賃貸のフローリングに傷をつけてしまったときの対処法

「賃貸の物件のフローリングに傷をつけてしまった!どうしよう?」
と、賃貸の物件に住んでいた、もしくは住んでいる人なら、誰でも一度は経験や思ったことがあるのではないでしょうか?

今回は、賃貸のフローリングに傷をつけてしまったときの対処法をご紹介します。

また、賃貸を3ヶ所引っ越ししていたり、リフォーム業を経験者としての立場から、アドバイスなども書かせていただきました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家を新築する!それぞれの不動産登記をするタイミングは?

新たに家を建てるときなどに必要となる「登記」ですが、聞いたことはあったとしても、それが一...

窓の防犯対策に補助鍵がおすすめ!?防犯のポイントをご紹介

ごく一般の人でも遭遇する可能性があり得る犯罪のなかに、空き巣があります。家の中に、盗られては困る...

音が鳴り響く物件問題!静かな部屋の見分け方とは!

賃貸などの物件で最も多いトラブルといわれるのが、「騒音トラブル」です。年中騒音が鳴り響くような部...

住宅(共同住宅を除く)の階段は蹴上と踏面のバランスが重要

注文住宅で家づくりを始める方は、自由な設計に夢が膨らんでいることでしょう。最近の住宅では、目...

家賃値上げの告知を受けたらどうする?借主が対応すべきこと

賃貸物件に長い間住んでいると、家賃の値上げの告知を受けるかもしれません。この家賃の値上げです...

床をきれいに保とう!ワックスがけの頻度や基本の手順は?

新築の家や、賃貸物件に入居して間もないころはきれいだった床も、時がたち長く生活を続けることでどん...

窓に貼ったプチプチが剥がれない!上手な剥がし方はある?

窓に貼ったプチプチがキレイに剥がれず、お困りではありませんか?窓用のプチプチシートは、断熱や...

意外と知らないBSの話!契約やアンテナ設置についてご解説!

BSについて、どの程度ご存知ですか?BS(BSデジタル放送)は、人工衛星を利用した放送です。...

賃貸物件に関する疑問を解決!大家さんと管理会社の違いとは

マンションを借りるとき、まずは不動産屋さんに物件を紹介をしてもらって、大家さんと賃貸契約をするのが一...

礼金の値下げ交渉は、新築物件でも応じてもらえるのか?

アパートの入居時には、大きなお金が必要になります。入居時には、家賃だけでなく、敷金・礼金・仲介...

窓に貼るフィルム!外から見えないからプライバシー効果抜群

賃貸物件に住んでいると、1階に住んでいる場合は特に、窓からの他人の視線が気になる方が多いのではない...

トイレや水周りの換気扇から異音が!考えられる原因と対処法

生活をするために、毎日のように使う水周り。使用頻度の高いトイレやお風呂場、キッチンなどの水周...

軽量鉄骨造のメリット・デメリットは?賃貸をお考えの方必読

アパートなどの賃貸物件を見ていると、建物の構造の種類に「軽量鉄骨」と書かれているのを見かけること...

その私道はだれのもの?通行権がないと車が通れないかも!?

車で道路を走るときに、その道路が公道か私道かについて考えている方は少ないのではないでしょうか。...

No Image

集合住宅での問題!管理会社へのクレームにも言い方がある?

マンションやアパートに住んでいて、「住人による騒音や様々な問題で悩んでいる」という人もいるのでは...

スポンサーリンク

賃貸のフローリングに傷をつけてしまったら

まずは、慌てず、賃貸契約書を見てみてください。

今の契約の内容を、もう一度読んで確認してから、行動を起こしてください。

そして、内容をしっかり理解してください。

理解できたら、もう一度落ち着いて、フローリングの傷の状態を、客観的に見て把握してください。

本当に自分が傷をつけたものなのか、前からあった傷なのか、深さ・広さ・色を確認してください。

もし、内容が分からない場合は賃貸の管理会社に連絡を取り、契約の確認を再度したいという意味で、もう一度説明してもらってください。

わからないことは、そのままにするより、自分が納得するまで聞いてみてくださいね。

今の時代は、何でもインターネットでも知ることができますが、勘違いをしてそのまま対応するよりは、人と人で話したほうが理解もしやすいかと思います。

賃貸契約書の敷金礼金を確認

フローリングの傷が把握できたら、先ほど読んだ賃貸契約書の敷金・礼金の欄を再度、確認してみましょう。

一般的に敷金とは、大家さんに退去費用として預けておくお金のことです。
退去するときに、借りていた部屋に大きな傷・汚れ・傷みがない場合、ほとんどのケースで全額返金されます。

