簡単な平面図ならエクセルで作成できる!その手順を教えて!

将来、マイホームを持ちたいと考えたとき、一番楽しいのは間取りを想像することではないでしょうか。

「1階は広いリビングがあって、水まわりはこの辺り」など、頭のなかでイメージするだけで楽しいですよね。

そうした頭の中のイメージを平面図に起こし、より具体化してみませんか?

簡単な平面図であれば、エクセルで作成可能です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

オール電化とガスどちらを選ぶ?変更したいときに考えること

家を新築・改築したり、生活費の節約などを考えたりしたときに気になるのが、オール電化とガスのどちら...

窓のサイズが一般的なのはどの位?大きさや種類を徹底調査!

普段生活をしていて、窓は人の生活に欠かせないものであり、日に一度は触れるものではないでしょうか。...

エアコンの効率的な使い方!節電効果が高いのは温度?風量?

エアコンがあるだけで、暑い夏や寒い冬でも快適に過ごすことができますよね。しかし、どうしても気...

駐車場の目地には何を入れる?《芝生・砂利・レンガ・玉竜》

新築を建てると同時に、駐車場の外講工事に取り掛かる方も多いのではないでしょうか。駐車場の工事...

ウォシュレットの水漏れトラブルの対処とTOTOの高い信頼性

生活の中で水回りの設備は、とても大切な役割を持っています。ところが、突然水漏れが起きてしまい、...

モルタルの床のひび割れ!その原因と修復におすすめな商品

一口に「床材」と言っても、タイルやコンクリート、石などさまざまありますが、ここではモルタルについ...

鉄骨造の種類と坪単価を比較!店舗併用住宅の注意点は?

自宅を建てる土地が商店街の中にあったり人通りの多い道に面していたりする場合、1階を貸店舗にした店舗併...

木造アパートでもペット可の物件!起こり得る騒音などの問題

近年では、小型の犬や猫を飼う人が増え、「ペット可の賃貸物件を探しているけれどなかなか見つからない...

トイレに換気扇がない場合!後付けのポイントや費用について

トイレは毎日しっかりお手入れしないと、「ん?なんか臭う…」なんてことにもなりかねません。嫌な...

窓を塞ぐリフォームを考えている人に!その方法や例をご紹介

「家具を置きたいけれど窓があって置けない」「ほとんど使わない窓をどうにかしたい」などの悩みから、窓...

ウォシュレットの水漏れはノズルの故障?修理費は誰が負担?

ウォシュレットの水漏れに悩んでいる方はいませんか?特にノズルからの水漏れは、ウォシュレットの...

庭に隣接して駐車場がある!地面が土だけどDIYできるの?

DIYというと釘や木を使ってアイテムを作ることをイメージされる方も多いかと思いますが、駐車場もD...

新築時に考慮すべき駐車場!デザイン選びのポイントと注意点

家を建てようとした時、駐車場をどうしようか悩む方はとても多いです。どのような種類・デザインの...

サイディングは木目調が人気!でも縦張りは注意が必要?!

家の印象に大きくかかわる外壁。最近よく見かけるのは、木目調デザインのサイディングです。し...

換気のための窓の開け方!窓用換気扇や隙間の使い方もご紹介

毎日暮らしているなかで、日中は仕事に出かけているため、「部屋にいる時間はあまりない」という方も多...

