アパートの電気代の平均はどれくらいなのか?

アパートに住んでいて気になるのが電気代ですよね。

できるだけ安く抑えたい出費ですが、アパートの電気代の平均はどのくらいなのでしょうか。

もちろん1人暮らしか2人暮らしかで費用は変わってきますが、平均を知ることで、自分の電気代が高いのか低いのかが分かります。

今回の記事では、電気代の節約方法もご紹介しますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

戸建ての家を建てるなら!ポストもおしゃれにする選び方とは

新築の戸建住宅を建てる際には、「庭や外構なども住宅の雰囲気に合わせておしゃれにしたい」と考えるも...

狭いアパートのリビング収納術!スペースを有効に利用しよう

リビングは、居室の中でも多くの時間を過ごすスペースです。そんなリビングは、心身ともにくつろげ...

新築の玄関をおしゃれに魅せる!そのためのテクニックとは

家を新築するなら、いろいろな部分にこだわりたいものですよね。居住スペースの他にこだわりたい場...

【新築一軒家】おすすめの間取り・人気の間取りが知りたい!

新築で一軒家を建てるなら、後悔しない間取りの決め方を学びたいところですよね。この記事では...

暮らしやすい一戸建てを建てるなら!こんな間取りが人気だ!

一戸建てを建てる、購入するときは、あれこれと希望や夢があふれてきますよね。満足感の高い一戸建...

新築なのにクロスに隙間がある!その場合の対処方法や解決策

新築の家にお住まいの方で、クロスに隙間を発見して「これって欠陥?」「直せないのかな?」などと対処...

アパートの電気代、支払いせずにいるとどうなるの?

アパートに住んでいて、うっかり電気代を支払い忘れることありませんか。うっかりで済めば良いので...

アパートのアンテナ端子は様々!テレビを見るための接続方法

はじめて一人暮らしをするとき、さみしさを紛らわしてくれるのは、テレビだったりします。実家で使...

コーポとアパートに違いはあるの?定義や呼び方の違いを解説

不動産物件には、いろいろな呼び方があります。アパートやマンションがよく使われますが、他にもコ...

アパートのベランダでプールは非常識?考えられる問題点

暑い夏の時期になると、「子供をプールで遊ばせてあげたい!」と思う親御さんも多いでしょう。しか...

徹底調査!アパートの1階と2階ではどちらが生活しやすい?

アパートの1階は、あまり人気がない傾向があります。1階というと、日当たりが悪い、空き巣に入られや...

アパートで雨漏りが発生!家賃減額の交渉をする人も存在?

知らぬ間にアパートで雨漏りが発生していたとなると驚いてしまいますよね。雨漏りによってこうむっ...

アパートの1階に住むときの騒音対策は?近隣との関係も大事

アパートの1階で1人暮らしを行うときなどに、必ずといっていいほど起こる騒音問題。この騒音が原因...

もしもに備えるアパートの地震保険!加入で控除が受けられる

アパートの入居と共に加入することの多い火災保険ですが、地震保険と帯同して加入すると保険料控除が受...

アパートのエアコンが効かない!その原因と対策をご紹介

暑い時期や寒い時期、突然エアコンが効かなくなったら困りますよね。そんな時はまず、故障かどうかを...

スポンサーリンク

アパートの電気代の平均はどれくらい?

アパートで暮らしている人は、生活に余裕はあるでしょうか。

日々の生活で、少しでも余裕を持つために、余計な出費はしたくないですよね。

そのためには、日々の節約が大切となります。

節約を効率的に行うには、生活費の中の固定費を削減することが大事です。

固定費とは、毎月一定額かかる費用のことで、例えば家賃や光熱費などが挙げられます。

このうち家賃の金額は変えることができませんので、光熱費を抑えるのがいいでしょう。

光熱費は電気代、水道代、ガス代がありますが、その中でも電気代に焦点をあてます。

まず、アパートの電気代の平均はどれくらいなのでしょうか。

アパートの電気代は、1人暮らしなのか、2人暮らしなのかによって平均が異なります。

では1人暮らしの場合の電気代の平均はどのくらいなのでしょうか。

住んでいる地域よって若干異なりますが、だいたい通常時の平均は3,000円程度だと言われています。

通常時というのは春や秋のことです。

夏や冬の時期は、常にエアコンが稼働しているため、その分電気代が高くなってしまいます。

常にエアコンが稼働している夏や冬の時期の電気代は、7,000円を超えることもあります。

アパートで2人暮らしの場合だと電気代はどれくらいになるの?

