新築のテレビには壁掛けを!設置ポイントやおすすめ商品とは

新築を建てることが決まると、テレビの買い替えを検討することが多いです。

テレビは、家族とのコミュニケーションを図るためにも重要なアイテムといえるため、新築に合ったものを設置したいものですよね。

そこで今回は、新築に壁掛けテレビを設置する時のポイントや、おすすめ商品についてご説明していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夢の一軒家を建てる!ブログを参考にローコスト住宅を知る

年々、ローコスト住宅の着工数は増えています。住宅にお金をかけることは、以前ですとステイタスで...

アパートの契約更新のときに無職だと更新できない?

アパートの契約更新を前に、会社を辞めてしまった。『アパートの契約更新のときには、言わなくてはダ...

二世帯住宅は同居扱いなの?それとも別居扱いになる?

一般的に、親世帯と子世帯が同居する住宅を、二世帯住宅といいます。建設コストを抑えられるとのこ...

初めての家屋調査!新築の調査、固定資産税の請求はいつ?

新築で夢のマイホーム。計画的にお金を貯めて、細かいところまでこだわった家を立てて、幸せな生活...

木造アパートの防音性!他の構造との比較と自分でする対策

木造アパートは防音性が低いといわれていますが、その理由はご存知ですか?単に防音性が低いと...

入居中のアパートで家賃を急に値上げと言われた時の対処法

賃貸アパートに住んでいると、毎月の家賃支払いは家計にも大きな影響を与えます。そんな家賃がもし急に...

アパートで一人暮らし!インテリアを楽しむヒントとは?

アパートではじめての一人暮らし。新しい生活がはじまると思うと、ワクワクもしますが、ちょっぴり...

一般的なアパートのドアのサイズには決まった規格があるの?

みなさんは、自分が住んでいるアパートのドアのサイズを知っていますか?知っているという人は意外と...

アパートの1階はカビが繁殖しやすい環境!理由や予防法は?

これから引っ越しをお考えの方で、アパートの1階を視野に入れている方もいらっしゃると思います。また...

エレベーターなしのアパートの4階!階段の上り下りは辛い?

賃貸物件を探している方で、「階段しかない4階以上のアパートの部屋の住み心地はどうなのか知りたい」...

アパートの契約に連帯保証人がいない!借りることはできる?

アパートなどの賃貸物件を借りる際、必要になってくるのが「連帯保証人」です。ですが、連帯保証人の...

困った!アパートでの苦情はどこに相談すればいいの?

賃貸アパートの建築件数が増え、部屋を比較できるというメリットもある反面、・鉄筋コンクリート造のマ...

アパートで一人暮らしをするときのレイアウト~1Kの部屋編~

アパートの1Kの部屋で一人暮らしを始めるという方はいませんか。1Kという間取りは広さに限りが...

アパートの管理会社が変わる時、どんなことに注意が必要?

突然アパートの管理会社が変わるという通知が来たら、どうしていいかわからない人も多いのではないでし...

アパートの玄関ドアの幅が狭くて荷物が入らない!どうする?

新しいアパートに引っ越しをするときや、新しい家電や家具を購入したときは、家に搬入しなければなりま...