スポンサーリンク

家を建てるときに欠かせない平面図と配置図

建築関係に携わっているかたはご存知かと思いますが、それ以外のかたは建築における図面のことは無知に近いですよね。

まずは、平面図がどのようなものなのかを解説していきます。

平面図は設計図の基本の一つで、1階2階といった各階のフロアから、一定の位置で水平断面した図面です。

概要で例をお話しした通り、「リビングの広さはこれくらい、水周りはこの辺」といった間取り図でもあります。

もっと専門的になってくると、床の面積から壁の構造、扉の開く向きなども記載されています。

平面図と同じく、建物を真上から見た図面に、配置図があります。

将来家を建てるときのために、少しだけお話ししますね。

配置図は、建築するときに、敷地と建物の配置関係を図面にしたものです。

庭の広さや車庫の位置、道路の境界線など、設計書を作るうえで欠かせない内容が記されています。

より専門的な知識が必要になりますので、配置図についてはまたの機会にお話しします。

では、間取り図となる平面図を、エクセルを使って作成していきましょう。

エクセルのセルを方眼用紙にする設定

平面図を作成するときには、リビングやキッチンといった図面パーツが必要になります。

エクセルで平面図を作成するときは、モジュールの設定を行っておきましょう。

モジュールは以下の3種類があり、設計するときに基準となる寸法のことです。

・尺モジュールは910mm
・メーターモジュールは1000m
・インチモジュールは1218mm

これから解説していく設定では、日本の住宅建築では一般的な尺モジュールで進めていきます。

まずエクセルのセルを尺モジュールの方眼用紙にする書式設定をしましょう。

①表示倍率

見やすくするために、画面の右下にある表示倍率をクリックし、150%まで動かして大きくします。

②全セルを変更

Aの左上の隅にあるコーナーをクリックして、全セルを選択できるようにします。

色が変われば、セルが選択されている証拠です。

そうしたら、AとBの間にマウスを置き、クリックしたまま左に動かしてみてください。

すると、ピクセルの大きさが出てくるので、行の高さを43ピクセルにしてみましょう。

この状態でドラッグすれば、全セルを一度に変更することができます。

今度は横幅です。

行番号の間でクリックし、同じように43ピクセルに変えましょう。

ちなみに、47ピクセルに変更すれば、メーターモジュールの方眼用紙になります。

尺モジュールで方眼用紙ができたら図形を作成

エクセルで方眼用紙ができたら、1帖の長方形を作成していきます。

作成した長方形を使って、平面図を完成していくためです。

では、一緒に進めていきましょう。

●長方形を作成

挿入をクリックし、図形を開きます。

すると、縦や四角形、基本図形など、いろいろな図形が表示されているはずです。

その中から長方形を選び、どこでもいいのでセルの場所をクリックすると、先ほど選んだ長方形が作成できます。

何も手を加えないと、枠線と背景は青いままです。

より平面図らしくするために、枠線を少し太くし、背景の色も変えてみましょう。

枠線の変更は、書式をクリックし、図形の枠線を開きます。

やや太めの、1pt~1.5ptあたりを選択してみましょう。

もちろん、ご自身の好きな太さで設定して構いません。

背景は、書式をクリックし、「図面の塗りつぶし」を開きます。

テーマの色、標準の色といった、さまざまな色が選べるので、お好きな色を選びましょう。

後で見やすいように、白色がおすすめです。

エクセルの機能としても便利!図形のサイズ変更

次に、先ほど作成した図形のサイズを変えていきます。

図形を組み合わせることで、平面図が完成していきますよ。

●ミリ単位での調節

図面にマウスを合わせ、右クリックします。

すると、メニューが表示されますので、サイズとプロパティを選択してください。

1帖を尺モジュールにするためには、1820mm×910mmに設定していきます。

サイズと角度の「高さ(E)」を1.82cmに、「幅(D)」を0.91cmにして、画面を閉じましょう。

これにて、畳1帖の長方形ができあがります。

●セルに合わせて調節

もう一つの方法として、セルに合わせた調節方法があります。

書式をクリックし、配置を選択、メニューのなかから「枠線に合わせる」をクリックしてください。

そして、図面の角や端を引っ張ってドラッグしてみましょう。

すると、グリッドに合わせて、大きさを変更することができるようになります。

元の状態に戻す場合は、書式→配置→枠線に合わせるを選択し、解除すればOKです。

エクセルの機能としても、便利なので覚えておきましょう。

エクセルだからできる!作成した平面図を見やすくするための文字入れ

図形は、4.5帖、6帖、8帖と、よく使う基本図形を作成しておきます。

先に作成しておくと、コピーしてセルの上で貼り付けすることができるので、後々便利です。

先ほどのセルに合わせたサイズ変更であれば、図面の右下からドラッグすればサイズ変更は簡単です。

6帖の図形の場合は、ドラッグしたまま3×4に広げれば作成できます。

何帖なのか分かりやすいように、図面を選択して文字を入れてみましょう。

エクセルで作成した平面図を家族間で楽しみたい場合は、コメントやメモといった文字を入れていくのもいいですよ。

挿入→図形からテキストボックスを選び、平面図に残したい文字を入力していきます。

書式を変えたいときは、図形から書式をクリックすると、さまざまな書式が出てきますので活用してみてください。

書式では、文字や背景の色、フォントも変更可能です。

より分かりやすく、そして見やすい平面図が作れることでしょう。

外枠を作成し部屋をはめれば平面図の完成!

それでは、エクセルで作成する平面図の醍醐味である、部屋作りに進みます。

まずは、あなたがマイホームに必要だと思う部屋や広さを書き出してみてください。

リビングは12畳、和室は6畳欲しいなど、想像していきます。

書き出した情報を、今度はエクセルに入力しましょう。

図形の枠を左クリックした状態で、Ctrlキーを押しながらドラッグしてみてください。

マウスを離すと、簡単にコピー、ペーストができます。

そして、CtrlキーとShiftキーを左手で押しながらマウスでドラッグすると、平行垂直にコピーができるため、位置を合わせるのがスムーズです。

先ほど書き出した部屋の広さにサイズを合わせ、名称を入れて、さまざまな図形を作成していきます。

次に、外枠を作成していきましょう。

1マスの面積は0.83平方メートルなので、以下のようなパターンを参考にして図形を作ってみてください。

・54.7平方メートル 6×11マス
・52.2平方メートル 7×9マス
・53.0平方メートル 8×8マス

できた外枠を右クリックして、最背面へ移動を選択します。

図形から書式をクリックし、枠線や背景色もお好きなものに変更してみてくださいね。

そうしたら、先ほど作成した部屋を外枠にはめ込みます。

全部入りきらなかったら、部屋の広さなどを変えてみましょう。

エクセルでマイホームの計画を立てる

簡単な平面図ではありますが、エクセルを使えば、手書きで書くよりも本格的に作成することができます。

想像していたよりも部屋が入りきらなかったり、反対に無駄なスペースがあったりと、平面図を作ることで判明することもあるでしょう。

想像力を働かせ、エクセルを上手に使って、未来のマイホーム計画を立ててみてはいかがでしょうか。