隣との境界でのフェンストラブル!二重フェンスはどうする?

家を建てる場合に注意したいのが、隣との境界線で起きがちなフェンスの設置トラブルです。

フェンスに関してのトラブルは多く、設置する際には慎重になる必要があるでしょう。

トラブル例として、先にフェンスを建てた隣人からこちらにもフェンスを設置するよう要求されるということがあります。

二重フェンスはあまり見かけないことから、できればお互いの話し合いで問題を解決したいものですよね。

フェンスの設置トラブル、例を挙げて対処法などお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

登記では地番が所在地に!住居表示を所在地とするのは間違い

土地の購入などで登記事項証明書が必要になることがあります。その場合、記入するのに必要な事項と...

旗竿地にカーポートを建てる際よくある隣家からの苦情とは?

旗竿地とは読んで字の如く旗の形をした土地のことを言います。つまり、通路部分が狭く、奥が広くなって...

擁壁の意味や種類は?水抜き穴にはフィルターを設置しよう!

擁壁について深く考えたことはあるでしょうか。何気なく見かける擁壁にも、存在する意味やいく...

擁壁とは?斜面の土地に家を建てるときは距離や高さを守ろう

新しい家の建築を検討している方の中には、「斜面のある土地が購入候補の1つ」という方もいることでし...

地目変更を自分でやる場合と代理人に頼む場合!費用の違いは

購入する土地の地目が宅地以外の場合、住宅を建てるには地目を変更する必要があります。もし費...

農地は農地転用と土地地目変更登記が必要!かかる費用は?

土地を使っていなければ種類を変えて活かしたいものですが、その際にされる登記は土地地目変更登記といいま...

住所を正式に書くときの書き方について

郵便、契約書、招待状の返信等、日常において名前と住所の記載を求められるケースがありますよね。名...

角地の家には外構が絶対必要?外構がない家の通り抜け防止策

家を建てるために土地を選ぶ際には、利便性や環境を優先に検討されることでしょう。そして、住宅地のな...

境界フェンスやブロック塀の費用は?知っておきたい注意点!

家屋を囲む境界フェンスには、一般的なフェンスを始め、ブロック塀や柵など様々な種類が豊富にあるため...

登記事項証明書取得に地番が必要!地番検索を無料で行うには

土地などの不動産情報を調べるには、登記事項証明書などを確認する必要があります。しかし、登記事...

塀や擁壁をきれいにしたい!洗浄・塗装のDIYにチャレンジ!

ご自宅の印象を左右する、塀や擁壁(ようへき)は汚れていませんか?いくら家の外壁やエントラ...

住所の正式な表記を検索するには?書き方やコツも知りたい

みなさんは住所の正式な表記を普段からしっかりと把握できていますか。普段は簡易的な表記で住所を...

擁壁の確認申請は必要?擁壁の高さによって確認不要の場合も

擁壁があるような中古住宅や、擁壁を造る必要がある土地の購入を検討している方は、擁壁の確認申請について...

隣地との境界に塀をつくるとき気になる高さや注意点について

敷地には必ず、隣地や道路と領域を分ける「境界」があります。日本の住宅では、敷地の境界に塀など...

擁壁がある物件購入には注意が必要!崩れた責任はどうなる?

擁壁があるような物件は景色が良かったりするため、魅力に感じられる方も多いですよね。しかし、そ...

スポンサーリンク

隣人との境界に建てられるフェンス!なぜトラブルは起きるの?

新築の家を建てる際、フェンスの建設も合わせて行っていくことでしょう。

しかし、このフェンスの設置に関してのトラブルが非常に多くあることをご存知でしょうか。

フェンスは隣との境界線にあるため、お互いが気になってしまうポイントになるようです。

フェンスとしての問題はさまざまで、実に色々なパターンが考えられます。

境界線のどこにフェンスが建てられているのか、誰の所有になっているのか、フェンスの位置は適正なのか、はみ出していないかなど、それぞれの主張がぶつかって厄介なトラブルになってしまうのです。

お互いの主張がかみ合わなければ、それぞれの家にフェンスを建てるという二重フェンスという状態になってしまうこともあります。

見栄えの問題を考えると、二重フェンスという選択はあまり現実的ではない場合も多いようです。

これから長く付き合っていくであろう隣人とは、うまくやっていきたいですよね。

次項からは、フェンスの設置トラブルとして、具体的な例を挙げながらご説明していきます。

二重フェンスを要求?隣にフェンスが既にある場合に起きるトラブル

隣人との境界でフェンスの設置トラブルは起こしたくないものですが、実際には多くのトラブルが発生しています。

どのようなフェンスのトラブルが発生しているのか確認していきましょう。

まず、隣の住宅にフェンスが先に設置してある場合です。

先にフェンスが設置してある状況というのは、相手の敷地内にフェンスが設置してあるということであれば、フェンスの所有権は隣人にあります。

また、メンテナンスや取り壊しなども隣人が行う責任があります。

当然フェンスの使用権はこちらにはなく、例えばフェンスに何か引っ掛けたり布団を干すなど私用で使うことは避けなければいけません。

多く聞かれるトラブルとして、先にフェンスを建てた隣人がフェンスの使用を断ってくることが挙げられるのです。

こちらとしては元から使うつもりはなくても、隣人からすると費用をかけて建てたフェンスを共用のように使われることは避けたいことから起きるトラブルですね。

場合によっては隣人が二重フェンスを要求してくることもあるでしょう。

この場合、相手のフェンスだという認識を持ち、間違って使用することのないよう注意しなければなりません。

隣が空き地でも起きやすいフェンスによる境界トラブル

隣が空き地で自分が先にフェンスを設置するパターンも考えられます。

その場合、後々トラブルが起きないようにするためには、どのようなことに注意していけばいいのでしょうか。
それは、自分の敷地内にフェンスを設置するということがあります。

