賃貸の畳にベッドを置くときの注意点!予防対策や選び方は?

賃貸住宅では、部屋数が限られていることもあり、畳の部屋を寝室として使うこともあるでしょう。

そのときに、「畳に直に布団を敷くのではなく、ベッドを置きたい」という希望を持つ方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、賃貸住宅の畳の部屋にベッドを置くときの注意点と予防対策、畳の部屋に適したベッドの選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

理想のマイホームのために!建ぺい率と容積率の計算方法とは

マイホームを建てるにあたって重要になるのが、土地選びです。その土地には、建ぺい率や容積率が決...

窓に貼ったプチプチが剥がれない!上手な剥がし方はある?

窓に貼ったプチプチがキレイに剥がれず、お困りではありませんか?窓用のプチプチシートは、断熱や...

敷金なしの賃貸物件はお得?契約書のここをチェック!

何かと出費が多くなる新生活。お部屋探しでも、できるだけ節約したいものですよね。そんな時、敷金...

賃貸物件でもきれいにしよう!窓とさんの掃除方法をご紹介

賃貸物件に住んでいる方は、掃除をどの程度行なっているでしょうか。いずれは出ていく部屋だとしても...

家賃の支払日は変更可能?支払方法や支払いが遅れる時の対処法

賃貸に住んでいる方であれば、毎月家賃の支払いをしますよね。遅れることなく家賃の支払いをしなけれ...

準防火地域における開口部とは?扉や窓の種類が限定される?

準防火地域に建物を建てる場合は、さまざまな決まり事を守る必要があります。とくに、開口部に...

市街化調整区域は建物が建築できない!コンテナ倉庫もNG?

市街化調整区域にある土地は制限が多く、土地活用を諦めてしまう所有者もいます。しかし、まったく...

2つの法律で変わる床面積の計算!小数点以下の扱いは?

不動産を扱うときによく見かける言葉に「床面積」というものがあります。この床面積は、「不動...

窓の格子にすだれを挟む?格子付きの窓の日除け&目隠し対策

格子付きの窓の日除けや目隠し対策に、何をお使いですか?夏場、窓を開けて風を通したい時など、カー...

会社の家賃補助は同棲でも続けられる?二人とも受けられる?

賃貸物件に住んでいる方は、会社から家賃補助を受けている場合がありますよね。それでは、今まで一...

気になる騒音問題!窓の防音対策は隙間テープで簡単手軽に!

大きな道路に面した家や線路沿いや車通りが多い道のそばに住んでいる方は、外の音に悩まされているとい...

ウォシュレットの水漏れはストレーナーの詰まりが原因!?

ウォシュレットの水漏れで困ったことはありませんか?近年、日本の家庭の半数以上が、ウォシュレッ...

分筆すると土地の相続税評価が下がる!?それって本当なの?

元々ひとつだった土地を分筆した場合、土地の相続税評価額が変わるということを耳にします。しかし、そ...

家賃の計算は日割り計算?月割り計算?退去の際の注意点とは

賃貸を退去する際には、退去する月の家賃の支払いがどうなるか確認しておくといいですよ。退去する...

義父母との同居を解消したい?妻側の目線から考えよう

核家族化が進行しているとはいえ、特に夫が長男である場合や一人っ子である場合には義父母と同居するケ...

スポンサーリンク

賃貸住宅の畳の部屋にベッドを置くとどうなる?

賃貸住宅の畳の部屋にベッドを置くことで、どのような被害が考えられるでしょう。

まず思いつくのが、ベッドの脚による畳のへこみです。

ベッドには脚がついています。

また、比較的重量があるので、そこに人が寝るともなれば、さらに重さは増します。

すると、その重さを支えている脚部分の畳は、時間の経過とともに深くへこんでいくでしょう。

また、畳のへこみだけでなく、ベッドの移動による傷も心配な点です。

ベッドは比較的重量があるというお話しをしました。

そのベッドを畳の部屋に移動して配置をするとなれば、ちょっとした不注意で傷を付けてしまうことも考えられます。

そして、ベッドの下に溜まるホコリや湿気にも注意が必要です。

ベッドの下は空気の流れが悪く、ホコリや湿気がとどまりやすい場所と言えます。

もしそのままの状態で放置していれば、カビが発生しまうかもしれません。

このように、なんの対策もせずに畳の部屋にベッドを置けば、畳へのダメージは大きくなってしまうでしょう。

賃貸住宅の畳にダメージがあったときは?まず賃貸借契約書をチェック!

賃貸住宅でベッドによる畳へのダメージがあったら、退去時の修繕にかかる費用はどうなるのでしょう。

その疑問を解消するためには、まず賃貸借契約書を確認してみてください。

そこに、畳に関する規約は書かれていませんか。

もし、退去時に交換費用が発生するという内容が書かれているなら、畳へのダメージの大小に関係なく交換費用は入居者が負担しなければなりません。

それでは、賃貸借契約書に畳についての規約が書かれていない場合はどうなるでしょう。

畳においては、国土交通省が定めた『原状回復をめぐるトラブルとガイドライン』において、自然損耗以外のダメージは入居者が修繕費用を負担することになっています。

つまり、入居者の故意や過失による賃貸住宅へのダメージは、入居者の責任のもと修繕しなければならないのです。

ベッドによる畳へのダメージは自然損耗と言える?

