子どもやペットの窓からの転落防止に!手軽なDIYや対策とは

近年、マンションなどの高層階の窓やベランダからの子どもの転落事故が増えてきています。

目を離したちょっとのすきにそのようなことが起こらないようにするためには、どのような転落防止策をとることができるのでしょうか。

ここでは、転落防止のために気をつけることや、DIYで手軽にできる対策をご紹介していきます。

「うちの子どもが同じように誤って落ちないか心配…」という人は、ぜひ、参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓の周辺に虫!小さい虫から大きい虫まで対策をしよう!

虫は独特な見た目をしていますし、小さいサイズの虫だとしても苦手意識のある方も多いかと思います。...

木造アパートは騒音が心配?新築物件なら大丈夫?

部屋探しをしている時、木造アパートは周りの騒音が心配という人は多いようです。木造に比べて鉄筋コン...

ニッチで玄関をオシャレに!形は横長?正方形?何がいい?

オブジェやお花などの装飾品を置くための壁のへこみの「ニッチ」。オシャレなお宅にお邪魔すると、...

窓のパッキンにカビが!自分でできる簡単カビ取り方法とは?

窓の掃除は日頃なかなか手が回らず、ついつい後回しになってしまいがちです。気づいた時にはパッキ...

ロフトが暑い原因は?眠れないほどの暑さを解消する方法

部屋を選ぶときにロフト付きを条件に選ぶ方もいらっしゃることでしょう。ロフト付きというと、おし...

窓にできる落下防止対策とは?後付け可能な方法をご紹介

ふとした拍子に窓から子供が落下してしまうケースは少なくありません。注意していたとしても、数秒...

窓からの冷気はカーテンで防ごう!防寒対策アイテムもご紹介

部屋の中にいるのに寒さを感じる場合は、窓を確認してみましょう。窓は冷気の入り口となりやすく、...

退去時のフローリングの張り替え…DIYで安く済ませられる?

賃貸物件を引き払う時、借主には原状回復義務があることはご存知ですよね。もし居住中にフローリン...

窓に防犯グッズをつけても換気ができる?おすすめをご紹介

空き巣などによる侵入経路として選ばれる場所として、窓が最も多いことをご存知でしょうか。アパー...

賃貸物件は木造と鉄筋のどちらを選ぶ?防音性の違いについて

賃貸物件に住むにあたって気になるのが、防音性についてです。たくさんの人が住む賃貸物件では...

窓の結露防止にはプチプチが大活躍!手順や注意点は?

窓にできやすいのが結露ですが、実は思わぬ事態を招いてしまう可能性もあるので、しっかりと除去する必要...

鍵付きの部屋にしたい!ドアに鍵を取り付ける方法は?

もともと部屋のドアに鍵が付いている場合もありますが、鍵がないドアもあります。部屋の使い勝手や...

防音施工をして賃貸アパートの隣人トラブルをプチdiyで解消

賃貸アパートでの隣人トラブルには、色々な理由があります。その中のひとつが、騒音問題です。防音...

No Image

窓に防寒対策をしよう!DIYでできるいろいろな方法をご紹介

冬場、暖房をつけているのに「なかなか部屋が暖まらない」と感じることありませんか?また、どこか...

部屋に出没しやすい蜘蛛のなかで白い種類は益虫&幸運を運ぶ

知らぬ間に白い蜘蛛がお部屋に出没していて驚いたという方、虫自体が嫌いなので困ったという方もいるか...

スポンサーリンク

子どもの窓やベランダからの転落事故における共通点

過去に起こった、窓から子どもが転落死した事故には、いくつかの共通点があります。

・3~4歳くらいの子ども
・時間帯は朝または夕方
・マンションの高層階からの転落
・ベランダなどに置いてあったものに乗っての転落
・子どもを残して親が外出した間に起こった

