新築に憧れの対面キッチンを!背面収納で気を付けることは?

憧れのキッチンとして、新築の家に対面キッチンを希望している方もいるでしょう。

とはいえ、対面キッチンにも種類や形状、メリット・デメリットがあり、とくに背面収納をどうするかについて迷われている方も多くいるようです。

そこで今回は、対面キッチンについて詳しくお話しするとともに、背面収納にも焦点をあててご紹介します。

新築の家に背面収納を設置するときのポイントを押さえ、使いやすい対面キッチンを手に入れましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートの一階は虫が出やすい?侵入経路を知って対策しよう

みなさんは、虫は好きですか?男性女性問わず、虫が苦手という方は多いのではないでしょうか。...

アパートを探すときは洗濯機置き場のサイズに気を付けて!

4月になると、進学や就職、転勤などで現在のアパートから引っ越しをするかたも多いですよね。はじ...

新築工事開始!基礎工事から差し入れ?何を出せばいいの?

マイホームの新築工事が開始するとなると、わくわくすると同時に建築工事をする職人さんへの差し入れが...

アパートに引越ししたら隣人への挨拶はベター!その理由は?

アパートなどに引越しをしたときに、隣人への挨拶に悩んだことはないでしょうか。中には、「相手の...

オートロックマンションに住む場合!救急車は来てくれるの?

オートロックマンションは、外部の人間がマンション内に入ってこないための防犯システムです。これ...

アパートの壁は防音性が低い?どう対策すれば良いの?

アパートのトラブルとして多いのが騒音の問題です。壁から伝わってくる音や振動は大きなストレスと...

賃貸アパートのメゾネットタイプとは?本当に騒音はないの?

賃貸アパートと言えば、フラットタイプが多いですが、最近では、「メゾネットタイプ」の賃貸アパートも...

案外運転音が響く?!アパートでのドライヤーは何時まで?

アパートでは騒音問題が生じやすいため、ドライヤーの運転音も気にしてしまいますよね。短い間...

アパートの名前は好感がもてるように工夫!和風も素敵!

新たにアパートのオーナーになったという方が最初に迷ってしまいがちなのが、アパートにつける名前では...

試してみよう!アパートのダイヤル式ポストの基本的な開け方

アパートのダイヤル式ポストの開け方が分からなくなってしまった方はいませんか?あるいは、ポスト...

新築一戸建ての失敗事例やブログ体験談!失敗しない家作り

新築一戸建ての注文住宅は誰もが憧れるものです。注文住宅は自分の好きな間取り、外観、構造の設計...

アパートの火災保険は年末調整に使えるのか?地震保険は?

アパートに住む際に、火災保険や地震保険に加入される方は多いですよね。万が一に備えての保険です...

入居中のアパートで家賃を急に値上げと言われた時の対処法

賃貸アパートに住んでいると、毎月の家賃支払いは家計にも大きな影響を与えます。そんな家賃がもし急に...

敷金の返還に差が出る!アパートのお風呂場をきれいに掃除

アパートに入居するとき、敷金や礼金・仲介手数料といった初期費用がかかりますが、敷金については返還...

住まいを購入予定の方必見!戸建てとマンションならどっち?

住宅の購入を検討している方のなかには、「戸建て住宅とマンションのどっちにしようか」と迷っている方...

スポンサーリンク

新築の家に対面キッチンをつくろう!その種類や形状は?

家を新築するにあたって、対面キッチンを望まれる方も多いでしょう。

リビングで過ごす家族を見ながらのキッチンならば、毎日の調理作業も楽しくなるのではないでしょうか。

ただ、一口に対面キッチンと言っても、その種類は大きく2つに分けられます。

〇ペニンシュラキッチン

ペニンシュラは半島という意味です。

キッチンの片側どちらかが壁についた状態であれば、ペニンシュラキッチンです。

〇アイランドキッチン

アイランドは島という意味で、キッチンの四方は壁についておらず、独立した状態であればアイランドキッチンです。

ここから、コンロとシンクの設置場所によって3種類に派生していきます。

・I型キッチン

コンロとシンクが同じ列に、一直線に並んでいる形状です。

壁側は広範囲で、背面収納として使われることが多いです。

・Ⅱ型キッチン

作業スペースがキッチンの壁側にも用意されていて、コンロとシンクが2つの場所に分けられている形状です。

・L型キッチン

対面キッチンが『L』の形状をしており、それぞれの辺にコンロとシンクが設置されている形状です。

対面キッチンを新築の家に選ぶときのメリットは?

さまざまな種類や形状に分けられている対面キッチンですが、新築の家に対面キッチンを選ぶとしたら、どのようなメリットやデメリットが考えられるのでしょうか。

まずは、メリットについてお話しします。

【新築の家に対面キッチンを選ぶメリット】

・開放感を得やすい

キッチン・リビング・ダイニングが一体化しているので、開放感を得られるでしょう。

ただし、カウンターの上に吊り戸棚があると、空間の広がりを邪魔してしまうので、対面キッチンには背面収納を選ぶことをおすすめします。

・部屋の状況を常に見渡せる

対面キッチンは、リビングやダイニングを見渡せるように配置されています。

そのため、家族の様子を見ながら調理を行うことができます。

小さいお子様がいるご家庭であれば、安心して調理作業に取り掛かれるのではないでしょうか。

・調理や配膳による動きが楽になる

対面キッチンは調理スペースが広く、スムーズな動作環境を確保できます。

また、キッチンカウンターから直接料理を運べるので、無駄な動きが少なくなります。

食べ終わった食器を片付けるときも、カウンター越しに受け取れるので、家事の負担が減るはずです。

対面キッチンが抱えるデメリットは?