ベッドによる賃貸住宅の畳へのダメージで問題になるのが、自然損耗の線引きはどこなのかということです。

ベッドの移動による傷や、掃除を怠ったことによるベッド下の畳のカビ汚れであれば、確かに入居者の責任となるでしょう。

しかし、ベッドを置いたことによる畳のへこみは自然損耗と言えるのでしょうか。

これに限っては、答えを断定することは難しいです。

一例としてお話しすると、タンスなどの家具による畳のへこみは自然損耗と考えられることが多いです。

それではベッドも同じかというと、そうとは言い切れません。

毎日ベッドで寝起きをしていれば、体重による負荷がかかり、畳のへこみが大きく深くなってしまうことは大いに考えられます。

そのような場合は、入居者の故意・過失とみなされてしまうこともあるでしょう。

私たちにできることは、できるだけベッドによる畳へのダメージを最小限に抑えることです。

その結果しだいでは、畳のへこみも自然損耗と認めてもらうことができるかもしれません。

ベッドによる畳のへこみや傷の予防対策

それでは、ベッドによる賃貸住宅の畳へのダメージを予防するための対策をご紹介していきます。

まずは、畳のへこみに対しての予防対策です。

畳がベッドの重さでへこんでしまうのは、脚部分に負荷が集中し、その負荷が畳に直接伝わってしまうからです。

そこで試してほしいのが、ベッドの脚と畳の間にクッションとなるものを挟むということです。

負荷を吸収できるように、柔らかい素材のものが良いでしょう。

たとえば、コルクマットやクッションマットなどです。

畳の雰囲気を壊したくないのであれば、い草でつくられたマットを利用するのもいいかもしれませんね。

次に、傷への予防対策です。

畳に傷がついていしまうのは、ベッドの搬入や配置を変更するときが多いはずです。

もし、ベッドを移動させることがある場合は、畳に傷がついていしまう可能性がある部分に、段ボールや毛布などを敷いて保護しておきましょう。

ベッドが重たい場合は、無理して1人で移動をすると畳に傷がつく危険性が高まります。

できるなら、重たいベッドの移動は2人以上で行うことをおすすめします。

ベッド下の畳にはホコリや湿気対策も忘れずに!

ベッドの下は、私たちが思っている以上にホコリや湿気がたまりやすいです。

とくに、畳には湿気への注意が必要です。

就寝中の私たちの体からは汗が出ていますが、その汗が湿気となりベッドの下まで到達します。

その湿気も、ベッドの下という閉鎖的な場所で、とどまり続けることになるのです。

ホコリや湿気がたまった環境は、カビにとって絶好の住処となってしまうでしょう。

カビは畳にダメージを与えるだけでなく、私たちの体にも害を及ぼします。

そのため、早急な対策が必要になるでしょう。

ホコリ対策としては、マメに掃除をすることが有効です。

ベッドの下は掃除がしにくい部分ではありますが、端までしっかりと掃除をしてください。

ただし、強い力を加えて畳に傷がつかないように、配慮を怠らないようにしましょう。

そして、湿気対策には除湿シートを敷くのがおすすめです。

ベッドのマットレスの下に除湿シートを敷くことで、ベッド下に湿気がたまりにくくなり、畳の劣化を防げるはずです。

賃貸として借りている住宅の畳を長くきれいに使うためにも、畳にベッドを置くときは細かなところまで気を配りましょう。

賃貸住宅の畳の部屋にあったベッドを選ぼう!

賃貸住宅の畳にベッドを置くときの注意点や予防対策についてお話ししてきましたが、ベッドの選び方を工夫することでも畳の劣化は防げます。

ベッドの脚によるへこみを軽減させるためには、フロアベッドを選びましょう。

フロアベッドとは、ロータイプのベッドです。

畳のへこみのもととなる脚と言われる部分がなく、底がフラットなため、ベッド全体で重量を支えるようなつくりです。

畳に直接布団を敷いたときと目線があまり変わらないため、和室の部屋との相性も抜群です。

ただ、畳との距離が近くなってしまうので、マットレスの下に除湿シートを敷くことをおすすめします。

畳のある部屋に置くベッドを選ぶときは、畳にかかるダメージだけではなく、デザイン性も重視しましょう。

和室に西洋風のベッドを置いてしまうと、どうしても部屋の雰囲気が統一されません。

トータルコーディネートで考えるなら、素材に木を利用しているベッドを選ぶと良いでしょう。

色味も、ブラウン系を選ぶと和室との調和がとれるはずです。

賃貸の畳を守るためにベッドへの万全な対策を取ろう!

畳の部屋にベッドを置くためには、へこみや傷、ホコリや湿気への対策が必要です。

ベッドを置いたがために畳が傷んでしまった場合、賃貸住宅を退居する際に多額の修繕費用を請求されてしまう可能性があるということを覚えておくと良いでしょう。

もし、畳を保護するためのさらなる対策方法を考えているなら、ベッドの選び方から見直してみるのもいいかもしれません。

機能性とデザイン性、どちらにも優れたベッドを選んで、畳の部屋でのベッドライフを楽しみましょう。