などのことが挙げられます。

このことを見てわかるのは、たとえちょっとの間であっても、「子どもを部屋に一人で残して出てはならない」ということです。

近年では、高層マンションが増え、子どものいる家庭も高層階に住むことが珍しくなくなってきています。

そのように、高層階で育ったことにより、「高い場所でも全然怖くない」という「高所平気症」と言われる子どもも増えてきているとされています。

そのため、高層階から下をのぞいても怖くないので、ベランダにある何かに足をかけ下をのぞきこむうちに、誤って転落してしまうということが起こってくるのです。

それでは、子どもの窓からの転落防止をするためには、どのような対策をすればよいのでしょうか。

自分でもできる転落防止のためのDIYの方法を後ほどご紹介していきます。

窓やベランダからの転落事故が増えている!転落防止策とは

高層マンションなどの窓やベランダからの子どもの転落事故が増えていることにより、東京都でも色々な対策を提言しています。

そのなかでも、転落防止につながる対策として、おもに次のようなことがあります。

●ベランダの手すりの開発について

・ベランダにある手すりの高さは、1,100mm以上を確保し、後に1,200mm以上にすることも検討。

・足がかりの上部から手すりまでの高さを十分にとる。

・手すりの下部と足がかりとのすき間を110mm以下とし、後に90mm以下とすることも検討。

・手すりそのものに、注意喚起の旨をシールなどにより表示する。

●ベランダ周辺の環境について

・室外機などは手すりから60cm以上離すことなどにより、子どもの足がかりにならないような対策をする。

●新たに入居する人への注意喚起や情報の提供

・高層マンションに引っ越しをしてきた際に、転落防止の具体的な対策方法などの情報を提供する。

このような対策案が進められていますが、自分の子どもの安全は、自分たちで守らなければなりません。

そこで、次章からは、自分でもできる転落防止のためのDIY方法をご紹介していきます。

手軽にできる!窓やベランダからの転落防止のDIY

子どもの転落防止をするためには、まずは、窓からベランダに出られないようにすることが必要でしょう。

そのために、自分でも簡単にできる転落防止のためのDIYには次のようなことがあります。

〈用意するもの〉

・100円ショップで販売されているワイヤーネット 数枚(窓の幅による)
・貼ってもきれいにはがせるフック(賃貸物件の場合は特に、はがしても跡が残らないものがおすすめ)
・結束バンド 数本

〈作り方〉

ワイヤーネットを窓の幅分になるように並べ、結束バンドを使用して固定します。

そして、壁に貼り付けたフックに引っかけて固定できれば完成です。

このように、100円ショップで購入できるワイヤーネットを使用すれば、それほど費用もかからずに簡単に安全対策をすることが可能になります。

しかし、「100円ショップのワイヤーネットでは心配だ」という人のために、さらに頑丈な材質のアイテムも次にご紹介します。

頑丈な転落防止用のバーもDIYで設置が可能!

子どもの窓からの転落防止のために、自分でもできるDIYが可能な製品には、次のようなものがあります。

●窓用落下防止手すり ハイウェイブWD型

・アルミ製角パイプ:厚さ2mm、長さ1,601mm~1,800mm
・カラー:シルバー、ブラック、ステンカラー
・取付ビス付属

手すりの寸法は、必要な長さを指定すればその通りにカットしてもらえます。

そして、DIYと言っても、この場合に自分で実際に行なうことは、窓枠に付属の取付ビスをねじで留めるだけです。

しかし、賃貸のマンションなどに住んでいる場合は、「ねじ」を使用することはできませんので、残念ながらこの商品はおすすめできません。

そして、ねじで留めたビスにパイプをかけて完成です。

カラーも3色ありますので、お部屋のカラーに合わせることができ、部屋のイメージをこわすことなく取付けることが可能です。

「頑丈で本格的な手すりを自分で簡単に取り付けたい」という人にはおすすめの商品です。

窓やベランダからの転落はペットにも起こる?!DIYで対策を

高層階の窓やベランダからの転落事故を起こす可能性があるのは、子どもだけではありません。

部屋の中で飼っているネコやイヌなどのペットも転落してしまう可能性が大いにあるのです。

家族と同じように大事に飼っているネコやイヌがそのようなことにならないようにするために、自分でできる転落防止のためのDIYには次のようなことがあります。

その材料となるものは、ホームセンターなどで販売されています。

〈用意するもの〉

・窓枠サイズの金網やネット
・窓の高さに合う突っ張り棒
・結束バンド

〈作り方〉

窓枠の大きさに合わせた金網やネットの左右と突っ張り棒を結束バンドを使用して固定しましょう。

そして、突っ張り棒を窓の高さに合うように伸ばしながら固定します。

金網やネットだけでは心配な人は、周りに角材を使用した枠を作り、それに固定してから突っ張り棒に結ぶ方法をとってもよいでしょう。

ベランダがある場合は、できるだけペットが部屋からベランダに出ることを防ぐことが必要です。

本格的な転落防止対策をしたい人におすすめ!

これまで、子どもやペットの窓やベランダからの転落防止をするためのDIYの方法をご紹介してきました。

どの方法も、自分で簡単にできるものばかりです。

しかし、ワイヤーネットや突っ張り棒を使用するような「簡単なものでは心配だ」という人には、次のようなおすすめの製品があります。

●日本ビルダー:マドモアセーフ

特殊な工事が不要で、自分で窓のレールにはめ込むことのできる「サッシ型の窓枠」です。

サイズは、それぞれの窓枠に合わせて作るオーダーメイドになります。

窓のレールにはめ込むだけなので、窓枠や壁などを傷つけることがなく、マンションなどでも使用することが可能です。

また、これまでご紹介してきたような転落防止のためのアイテムだけでは心配な人には、窓のレールに簡単に取り付けることのできる補助錠を使用することもおすすめです。

補助錠を付けることにより、それ以上は窓が開けられないようになりますので、さらに安心感を得られるでしょう。

事故が起こる前に!早めに子どもやペットのための安全対策を

子どもやペットが窓やベランダから転落しないようにするために、どのようなことに気をつけたらよいかはおわかりいただけたでしょうか。

まずは、ベランダ周辺を見渡し、子どもの足がかりとなるようなものがないかを確認し、あれば撤去しましょう。

ここでご紹介したように、自分でもできる転落防止の対策には様々なものがあります。

確実に事故が起こらないようにするための方法を選び、早めに対策をしましょう。