窓の防音対策にはプチプチの使用は望ましい?他の方法は?

窓にプチプチを貼り付けて防音対策を行っているという意見も度々見かけますが、「プチプチは防音性に優れているのかな」と疑問に思う方もいるかと思います。

プチプチの使用でもたらされる効果には防音は含まれているのか、当記事で考えてみましょう。

また、防音対策として望ましいと考えられている方法についても一緒に記載していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シャーメゾンとは?新築や騒音の少ない部屋をお探しの方必見

賃貸物件を探している方は、新居とする部屋に求めている条件として、いろいろなことが挙げられるでしょ...

窓にプチプチを貼って防寒対策!その効率的な貼り方をご紹介

冬の窓際は、寒いですよね。窓はガラス製なので外気の冷たさが室内に伝わりやすく、何も施していな...

鍵を部屋に取り付けたい!後付けで鍵を取り付ける方法とは?

家を建てたとき、または新たな物件に引っ越した時など、「部屋に鍵をつけたい」あるいは「鍵をつけておけば...

見落としがちな窓の汚れ!枠のゴムパッキン交換・掃除方法

窓の拭き掃除は定期的にしていても、ゴムパッキンの汚れや劣化を見逃していることはないでしょうか。...

ロフトが暑い場合の対処法!サーキュレーターを使ってみよう

ロフトがある賃貸物件は憧れてしまいますが、実際に住んでみると契約時には分からなかった夏場の暑さに...

気づくと汚い窓のレール!きれいに掃除するポイントをご紹介

窓や窓まわりの掃除は、毎日忙しくしているとなかなか手がつけられず、「やっとできるのが年末の大掃除...

窓にDIYをするだけで防寒対策ができる!傷を付けない作り方

近年、オシャレで可愛い窓の飾りの材料は、100均やホームセンターでも手軽に購入できて、誰でも簡単...

頑固な黒カビが発生する前に!窓枠やサッシを掃除しよう!

キレイに掃除された空間は、とても気持ちのよいものですよね。窓から吹き込む風も爽やかです。...

音が鳴り響く物件問題!静かな部屋の見分け方とは!

賃貸などの物件で最も多いトラブルといわれるのが、「騒音トラブル」です。年中騒音が鳴り響くような部...

木造アパートの騒音問題!2階以上の物件は足音対策が大切!

木造アパートなどの集合住宅に住んでいると気になるのが、騒音問題です。たくさんの人が暮らしてい...

窓からの冷気を断熱シートで対策!驚きの100均アイテム!

冬の寒い時期に窓から冷気が入り、お部屋が寒くて暖まらないといったお悩みはありませんか?暖房機...

窓に遮熱フィルムを貼ると割れる?ペアガラスへの危険性

最近の新築の家では、窓にペアガラスを取り入れていることが多いですよね。ペアガラスを使用す...

窓からの冷気をシャットアウトしたい!断熱ボードの効果は?

冬は寒いもので、部屋の中で暖房を使っていても足元は寒かったりしますよね。窓からの冷気は冬...

窓際に室内物干しを取り付け!梅雨や留守でも洗濯物を干そう

留守が多いお家では、洗濯物を取り込む時間が読めず、外干しより室内干しが多いかもしれません。ま...

窓のサッシに隙間が!?隙間風防止には隙間テープが効果的!

せっかく建てた家も、時がたつとともに調子が悪くなる場所が出てくるものです。窓も例外ではありま...

スポンサーリンク

窓にプチプチを貼り付ける!防音性の観点からみる

外からの騒音が気になるという方、または賃貸物件に住んでいて周囲の部屋から聞こえる生活音が思いのほか響くと感じている方もいるかと思います。

または、不要なトラブルを予防するために自ら騒音対策として防音したいと感じている方も存在するでしょう。

そこでこちらの項では「窓」に施す騒音対策として耳にすることがある、「プチプチ」の使用について防音の観点から考えていきましょう。

プチプチは私たちにとって身近で手に入りやすいものでもありますし、窓に貼り付けるだけで防音性が高まるのでしたら試してみたいと思うかもしれません。

しかしながら防音性の観点からみると意見が分かれるようで、プチプチは防音性がアップするという人もいればそう答えない人もいるようです。

そのなかでも、プチプチは防音性が薄いと答える側の意見としては、「遮音効果が見込めない」というものが多く見受けられました。

防音と遮音は深い関係で結ばれているものです。

騒音対策をしたいという方は遮音効果の有無に着目して、対処法を考えたほうが良いと言えますね。

窓に貼る防音シートでプチプチに似たものもアリ!

外からの騒音や周りのお部屋から聞こえてくる生活音が気になって仕方がないという方には、前項でお伝えしたように窓にプチプチを貼り付けるということでは、万全な対処とは言い難いのが事実です。

しかし、なかにはその反対の意見を持っている方も存在していますから、一概に決めつけることはできないのですね。

お試し感覚で気軽に使用してみて、その後に考えても良いのかもしれません。

しっかりとした防音対策を施したいという方はいろんな方法がありますが、そのなかのひとつとして「窓に防音シートを貼り付ける」という方法があります。

防音シートという名称から想像できるように、防音の用途として使用されています。

そんな防音シートの種類のなかには、プチプチに似たものも存在しているとのことです。

本格的に防音したいという方は、プチプチではなく防音シートの使用を選択肢の一つに入れても良いでしょう。

防音性は薄い!それでも嬉しい効果を発揮するプチプチ!

