Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

建売住宅を購入するなら?オプション設備のおすすめを調査!

2019.11.15

新築で戸建ての住宅を購入する場合には、注文住宅か建売住宅かになるでしょう。

建売住宅は、土地を所有しておらず、時間や手間をかけずに早く入居したいような方にはおすすめの家と言えます。

しかし、建売住宅には当然ついていると考えていた設備が、実はついておらず標準設備としてついていないものが予想以上に多いものです。

そこで今回は、入居する前に知っておくと便利な、生活必需品とも言える建売住宅のオプション設備や、おすすめの設備についてお話ししていきますので、参考にしてくださいね。

コストを安く抑えるために省かれる建売住宅のオプション設備とは

建売住宅はコストを抑えて建てられている分、必要な設備や使用が削られていることも少なくありません。

後々好みのものを購入できる程度の設備なら良いのですが、入居してすぐに使う必要最低限の設備がないとなれば困ってしまいます。

しかしながら、建売住宅ではオプション設備を買い手に選んでもらい、標準設備と思われるものすら追加で購入しなければならないことが多いのが現状です。

そのため、建売住宅の購入を検討している方は、まずはその家にご自分の求める設備がついているか、入居前に把握しておく必要があります。

そのうえで、家自体の価格以外に、ご自分やご家族の希望に合ったオプション設備にも、ある程度予算をとっておくことをおすすめします。

次項からは、つけておきたいおすすめのオプション設備についてお話ししていきます。

建売住宅では必ずつけておきたいおすすめオプション!【窓周辺】

建売住宅の窓周辺の設備では、つけておきたいものが多くあります。

最初にあげられるのは「網戸」です。

「網戸なんて標準設備じゃないの!?」とお考えの方は非常に多いかと思います。

しかしながら、網戸は建売住宅では意外に取りつけられていないことが多い設備の1つです。

窓を開けたいのに網戸がないと、虫などの侵入を防げないこともあるかもしれません。

そのため、網戸はおすすめというよりは、必要不可欠で優先順位も上位にあげられるオプション設備と言えます。

次にあげられるのは「シャッター」です。

特に一階部分の大きな窓にシャッターがないと防犯上心配ですよね。

シャッターがあれば、夜間や長期外出時などに、外部からの視線や犯罪を防ぐことができ安心です。

また、荒天時には雨や風から家を守る役割も果たしてくれるので、大きめの窓のある部屋にはぜひ取りつけておきたいオプション装備です。

最後に「面格子」です。

面格子は、キッチンやトイレ、脱衣所、風呂といった水回りなどの小さめの窓に取りつけることが多い設備です。

特に、一階部分の小さい窓には、防犯対策に全て設置しておきたいものでしょう。

空き巣などの犯罪は窓の大きさはあまり関係ありません。

また、トイレや風呂、脱衣所などのある窓は死角になりやすく、そのような小さな窓に面格子があれば、その家庭の防犯意識を外部にアピールでき、犯罪の抑止効果にもつながります。

窓周辺にはぜひこの3つを設置することをおすすめします。

設置済と思いがち!おすすめのオプション【カーテンレール】

注文住宅であれば、当たり前のようについているカーテンレールですが、建売住宅の場合は標準設備としてついていないことがほとんどです。

外部からの視線を遮るだけでなく、遮光もしてくれるカーテンは生活をしていくうえで欠かせないアイテムの1つでしょう。

そのため、カーテンレールは入居前につけておきたいものです。

もしカーテンレールがついておらず、ご自分での設置に自信がない場合は、オプションで設置してもらうことをおすすめします。

また、少しの手間が苦ではない方は、「カーテンレールをDIYで取りつける」という選択肢もあります。

もしも、DIYでやる場合は工具やビスが必要にはなりますが、カーテンレール本体の金額のみで取りつけ可能なので、コストをかなり抑えられるでしょう。

また、オプションで選ぶよりもよりお好みのカーテンレールが選べることも多いので良いかもしれませんね。

生活には必須!ないと困る建売住宅おすすめオプション【照明設備】

建売住宅にはほとんど照明設備がついていないと言っても過言ではありません。

そのため、建売住宅のオプションとして、シンプルなシーリングライトが多く選ばれることが多い傾向にあります。

さらに、近年では、光源にLEDのシーリングライトを使用するのが主流になってきています。

LED照明のメリットは、寿命が長く、物によっては環境光センサーと組み合わせて自動的に調光でき、タイマー機能のついたものもある、などがあげられるでしょう。

また、従来の蛍光灯などに比べると、電気代もかからず省エネになるため、人気があるのもうなずけますね。

はじめに家全体の照明を、シンプルであらゆる使用シーンに対応したデザインのシーリングライトに統一してしまえば、違和感なく部屋や家の雰囲気に馴染んでいくでしょう。

蛍光灯などに比べると、LEDのシーリングライトはやや高く感じるかもしれませんが、長期的に考えるとあった方が良いおすすめの設備であると言えます。

リビングと寝室にはつけたいおすすめオプション【エアコン】

近年では北海道ですら猛暑になることもあるため、日本国内どの地域にいても「エアコンは欠かせない家電」と言えるのではないでしょうか。

ところが、新築の建売住宅では、エアコンは標準設備ではないことが多いので設置率も高く、入居前に必ず設置しておきたいおすすめのオプション設備でしょう。

新居に入居する際に、エアコンを全室に設置すると割引になることが多いのでお得になります。

しかし、将来的には子供部屋になる予定の部屋があるが、子供がまだ小さく入居直後は使用しない、などといった理由がありすぐに使わない部屋があることも考えられますね。

そのような状況であるなら、とりあえずは主に一日の大半は誰かのいるリビングと、寝るときに使用する寝室など、重要度の高い部屋にエアコンを取りつけるのがおすすめです。

近年では、省エネを考慮したエアコンも多く販売されているので、部屋の大きさやご自分の求める機能のついたエアコンを選ぶと良いでしょう。

意外な盲点?あると便利な建売住宅のオプション【バルコニーの屋根】

新築の建売住宅にはバルコニーに屋根がついていないことがほとんどです。

一般的に、バルコニーとは2階以上の室外に張り出した、屋根のない手すり付きの場所を指します。

一方、ベランダとは2階以上の建物から外に張り出し、ある程度風雨を防げる場所のことを言います。

そのため、購入を検討している建売住宅が、ベランダではなくバルコニーであるなら、屋根があるとのちのち便利に感じるでしょう。

屋根があることで、ちょっとした風雨が防げるだけではなく、サッシに風雨が直接あたらないため、ひどい汚れを防げます。

バルコニーに屋根があれば、洗濯物を干して外出しても安心ですよね。

また、鳥のフンなどの被害も避けられ、2階の室内への直射日光が当たらず、床材の劣化を防ぐこともできるでしょう。

そのため、日光を遮断せずに程よく日光を取り入れられる、透明の屋根を選ぶと良いでしょう。

「屋根なんて必要ないのでは?」などと思わずに、ぜひバルコニーの屋根をオプション設備として取り入れることをおすすめします。

建売住宅の購入を検討しているならオプション設備は大事!

新築の建売住宅で、おすすめのオプション設備をご紹介してきました。

オプション設備は必要不可欠なものから、あった方がより良いものまでさまざまなことがお分かりいただけたでしょうか。

もちろん、人によっては必要と感じる建売住宅のオプション設備は異なってきます。

こちらの記事は参考程度に、皆さんのオプション設備選びにお役立てください。

 - 一戸建て, 住宅