新築の間取りおすすめ6選をご紹介!

新築で家を建てるとき、どんな間取りにするか悩みますよね。

そこで今回は、今人気があるおすすめの間取りをご紹介いたします。

家族の形はそれぞれですし、それによって間取りにも合う・合わないがあります。

おすすめ6選をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートの1階はカビが繁殖しやすい環境!理由や予防法は?

これから引っ越しをお考えの方で、アパートの1階を視野に入れている方もいらっしゃると思います。また...

慌てないために知っておきたいアパートの立ち退き補償

突然、アパートの立ち退き請求を受けてしまったら、以下のような疑問が湧くのではないでしょうか。・立...

アパートの管理会社が変わる時、どんなことに注意が必要?

突然アパートの管理会社が変わるという通知が来たら、どうしていいかわからない人も多いのではないでし...

アパートの名義変更を行おう!手続きや手数料はどうなる?

アパートなどの賃貸住宅に住んでいて、様々な状況の変化で名義変更を行いたいケースも出てくるでしょう...

アパートの照明が切れたらLED電球に交換!費用は誰の負担?

部屋の照明が切れてしまったら、新たな電球に交換しなければなりません。そんなときは、LED電球...

中古物件の見学にはルールがある?手土産はどうすべき?

近年、マイホームの購入に、新築ではなく中古物件を選ぶ人が増えています。ですが、中古物件を見学...

アパートの給湯器トラブル!異音がする場合の原因と対処方法

アパートやマンションなどの賃貸物件に住んでいると、様々な音が聞こえてくるものです。その音のなか...

境界フェンスやブロック塀の費用は?知っておきたい注意点!

家屋を囲む境界フェンスには、一般的なフェンスを始め、ブロック塀や柵など様々な種類が豊富にあるため...

新築マンションの購入!注意すべきポイントをブログで学ぼう

新築マンションの購入を検討している場合、注意すべきポイントは何でしょうか?こだわりたい箇...

マンションにピアノを置きたい!置き場所を決める際の注意点

「ピアノを部屋に置きたいけれど、マンションだとピアノの音が近所迷惑にならないか心配…」という方も...

新築のオプションは何が良かった?注文住宅のおすすめ設備

新築の注文住宅を建てる際、頭を悩ませるもののひとつが「オプション」です。どのようなオプション...

二世帯住宅は同居扱いなの?それとも別居扱いになる?

一般的に、親世帯と子世帯が同居する住宅を、二世帯住宅といいます。建設コストを抑えられるとのこ...

戸建ての家を建てるなら!ポストもおしゃれにする選び方とは

新築の戸建住宅を建てる際には、「庭や外構なども住宅の雰囲気に合わせておしゃれにしたい」と考えるも...

アパートの一階は虫が出やすい?侵入経路を知って対策しよう

みなさんは、虫は好きですか?男性女性問わず、虫が苦手という方は多いのではないでしょうか。...

マンション問題あるある!ピアノ騒音の苦情を未然に防ぐ方法

安定した生活環境作りには、他人とのトラブルを発生させないことが大切ですね。価値観は人それぞれ...

スポンサーリンク

新築で家を建てるなら!子供が小さい方におすすめの間取り

小さな子供がいる場合、お母さんは生活をしていく中で常に自分の目の届く範囲で、子供の気配を感じていたいことと思います。

家事をしていても子供が何をしているのかわからないと不安になり、何度も様子を見に行かなくてはなりません。

そこでおすすめなのが、リビングの一角に畳の部屋を設ける間取りです。

キッチンをカウンターにして、そこから見える位置に畳の部屋を配置します。

子供が小さいうちは、扉をすべて開けておけば、キッチンで料理をしていても、洗い物をしていても常に子供の行動を見ることができます。

和室にすることでそのままお昼寝も可能ですし、来客用の部屋としても利用できます。

「おもちゃで遊ぶのはこのお部屋の中だけ」というルールを作っておくことで、散らかしたおもちゃの片付けも楽になります。

旦那さんが友達を連れて飲むときにも、こちらの部屋を使って扉を閉めてしまえばあまり気を使うこともなく普段の家事がやりやすいですよね。

さらに、小上がりにすると、高低差ができて、リビングに奥行ができます。

段差に座ってくつろいだり、床下に収納を作ることも可能です。

最近はヘリのない琉球畳やカラフルな畳など、モダンな畳もたくさんありますので、新築の際にお部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

明るく開放感のあるリビングにあこがれるなら!おすすめは2階にリビング

新築で家を買うことを決めたら、土地探しから始める方が多いですよね。

しかし、気に入った場所の日当たりが悪い場合、女性は悩むのではないでしょうか。

そんな時におすすめするのが、2階をリビングにしてしまう間取りです!

通常は日ごろ1階で生活して、夜は2階に上がって寝る、というのが一般的ですが、周辺の環境や敷地条件によっては2階をリビングにする方がいいことがたくさんあるのです!

例えば、「明るいリビングにあこがれる」という方は多いのではないでしょうか。

リビングを2階にすることで、採光が取りやすくなり、日中は光に溢れた温かみのある明るいリビングで過ごすことができます。

隣接したお家の影を気にすることなく、間取りを考えられますね。

2階にすることで風の通りがよくなります。

前面道路を通る人の目も気にならないので大きな窓にしたりできますし、分厚いカーテンを閉める必要もなくなります。

お隣の家が1階リビングなら、お互いの生活音などを気にすることなく、プライバシーの確保ができます。

リビングの上が屋根になりますので、その形状を生かした天井の高い部屋にすることができ、開放感のあるリビングが実現します!

