる事項の一つに「地盤の...

農地は農地転用と土地地目変更登記が必要!かかる費用は?

土地を使っていなければ種類を変えて活かしたいものですが、その際にされる登記は土地地目変更登記といいま...

地目って何?原野は何て読み方なの?不動産用語を学ぼう!

不動産業務に関わる仕事をしている人でないと、なかなか使うことがない不動産用語。読み方がちょっ...

擁壁がある土地は確認が必要!擁壁の高さや確認申請について

現在、土地を探している方のなかには、がけになっていたり、高低差があったりする土地の購入を検討して...

地目が原野の土地に住宅を建てる場合!注意すべきポイントは

住宅を建てるために土地の購入を検討している方なら、地目という言葉を聞いたことがあるかもしれません...

地目が「田」の土地を駐車場にしたい!手続きと注意点は?

使っていない田んぼを有効活用するために、駐車場や宅地にしようと考える人は多いと思います。地目...

擁壁がある物件購入には注意が必要!崩れた責任はどうなる?

擁壁があるような物件は景色が良かったりするため、魅力に感じられる方も多いですよね。しかし、そ...

擁壁の確認申請は必要?擁壁の高さによって確認不要の場合も

擁壁があるような中古住宅や、擁壁を造る必要がある土地の購入を検討している方は、擁壁の確認申請について...

住所を相手に教えたくない!それでも荷物を受け取る方法とは

通信販売などで商品を購入する場合などに、自宅の住所を書くとその後、「頻繁にDMが届くようになる」...

スポンサーリンク

草刈が重労働になる法面とは?

賃貸物件を持っていれば、それを管理する必要がありますよね。

もし、敷地内に法面があるような物件であれば、草刈をする必要が出てくるでしょう。

法面とは、切土や盛土によって造られた傾斜地にある斜面のことです。

地盤が弱い場合はコンクリートなどで補強することもありますが、自然に土を固めたままの状態のものもあります。

ただ、自然な状態では草が生えてきてしまうため、草刈の必要性が出てきますよね。

もし法面の手入れをしていなければ景観がよくありませんし、賃貸物件を見学にきた方の印象を左右することにもなるでしょう。

第一印象で悪目立ちさせないために、定期的な草刈が必要です。

しかし、法面は急な傾斜になっていますので、実際に草刈をしようと思っても、足に負担がかかって思うように作業が進まないということがあるようです。

草刈自体はチェーンソーなどを使えば簡単に済むかもしれませんが、傾斜での作業は誰もが敬遠する作業となることでしょう。

こちらでは、足の負担を軽減させ、法面での草刈作業を楽にするスパイクをご紹介します。

次項から確認していきましょう。

草刈に使う法面用スパイクはどういうもの?

法面では斜度があるため、足を踏ん張るのが大変です。

足をしっかり地面に付けようとすると足首のところで曲がってしまい、足首に負担がかかってしまうのです。

足首が曲がった状態では足首が痛くなってくるだけでなく、足元が不安定で危ないこともあるでしょう。

足首を曲げないように立とうとしても、急な斜面では足の踏ん張りどころがなく、やはり不安定になってしまいます。

このように法面で草刈作業をしようと思うと、大変な労力になってしまうのです。

しかし、それを解消するための道具があります。

それが、法面用スパイクです。

法面用スパイクには種類があります。

片足だけ靴に付けるタイプ、両足の靴に取り付けるタイプ、長靴タイプなどです。

片足だけ靴に付けるタイプは、片足のみ滑らないようにするために金属製の長い刃先がついており、傾斜に沿った形状をしているものもあります。

両足に取り付けるタイプは、片足よりは小さめの刃先がついていることが多く、両足がすべらないようになっています。

長靴タイプは、長靴の底にスパイクがついています。

スパイクというよりも長靴としての役割のほうが強いかもしれません。

法面草刈でしっかり支える!片足スパイク「土手歩き」

法面草刈に使う法面用スパイクとして、まずご紹介したいのは、片足スパイクです。

片足スパイクは、片足でもしっかり斜面をとらえられるよう、金属製の鋭い刃先が付いています。

この刃先が斜面をしっかりとらえ、安定性にもすぐれているようです。

装着は、谷側の靴に付けます。

山側の足が不安定な場合は、簡易アイゼンを付けてもいいでしょう。

ここからは、片足スパイクでおすすめ商品をご紹介します。

〇イーハトーブ合同会社:草刈スパイク 土手歩き

・取扱店 イーハトーブ合同会社オンラインショップ
・希望小売価格 9,800円(税込)