窓にプチプチをくっ付けていたとしても、防音性は上がりにくいと考える人が多いようですが、プチプチはさまざまな効果をもたらしてくれるアイテムです。

では、窓にプチプチを貼り付けたときにはどのような効果を発揮してくれるといわれているのか考えていきましょう。

まず、最初に挙げたいことは「防寒対策につながる」ということです。

プチプチは断熱性に優れているので、寒くなってきたときには特に重宝しそうですよね。

室外の空気をシャットアウトし、お部屋の暖かさをキープしてくれるという役割を果たしてくれます。

このような効果を聞くと冬場に活躍するものという印象かもしれませんが、それだけではありません。

というのも、プチプチは夏場といった暑くなってきた時期にも活躍してくれるからです。

プチプチは「暑さ対策にもつながる」ということも見込めるのですね。

仕組みは防寒対策と同様で、室外の空気をシャットアウトしてくれる、つまりお部屋の温度をキープしてくれるということに関わっています。

夏場の暖気が室内に入り込まないように、そしてクーラーで冷やされた空気を外に逃がさないように、プチプチは働いてくれます。

防音性は薄めということですが、お部屋の快適度を上げるという点においては、プチプチが一役買ってくれそうです。

プチプチを窓にくっ付けたいという人はこの手順で!

窓にプチプチを貼り付けていると、防音性は期待できないという意見が多かったのですが、防寒対策や暑さ対策に結びつくことが分かりました。

家電の電量を抑える効果を得たいから、防音はひとまずおいておき、プチプチを取り付けたいという考えに行き着いた方も少なからずいるかと思います。

たしかに、前項でご紹介した効果は嬉しいものです。

では、いざプチプチを窓にくっ付けるときにはどういった手順で行うのがベーシックなのでしょうか。

こちらの項では基本的なタイプのプチプチを窓にくっ付けることを想定し、その流れをお伝えしていきます。

最初に行うべきことは、窓の汚れをしっかりと除去するということです。

次にプチプチをはさみで切っていきますが、サッシにかぶさるくらいのサイズを目安にするのがポイントです。

そして、ふくらみのある側を室外に向けて窓にくっ付ける作業に移りましょう。

窓にくっ付けるときには、糊後がつかないタイプの両面テープを使用すると片付けの際のひと手間を減らせます。

ここまでできたら、完了です。

賃貸物件の場合には原状回復義務が発生するので、はさみを使う際に床等に傷をつけないよう注意してください。

窓に防音カーテンを設置してみるのも効果的!

窓にできる防音対策としてではなく、冬場の寒さ対策や夏場の暑さ対策としてプチプチを取り入れてみるのが良いかもしれません。

では、窓に施すことが可能な防音対策はどういったものがあるのかといいますと、例えば「防音カーテンの設置」をしてみるのはいかがでしょうか。

カーテンといえば日の光を遮る遮光カーテンがポピュラーですが、防音性に優れた防音カーテンというものが存在しているのはご存知でしたか。

こちらの防音カーテンの働きとしては、気になる音を吸収するというものです。

防音カーテンの使い方としておすすめしたい方法は、防音カーテンと一緒にレースカーテンも防音に特化した製品を活用するという方法です。

その結果、相乗効果が発揮されるのでグッと防音性能を高めることにつながります。

また、ここで着目したいのが「空気の層」の存在です。

空気の層ができているかいないかでは防音性に違いが出てきます。

そのため、窓と防音カーテンに多少の空間を開けるように防音カーテンを設置するのもテクニックの一つです

音を吸収する防音カーテン!どうやって選ぶ?

前項ではプチプチよりも防音性能が高いと考えられている防音カーテンの使用をおすすめしました。

今や窓の防音対策として定番となりつつある防音カーテンですが、さまざまなバリエーションが展開されているので、どのような製品が好ましいのか悩んでしまう場合もあるかもしれません。

せっかく防音カーテンを使用するのであれば、より防音性にこだわりたいものです。

それでは、どのような点に注意して選ぶのが望ましいのか考えていきましょう。

まず、注目したいのが防音カーテンのサイズです。

「窓が完全に隠れるくらいの大きめサイズ」を意識すると良いでしょう。

できるかぎり隙間が生じないようにするのが防音対策としては鉄則です。

次に、注目したいのが防音カーテンの重さなのですが、「ある程度の重さが感じられる」という点も意識してみるとベターです。

サイズ感や重さにも配慮して防音カーテンをセレクトできれば、より納得のできる防音対策を施すことに結びつくでしょう。

プチプチを窓に貼り付けても防音性は見込めない

気軽に使用できそうなプチプチですが、実は防音性の観点から考えるとその効果は薄いという意見が目立ちます。

プチプチは防音性が薄いと答える側の意見としては、「遮音効果が見込めない」というものが多かったですね。

しっかりと窓に防音対策をしたいという方は、プチプチではなく「防音シート」や「防音カーテン」などの使用を検討するのが得策かもしれません。