また、条件にもよりますが、1階を主寝室や子供部屋と細かく分けることにより、家自体の耐震性が増す場合もあります。

2階にリビングがあると、バルコニーでバーベキューをするときに何度も1階まで食材を取りに行かなくても大丈夫ですね。

子供の数が変わっても対応できる新築おすすめの間取り

新築を建てるとき、子供部屋の数で悩んでいませんか?

主寝室にプラス2つの子供部屋があれば4人家族では十分な間取りに思えますが、ここにもう1人増えるとどうなるのでしょうか。

子供というのは、狭くてもいいから自分ひとりだけの空間を欲しがるものです。

1部屋6帖だとしても、3部屋作れば18帖になります。

広いお家を建てられるのならいくらでも部屋数を増やせばいいのですが、一般的なお家ではそうもいきません。

最初から「子供は3人」などと決まっていれば、間取りを決めるのは簡単ですが、予定より減ったり増えたりするものです。

さらに、子供たちはいつか家を出て、また夫婦2人の家になりますよね。

そんなとき、小さく仕切った部屋はたくさんあっても、夫婦の寝室が狭いままでは少しもったいないと思いませんか?

そこでおすすめなのが、大きな部屋を作っておいて、子供の成長に合わせて壁を付け、間取りを変更する方法です。

子供たちが小さいうちは、そのまま使って広々と仲良く遊んでもらいます。

子供同士同じ部屋にしてあげることで、夜も怖がらず子供だけで寝てくれるようになりますよ。

そして、大きくなってきたタイミングで中を仕切れば部屋は2つになります。

ドアの数を増やしておけば3つの部屋のできあがりです。

さらに大きくなって家を出て行ったあとは、壁を取り外してしまえば広い夫婦の寝室として使うことができます。

子供たちが泊まりにきたときには、元の寝室を使ってもらえば問題ありません。

また、寝室の一角に書斎コーナーを作ることもできます。

広々とした寝室で休みの日は少しゆっくりするのもいいですね。

新築で人気の間取り!おすすめは対面キッチン

対面キッチンとは、料理をしようとキッチンに立った時に前に壁がないキッチンのことです。

片側だけ壁に付いているタイプと、L字タイプに曲がっているタイプがあります。

対面キッチンにしておくと、家族の顔を見て会話を楽しみながら料理できるのでおすすめです。

そして、キッチンをカウンターにすることで、リビング側からキッチンの散らかったところが見えにくくなるのも人気の理由です。

料理中は、キッチンの上がどうしても散らかります。

ごはんができあがったら温かいうちに食べたいところですが、片付けていないキッチンが目に入ると落ち着いてゆっくり食べることができませんよね。

そんな時にカウンターの対面キッチンならリビングの食卓からはほとんど見えないので、来客中でも気にせずにでき立てのごはんを食べることができます。

カウンターがあると、朝ごはんや軽食などをそのままカウンターで食べることができ、片づけのときも食器をすぐに洗えるので楽です。

新築を建てるなら、リビングの間取りをしっかりと考えたいですね。

新築でおすすめの間取りは?ファミリークローゼット

近頃よく耳にするようになったものの1つに、「ファミリークローゼット」があります。

これは、家族で共用して使用するクローゼットのことです。

多くはウォークインクローゼットになっていて、中に入って歩くことができるスペースのある収納部屋のようなものです。

家族で共用することにより、いろんなことが便利になるのでおすすめです。

洗濯が終わった後に個別にしまわなくても、ファミリークローゼットで畳めばそのまま収納することができます。

畳んだ洗濯物を個別の部屋に持っていかなくてもいいので、一気に用事が済みますね。

場所によっても効果が違いますが、玄関の近くに作っておけば、出かけるときにそこからコートを取り、帰ってきたらそのまましまうことができます。

花粉の時期などは、家の中に花粉を持ち込むことがなくなり、衛生的です。

来客のコートをしまっておくこともできます。

洗面所近くでは、タオルや着替えのパジャマを置いておくことができ、洗面所の収納場所が増えますね。

新築設計時にどこに配置するのが一番いいのか、しっかり間取りを考えましょう。

ウォークイン玄関収納を取り込んだ間取り

玄関は意外と物が多く、どこにしまえばいいのかわからない物が多いことがあります。

せっかく新築で家を建てたのに玄関が散らかっていては、残念な印象になってしまいます。

そこでおすすめなのが、玄関収納です。

旦那さんのゴルフバックや、ベビーカー、三輪車などをしまっておいて、使うときにはすぐに出すことができます。

土間のままにしておけば、ベビーカーの車輪が汚れていても気になりません。

レインコートや傘もこちらにしまっておけば、玄関はいつでも広々と使えます。

「部屋の間取りはしっかり考えたけど、玄関はそこまでこだわらなかったために使いにくくて困った」ということのないように、玄関の使い勝手もよく考えておきましょう。

スッキリとした玄関でお客様をお出迎えしたいですね。

新築で後悔しない間取りにするために

家は一生に一度の大きな買い物です。

立地や外観は中に入ってしまえば見えなくなりますが、間取りはそうはいきません。

新築を建てる際にはしっかりとした設計打ち合わせが必要になるので、「どんな家にしたいのか」という具体的なビジョンを持っておくのがおすすめです。

図面だけではわかりにくいので、実際に似たような間取りの家を見に行くと生活のイメージが掴みやすいです。

しっかり打ち合わせをして、理想の間取りの家を建てましょう!