アパートの給湯器トラブル!修理・交換したい場合には?

アパートの給湯器に関するトラブルも、よく起きがちなトラブルなのかもしれません。

では、アパートの給湯器にトラブルが発生してしまい、修理・交換したい場合はどのように対処するのが良いのでしょうか。

また、どうしてアパートの給湯器の状態が悪化するのか、交換する目安になる判断材料はないのか気になりますよね。

そこで当記事では、アパートの給湯器トラブルに関係する疑問についてまとめていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートでテレビが映らない!配線と設備は整ってる?

テレビが映らないと不便ですよね。特に「引っ越し先のアパートでテレビが映らない」という話はよく...

アパートを自主管理している大家さんへの電話のかけ方は?

アパートの自主管理をしている大家さんもいらっしゃるため、このようなアパートに引っ越しをすることがあ...

アパートの一階は寒い?防寒対策で快適な部屋を目指そう!

「アパートの一階は冬が寒い」という話を聞いたことを聞いたことはありませんか。これは事実な...

アパートで雨漏りが発生!家賃減額の交渉をする人も存在?

知らぬ間にアパートで雨漏りが発生していたとなると驚いてしまいますよね。雨漏りによってこうむっ...

アパートで雨漏り!修理費用は大家さん負担?それとも借主?

現在住んでいるアパートで突然雨漏りが発生してしまった場合、当然ながらビックリしてしまいますよね。...

アパートを借りることができる?できない?無職の場合

長い人生の中で、一時的にでも無職になる経験がある人は多いはずです。また、自営業やフリーランス...

マンションにあるベランダの仕切りとは?詳しく解説します!

マンションなどの集合住宅で、ベランダのお隣と自宅を隔てる仕切りをご存知でしょうか。これは仕切...

アパートで赤ちゃんと暮らす!リビングレイアウトのコツは?

アパートにお住まいの場合、リビングに赤ちゃんスペースを設けることも多いはずです。そんなとき、...

アパートで猫を飼っている場合の退去時の対応法

アパートで猫を飼っていて、退去の際に不正な請求をされたり、予想外の修繕費が掛かってしまったというこ...

アパートは音が伝わりやすい?!夜も快適に生活できるのか

アパートと聞くと、どのようなイメージを持つでしょうか?同じ築年数で立地が一緒なら、RC造のマン...

壊れたアパートのドアを修理、補修する方法をご紹介!

アパートに住んでいるとドアが開かなくなったり、ドアが軋んだり、ドアに何かをぶつけて傷つけてしまっ...

アパート契約でキャンセル料が発生?その契約と注意点とは?

せっかく気に入ったアパートを見つけても、やむを得ない事情でキャンセルを避けられないことがあります...

アパートの更新料が高い!少しでも費用を抑えるためには?

賃貸アパートの場合、契約期間が決まっていて、この契約を継続するためには、更新料を支払う必要があり...

木造アパートでも騒音のトラブルなく暮らす方法とその対策

アパート選びの際、気になる事項の一つに「騒音」がありますよね。「木造」のアパートを選ぶ際は、...

アパートの駐車場の位置は変更可能?場所変更に伴う手続き

アパートの駐車場は長い間住んでいれば、契約時よりも違う位置に変更したい方もいらっしゃいますよね。...

スポンサーリンク

修理や交換が求められるかも!アパートの給湯器トラブル

アパートで起こり得るトラブルも幅広いのですが、こちらの項でふれたいのが給湯器トラブルについてです。

トラブルの具合によっては、給湯器の修理や交換が求められる可能性も考えられます。

まずは、「配管から水漏れを引き起こしてしまう」ということを挙げることができます。

気づくのが遅かったりしてしまうと、どんどん床が濡れていってしまうので注意しましょう。

急に給湯器から水漏れが起きてしまうと慌ててしまいますが、冷静さをキープしましょう。

次は、「お湯が流れなくなってしまう」ということを挙げることができます。

特に入浴のときにはお湯を使用するため、こういう状態になってしまうと非常に困ってしまいますね。

日常的にお湯を使用する習慣があるからこそ、痛手になってしまうでしょう。

さらに寒い時期ですと、お湯を使用する頻度も増える傾向にあることから、余計に厳しい状態です。

また、こちらと同じようなパターンで、「ぬるめのお湯しか流れなくなる」ということも挙げられます。

以上のように、水漏れであってもお湯が使用できなくなってしまうのであっても、ストレスの種になってしまいます。

アパートの給湯器を修理・交換したい!貸主側に知らせる

前項で挙げたようなことが、アパートの給湯器で引き起こしがちなトラブルです。

では、このようなトラブルに見舞われてしまい、アパートの給湯器を修理したり交換したりしたい場合の対処の仕方についてみていきましょう。

給湯器トラブルが発生してしまうと焦ってしまうかもしれませんが、冷静に「貸主側に知らせる」という対処法をとってください。

一般的には管理会社に電話をかけるパターンが多いようですね。

NG行為は管理会社などに相談をせずに、自ら判断して専門の業者に修理・交換の依頼をしてしまうことなので注意しましょう。

アパートの給湯器を所有しているのは大家さんなので、修理の費用は大家さんが出してくれるというのが一般的です。

アパートの給湯器は、借りているものという意識を持つことが重要です。

また、修理の費用は大家さんが出してくれるというのが一般的とお伝えしましたが、もちろん例外は存在します。

その例外のケースというのは、借主が故意にアパートの給湯器を破損させたケースですから覚えておきましょう。

望まないトラブルを招かないためにも自己判断はしないで

アパートの給湯器がいつものように使用できない場合、故障してしまった場合にはなるべく早めに修理や交換を済ませたいという気持ちが先走ってしまいがちなのかもしれません。

