Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

マンションの駐車場が機械式の場合!種類や特徴・注意点は?

2019.11.8

都市部では駐車場のスペースが多く取れないようなマンションで、機械式の駐車場が増えています。

ビルやホテルに停める際に利用したことがある方も多いと思いますが、マンションでの利用はどうでしょうか?

一時的に停めたことはあってもマンションの駐車場として毎日使う場合、機械式駐車場とはどういうものなのか知っておく必要があるでしょう。

記事では、機械式駐車場の種類や特徴・注意点などをお伝えしていきます。

都市部のマンションに多い機械式駐車場とは

駐車場のスペースが取りづらい都市部では、機械式駐車場が備わっているマンションが増えています。

機械式駐車場とは、いくつかの階数を設けることによって駐車スペースを確保しているような駐車場のことを指します。

都市部では有効に使える土地が少ないため、少しでも土地を有効利用するために、機械式駐車場を積極的に取り入れているようです。

駅前の優良マンションであれば、ほぼ機械式駐車場と言っても良いかもしれません。

機械式駐車場にはいくつか種類があり、マンションの規模によって違ってきます。

機械式駐車場としては、車を上下2台に停めるタイプ、1台は地下に停めるタイプ、3階以上あるタイプがありますが、他にも、垂直に移動したり、マンションの地下部分を水平に利用したりするような大型駐車場も存在しています。

いずれにしても色々なタイプの機械式駐車場があることに気付かされることでしょう。

これらの駐車場には、それぞれ特徴があります。

次項から、機械式駐車場の特徴についてもご説明します。

上の階は出し入れしづらい!?地上二段式の機械式駐車場

ここからは、マンションでも使われやすい機械式駐車場の特徴をご紹介します。

まずは、構造が簡単なほうである「地上二段式」の駐車場からです。

地上二段式の機械式駐車場は、地上の上下に車を停めるような構造の駐車場になります。

車の出し入れには、下に停めた車はすぐに出すことができますが、上に停めた車は1階に停めた車を出さないことには駐車場から車を出すことはできません。

このことから、上よりも下の駐車場を借りることがおすすめです。

また、下に停めていれば車の出し入れは容易ですし、上に屋根があるため、日光による車の変色を防ぐこともできるでしょう。

上に停めた場合のメリットは、盗難やいたずらをされるリスクが低くなることが挙げられます。

もし、車を2台持っていた場合には、上下2段で借りれば他で駐車場を探すよりも安く済むでしょう。

段数は2段と少ないものの、上に停めた車だけ出し入れの際に不便になってしまうところは気になるところです。

借りるのであれば、下の階の駐車場を選んだほうが良いでしょう。

地下を利用する機械式駐車場!ピット二段式の特徴は?

穴を意味するピット、ここでは地下の駐車場のことを指しています。

ピット二段式の機械式駐車場は、基本的には地上二段式と同じなのですが、上段は地上1階に車を停め、下段は地下に車を停めることになります。

上段の車は1階にあるため、もう一方の地下にある車を気にすることなく車の出し入れが可能です。

その代わり、地下に停めてある下段の車を出す際には、地下から上げてくる必要があります。

ただ、地上二段式のように車を移動させなくても下段の車の出し入れが可能な点は優れていると言って良いでしょう。

マンションの駐車場としても、ピット二段式のほうが住民は使いやすいのではないでしょうか。

地下に停める車は、地上から完全に見えない地下に収納されるため、盗難などの犯罪の被害には遭いにくいと言えます。

ただ、注意していただきたい点として、地下に停める車は大雨などでの浸水被害を受けやすいことがあります。

最近はゲリラ豪雨などが頻発しておりますので、浸水しやすい地域かどうかの確認も大切になるでしょう。

パズルみたいに車を動かす機械式駐車場!昇降横行式とは?

昇降横行式の機械式駐車場は、パレットに乗せた車を上下左右に動かすことによって、車を移動させます。

全て地上に出ているタイプとピットを併用しているタイプがあります。

この駐車場の良い点は、マンションのどの住人の車でも他の車に関係なく出し入れすることができるところです。

1階部分以外の車は、盗難やいたずらの被害に遭いにくく、地下なら日光による車の変色を避けることができるでしょう。

ただ、ピットを併用しているなら、地下部分が浸水被害に遭うかもしれないことを覚えておいてください。

なお、車の出し入れには、パズルのように車を動かすことから、ある程度の時間がかかってしまうことがあるでしょう。

車の位置がどこにあるかによって、出し入れの時間に差が出てきそうですね。

2段以上の階数が考えられる昇降横行式マンションでは入居者を増やすことができそうですが、入居者が増えた分だけ車の出し入れに時間がかかることが想定されます。

順番待ちなども考えられることから、車の出し入れの時間にも気を配る必要がありそうです。

大型マンションに多い機械式駐車場は?

こちらでは、大型マンションに多い機械式駐車場をお伝えしていきます。

【垂直循環方式】

垂直循環方式の駐車場は、車を乗せたパレットを垂直に移動させることによって車を出口まで移動させます。

出したい車の位置によって、パレットが右回りにも左回りにも動きます。

タワーパークとも呼ばれており、高い階数が特徴です。

【エレベーター方式】

エレベーター方式の駐車場は、階数ごとに左右それぞれ駐車スペースがあり、真ん中にあるパレットが上下に移動することにより、指定の階数まで車を運びます。

そして、決められた階数まで来ると、左右どちらかの駐車スペースに車を納めます。

垂直循環方式と同じように、エレベーター方式でも高い階数が特徴となる機械式駐車場です。

また、メリットとしてはどちらの駐車場も屋外ではないため、盗難などの被害を減らすことができます。

日光の影響も受けにくいでしょう。

ここまでは、いくつかの機械式駐車場の種類や特徴をご紹介してきました。

次項では、機械式駐車場の注意点について解説します。

マンションの機械式駐車場!こんなところに注意しよう

マンションの駐車場が機械式だった場合、いくつか注意点がありますので、こちらで確認していきましょう。

〇駐車場の位置が定期的に変わる場合がある

機械式駐車場は、停める場所によって車の出し入れのしやすさが違います。

この点で不公平がでないよう、マンションによっては定期的に抽選により位置の変更があったり、駐車料金に差を付けたりしています。

〇メンテナンス費がかかる

機械式駐車場では、メンテナンスの費用がかかるため、その費用を負担しなければならないでしょう。

〇しっかりしたメンテナンス体制があるか

メンテナンス費用がかかることも気になりますが、実はメンテナンスをしっかり行っているのかどうかも大切なポイントです。

メンテナンスがしっかりしていないと、故障が起きやすくなってしまいます。

〇車のサイズが適当か確認

最近は大型タイプの車が多いですが、機械式駐車場に車が入るかどうかの確認は大切です。

〇事故に注意

機械式駐車場での事故には気を付ける必要があります。

特に、子供が入り込んで挟まるような事故も発生しています。

安全装置が作動するとは思いますが、ご自身でも十分注意して事故を防ぐことが大切です。

マンションの機械式駐車場!種類や特徴・注意点は要確認

機械式駐車場は省スペースでも沢山の車を収納できるため、都市部のマンションでもよく使われています。

種類は、地上二段式・、ピット二段式・昇降横行式・垂直循環方式・エレベーター方式をご紹介しました。

それぞれ特徴がありますので、ご自分に合った駐車場を探されると良いでしょう。

また、機械式駐車場にはいくつかの注意点がありますので、そちらもよくご確認ください。

 - マンション, 住宅