Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

一軒家のおすすめの間取りは?ファミリーに人気の間取り紹介

2019.11.3

一軒家の購入を考えている方は、どのような間取りにすれば良いのか悩んでいるのではないでしょうか。

購入してから間取りに後悔すると、リフォームや引っ越しを考えなければならなくなり、大変ですよね。

今回は、ファミリー層から人気を集めている、一軒家のおすすめの間取りをご紹介しましょう。

小さい子どもがいる家庭に人気の一軒家の間取り

まずご紹介するのは、小さな子どもがいるご家庭に人気の、一軒家の間取りです。

小さな子どもがいると、なかなか目を離すことができません。

そんなお母さんに人気なのが、子どもを見守りながら料理ができる、対面式キッチンです。

リビングのほうを向いてキッチンに立てるので、リビングで子どもを遊ばせていても目が届き、安心でしょう。

カウンターキッチンならカウンター部分をお洒落なバーのようにも使えますし、アイランドキッチンなら壁がなく、部屋を広々と見せられるのもポイントです。

ほかにも、小さな子どものいるご家庭に人気なのが、広めの寝室です。

赤ちゃんの頃から小学校低学年くらいまでは、子どもと一緒に寝るご家庭が多いのではないでしょうか。

そうなると、布団を3つ敷くことのできるスペースは確保しなければなりません。

ベッドなら、さらに余裕を持ったスペースが必要でしょう。

子どもが2人以上であれば寝具も増えますし、寝具だけでなくタンスなどの家具も置きたい方もいらっしゃるかと思います。

寝具や家具の配置を考えて、寝室の広さを決めましょう。

子どもが大きくなってきたらどんな間取りが人気?

次に、子どもが大きくなってきたご家庭に人気の、一軒家の間取りをご紹介します。

子どもが小さいうちはリビングなどで遊ばせていても、成長するにつれ、自分の部屋が必要になってきます。

そんなとき、特に2人以上の子どもがいるご家庭におすすめなのが、間に仕切りができる子ども部屋です。

はじめは仕切りをせず、兄弟で一緒に遊べる広々とした子ども部屋として使用します。

別々の部屋が欲しくなってきた頃に仕切りを使って部屋を区切れば、それぞれの独立した部屋にできるでしょう。

リフォームなしで部屋数を増やせるので、手軽で良いですよね。

また、2階に上がるための階段をリビングに設置する、リビング階段も人気です。

リビング階段があると、2階に行くために必ずリビングを通ることになります。

子どもが外から帰ってきて自分の部屋に行くとき、必ず顔を合わせられるので安心できるという方が多いようです。

コミュニケーションを大事にしたいご家庭におすすめです。

一軒家で人気の収納は?

一軒家の間取りで迷うのは、どのような収納を付けるかということではないでしょうか。

ファミリーで住んでいると、どうしても持ち物が多くなってしまうものです。

広い収納スペースがあれば部屋が散らかりにくく、快適に過ごせるでしょう。

人気の収納として、ファミリークローゼットがあります。

ファミリークローゼットとは、家族全員の服を収納できるクローゼットです。

洗濯物を片付けるたびに、家族それぞれの部屋にしまいに行くのはなかなか手間がかかりますよね。

ファミリークローゼットなら、一か所に収納場所が集まっているため手間が省け、時間が大きく短縮できるのがメリットです。

スペースも広めなので、収納力があります。

リビングや玄関に近いところにクローゼットをつくっておくと、帰宅してすぐにコートをかけられたり、出掛ける前に必要なものを取りやすかったりと便利でしょう。

また、玄関の収納として人気が高いのはウォークイン玄関収納です。

シューズクロークとも呼ばれ、玄関の横に設置されることが多いです。

靴をたっぷり収納できますし、傘や子どものベビーカー、三輪車なども置いておくことができます。

玄関に置いておくとどうしてもごちゃごちゃとしてしまいますが、ウォークイン玄関収納にしまえば玄関をすっきりと見せられます。

お洒落で人気の吹き抜けはデメリットも考慮して!

1階の天井がない吹き抜けのリビングは、一軒家の間取りの中でもお洒落で人気が高いです。

吹き抜けにすることによって天井が高くなり、開放感が生まれます。

また、窓が増えるため光を取り入れやすくなり、明るいリビングになります。

ただし、吹き抜けのリビングにはデメリットもあるので注意が必要です。

光を取り入れやすいと、夏にはリビングが暑くなりやすくなってしまいます。

逆に冬は、暖かい空気が上昇し、冷たい空気が下に降りてくるため寒くなります。

そして、空間が広いのでなかなか冷暖房も効きづらく、電気代がかかります。

毎月の電気代が上がってしまうと、家計の負担にならないか心配ですよね。

さらに、吹き抜けの高いところは掃除がしづらいですし、2階の部屋を作れるスペースも減ってしまいます。

このように、吹き抜けはデザイン性は高いのですが、機能性ではデメリットもいくつかあります。

吹き抜けをつくるのであれば、あらかじめその点は考慮しておきましょう。

リビング隣接和室も人気の間取り!

そのほかに一軒家の間取りで人気なのは、リビングに隣接した和室です。

ふすまでリビングとの仕切りができるようになっているところが多いでしょう。

普段はふすまを開けっぱなしにしておけば広々と使うことができますし、来客時は散らかっていてもふすまを閉めることで簡単に目隠しができます。

小さい子どもを遊ばせる際は、フローリングよりも畳のほうが、転んだりしてもけがをする心配が減るでしょう。

リビングから目も行き届くので安心感があります。

また、子どもが小さいうちは、孫と遊ぶためにおじいちゃんやおばあちゃんが泊まりに来るということも、よくあるのではないでしょうか。

そんなとき和室があると、来客の寝るスペースにもできるので便利です。

畳の空間が欲しいという場合は、リビング隣接の和室をつくってみてはいかがでしょうか。

一軒家の間取りを考えるときのポイント

ここまで、一軒家の人気の間取りについてご紹介してきました。

最後に、間取りを考えるときのポイントをご説明します。

●子どもが成長していくことを考えた間取り・収納にする

子どもが生まれたタイミングなどで、一軒家を購入する方も多いと思います。

一度購入すれば、数十年はその家に住むことになるでしょう。

そして、だんだんと子どもが成長するにつれ、必要な部屋や収納が増えていくものです。

購入時点での利便性だけでなく、その後のことも考えながら間取りを考えましょう。

●実際に家具を置くことも想定し、広さが足りるか考える

なんとなくこの間取りで大丈夫だと思っていても、家具を置いてみると意外に狭くなってしまうものです。

どこにどれくらいの大きさの家具を置くのか、あらかじめ想定して、部屋の広さが十分か考えてみましょう。

●デザイン性だけでなく機能性を考える

デザイン性の高い家で生活するのに憧れる方もいるでしょう。

しかし、機能性のことも考えていないと、住んでいるうちにだんだんとストレスを感じるようになってしまうかもしれません。

お洒落でも生活しづらいと本末転倒ですから、機能性もしっかりと考慮することをおすすめします。

将来のことも視野に入れて間取りを考えよう

この記事では、ファミリーに人気の、一軒家のおすすめの間取りをご紹介しました。

どんな間取りにしたいか、イメージが膨らんだでしょうか。

マイホームは大きな買い物ですから、購入してから後悔しても、なかなかすぐに買い替えるというわけにはいきません。

できるだけ将来のことも視野に入れながら、どんな部屋や機能が必要かを考えておくと良いでしょう。

 - 建物, 間取り