アパートの給湯器トラブル!修理・交換したい場合には?

アパートの給湯器に関するトラブルも、よく起きがちなトラブルなのかもしれません。

では、アパートの給湯器にトラブルが発生してしまい、修理・交換したい場合はどのように対処するのが良いのでしょうか。

また、どうしてアパートの給湯器の状態が悪化するのか、交換する目安になる判断材料はないのか気になりますよね。

そこで当記事では、アパートの給湯器トラブルに関係する疑問についてまとめていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートでできる防音対策!床・壁・天井にできる対策とは?

アパートのような集合住宅につきものなのが、近隣の部屋から聞こえる生活音です。沢山の人が同...

マンション問題あるある!ピアノ騒音の苦情を未然に防ぐ方法

安定した生活環境作りには、他人とのトラブルを発生させないことが大切ですね。価値観は人それぞれ...

アパートを借りることができる?できない?無職の場合

長い人生の中で、一時的にでも無職になる経験がある人は多いはずです。また、自営業やフリーランス...

アパートの名義変更を行おう!手続きや手数料はどうなる?

アパートなどの賃貸住宅に住んでいて、様々な状況の変化で名義変更を行いたいケースも出てくるでしょう...

新築マンションの購入!注意すべきポイントをブログで学ぼう

新築マンションの購入を検討している場合、注意すべきポイントは何でしょうか?こだわりたい箇...

アパートの火災保険!賃貸契約の更新と共にするべき?

アパートの契約時には、賃貸契約と同時に火災保険に入っている方がほとんどかと思います。その火災...

アパートの住民から苦情が!その理由は「足音」だった?

アパートでは他の住民の物音が気になるという人も多いですよね。ときには苦情を受けてしまうこともあ...

アパートで一人暮らしをするときのレイアウト~1Kの部屋編~

アパートの1Kの部屋で一人暮らしを始めるという方はいませんか。1Kという間取りは広さに限りが...

マンションでピアノを弾く場合弾いていい時間はあるのか

ピアノは脳の発達に効果があるとされ、子供から大人まで今も昔も人気があります。音楽の時間にピアノ...

アパートの足音対策!苦情がくる前に意識しておきたいこと

アパートなどの集合住宅にお住まいだと、騒音問題に悩まされることも多いはずです。特に、「足音」...

アパートを建てたいけど、利回りが心配?新築時の注意点は?

自分の所有する土地にアパートを建てて経営したいけれど、きちんと利回りが確保できるのか心配、という...

アパートで雨漏り発生!その時の対処法と修理代の支払いは?

古いアパートは経年劣化により雨漏りが発生することがあるかもしれません。また、新しいアパートでも...

アパートの住人から足音がうるさいと苦情があったらどうする

さまざまな人たちが集まるアパートなどの集合住宅は、騒音トラブルが多々あります。気を付けていても...

アパートのドアの郵便受け!防犯上気をつけるべきことは?

新しい賃貸物件では、アパートのドアに郵便受けがついているタイプの部屋はあまり見かけませんよね。な...

1kの賃貸で始める一人暮らし、インテリアにもこだわりたい

初めての一人暮らしには、夢や憧れがいっぱいですが、独立したての身の上では、1kの賃貸物件を借りるのが...

スポンサーリンク

修理や交換が求められるかも!アパートの給湯器トラブル

アパートで起こり得るトラブルも幅広いのですが、こちらの項でふれたいのが給湯器トラブルについてです。

トラブルの具合によっては、給湯器の修理や交換が求められる可能性も考えられます。

まずは、「配管から水漏れを引き起こしてしまう」ということを挙げることができます。

気づくのが遅かったりしてしまうと、どんどん床が濡れていってしまうので注意しましょう。

急に給湯器から水漏れが起きてしまうと慌ててしまいますが、冷静さをキープしましょう。

次は、「お湯が流れなくなってしまう」ということを挙げることができます。

特に入浴のときにはお湯を使用するため、こういう状態になってしまうと非常に困ってしまいますね。

日常的にお湯を使用する習慣があるからこそ、痛手になってしまうでしょう。

さらに寒い時期ですと、お湯を使用する頻度も増える傾向にあることから、余計に厳しい状態です。

また、こちらと同じようなパターンで、「ぬるめのお湯しか流れなくなる」ということも挙げられます。

以上のように、水漏れであってもお湯が使用できなくなってしまうのであっても、ストレスの種になってしまいます。

アパートの給湯器を修理・交換したい!貸主側に知らせる

前項で挙げたようなことが、アパートの給湯器で引き起こしがちなトラブルです。

では、このようなトラブルに見舞われてしまい、アパートの給湯器を修理したり交換したりしたい場合の対処の仕方についてみていきましょう。

給湯器トラブルが発生してしまうと焦ってしまうかもしれませんが、冷静に「貸主側に知らせる」という対処法をとってください。

一般的には管理会社に電話をかけるパターンが多いようですね。

NG行為は管理会社などに相談をせずに、自ら判断して専門の業者に修理・交換の依頼をしてしまうことなので注意しましょう。

アパートの給湯器を所有しているのは大家さんなので、修理の費用は大家さんが出してくれるというのが一般的です。

アパートの給湯器は、借りているものという意識を持つことが重要です。

また、修理の費用は大家さんが出してくれるというのが一般的とお伝えしましたが、もちろん例外は存在します。

その例外のケースというのは、借主が故意にアパートの給湯器を破損させたケースですから覚えておきましょう。

望まないトラブルを招かないためにも自己判断はしないで

アパートの給湯器がいつものように使用できない場合、故障してしまった場合にはなるべく早めに修理や交換を済ませたいという気持ちが先走ってしまいがちなのかもしれません。

