これからアパートを借りるなら!1階と2階どちらが良いの?

新生活に向けて、これからアパートを借りる方もいることでしょう。

そのとき、「1階と2階だったらどちらが良いのだろう」と悩む方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、アパートの1階と2階、それぞれに住むメリットなどのご紹介をしていきます。

お部屋探しの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マンションの火災報知器が誤報で鳴っている!止め方は?

共同住宅であるマンションで火災が起きたら、一刻も早く安全な場所に避難しなければなりません。そ...

町家と長屋の特徴やメリット・デメリット!二つの違いとは?

町家や長屋と聞いて、まずは木造の建築ということをイメージする方は多いことでしょう。それでは、そ...

アパートのベランダにある仕切り板の役割!破り方のコツ

アパートのベランダの中には、「仕切り板」といった板で隣戸との境界が仕切られていることがあります。...

アパートが暑い!特に二階の場合には対処法を実践しよう!

「なんだかアパートの部屋が暑いな…」と感じた経験はありませんか?アパートが暑いと感じてい...

一人暮らしを始めよう!アパートの洗濯機はサイズ確認が重要

アパートで一人暮らしを始めるにあたって必要になるのが電化製品です。比較的価格の高い電化製品なの...

賃貸マンションでもできる?!玄関をおしゃれにするポイント

戸建ての家の場合は、家を建てる段階からおしゃれな玄関をイメージして造ることが可能ですし、分譲マンショ...

アパート入居時に契約した火災保険!更新しないといけない?

賃貸のアパートなどに入居する際に、ほとんどの場合、火災保険に加入することを必要とされています。...

新築の家で猫と楽しく暮らそう!壁などの爪とぎ対策もご紹介

新築の家で、猫とともに新しい生活を送るために、いくつかのポイントを知っておきましょう。手に入れ...

アパートの立ち退きについて考えよう!老朽化のケースでは?

アパートなどの賃貸住宅に住んでいると、立ち退きを余儀なくされるケースも出てきます。その理由は...

アパートでは騒音問題が発生しがち!苦情を言いたい場合は?

アパートやマンションなどの賃貸物件で生活を送っている方も数多くいらっしゃると思いますが、よくある問...

アパートの照明が故障!賃貸の照明器具修理費用は誰が負担?

アパートなどの賃貸物件で照明器具が故障してしまったとき、その修理費用はいったい誰が負担するのかご...

賃貸アパートの郵便受けに防犯対策をして身を守ろう!

住宅のドアがピッキングなどによって破られ、空き巣などの被害に遭う例が後を絶ちません。そのため、...

アパートの契約更新!保証人の審査や署名捺印は再度必要?

アパートの契約更新をする場合、また更新のための契約をすることになります。その際、保証人に変化...

騒音になってない?アパートの掃除機は何時からが常識的?

アパートに住んでいて気になるのは、同じアパートの住人が出す生活音ではないでしょうか。生活音に...

アパートで壁掛け時計の穴を空けた場合原状回復義務がある?

アパートなどの賃貸で、壁掛け時計やフックを取り付けたい。でも、穴の跡がついてしまったら…。...

スポンサーリンク

賃貸アパートでは1階と2階、どちらが人気?

これから新生活をスタートさせる方もいるのではないでしょうか。

そのときに一人暮らしをはじめる方もいるかと思います。

一人暮らしとなれば、まずはアパートを借りますよね。

アパートを借りるときは、

・家賃
・立地
・日当たり
・防犯
・収納

などの条件をもとに、選んでいくことでしょう。

人それぞれ選ぶ条件は違いますが、その中の1つに「何階の部屋か」ということも挙げられます。

中には「1階の部屋は絶対に嫌!」という方もいるかと思います。

実際に筆者もアパートを選ぶときは、1階の部屋はなるべく避けるようにしてきました。

口コミサイトなどをのぞいてみても、1階よりも2階のほうが良いという意見が多いようです。

しかしながら、「1階のほうが良い」という意見も少なくありません。

では1階と2階、それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか。

次の項からお伝えしていきましょう。

アパートの1階に住むメリットとは?

借りるアパートの部屋を1階にするか2階にするか悩んでいる方は、それぞれのメリットを知っておくと選びやすくなるかもしません。

はじめは、アパートの1階に住むメリットからお伝えしていきましょう。

●家賃が安いことが多い

アパートの1階は、2階の家賃と比較すると安く設定されていることが多いです。

数千円安くなっていることが多いので、家賃を抑えたい方は1階がおすすめです。

●移動が楽

1階なので当然、階段を昇り降りする必要はありません。

意外と面倒なごみ捨ても、1階であれば楽に行えるでしょう。

特に忘れ物をしやすい方であれば、1階の部屋であればすぐに取りに行くことができますよ。

引っ越し作業をする際も、1階のほうがスムーズに行いやすいです。

●自分の足音を気にしなくて良い

アパートでは騒音問題に悩まされることが多いと聞きます。

足音も下の階に響きやすいそうですが、1階であれば気にしなくて良いメリットがあります。

以上のメリットのほか、アパートによっては庭を使用できる場合もあります。

ちょっとした物置を置くこともできるので、庭が使えるととても便利です。

2階に住むメリットもチェックしておこう!

