窓に隙間テープを貼って隙間風・音・虫の侵入を防ごう!

住宅における窓は、いくつかのデメリットを抱えています。

その中に、窓の隙間から入り込む隙間風・音・虫による問題も大きなものでしょう。

もし、これらの問題に困っているであれば、窓に隙間テープを貼ってみませんか?

これから、隙間テープの特徴から選び方や貼り方までご紹介するので、「窓の隙間をどうにかしたい!」という方は参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓の断熱シートを使うなら「透明」「不透明」どちらを選ぶ?

窓に貼る断熱シートは、様々な種類のものが販売されています。窓は、寒さや熱さを伝えやすい場所な...

窓に貼ったプチプチが剥がれない!上手な剥がし方はある?

窓に貼ったプチプチがキレイに剥がれず、お困りではありませんか?窓用のプチプチシートは、断熱や...

隣の部屋の音が気になる?音の大きさや距離の関係性を知ろう

賃貸物件では何かと隣の部屋の音が気になってしまう場合があります。ただ、普通の生活音のレベルで...

フローリングの傷を補修しよう!賃貸住宅の場合はどうなる?

住宅の床にフローリングが使われている場合、日常生活で傷がついてしまうこともあるでしょう。この...

防音施工をして賃貸アパートの隣人トラブルをプチdiyで解消

賃貸アパートでの隣人トラブルには、色々な理由があります。その中のひとつが、騒音問題です。防音...

防音カーテンの効果とは!?犬や猫の鳴き声が防げるの?

ペット可のアパートであったとしても、犬や猫の鳴き声や足音は気になるものです。犬を飼っている人は...

窓に貼る結露防止シートは100均が素敵!他の対策もご紹介

窓の結露が目に入った瞬間は特に気にも留めないかもしれませんが、カビ発生の前段階です。結露は寒...

窓に貼った「粘着テープ」を取りたい!効果的な剥がし方は?

窓ガラスに粘着テープを貼ったあと、「剥がせなくなった!」「ベタベタしてきれいにならない!」と、困...

子どもやペットの窓からの転落防止に!手軽なDIYや対策とは

近年、マンションなどの高層階の窓やベランダからの子どもの転落事故が増えてきています。目を...

傷んだ窓のゴムパッキンを修理!掃除方法や交換時期はいつ?

賃貸物件に住んでいるとき、部屋の掃除はしっかり行っていたとしても、窓のゴムパッキンの掃除はつい忘...

気分だけでなく運気もUP!?窓掃除に必要なものは100均で!

部屋の掃除は日課になっていても、窓の掃除は気づいたときに行うという方が多いのではないでしょうか。...

木造アパートは騒音が心配?新築物件なら大丈夫?

部屋探しをしている時、木造アパートは周りの騒音が心配という人は多いようです。木造に比べて鉄筋コン...

木造住宅は防音対策が大切!家を新築するときに考えること

木造の家を新築するときに、気になる問題が音の漏れについてです。近隣住民からの騒音だけでな...

納戸が荷物でいっぱい!メタルラックを使ってすっきり収納!

住宅において荷物を収納する場所はいくつかあるでしょう。その中でも収納力を誇るものの一つに納戸...

鍵を部屋に取り付けたい!目的や状況によって鍵を選ぼう!

鍵がついていない部屋に、何らかの理由で後から鍵を取り付けたくなることもあるでしょう。鍵を取り...

スポンサーリンク

窓の隙間から隙間風・音・虫が入り込む!?

窓は、住宅において欠かせない存在です。

私たちの生活を過ごしやすくしてくれるのも、採光や換気などの窓の働きによるものです。

ただ、窓は一部を除き、複数の部材が組み合わされ窓枠にはめ込まれていることから、隙間ができやすいのも事実です。

また、室内の温度と外気温に大きな差ができることで圧力が生まれ、窓の隙間から空気の吸入と排出が繰り返されることにもなります。

それでは、窓は隙間ができることにより、どのような問題が起きるのでしょうか。

まず一番に考えられるのが、隙間風の問題です。

隙間風が入り込むことで、室内は快適な温度を保てなくなるでしょう。

そして、音も窓の隙間による問題となり得ます。

音はご自身だけの問題ではなく、近隣の住民との関わりにも影響してくるので、注意しなければなりません。

最後に、虫の問題です。

窓の隙間をそのままにしていると、小さな虫であれば、簡単に室内に侵入してしまいます。

くつろぐスペースに虫が飛んでいるようなことは、できれば避けたい事態です。

このような問題を解決に導いてくれるのが「隙間テープ」です。

窓に開いてしまった隙間に隙間テープを貼り、隙間風・音・虫が入ってこないように対策を施しましょう。

窓の隙間風・音・虫を防ぐ!隙間テープの構造や効果は?