管理会社などの貸主側に、何の相談もせずに自己判断をしたほうが手っ取り早いと考えてしまう人もいるのではないでしょうか。

しかしながら前項でお伝えした通り、自己判断で専門業者に連絡してしまうのは厳禁なので止めておきましょう。

そうしてしまうと、作業が手っ取り早くなるどころか、望まないトラブル招いてしまうことにも結びついてしまう可能性があります。

一例ですが、以下のようなトラブルをよく見かける傾向にあるので把握しておきましょう。

●借主負担での給湯器修理・交換となってしまう。

●もともとの状態に戻してほしいという依頼をされる場合もある。

●大家さんとの関係性が気まずくなってしまう恐れも考えられる。

「借主負担での給湯器修理・交換となってしまう」というのは、その背景として借主の故意での故障ではないというのがあります。

そうなってしまうと、結果的に損をしてしまうことになりますから注意が必要といえますね。

どうして交換が必要なほどアパートの給湯器の状態が悪化するのか

アパートの給湯器の状態が悪くなってしまうのにはわけがあるといわれています。

なかには修理だけでは済ませることができなくて、交換せざるを得ないパターンもあります。

では、こちらの項ではどうして交換が必要とされるほど給湯器の状態が悪くなってしまうのか考えていきましょう。

代表的な理由としては「経年劣化」が深く関わっていると考えられています。

長い期間アパートの給湯器を利用しているとなると、どうしても部品や基盤は劣化していくものです。

そのアパートに引っ越してきてあまり年月が経っていないという場合であっても、給湯器は古いものであるというのはよく聞く話です。

また、寒い時期に引き起こしやすい「凍結」も、アパートの給湯器の状態を悪化させてしまいます。

さらに、アパートの給湯器を清潔な状態に保てていないことから汚れが溜まり、同じく給湯器の故障を招いてしまうといわれています。

定期的なケアを行うことが好ましいのですが、外に給湯器があるケースではなかなか難しい部分ですよね。

アパートの給湯器は10年くらいで交換するのが目安?!

前項では、どうしてアパートの給湯器の状態が劣化してしまうのかという点についてふれていきました。

そのなかでも代表的なもので「経年劣化」が挙げられました。

アパートの給湯器を何度も、そして長い期間利用すると状態が悪化してしまうのは理解しやすい部分かもしれませんが、具体的な年月について考えてみましょう。

アパートの給湯器を交換する目安としては「10年」という考え方が一般的です。

いわゆるアパートの給湯器の「寿命」のことで、こちらをひとつの目安として考えておきましょう。

10年経たない場合でも故障してしまったというケースもよく見受けられます。

しかし、定期的な点検を行っている場合には10年経ってもまだ問題なく利用可能という意見もありますので、定期的な点検を行うのに越したことはありません。

何度もお話ししますが、自己判断で専門業者を呼ぶのは望まないトラブルの種にもなってしまう場合もありますので、気を付けましょう。

そして、給湯器の定期的な点検をしていないようであれば、管理会社等に相談してみるのもいいかもしれませんね。

この状態になったらアパートの給湯器を交換する!

前項でお伝えしたように、そもそもアパートの給湯器を10年以上使用しているという場合には、ひとつの交換の目安にもなりますよね。

他にも、アパートの給湯器が以下のような状態になったら交換するのが望ましいと考えられています。

見た目にも何だか危なそうな予感がするかと思いますが、黒色の煙が発生したという事例があります。

空気の吸収機能が上手く働いていないというのが、その一般的な原因として挙げられています。

こちらの対処の仕方として最初に行うべきなのは、電源をOFFにしておくということなので知っておくと良いですね。

また、違和感のある音が聞こえるといった事例も存在するとのことです。

どうしてこうなってしまったのかといいますと、部品の状態が悪くなったからという答えをよくみます。

給湯器のトラブルが発生したら最初に貸主側に連絡を

「配管から水漏れを引き起こしてしまう」「お湯が流れなくなってしまう」「ぬるめのお湯しか流れなくなる」などの給湯器のトラブルが発生してしまうと早く対処したい気持ちが先走りがちです。

しかし、そこで自己判断で専門業者に連絡してしまうのは厳禁です。

望まないトラブルを招かないように、最初に管理会社など貸主側に連絡を入れて相談しましょう。