Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

窓に貼るプチプチシートの効果!夏でも役立つ理由って?

2019.9.29

「寒さをしのぐ」という目的で、プチプチした断熱シートを窓に貼っている方が多いのではないでしょうか。

このプチプチ、実は夏にも役に立ちます。

プチプチのさまざまな効果や、夏に室内の保冷効果を発揮する理由、そして貼り方のコツなどをご紹介していきますので、参考にしてください。

夏にも使える?プチプチシートの効果!

お部屋の防寒対策として人気な窓用のプチプチは、「気泡入り緩衝材」と呼ばれる商品のメリットを活かして作られました。

プチプチの一つ一つの中の空気によって断熱効果が生まれ、外からの冷えをある程度、遮断できる仕組みになっています。

また、部屋の中の暖かい空気を逃がさない効果もあります。

ただプチプチした断熱シートを貼っておくだけで、室内の体感温度が2~3度上昇してくれるので、カーテンが薄手だったり、大きな窓の近くで寝なければいけない場合などに重宝します。

さらに結露防止の効果もありカビ対策にもなりますし、外から室内が見えにくくなるため、プライバシー保護の効果も期待できます。

両面テープで貼る商品や水をつけて貼る商品などがありますが、貼り方は難しくはないので、気軽に行えますね。

「見た目がおしゃれではない」というのがデメリットですが、光熱費節約のためには非常に便利なグッズです。

そして、冒頭でもお伝えしたとおり、冬だけでなく夏にも使えます。

その理由を次項でご説明していきます。

プチプチシートを窓に貼る!夏でも役に立つ

「プチプチシートが夏でも効果がある」というのは、すべての方に当てはまるわけではありません。

プチプチシートが活躍するのは、冷房を使うことが多いケースの場合です。

エアコンを使って室内を冷やす場合、プチプチシートがその冷気を外に逃がさないようにしてくれるため、保冷効果が期待できます。

しかしながら、冷房をあまり使わずに過ごす方にとっては、シートを貼っていたところで体感温度が変わることはないでしょう。

つまり、夏にエアコンを使うことを前提としたお話だということです。

冷房をあまり使わず、窓を開けておくことが多いのなら、シェードやすだれなどの日よけを外に取り付けたほうが涼しく過ごせる可能性は高いと思われます。

ですから冷房を使って冷やすなら電気代の節約にはなるかと思いますが、カーテンや窓を閉め切りにしていたり、換気して過ごすという場合には、プチプチシートを剥がしておくことをおすすめします。

だんだんボロボロになっていきますし、汚れやカビなどが発生することもあります。

両面シートも、貼り続けていると剥がしにくくなりますので、シーズンごとに剥がしたほうがいいでしょう。

プチプチを窓に貼る方法!

「プチプチシートは冬だけでなく夏の暑さ対策にもなるケースがある」ということをお伝えしましたが、ここでは、貼り方のコツをご説明します。

おそらく商品に、貼り方の説明が書いてある紙も付属しているはずですが、それをどこかに無くしてしまった場合に参考にしてください。

【両面テープで貼る方法】

1.窓を掃除してから、よく水気を拭き取っておきます。

2.シートの大きさを窓の大きさに合わせて切ってください。

セロハンテープなどでシートの上部を窓に固定して、カットするべき幅を確認していくようにしましょう。

その際に、油性ペンで印を書いておくと切りやすいです。

少し大きめにしておきましょう。

特に上下の長さについては、ある程度長めにしておいてください。

あまり開閉しないのであれば、窓枠にかぶさるように残しておくのもいいですね。

3.貼るのは窓の内側(室内側)です。

なるべく、ぴったりと貼っていきましょう。

水だけで貼れるプチプチシートもある

上記でご紹介しましたが、水で貼ることができるプチプチシートもあります。

両面シートよりも手間いらずで簡単に貼れるのがメリットですが、こちらの方法でも忘れてはいけないのが「事前に窓の掃除をしておく」ということです。

一見汚れていないように見える窓でも、意外とホコリや汚れがついているので、そのまま貼ってしまうと剥がれやすくなります。

窓をきれいにしてから、霧吹きなどで窓を少し濡らし、プチプチシートを貼り付けていきましょう。

サイズの測り方は、さきほどと同様です。

大きなサイズのまま貼って後からカッターで切ろうとすると、窓や壁を傷付けるおそれもあるので、はじめにカットしてから貼るようにしましょう。

ちなみに、水で貼ることができるシートは基本的にはツルツルした平らなガラスにしか使用できません。

すりガラスのようなザラザラした窓には、両面テープで貼りましょう。

では、冬にも夏にも使えるプチプチシートを購入する際には、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

次項でご説明します。

どんなプチプチシートを選ぶ?

家具などの梱包に使われる「緩衝材」をそのまま貼っても問題ないかと思われる方もいるかもしれませんが、できれば専用の断熱シートを使ったほうがいいでしょう。

窓に貼るシートは、プチプチが覆われるように薄いシートで挟まれている形になりますが、梱包用のものは、片面だけにシートがあることが多いです。

ただの薄いシート一枚とはいえ、断熱効果は若干左右されます。

そのため、専用の断熱シートを使うほうがいいと思われます。

厚手のものと薄いものがありますが、分厚ければ断熱効果は高いです。

しかし、太陽光をさえぎってしまうため、部屋が薄暗く冷えたようになるでしょう。

一方、薄いものは保温性は低めですが、光を通す分明るくなります。

冬に「太陽の熱でポカポカする」ということを考えれば厚すぎないほうがいいですが、夏は厚みがあるほうが便利かもしれません。

「オールシーズン用」として売られている商品もあるようなので、迷ったらそちらを選ぶといいでしょう。

また、おしゃれな柄がデザインされていたり、ステンドガラス風のデザインのシートもあります。

見た目も気になる方は、好きなデザインから選んでみましょう。

冬も夏も窓に貼りっぱなしでいいの?

冬は、外の冷気をシャットアウトする効果があり、夏はエアコンの冷気を外に逃がさない効果があるプチプチ。

このことを知ると「ずっと貼りっぱなしでもいいのかな?」と思われるかもしれませんが、思わぬ落とし穴があるようです。

プチプチと窓との間にカビが生えてしまったり、両面シートが剥がしにくくなったり、劣化したプチプチが窓に張り付いて、落としにくくなる可能性があります。

「剥がしてみたら、窓がプチプチの柄になった」と嘆いている方がいるようなので、定期的に貼り替えを行うことをおすすめします。

また、ずっとそのままにしていると、何かのはずみにプチプチが破れたりして徐々に効果がなくなっていきます。

破れたり汚れたプチプチシートを貼っていると見た目も悪く、衛生的ではないので、貼った後はまめに確認しましょう。

もし、カビや汚れがついていることに気が付いたら、市販のシール剥がしを使ったり、ウエスで水拭きをしたりしてきれいに落としてください。

プチプチシートは便利!

プチプチシートは、見た目は生活感が出てしまいますが、確かな断熱効果があります。

また、夏にエアコンを使って室内を冷やす場合には、エアコン代が節約できるかもしれません。

その他にも、プライバシー保護や結露防止の効果もありますし、貼り方も簡単ですので、ぜひ活用してみてください。

ただし貼りっぱなしにはせずに、定期的に貼り替えを行ってくださいね。

 - 住まい, 快適