隙間テープの構造はどうなっているのでしょうか。

隙間テープは、スポンジなどの柔らかい素材に、粘着性のあるテープが貼り付けられたものです。

窓の隙間に合わせて長さを調節し、テープ部分を貼り付けるだけなので、誰でも簡単に取り付けられます。

ホームセンターだけでなく100均などで見掛けることもあり、手軽に入手できるところも魅力の一つでしょう。

そして、隙間テープによる隙間風・音・虫への効果も忘れてはいけません。

窓の隙間の部分に隙間テープを貼れば、当然隙間風は防げます。

また、隙間を防ぎ、部屋の気密性を上げれば、音漏れも防ぐことができます。

さらには、実質的に隙間を埋めることで、部屋の中に虫が侵入してくることも無くなるでしょう。

窓の隙間による問題を解決するために手軽に試せる隙間テープですが、素材にはスポンジだけでなくいくつか種類があります。

その種類について、次項でご紹介しましょう。

隙間テープの種類

窓の隙間風・音・虫対策としておすすめの隙間テープですが、素材別にいくつかの種類に分けられます。

それぞれの素材によって特徴も違いますので、詳しくお伝えしましょう。

●スポンジタイプの隙間テープ

一般的に多く流通しているのが、スポンジタイプの隙間テープです。

価格も安く、長さや幅など豊富なサイズが展開されているので、どのような窓にも対応可能です。

●ラバータイプの隙間テープ

素材にラバー(ゴム)が使われた隙間テープは、防音性に優れていると言えるでしょう。

スポンジに比べると素材の密度が高いため、隙間風や音への効果をより感じられるはずです。

ただ、厚みがありすぎるものを選んでしまうと、窓の開閉に支障をきたすこともあるので、選び方には注意してください。

●起毛タイプの隙間テープ

たくさんの毛が密集してつくられた起毛タイプの隙間テープは、窓の隙間の広さによって形状を変えるので、開閉の邪魔になることがありません。

窓だけじゃなく網戸にもこの隙間テープを貼れば、虫の侵入を二重でブロックしてくれます。

隙間テープの選び方は?

隙間テープは素材によっていくつかの種類に分けられるため、ご自分の目的や窓に開いている隙間の状態によって、選び方も工夫する必要があります。

また、その他にも隙間テープを選ぶときのポイントがありますので、ご紹介します。

【ポイント1:窓の周囲と幅に合ったものを選ぶ】

窓によって必要な隙間テープのサイズは違います。

窓と合わないサイズの隙間テープを貼ってしまうと、窓が閉まらなくなってしまうこともありますので、必要なサイズを計測してから選ぶようにしてください。

【ポイント2:テープの粘着性を確認する】

テープの力で、窓と隙間テープを密着させます。

そのテープの粘着力が弱すぎると、すぐに剥がれてしまうこともあるでしょう。

逆に、粘着力が強すぎると、剥がしたときに跡が残ってしまうことも考えられます。

そのため、もし賃貸住宅にお住まいの場合は、テープの粘着力が強すぎないものを選んでください。

【ポイント3:+αの効果を見て考える】

隙間テープには、隙間風・音・虫を予防するだけでなく、他にも+αの効果が施されたものが販売されています。

耐久性や防水性に優れたものなども展開されているので、+αの効果を見て選ぶのも良いでしょう。

窓に隙間テープを貼ろう!

希望する隙間テープを選べたら、実際に貼り方を覚えていきましょう。

〈用意する道具〉

・隙間テープ
・メジャー
・カッターやハサミ
・掃除機
・ブラシ
・雑巾

〈貼り方〉

①まず、隙間テープを貼る部分や接触する部分をきれいに掃除しましょう。

掃除機やブラシ、雑巾などで汚れを落とすことで、隙間テープが剥がれにくくなります。

②隙間テープを貼りたい部分のサイズを、メジャーで計測してください。

サイズがあっていないと隙間ができてしまい、隙間テープの効果を充分に得られないことがあります。

③カッターやハサミを使って、計ったサイズ通りに隙間テープを切ります。

切断面が斜めになると隙間ができてしまうので、垂直に切るように心掛けてください。

④テープの剥離紙を剥がし、窓の隙間が気になる部分に貼り付けます。

剥離紙は一度に全部剥がすのではなく、数十センチずつ剥がしながら貼り付けるを繰り返すと、きれいに貼り付けられます。

隙間テープを正しく貼ることができれば、隙間風・音・虫に悩む生活からも解放されるでしょう。

隙間風・音・虫の予防効果を維持しよう!隙間テープのケア方法

隙間テープは使い続けることで劣化してしまいます。

劣化を見過ごしていれば、隙間風・音・虫の予防効果も半減してしまうでしょう。

劣化を少しでも遅らせるためにも、貼った後の隙間テープのケアも行う必要があります。

窓に貼った隙間テープは、水や紫外線、摩耗によって劣化していきます。

とくに、窓は結露などが起きやすいため、窓に水が付いているのを見付けたら、下に垂れる前に拭き取るようにしてください。

とはいえ、いくら隙間テープをケアしていたとしても、経年による劣化は避けられません。

また、窓は毎日のように開け閉めをすることになるので、どうしてもダメージは受けてしまうでしょう。

もし、見た目からも隙間テープの劣化を感じたのであれば、貼り替えを検討してください。

隙間テープは安価なものが多いので、費用もそれほど掛からないはずです。

窓に貼る隙間テープの効果を維持するためにも、定期的な交換をおすすめします。

豊富な種類の隙間テープ!選び方や貼り方を覚えよう!

隙間テープは選ぶ種類によって、効果も少しずつ変わってきます。

ご自身がどの効果を重要視したいのかを考えて、目的に沿った隙間テープを選んでください。

隙間風・音・虫対策としておすすめの隙間テープですが、貼り方はそれほど難しいものではありません。

ただ、使用状況や経年によって劣化してしまいますので、定期的な貼り替えは行いましょう。