礼金とは、大家さんに「入居させてくれてありがとうございます」という意味で払うものなので、退去時に返金されることはありません。

契約のときに、敷金を払っているならば、退去時にフローリングの傷の補修代金を、敷金から補充してもらえることがほとんどです。

ほとんどの人が敷金を払っていると思うので、敷金の金額にもよりますが、少しの傷・凹み・汚れなどの補修代金は、敷金内でおさまることがほとんどです。

しかし、敷金を払っていない場合は、不安になるかと思います。
その場合の対応策を、次項からご紹介します。

自分でできるフローリングの傷の対処法

敷金を払っているからと言って、安心はできません。

私がリフォーム業界に居たときに、以下のような相談を数回受けました。

・敷金から出しても足りないと言われた
・自分で業者を探して直してくださいと言われた

もちろん、相談を受けた人の中に、敷金を払っていないという契約の人もいらっしゃいました。

賃貸の管理会社の人柄や体制にもよりますが、すべての管理会社が、快く対応してくれるわけではありません。

そこで、私が提案するのが、今話題のDIYです。

これなら、無駄に業者さんにお金を払う必要もありません。
少しの傷で業者さんを呼ぶと、出張代などが掛かってきてしまいます。

フローリングの少し傷をDIYで修復するなら、ホームセンターへ行けば、とても便利なものがあります。

一般的な補修クレヨンで、表面を同じ色で塗装すれば、大丈夫です。
補修関係の商品は、工具や木材が置いてあるコーナーの近くに置いてあることが多いです。

色も沢山ありますので、事前に写真などで床の様子を撮影しておくと、買い物もスムーズに行えます。

深めの傷の場合は、補修専用の半田ごてで、固形の補修材を溶かして流し込んで、冷えた後にサンドペーパーで滑らかになるまでこすります。

また、おすすめは「との粉」と、木工用ボンドを混ぜたものを使用することです。

傷に流し込み、乾いたら表面の色を補修クレヨンで調節、サンドペーパーで削るという方法が、一番幅広く利用できるはずです。

「との粉」は、ホームセンターに置いてあり、色も種類があります。

また、表面のヒビ程度の場合は瞬間接着剤で埋めた後に、補修クレヨンで色合いを合わせたりと、いろいろと身近なもので補修することができます。

傷の補修を業者に頼むなら相見積もりを!

ですが、やはり自分で補修するのは少し怖い、もっとひどいことになってしまったらと、考える人も少なくないでしょう。

私も知識がないときは自分で補修をするのに自信がなく、インターネットで動画みたりと、何回も確認して作業していました。

もし、自分ではできない場合は、賃貸の管理会社に連絡を取りましょう。

そして、フローリングに傷をつけたことを正直に伝え、まず補修工事は、どこの会社でしたら良いかというのを聞いてください。

なぜなら、管理会社によっては、指定のメンテナンス会社で、必ず工事をしてくださいという場合があるからです。

大抵の場合は、どこでも良いですというところが多いのですが、私も賃貸に3ヶ所住んでおりましたが、1ヶ所だけ指定がある賃貸物件でした。

もし、知らなかったとはいえ、勝手に工事をしてしまうと、後々面倒なことになるかもしれません。
実際に工事はしない場合でも、聞くだけ聞いておいて損はないのです。

そして、工事をする場合は、絶対に相見積もりを取ってください。
1件だけではなく、2~3件見積もりを取ったほうが、金額も人柄も選べます。

このとき、賃貸の管理会社が、
「そのくらいの傷なら直さなくて良いですよ」

と言ってくれる場合もありますので、言われた場合は素直に甘えてみてください。

フローリングの傷を直すタイミング

タイミングは、人それぞれ違うかとは思いますが、これは誰が補修するかによって分かれます。

自分で補修する場合は、予定を立てて行動するかと思います。

管理会社に頼む場合は、引っ越しをする予定があれば、退去時に管理会社の担当に申し出てください。

賃貸の管理会社に立ち合いは必要ないと言われても、退去時はその場にいて、傷について説明すると良いです。

なぜなら、勝手に範囲を広げて、補修の見積もりや判断をされたら困ります。

また、このような節目のときに、こちらが対応を良くしていると管理会社への印象が良くなり、対応が変わる場合もあります。

私も敷金・礼金ゼロの物件にて、どんぶりを床に投げつけてしまい、フローリングにかなりの傷や、深さのあるくぼみができてしまいました。

しかし、退去時に言われたように、誠実にしていると補修代金の請求もなく、無事に引っ越すことができました。

以上のようなことがあるので、変に自分は直す気がないという態度は、出さないほうが良いでしょう。

賃貸のフローリングに傷をつけないように予防も大切!

賃貸というものは、借りている物件です。

それを忘れないで、傷がつかないように生活導線を考え、フローリングに傷がつかないようにカーペットを敷くなど、自分が気を付けて予防するのも大切です。

椅子やテーブルなどの足は、傷の原因となりやすいので、靴下を履かすなど、いろいろ対処することができます。

小さな子供がいる場合は、おもちゃを投げたりして、凹みが多くなってくることがあります。
そういった場合は、子供の遊ぶ範囲に、クッションフロアを敷くこともおすすめです。

入居時に、すでに傷がある場合は、日付入りの写真を撮っておくと、後々助かることがあります。

準備をしていて、損はないと思いますので、ぜひ取り組んでみてください。

100円均一でも、衝撃防止材や、傷や凹み予防のグッズが売ってありますので、見てみることをおすすめします。

賃貸のフローリングに傷をつけても焦らず行動しよう

賃貸のフローリングに傷をつけてしまうと、どうしよう、早く直さないと焦ると思います。
ですが、自分でも、できることは沢山あります。

落ち着いて、状態を把握して、動き出してくださいね。

知り合いに建築関係者がいるなら、相談しても良いかと思います。
また、管理会社の人と、日ごろから連絡を取れる環境を作ることも良いかと思います。