Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

賃貸のベランダに洗濯機を設置する場合!排水口の有無は大事

2019.8.1

賃貸アパートの中には、ベランダに洗濯機を設置するような物件があるようです。

ひと昔は洗濯機をベランダに置くスタイルは一般的でしたから、その名残がある物件だということですね。

このような物件は家賃が他よりも安い場合が多く、洗濯機を外においても構わない方にはおすすめです。

しかし、洗濯機を屋外に置くことで、屋内とは違うトラブルが発生することもあります。

排水トラブルなど起こさないよう、洗濯機をベランダに置く際の注意点を確認しましょう。

洗濯機をベランダに置く場合の確認事項!排水口の確認も

賃貸物件を探していると、ベランダに洗濯機を置くタイプの物件が見つかります。

洗濯機を外に置いても気にしない方であれば、家賃が安く済む場合も多いこのような物件はおすすめです。

そして、洗濯機をベランダに置くに際して、いくつか確認していただきたいことがあります。

引っ越しをした後、いざ洗濯機を使おうと思っても使えないのでは困ってしまいますので、内見の際でもいいですので事前によく確認しておきましょう。

洗濯機を屋外に設置するタイプの賃貸であれば、ベランダに給水する蛇口があるはずです。

まずは、そこからの給水が可能か確認しましょう。

次に、コンセントとアース端子の確認です。

コンセントがないと電化製品である洗濯機は回せませんし、アース端子に接続しておかないと漏電や感電の恐れがありますので必ず確認しておきましょう。

最後に、排水口の有無です。

排水口があれば、洗濯の排水をそこから流すことができます。

排水口がない場合、雨水などを流す排水を使用するよう伝えられる場合もあるようですが、この場合の注意点に関しては、後程お伝えします。

排水口が見つからない?確認してほしい場所

新しい賃貸でベランダに洗濯機を置くのに、排水口が見つからない場合もあるようです。

「もしかして排水口がないの?」と思ったら、ベランダの隅々をよく探してみましょう。

賃貸によって排水口の場所はまちまちですので、見落としている可能性もあるのです。

確認してほしい場所としては、ベランダの端、両隣との境目です。

隣の部屋との境目には壁がありますが、その壁のちょうど下辺りに排水口が隠れている場合があります。

また、排水口は各部屋についているとは限らないこともあるようです。

2部屋ごとに排水口が1個しかついていないような物件もあるのです。

賃貸の中には、排水口を隣と共用で使うような物件があるのですね。

もし隣の住人が排水口を先に使っていて、自分用に他の排水溝が見つからない場合は、共用で使わせてもらうようお願いしなければなりません。

洗濯機の使用時間が被ってしまうこともあるかもしれませんので、その辺りの確認もしておくといいですね。

ベランダに洗濯機を設置!よくある排水トラブルとは?

屋外のベランダに洗濯機を設置する場合、排水によるトラブルはよく起きているようです。

対して、屋内に置いた洗濯機では排水トラブルは滅多に聞かれません。

これは、屋内に洗濯機が置かれた状況と屋外に置かれた状況の違いにあるといえます。

屋内に洗濯機が設置されている状況を思い浮かべるとよく分かるかと思いますが、屋内の洗濯機は排水するホースが排水口にしっかりと固定されています。

万が一、水漏れがあった場合は部屋中が水浸しになる恐れがありますので、そのようなトラブルにならないようしっかりと固定されているのです。

しかし、屋外に洗濯機を設置する場合は、排水ホースを排水口に入れるだけの構造の場合が多いため、気をつけていないと排水ホースが排水口から飛び出てしまうようなことがあります。