管理会社などの貸主側に、何の相談もせずに自己判断をしたほうが手っ取り早いと考えてしまう人もいるのではないでしょうか。

しかしながら前項でお伝えした通り、自己判断で専門業者に連絡してしまうのは厳禁なので止めておきましょう。

そうしてしまうと、作業が手っ取り早くなるどころか、望まないトラブル招いてしまうことにも結びついてしまう可能性があります。

一例ですが、以下のようなトラブルをよく見かける傾向にあるので把握しておきましょう。

●借主負担での給湯器修理・交換となってしまう。

●もともとの状態に戻してほしいという依頼をされる場合もある。

●大家さんとの関係性が気まずくなってしまう恐れも考えられる。

「借主負担での給湯器修理・交換となってしまう」というのは、その背景として借主の故意での故障ではないというのがあります。

そうなってしまうと、結果的に損をしてしまうことになりますから注意が必要といえますね。

どうして交換が必要なほどアパートの給湯器の状態が悪化するのか

アパートの給湯器の状態が悪くなってしまうのにはわけがあるといわれています。

なかには修理だけでは済ませることができなくて、交換せざるを得ないパターンもあります。

では、こちらの項ではどうして交換が必要とされるほど給湯器の状態が悪くなってしまうのか考えていきましょう。

代表的な理由としては「経年劣化」が深く関わっていると考えられています。

長い期間アパートの給湯器を利用しているとなると、どうしても部品や基盤は劣化していくものです。

そのアパートに引っ越してきてあまり年月が経っていないという場合であっても、給湯器は古いものであるというのはよく聞く話です。

また、寒い時期に引き起こしやすい「凍結」も、アパートの給湯器の状態を悪化させてしまいます。

さらに、アパートの給湯器を清潔な状態に保てていないことから汚れが溜まり、同じく給湯器の故障を招いてしまうといわれています。

定期的なケアを行うことが好ましいのですが、外に給湯器があるケースではなかなか難しい部分ですよね。

アパートの給湯器は10年くらいで交換するのが目安?!

前項では、どうしてアパートの給湯器の状態が劣化してしまうのかという点についてふれていきました。

そのなかでも代表的なもので「経年劣化」が挙げられました。

アパートの給湯器を何度も、そして長い期間利用すると状態が悪化してしまうのは理解しやすい部分かもしれませんが、具体的な年月について考えてみましょう。

アパートの給湯器を交換する目安としては「10年」という考え方が一般的です。

いわゆるアパートの給湯器の「寿命」のことで、こちらをひとつの目安として考えておきましょう。

10年経たない場合でも故障してしまったというケースもよく見受けられます。

しかし、定期的な点検を行っている場合には10年経ってもまだ問題なく利用可能という意見もありますので、定期的な点検を行うのに越したことはありません。

何度もお話ししますが、自己判断で専門業者を呼ぶのは望まないトラブルの種にもなってしまう場合もありますので、気を付けましょう。

そして、給湯器の定期的な点検をしていないようであれば、管理会社等に相談してみるのもいいかもしれませんね。

この状態になったらアパートの給湯器を交換する!

前項でお伝えしたように、そもそもアパートの給湯器を10年以上使用しているという場合には、ひとつの交換の目安にもなりますよね。

他にも、アパートの給湯器が以下のような状態になったら交換するのが望ましいと考えられています。

見た目にも何だか危なそうな予感がするかと思いますが、黒色の煙が発生したという事例があります。

空気の吸収機能が上手く働いていないというのが、その一般的な原因として挙げられています。

こちらの対処の仕方として最初に行うべきなのは、電源をOFFにしておくということなので知っておくと良いですね。

また、違和感のある音が聞こえるといった事例も存在するとのことです。

どうしてこうなってしまったのかといいますと、部品の状態が悪くなったからという答えをよくみます。

給湯器のトラブルが発生したら最初に貸主側に連絡を

「配管から水漏れを引き起こしてしまう」「お湯が流れなくなってしまう」「ぬるめのお湯しか流れなくなる」などの給湯器のトラブルが発生してしまうと早く対処したい気持ちが先走りがちです。

しかし、そこで自己判断で専門業者に連絡してしまうのは厳禁です。

望まないトラブルを招かないように、最初に管理会社など貸主側に連絡を入れて相談しましょう。