次にアパートで2人暮らしの場合の電気代の平均をご紹介します。

2人暮らしになると、当然1人暮らしに比べて電気代が高くなります。

では平均金額はどのくらいなのでしょうか。

2人暮らしの場合の電気代の平均は、5,000円から6,000円くらいだと言われています。

これも通常時の電気代となりますので、エアコンが稼働している夏や冬の時期の電気代は、もっと高くなります。

2人暮らしの場合の電気代は、1人暮らしの場合の金額の単純に2倍になりそうですが、やり方によってはもう少し安く抑えることが可能です。

例えば、冷蔵庫は1台で足りますし、テレビも共同で使用すれば一台でいいでしょう。

共同で使うことを意識すれば、2人暮らしでも電気代はそこまで高くならないでしょう。

オール電化のアパートは電気代が平均よりも高くなる

1人暮らしの場合と2人暮らしの場合のアパートの電気代の平均金額をご紹介してきました。

しかし、アパートがオール電化の場合は、電気代が平均よりも高くなることが多いです。

オール電化とは、料理で加熱をするときやお湯を沸かすときに、ガスを使用するのではなく電気を使用する仕組みのことです。

普段料理で加熱をするときはガスを使用する人が多いと思いますが、オール電化の場合は、電気を使用して加熱を行うことになります。

オール電化にすることのメリットは、ガスを使用しないで済むため、安全性が高いことが挙げられます。

電気代については、オール電化にすることで当然上がってくるでしょう。

しかし、電気代が高くなる代わりにガス代がかかりませんので、トータルの光熱費では、オール電化の方が安く済む場合があります。

オール電化にした方が光熱費を安く抑えられるかもしれないので、検討してみてはいかがでしょうか。

電気代が平均よりも高い人は節約を!

ここまでアパートの電気代の平均をご紹介してきました。

平均より高い人は、電気代の節約に取り組んでみてはいかがでしょうか。

こちらでは、電気代の節約方法をいくつかご紹介します。

まずは、エアコンにかかる電気代を節約する方法です。

エアコンは、電気代の中に占める割合が結構高く、夏の暑い時期や冬の寒い時期はエアコンを使用する機会が増えるため、その時期は電気代が高くなってしまいます。

エアコンにかかる電気代を節約するために、エアコンをこまめに切る人がいますが、実はこれはやめた方がいい習慣かもしれません。

こまめに切ることが、逆に電気代の高騰につながる場合があるのです。

エアコンは、最初の冷やし始める時間や暖める始める時間に電力を最も消費します。

ということは、少しの時間部屋を出るのであれば、その間スイッチを切るのではなく、ずっとつけっぱなしにしておいた方が電気代は安く済むのです。

エアコンをこまめに切っている人は、今一度その習慣を見直してみるのがいいかもしれません。

契約アンペアや支払い方法を見直して節約する!

アパートの電気代が平均より高く、もう少し電気代を安くしたいと考えているのであれば、エアコンの使い方を見直すだけでなく、契約アンペアや電気料金の支払い方法を見直してみてもいいでしょう。

契約アンペアというのは、一度に使用できる電力の上限のことです。

この契約アンペアを超えて電気を使ってしまうと、ブレーカーが落ちてしまいます。

しかし、契約アンペア数が小さいほど、電気の基本料金が安くなるのです。

1人暮らしをしているのであれば、契約アンペア数は20アンペアがいいでしょう。

これよりも大きいアンペア数で契約している人は見直してみてください。

ただし電気代を抑えようと思って、あまりにも低いアンペア数で契約はおすすめできません。

ブレーカーが頻繁に落ちる恐れがあるからです。

日頃使用するアンペア数を意識しながら、契約アンペア数を見直してみるのもいいかもしれません。

契約アンペアの見直し以外に、支払い方法を見直すことも考えてみましょう。

月々の電気料金を払う方法によって、電気代が安くなる場合があるからです。

例えば、毎月の電気料金をコンビニでの振り込みよりも、口座振替の方が、料金の割引が適用されて電気代が安く済むことがあります。

支払い方法によって電気代が安くならないかどうか調べてみましょう。

待機電力を減らし省エネ家電に買い替える!

平均より高いアパートの電気代をもう少し安くする方法のひとつとして、簡単にできることは待機電力を減らすことです。

待機電力というのは、使っていない家電などがコンセントに繋がっている状態でも消費される電力のことです。

これらの待機電力を減らすためには、普段あまり使っていない家電の主電源を切り、コンセントを抜いてしまうことです。

冷蔵庫や電話などは常時使用するものですので、コンセントを抜くことは難しいと思います。

しかし、それ以外の製品、例えば、パソコンやテレビ、扇風機といった常時使用するわけではない電気製品は、使わないときはコンセントを抜いてしまうのがいいでしょう。

そうすれば待機電力を減らすことができ、電気代を安くすることができます。

そして余裕があれば省エネ家電に買い替えるのも、電気代を節約する方法の1つです。

家電製品は、毎年新しいものが発売されていて、省エネ性能も高まっています。

買い替えるのにはお金がかかりますが、長い目で見ると、電気代が安くなり、お得になることも多いです。

いきなり全ての家電製品を買い換えるのは難しいと思いますので、まずは古くなった家電製品から順番に買い替えることをおすすめします。

電気代が平均よりも高い人は節約を!