なお、両足で使う左右セットも販売もしており、価格は18,000円(税込)です。

こちらの商品の優れている点は、平地でも足を水平に保てるところです。

元々斜めの形状をしているスパイクがありますが、その形状によって平地での安定感はなく、平地を歩く際は取り外す必要があります。

他の良い点として、踏ん張る際の刃先が10cmあることです。

滑らずしっかり地面を支えることができます。

なお、付ける靴はスニーカーのような軽量の靴でも問題ないようですので、蒸れやすい長靴を履く必要がないのもいい点と言えるでしょう。

こちらのイーハトーブ合同会社ではホームページもありますので、詳しくはそちらをご参照ください。

片足スパイクの軽量タイプ「土手歩きPRO」

前項では、法面草刈に使うための片足スパイクとして、イーハトーブ合同会社の「土手歩き」をご紹介しました。

「土手歩き」は1200gあり、その重さによって安定感があるのですが、イーハトーブ合同会社では、軽量タイプの片足スパイクも販売しています。

〇イーハトーブ合同会社:片足スパイク 土手歩きPRO

・取扱店 イーハトーブ合同会社オンラインショップ
・希望小売価格 16,000円(税込)

土手歩きPROで改良されたところは、靴を支える部分を広くし、靴をずれにくくした点です。

また、ベルトの装着がしやすくなった点も挙げられます。

他の工夫は、土踏まずの部分にバーを入れることによってその部分が指圧され、足の疲れが癒されるとのことです。

価格は安くないですが、丈夫でしっかりと足を支えてくれ、作業効率もはかどることを考えれば、おすすめできる商品になります。

頑丈さでも定評のある「土手歩き」「土手歩きPRO」、どちらも法面作業が活躍してくれそうです。

傾斜がきつくない法面草刈!両足スパイクもおすすめ

法面の傾斜がきつい場合には、片足スパイクでしっかり斜面を支えるタイプの法面スパイクがおすすめですが、あまり斜面がきつくないのであれば、両足スパイクで対応できるかもしれません。

両足スパイクは、片足スパイクよりも刃先が短くなっていますが、両足に付けられるため、両方の足をほどよく安定させることができます。

おすすめの両足スパイクの商品はこちらです。

〇セフティー3:草刈用すべり止めスパイク「ふんばるくん」

・取扱店 Amazon
・参考価格 2,604円(税込)

こちらの商品はネットでの販売が主なようです。

価格については、ネットサイトでご確認ください。

実際の使った方の声として、土手の草刈に役立っているようです。

滑りにくくなって作業が楽になった、という作業効率向上の口コミもありました。

なかには、斜面にもっと食いついてほしいという意見もありましたので、よりしっかりと斜面を支えたいのであれば、片足スパイクのほうがいいのかもしれませんね。

ずれる心配なし!長靴タイプのスパイク

法面草刈で使う片足スパイクや両足スパイクは、どちらも長靴などに装着して使うものでした。

しかし、それらのスパイクのなかには、ベルトがずれてきてしまうといった意見もあるようです。

それを解消するには、長靴タイプのスパイクがおすすめです。

長靴タイプのスパイクは底にスパイクが付いているため、普通の靴での作業よりは足の疲れを軽減できることでしょう。

また、長靴だと膝近くまで覆われており、濡れる心配がなく、刈った草が靴の中に入ってくるのも防いでくれます。

おすすめの、長靴タイプのスパイクはこちらです。

〇株式会社丸五:マジカルスパイク950

・取扱店 丸五オンラインショップ
・希望小売価格 8,800円(税込)

こちらの長靴は、鋼製スパイクとゴムスパイクがついており、斜面でしっかりと作用するようです。

片足スパイクよりは斜面をとらえる力は弱いかもしれませんが、長靴ならではの利点を活かしたいのであれば、こちらもおすすめです。

法面草刈に法面用スパイクを使ってみてはいかが

法面草刈は足の負担が大きく、普通の靴での作業は難しいことが多いでしょう。

そこで活躍するのが、法面用スパイクです。

法面用スパイクには、片足タイプ、両足タイプ、長靴タイプの3種類あります。

片足タイプは丈夫でしっかりと斜面と捉え、両足タイプはあまりきつくない法面での使用がおすすめです。

長靴タイプは底にスパイクが沢山ついており、ずれる心配がなく、長靴ならではの利点があります。

賃貸物件の草刈、法面用スパイクによって軽減できるといいですね。