網戸をしていても虫が入ってくる!そんなときの対処方法は?

夏の季節が近づいてくると、厄介なのは室内への「虫」の侵入ですよね。

「きちんと網戸をしているのに虫が入ってきた…」という経験をされた方は、大勢いらっしゃるはずです。

室内にハエや蚊などの虫が入ってくると、とても不快な気持ちになります。

そこで今回は、虫を侵入させないためのアイデアや、対策方法についてまとめました。

なお、網戸の張り替え方法について触れますので、持ち家の方を対象にお話いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓を使って棚を作る!作り方と意外な有効活用法をご紹介

窓とは、本来ならば光を室内に取り入れたり、風通しを良くしたり、室内に開放感をもたらしたりと、その...

巾木の交換の時期や目安とは? DIYでも巾木交換はできる!?

あまり聞きなれない「巾木(はばき)」という言葉ですが、実はこの巾木ひとつで部屋の印象は一気に変わ...

窓のゴムパッキンが劣化したらどうする?原因と対策をご紹介

長い年月の中で、ゴムパッキンの汚れや傷みがひどくなってしまい、悩んでいる方もいるのではないでしょ...

気づくと汚い窓のレール!きれいに掃除するポイントをご紹介

窓や窓まわりの掃除は、毎日忙しくしているとなかなか手がつけられず、「やっとできるのが年末の大掃除...

窓に隙間テープを使って隙間風対策!その種類や貼り方とは?

隙間テープというアイテムをご存知でしょうか。窓に貼る場合は、主に隙間風を防ぐために使用します...

ニッチで玄関をオシャレに!形は横長?正方形?何がいい?

オブジェやお花などの装飾品を置くための壁のへこみの「ニッチ」。オシャレなお宅にお邪魔すると、...

窓際に室内物干しを取り付け!梅雨や留守でも洗濯物を干そう

留守が多いお家では、洗濯物を取り込む時間が読めず、外干しより室内干しが多いかもしれません。ま...

防犯やイタズラ防止に!窓用のストッパーは100均商品が優秀

100均で購入できる窓用のストッパーを使ったことはありますか?窓をしっかり防犯したい時や、窓...

窓からの光をしっかり遮光する!その簡単なアイデアをご紹介

窓から差し込む光にお困りではありませんか?寝室やシアタールームのように暗さを保ちたい部屋に少...

窓に断熱対策を!自分でできるおすすめのDIY方法をご紹介!

家の中にいても、冬の寒さや夏の暑さは体に堪えますよね。室内で熱の出入りが一番大きい場所はどこ...

マンションで窓の手すりへの布団干しがNG!その理由とは?

マンションに住んでいて、布団を干したいと思う方もいらっしゃいますよね。布団を干すことによって...

その窓の種類はルーバー窓?掃除方法や防犯対策をご紹介!

窓にもたくさんの種類がありますが、そのなかでもルーバー窓をご存知でしょうか?ルーバー窓はメリ...

窓からの転落防止にストッパーを活用!取りつけ方や注意点は

赤ちゃんや小さい子供のいるご家庭では、子供がけがをしないように気を配る方も多いことでしょう。...

窓から冷たい空気が入ってくる!防寒対策におすすめのシート

寒い季節には、エアコンやストーブなどで部屋を暖めて防寒対策をしているご家庭がほとんどでしょう。...

窓枠をおしゃれにDIY!インテリアの完成度が格段にアップ

インテリアにこだわっている部屋でも、アルミサッシの窓枠があることで、どこか未完成のように感じます...

スポンサーリンク

虫が入ってくるなら!窓の正しい開け方を学ぼう

網戸をしていても虫が入ってくるのなら、まずは「窓の開け方」を確認してみましょう。

窓の開け方や網戸の位置によって、虫の侵入を防ぎやすくなるからです。

ここでは、左右どちらからでも開けられる「引違い窓」を例に挙げましょう。

正しい使い方としては、網戸と窓のフレーム部分を重ねることがポイントです。

すると、隙間はありませんから、虫の侵入通路を塞ぐことができます。

その一方で、窓との間で隙間が生まれてしまうと、たとえ網戸をしていても虫は入ってきます。

そこで基本的に、網戸は右側にくるようにしてください。

窓を全開にしていれば、網戸は左側でも問題ありませんが、半開きになっていると隙間が生まれる原因となります。

このように、正しく窓を開けることで、網戸は本来の役割を果たしてくれるのです。

さっそく今日から、窓の開け方を意識してみましょう。

網戸の劣化状態をチェック!