実際によくあるトラブルとして、フェンスが相手との境界線を越えてしまっているということがあるからです。

この場合、相手の敷地内にフェンスがはみ出ていることから、最悪の場合建て直しを要求されることも考えられます。

フェンスの設置は施工会社が行うものですが、隣地との境目である境界標がある場合は、自分でも確認してみると安心でしょう。

もし境界標が分からない場合は、施工会社に確認するか、土地家屋調査士に依頼する方法もあります。

隣人とのトラブルを避けるためには、隣地との境界をはっきりさせておくことが大切なのです。

ただし、先にフェンスを建てるということは、後に隣人がフェンスを建てて二重フェンスというような状態になることが想定されます。

二重フェンスを避けたいのであれば、隣人が土地を購入するまでフェンスの設置を待つことも必要でしょう。

共用フェンスにすれば二重フェンスは避けられる!境界トラブルは?

広い敷地であれば、それぞれの土地にフェンスを設置する二重フェンスもあり得るかもしれませんが、分譲地などでは景観の統一などの理由で、二重フェンスという選択はあまりないように思います。

二重フェンスを避けるためには、境界上にフェンスを建てる方法があります。

フェンスを境界上に建てることによって、共用フェンスにするのです。

共用フェンスであれば、お互いの境界に1つのフェンスで済みますし、費用も折半できることからお得でもあります。

それでは、共用フェンスにした場合にトラブルは起きないのでしょうか。

残念ながら、共用フェンスにした場合でもトラブルは起きています。

トラブルは建ててすぐに起きることはなく、メンテナンスが必要となったくらいの時期に起きやすくなります。

フェンスの老朽化によってフェンスの建て替えが必要になった場合、片方は費用を出すといい、片方は費用を出さないというパターンです。

設置されているフェンスを建て替えるか建て替えないかで、トラブルが起きてしまうのです。

フェンスが二重三重にも!?共用フェンスでの建て替えトラブルはどう解決する?

前項に引き続き、隣の境界に設置する共用フェンスでのトラブルについてお伝えします。

フェンスの建て替えの時期に、両者の意見が分かれてしまうことがあります。

この場合、フェンスの建て替えにどうしても同意してもらえない場合は取り壊す費用は折半し、新たにそれぞれのフェンスをどうするのか決めていくことになります。

そうなると、二重フェンスという状態になってしまうことも考えられますね。

または、建て替えをしたくない側は「もうフェンスは必要ない」と新たなフェンスを建てないこともあるでしょう。

話がこじれてしまった場合、共用フェンスはそのまま放置して、それぞれの土地に新たにフェンスを設置するという状況に陥ってしまうこともあるようです。

そこには3つのフェンスが存在することになり、見栄え以前に話がこじれてしまった象徴としてみられてしまうことにもなるでしょう。

共用フェンスは隣との共用であること、長い期間で考えると建て替えの際にはトラブルになりやすいことを覚えておいてください。

二重フェンスのメリットとは

ここまで、二重フェンスに繋がるようなフェンストラブルについてお伝えしてきました。

それでは、二重フェンスは悪いことばかりなのかと思われた方も多いかと思います。

しかし、二重フェンスにはメリットもありますので、それをご紹介していきます。

まず二重フェンスは、所有権がはっきりしていることがメリットとして挙げられます。

それぞれの土地にそれぞれ自分の好みのフェンスを建てることによって、全責任がそれぞれにあるため、費用や建て替えでトラブルになることはありません。

また、家にこだわりがあるようにフェンスにもこだわりのある方も多いかもしれません。

そういった方には、二重フェンスは自分のこだわりで建てることができるため嬉しいことでしょう。

境界を侵すことなく建てることができる二重フェンスは、敷地内トータルでコーディネートしたい方には特におすすめです。

共用フェンスか二重フェンスを取り入れるか、隣人との相性と自分のこだわりが決め手となりそうですね。

フェンスの設置での境界トラブルはさまざま

フェンスを設置することでの隣との境界トラブルはさまざまです。

隣に塀が先にある場合は所有者を確認し、相手の所有であれば共用フェンスのような扱いはしないよう注意しなければなりません。

隣が空き地の場合は自分の敷地内にフェンスを建て、境界線を越えないようにしましょう。

共用フェンスでは、建て替えの際にトラブルが起きがちです。

長い期間で考え、建て替えの際はどうするか隣人と話し合って決めておくといいでしょう。