次は、アパートの2階に住むメリットについてお話しします。

●防犯性が1階よりも高い

やはり2階よりも1階のほうが侵入しやすいため、2階のほうが防犯的には良いかもしれません。

通行人に室内の様子を見られる心配も少ないです。

●日当たりが良い・風通しが良い

日当たり・風通しが良いことも2階のメリットの1つといえます。

風通しが良いと、室内の湿度も軽減されるので、洗濯物が干しやすくなります。

●2階建てのアパートであれば上の階の音を気にしなくて済む

2階建てのアパートであれば、2階が最上階です。

最上階であれば、上の階から足音などが聞こえずに済むので、ストレスなく生活ができるでしょう。

●虫が出にくい

2階でも虫が室内に入ってくることはありますが、1階よりも少ないです。

1階は地面に近いこともあり、アリやムカデが出ることもあります。

2階にアリなどが入ってくることは少ないですから、虫が苦手な方は2階を選ぶことをおすすめします。

1階と2階、それぞれにはデメリットも…

アパートの1階と2階、それぞれのメリットについてお伝えしてきましたが、両者ともデメリットになる部分もあります。

ここでお伝えしますので、デメリットもチェックしたうえで、どちらにするか選んでみましょう。

【1階のデメリット】

●防犯面に心配

部屋によっては、通行人に室内を見られてしまうこともあります。

●日当たりが悪い可能性がある

日当たりが悪いことで、洗濯物が干しにくいことも多いです。

●虫が部屋の中に入りやすい

●上の階の足音が聞こえやすい

●湿度が高い(アパート環境によって左右される)

【2階のデメリット】

●階段の昇り降りが面倒

●下の階に足音などが伝わらないか心配

●洗濯物が下に落ちる可能性もある

●荷物を運ぶときに大変

引っ越し会社などに依頼せず自力で引っ越しを行う場合、荷物を運ぶのに苦労するでしょう。

●1階より家賃が高いことが多い

以上などが挙げられます。

ここまで、アパートの1階と2階、それぞれに住むメリット・デメリットについてお伝えしてきましたが、これからアパートを借りる場合、どちらを選べば良いか悩んでしまうかもしれません。

どちらを選ぶべきかは次の項でお話ししますので、参考にしてみてください。

これからアパートを借りる場合は1階と2階どちらを選ぶべき?

それぞれメリット・デメリットがある、アパートの1階と2階の部屋。

では、これからアパートを借りる場合、どちらを選んだほうが良いのでしょうか。

ここでポイントとなるのが、自分が重視する条件です。

例えば「家賃」を重視する場合は、お伝えしましたように、2階よりも1階のほうが低めに設定されていることが多いので、1階を選ぶと良いかもしれません。

また、自分の足音などが騒音にならないか心配な方も1階を選ぶことをおすすめします。

「日当たり」や「防犯面」、「風通し」を重視する場合は、2階を選ぶと良いでしょう。

通行人の視線や話し声、車の走行音などが気になるという方も、2階がおすすめです。

このように、人によって優先する条件は違ってきますから、自分がどの条件を重視するかで、借りる部屋を1階にするか、2階にするか決めてみてください。

借りる前に!アパートの住人の生活態度の見極めも重要

アパートを借りるとき、1階が良いか2階が良いかのお話をしてきましたが、そのほかにも目を向けたいポイントがあります。

それは、「今そのアパートに住んでいる人の生活態度」です。

自分の理想どおりの部屋が見つかったとしても、アパートの住人トラブルに巻き込まれてしまっては大変ですよね。

最悪の場合、引っ越しを検討せざるを得ないこともあります。

そのため、アパートの内見のときに、どんな人がそのアパートで生活をしているのか、見極めることも大切です。

不動産会社の人や大家さんに直接聞くなどして、確認しておきましょう。

自分でも確認できるポイントがあるので、内見の際にチェックしてみてください。

例えば、アパートの通路に目を向けます。

多くのアパートでは通路に私物を置くことをNGとしています。

内見のときに廊下をそれとなく見渡し、私物が置かれていないかチェックしてみましょう。

ほかにも、

▼郵便受けの状況を確認…郵便物が郵便受けの外まであふれていないか

▼ごみ出しの状況を確認…ごみ捨てのルールが守られているか

▼駐車場・駐輪場の確認…ルール違反となるようなことが起きていないか

などを確認しておくと良いかもしれません。

内見では難しいですが、できるなら夜間にアパートの状況を確認することをおすすめします。

深夜の時間帯でにも部屋の明かりがついているようであれば、生活リズムが合わず、騒音などのトラブルに発展する場合もあります。

新生活をスタートさせる部屋でトラブルにはなりたくないでしょうから、快適に生活したい方は契約を結ぶ前に確認しておきましょう。

重視する条件から借りる部屋を1階にするか2階にするか決めよう!

これからアパートを借りる場合、1階の部屋を選ぶべきか2階の部屋を選ぶべきかで悩むかもしれません。

それぞれメリット・デメリットがあるので、自分が重視する条件から選ぶと良いでしょう。

ただし、理想のお部屋が見つかっても、そのアパートの住人とトラブルになってしまっては大変です。

そのため、アパートを決める前には、住人の生活態度を確認しておくことをおすすめします。