スポンサーリンク

新築の壁掛けテレビ設置には壁の補強も検討を

新築に設置する壁掛けテレビは、そのサイズや重量も様々です。

新築の部屋のサイズや、家族構成などによってもそれは違うでしょう。

また、壁掛けテレビの寿命や生活の変化によっては、後に買い替えることも考えられます。

そのため、どのようなサイズや重量にも対応できるよう、新築に壁掛けテレビを設置する時は壁を補強しておくのがおすすめです。

ちなみに、壁掛けテレビを設置する時には壁に下地材を入れるのが一般的です。

しかし、壁掛けテレビのサイズによっては重量が多いものもあり、その下地材だけでは耐久性が不十分であることも少なくありません。

重量の多い壁掛けテレビを設置したことにより、壁に何らかの不具合が生じる可能性があります。

場合によっては、壁掛けテレビが床に落下することも考えられます。

それら防ぐためにも、新築に壁掛けテレビを設置するのであれば、それより大きいサイズでも設置できるよう壁を補強しておくと良いです。

新築を建てる時は、様々な部分でコストがかかります。

目につきにくい壁の補強などに関しては、つい消極的になりがちですが、後のことを考えて検討するのがおすすめです。

新築だからこそできる?壁掛けテレビをよりスッキリ見せる方法

壁掛けテレビを新築に設置する主なメリットといえば、スッキリとした見た目になるということでしょう。

壁掛けゆえ、新築にテレビ台などを設置する必要がなく、床のスペースも取りません。

また、壁掛けテレビをよりスッキリと見せるためには、ごちゃごちゃとした配線を隠すことも大切です。

配線を隠すことでほこりも溜まりづらくなり、新築の掃除が手軽になるということにも繋がります。

そのためにも、新築で壁掛けテレビを設置する場合は、その背面に収納スペースを作っておくのがおすすめです。

収納スペースがあれば、配線だけでなく録画機器などもそこに設置することができます。

壁掛けテレビに隠れるような位置に収納スペースを作れば、目隠しのための扉を作らなくて済みますね。

それから、収納スペースは配線接続や録画機器操作をすることも考え、大きめに作っておくのが良いでしょう。

このように、壁に収納スペースを作って壁掛けテレビをスッキリと見せるのは、新築ならではの方法ともいえます。

新築ゆえに悩みやすい?壁掛けテレビの設置位置を決めるポイント

置き型などに比べ、壁掛けテレビは設置位置の自由度が高いです。

それはメリットとして挙げられる一方、「設置位置が自由すぎて決められない」という声もあります。

それには、まず以下のポイントをおさえることが大切です。

・どのような体勢でも見やすいかどうか

新築の場合、どのような体勢でくつろぎながら壁掛けテレビを見るか、まだ決まっていないことも多いですよね。

そのため、壁掛けテレビはソファに座りながら見たり、床に寝転がりながら見たりなど、様々な体勢に対応できる位置に設置するのが望ましいです。

・壁掛けテレビのインテリア性を損ねない

壁掛けテレビは、絵画を飾っているかのようなインテリア性の高さも魅力のため、設置位置によりそれを引き立たせることも重要です。

次項では、42インチの壁掛けテレビをもとに、これらのポイントをおさえたおすすめの設置位置についてご説明します。

床から中心までの距離が重要!新築の壁掛けテレビの設置位置

前項で述べたポイントをおさえると、設置は床から壁掛けテレビの中心までの距離が、およそ100cmの位置であることが望ましいといえます。

まず、この位置に設置すれば、どのような体勢であっても壁掛けテレビは見やすいです。

もしも、これより高い位置に壁掛けテレビを設置してしまうと、首や肩が疲れやすく身体に負担を感じることが考えられます。

壁掛けに限らず、テレビは長時間見ることの多いアイテムのため、身体への負担は最小限にしたいものですよね。

また、壁掛けテレビのインテリア性を引き立たせるためにもこの設置位置はおすすめです。

壁掛けテレビは、設置位置が低すぎると新築の部屋が重たい印象になってしまいます。

新築の方角などによっては、せっかくの壁掛けテレビも画面が暗く感じてしまうこともあるでしょう。

昨今の壁掛けテレビは高画質なものが多く、その美しさを楽しむためにもこの設置位置を目安にしてください。

新築の壁掛けテレビは金具も重要!配線接続なども想定して設置を

壁掛けテレビは、新築に設置してもその分のボリュームが抑えやすいのも魅力です。

見た目にもスッキリするだけでなく、ボリュームが抑えられることで、新築の部屋を広く使えるというメリットがあります。

しかし、だからといってあまりボリュームを抑えようとしすぎると、配線接続などがしにくくなってしまいます。

また、壁掛けテレビを新築に設置する時には専用の金具が必要です。

中でも、壁掛けテレビを固定するタイプの金具の場合、その点に注意してください。

そのような壁掛けテレビ金具は、アームタイプなどと比べ可動域が狭いため、故障しづらいというメリットもあります。

そのメリットを生かし、壁掛けテレビを使いやすくするためには、壁との距離が10cmほど開くよう調節するのがおすすめです。

壁との距離がそのくらいあれば、ほとんどの配線接続がスムースにできるでしょう。

壁掛けテレビを新築に設置する時は、そのタイプだけでなく、金具についても考えるようにしてください。

新築に設置したい!おすすめの壁掛けテレビ

壁掛けテレビには多くのタイプがあるため、「どれを選べば良いか分からない」という方も多いでしょう。

そこで最後に、新築におすすめの壁掛けテレビをご紹介します。

【ジョワイユ 32TVSPVR】

・参考価格:22,150円 (税込)

数ある壁掛けテレビの中でも、コスパに優れています。

そのため、「壁掛けテレビを試しに使ってみたい」という方にもおすすめです。

また、他の壁掛けテレビよりも画素数が少なめのハイビジョンではありますが、「それほど気にならない」という声も多いようです。

【シャープ アクオス LC-22K45-B】

・参考価格:26,400円 (税込)

こちらは、壁掛けテレビとしてはもちろん、パソコンのモニターとしても使える汎用性の高さが魅力です。

フルHDの高画質で、品質の高さにも定評があります。

壁掛けテレビとしては小さめの22インチで、一人暮らしの方や狭い部屋に設置する方にもおすすめです。

こちらの壁掛けテレビに備わっている「くっきり音声」は、声が聞き取りづらい高齢者がいる場合にも役立つでしょう。

壁掛けテレビは、もにのより価格が10万円を超えることもあるため、こちらのような高品質で低価格のものは、一見の価値があるといえます。

新築をきっかけに壁掛けテレビの設置検討を!

従来の新築ではあまり見かけなかった壁掛けテレビですが、昨今はその需要が高まりつつあります。

テレビを設置するためのボリュームが抑えられれば、その分新築の部屋を広く使うことができるでしょう。

また、壁掛けテレビは専用の金具が必要ですが、そのタイプにも様々なものがあります。

金具によっても壁掛けテレビの使い勝手が大きく変わってくるため、新築に設置することを想定して選ぶようにしてください。