ここまでアパートの電気代の平均をご紹介してきました。

平均より高い人は、電気代の節約に取り組んでみてはいかがでしょうか。

こちらでは、電気代の節約方法をいくつかご紹介します。

まずは、エアコンにかかる電気代を節約する方法です。

エアコンは、電気代の中に占める割合が結構高く、夏の暑い時期や冬の寒い時期はエアコンを使用する機会が増えるため、その時期は電気代が高くなってしまいます。

エアコンにかかる電気代を節約するために、エアコンをこまめに切る人がいますが、実はこれはやめた方がいい習慣かもしれません。

こまめに切ることが、逆に電気代の高騰につながる場合があるのです。

エアコンは、最初の冷やし始める時間や暖める始める時間に電力を最も消費します。

ということは、少しの時間部屋を出るのであれば、その間スイッチを切るのではなく、ずっとつけっぱなしにしておいた方が電気代は安く済むのです。

エアコンをこまめに切っている人は、今一度その習慣を見直してみるのがいいかもしれません。

$$$契約アンペアや支払い方法を見直して節約する!$$$

アパートの電気代が平均より高く、もう少し電気代を安くしたいと考えているのであれば、エアコンの使い方を見直すだけでなく、契約アンペアや電気料金の支払い方法を見直してみてもいいでしょう。

契約アンペアというのは、一度に使用できる電力の上限のことです。

この契約アンペアを超えて電気を使ってしまうと、ブレーカーが落ちてしまいます。

しかし、契約アンペア数が小さいほど、電気の基本料金が安くなるのです。

1人暮らしをしているのであれば、契約アンペア数は20アンペアがいいでしょう。

これよりも大きいアンペア数で契約している人は見直してみてください。

ただし電気代を抑えようと思って、あまりにも低いアンペア数で契約はおすすめできません。

ブレーカーが頻繁に落ちる恐れがあるからです。

日頃使用するアンペア数を意識しながら、契約アンペア数を見直してみるのもいいかもしれません。

契約アンペアの見直し以外に、支払い方法を見直すことも考えてみましょう。

月々の電気料金を払う方法によって、電気代が安くなる場合があるからです。

例えば、毎月の電気料金をコンビニでの振り込みよりも、口座振替の方が、料金の割引が適用されて電気代が安く済むことがあります。

支払い方法によって電気代が安くならないかどうか調べてみましょう。

$$$待機電力を減らし省エネ家電に買い替える!$$$

平均より高いアパートの電気代をもう少し安くする方法のひとつとして、簡単にできることは待機電力を減らすことです。

待機電力というのは、使っていない家電などがコンセントに繋がっている状態でも消費される電力のことです。

これらの待機電力を減らすためには、普段あまり使っていない家電の主電源を切り、コンセントを抜いてしまうことです。

冷蔵庫や電話などは常時使用するものですので、コンセントを抜くことは難しいと思います。

しかし、それ以外の製品、例えば、パソコンやテレビ、扇風機といった常時使用するわけではない電気製品は、使わないときはコンセントを抜いてしまうのがいいでしょう。

そうすれば待機電力を減らすことができ、電気代を安くすることができます。

そして余裕があれば省エネ家電に買い替えるのも、電気代を節約する方法の1つです。

家電製品は、毎年新しいものが発売されていて、省エネ性能も高まっています。

買い替えるのにはお金がかかりますが、長い目で見ると、電気代が安くなり、お得になることも多いです。

いきなり全ての家電製品を買い換えるのは難しいと思いますので、まずは古くなった家電製品から順番に買い替えることをおすすめします。

$$$電気代が平均よりも高い人は節約を!$$$

ここまでアパートの電気代の平均額と、電気代を安くするための節約方法についてご説明してきました。

まずは、自分の家の電気代がどれくらいなのかを把握してください。

そして電気代の平均と照らし合わせて、もう少し電気代を安くしたいと考えている人は、節約に励んでみてはいかがでしょう。

今回ご紹介した節約方法は、お手軽に始められて簡単なものばかりです。

電気代を上手く節約して余裕のある生活を送ってほしいと思います。