排水ホースが排水口から外れている場合、自分のベランダが水浸しになるだけではなく、両隣の部屋のベランダや水の量によっては階下にまで被害が及ぶ可能性もあります。

洗濯機を使用する際は、その都度排水ホースが排水口から外れていないか確認したほうがいいでしょう。

洗濯機をベランダに設置したら!排水口掃除も忘れずに

洗濯機をベランダに設置した場合、排水トラブルとして排水ホースが排水口から外れてしまう可能性についてお伝えしました。

こちらでは、まだある排水トラブルとして、排水口の詰まりについてお伝えします。

排水口からホースが外れていなくても、排水口から水が溢れてしまう場合があります。

その場合、原因として疑われることとして、排水溝の詰まりが考えられます。

屋内に設置した洗濯機の排水ホースと排水口はしっかりと繋がれていますので、隙間もなく汚れなどが詰まる恐れは基本的にはないでしょう。

しかし、屋外に設置した洗濯機の場合では、排水ホースは排水口に入れるだけの簡単な構造になっていますので、外れやすさはもちろんですが、隙間から外のゴミが入り込みやすくなっています。

排水ホースがたとえ排水口から外れていなくても、ゴミの詰まりによって排水がベランダに溢れてしまうという状況を作ってしまうことがあるのです。

確認事項として、

・排水ホースが排水口から外れていないか
・排水口がゴミなどで詰まっていないか

こちらの2点はよく確認するようにしましょう。

ベランダに排水口がない場合!雨水用の排水溝に流してもいいの?

洗濯機をベランダに設置しようと思っても、排水口がない場合もありますよね。

その場合、どこに排水を流せばいいのでしょうか?

このような場合、雨水用の排水溝に流すという方法があります。

ただし、こちらの排水溝はあくまでも雨水用で、洗濯機で使った大量の水を流すようには作られていません。

水が溢れ出したりする排水トラブルが発生しやすい可能性があるのです。

また、洗濯の排水は洗剤を使用しており、本来なら水を浄化する下水道に流さなければならないはずです。

雨水用の排水溝では、洗剤を含んだ洗濯の排水はそのまま川に流れてしまい、環境汚染のひとつにもなりかねません。

排水口がないからと雨水用の排水溝を使用するのはひとつの案ではありますが、環境上よくないことを念頭に置いて使用することになります。

環境のためにも、できれば排水口がないような物件はあらかじめ避けられたほうがいいかもしれませんね。

ベランダに洗濯機を置く物件のメリット・デメリット

こちらでは、ベランダに洗濯機を置く物件のメリットとデメリットについてご説明していきます。

まず、メリットとして「家賃の安さ」が挙げられます。

洗濯機を屋内に置けないことを嫌がる人が多い中、洗濯機をベランダなどの屋外に置くことを気にしない方であれば、家賃も安く済むことが多いため、このような賃貸物件はおすすめです。

次に、デメリットについてです。

〇洗濯時間に気を使う必要がある

ベランダに洗濯機があると、部屋の中にある場合と違って洗濯機の運転音が響きやすくなっています。

特に、水の音や脱水の音などは周りに響きやすいですよね。

日中や夜中の早い時間帯に洗濯ができるのであればいいのですが、夜遅くに洗濯機を回すことは近所迷惑になるため難しいでしょう。

〇故障しやすい

本来なら部屋の中に置いて使用したい洗濯機ですので、それをベランダなどの外に置くということは、直射日光を浴びたり雨風にさらされて故障してしまうことも多いです。

使用の際は、洗濯機カバーなどをつけて対応するといいでしょう。

また、排水口の詰まりなどで洗濯機が水浸しになって故障してしまわないよう、使用の際はよく確認してください。

ベランダに洗濯機を置く物件は排水口の有無を確認!

ベランダに洗濯機を置くような物件は家賃が安いことが多いです。

しかし、気に入った物件でも洗濯機が使用できないと困りますので、排水口の有無は確認しておきましょう。

排水口がない場合、雨水を流す排水溝を使うことをすすめられることがあるようですが、これは環境汚染につながるため、できるだけ避けられたほうがいいですね。

ベランダに洗濯機を置くデメリットにも注目し、本当にその物件でいいのかよく確認してみましょう。

 - 暮らし, 賃貸暮らし