たくさんのメリットを持つ対面キッチンですが、やはりいくつかのデメリットは抱えています。

そのデメリットについてお話ししていきましょう。

【新築の家に対面キッチンを選ぶデメリット】

・調理中のニオイが広がりやすい

対面キッチンは、リビングやダイニングに対してオープンなつくりのため、調理中のニオイが広い範囲で伝わりやすいです。

部屋中にニオイを蔓延させないためにも、換気は忘れずに行いましょう。

・整理整頓が欠かせない

キッチンからリビングやダイニングが見渡せるということは、反対にキッチンの状態も良く見えるということです。

そのため、対面キッチンは常に整理整頓を心掛けてください。

・収納スペースを確保しづらい

一般的にみられる壁付けキッチンに比べ、対面キッチンは十分な収納スペースが確保できないことが多いです。

それを解消するために採用されるのが、カウンター上の吊り戸棚です。

ただ、吊り戸棚は開放感が減るだけでなく、頭上にあるため使い勝手も悪くなりがちです。

そこで、おすすめしたいのが『背面収納』です。

次項からは、対面キッチンの背面収納について詳しくご紹介していきます。

対面キッチンにするなら背面収納がおすすめ!

もし、新築の家を対面キッチンにするなら、背面収納を設置しましょう。

背面収納とは、対面キッチンの後ろ、つまり壁側に設置された収納スペースのことです。

対面キッチンに背面収納を組み合わせることで、開放感を損なわせる吊り戸棚を設置せずに済みます。

また、背面収納はキッチンの見た目にも大きな影響を与えます。

リビングやダイニングから見たときにパッと目に入るのが背面収納です。

そのため、家を新築するときに背面収納のデザインをこだわって決めることで、部屋全体の印象も変えることができるでしょう。

キッチンは、洗剤や調理用具など生活感が出やすいものが多いので、それらを背面収納に収納してしまえば、スッキリとした印象を与えられます。

背面収納のデザイン次第で、対面キッチンの使いやすさが左右されると言っても過言ではないでしょう。

新築の家に背面収納を設置するときのポイント

それでは、新築の家に背面収納を設置するときのポイントについてお話ししていきます。

まず、高さについてです。

キッチンをメインで使うことになるのは、女性と男性のどちらでしょう。

もし、女性であるならば、背面収納の棚などの高さを低めに設定したほうが使いやすくなります。

逆に、身長が高い男性がメインで使うのであれば、ある程度高いところまで収納棚を設けても良いでしょう。

次に、背面収納の間にカウンターとして空間を設けるかということです。

壁一面を背面収納にしてしまえば、確かに収納力は上がるかもしれません。

しかし、使い勝手のことを考えると、物を置いたり作業したりするスペースとしてカウンターを設けておいたほうが便利です。

この場合も、キッチンをよく使う人の身長に合わせて高さを決めるようにしてください。

目安としては〈身長(センチ)÷2+5センチ〉の高さです。

ただ、こればかりは人によって使いやすい高さが違いますので、ショールームなどで実際の感覚を試して決めたほうが間違いがないでしょう。

対面キッチンの背面収納は扉選びも大切!

新築の家の対面キッチンに背面収納を採用された方の意見を見ると、「失敗した」と悩まれることが多いのが扉選びです。

比較的スペースが設けられている対面キッチンでも、扉を大きく開けて調理作業ができるほどの広いスペースは確保されていないでしょう。

そのため、対面キッチンでは外側に開くタイプの扉はあまり適していないと言えます。

対面キッチンにおすすめの扉は、引き戸タイプです。

横にスライドさせて開閉を行う引き戸であれば、対面キッチンでの調理作業を邪魔することがありません。

ただ、背面収納をつくるうえで気になるのが費用面です。

もし、できるだけ費用を抑えて背面収納を設けたいのであれば、オープンタイプを選んでも良いでしょう。

しかし、そうなると気になるのが見た目の問題です。

また、調理中の油跳ねなども心配な点です。

このような問題を補うためには、カーテンを利用しましょう。

カーテンならば、普段は中が見えないように閉じておき、必要なときにだけ開けるという使い方ができます。

工夫次第では、背面収納の設置費用を安価に抑えられますので、部屋全体の雰囲気に合ったものを選びましょう。

対面キッチンの使いやすさは背面収納がキーポイント!

対面キッチンを使いやすくするためには、背面収納によって十分な収納スペースを確保することが大切です。

高さやカウンターの有無、選ぶ扉によっても背面収納の使い勝手は変わってきますので、ご自分の希望に合わせたものを選びましょう。

せっかく建てる新築のマイホームです。

家族で楽しい時間を過ごすためにも、理想とする対面キッチンを見つけてください。