窓の開け方に続いて注意したいのは、「網戸の劣化状態」です。

網戸の寿命は、使用環境によって異なるものの、一般的に4~6年程度と言われています。

網戸をしていても虫が入ってくるなら、穴や隙間がないか確認してみましょう。

もしかすると、気がつかないような部分に、抜け道があるかもしれません。

また、目につきやすいネット部分だけでなく、ゴムパッキンなどの部品も劣化していくので、細かくチェックすることをおすすめします。

ここでは、網戸の交換サインをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

□網戸ネットに穴があいている

網戸ネットは劣化していると、いとも簡単に穴があいてしまいます。

また、小さなお子さんのイタズラで穴があくことも考えられるでしょう。

お子さんだけでなく、犬や猫などのペットがいるご家庭も要注意です。

□網戸ネットの端が裂けている

劣化した網戸ネットは、端のほうから裂けてくることが多いです。

はじめは小さな裂け目でも、次第に広がっていくので早めに対処しましょう。

□ゴムパッキンが劣化している

網戸ネットよりも見落としやすいのは、ゴムパッキンの状態です。

ボロボロになっていたら、それが交換の目安と言えます。

小さな虫が入ってくるとき!網戸ネットの「網目」にも注目

次項では、網戸の張り替え方法をお伝えしていきますが、その前に「網目の大きさ」に注目してみてください。

網目があらいと通気性は向上しますが、小さな虫が入ってくることもあります。

小さな虫まで、徹底的に対策したいとお考えであれば、網目は細かいものを選びましょう。

一般的な網戸ネットは「18メッシュ(約1.15ミリ)」なので、コバエや蚊の侵入は防ぐことができています。

しかし、それ以上に小さな虫への対策であれば、「24メッシュ(約0.84ミリ)」の網戸ネットに交換するのがおすすめです。

24メッシュなら、18メッシュの約2倍の密度となります。

そのほかに、24メッシュよりも細かい「30メッシュ(約0.67ミリ)」や、「40メッシュ(約0.64ミリ)」の網戸ネットもありますが、これでは風通しや景観に問題が出てくるかもしれません。

そういった点を踏まえながら、網戸ネットを選んでいきましょう。

ちなみに、ブラックカラーだと外の景色がきれいに見えますよ。

網戸の張り替え方法

ここでは、「網戸が劣化していて虫が入ってくる…」という方のために、網戸の張り替え方法をご紹介します。

まずは、必要なものから揃えていきましょう。

・網戸貼り替え用ネット
・網戸用ゴムパッキン
・網戸用ローラー
・ドライバー
・使い古しの歯ブラシ
・クリップ
・カッター、ハサミ

網戸ネットやゴムパッキンは、サイズの確認をしておいてください。

すべてホームセンターなどで、手軽に購入できます。

【作業手順】

①ゴムパッキンと古い網戸ネットを取り除く

ゴムパッキンの切れ目にドライバーを差し込んで、外していくことからはじめます。

そのまま古い網戸ネットを取り除いたら、使い古しの歯ブラシなどで溝の部分を掃除しておきましょう。

②新しい網戸ネットを準備する

網戸の枠の上に、新しい網戸ネットをのせます。

枠より10センチ程度余裕を持って、カットしてください。

そうしたら、クリップで仮止めしておきます。

③新しいゴムパッキンを取りつける

一辺ごとに、網戸ネットの上からゴムパッキンを取りつけていきます。

網戸用ローラーを使って、押し込むように入れてください。

網戸ネットがたわまないように、注意しながら作業しましょう。

④余分な網戸ネットをカットする

はみ出している網戸ネットをカットし、仕上げていきます。

基本的にはカッターを使用しますが、細かい部分ではハサミを使いましょう。

これで、作業は完了です。

網戸の「虫除けアイテム」を使ってみよう!

網戸の防虫機能をアップさせるには、「虫除けアイテム」を使うのも一つの方法です。

網戸用の防虫剤には、いくつかのタイプがあります。

●貼るタイプ

参考商品【KINCHO:虫コナーズ アミ戸に貼るタイプ】

面ファスナーで、網戸ネットに貼りつけます。

プラスチック容器内のメッシュ部分に、薬剤が入っているという仕組みです。

室内側に貼るよりも、外側に貼ったほうが効き目があります。

●スプレータイプ

参考商品【アース製薬:虫こないアース あみ戸・窓ガラスに】

網戸だけでなく、窓ガラスにも使えます。

効果はおよそ2ヵ月間で、撥水成分を含んでいるため、雨水にも強いです。

●泡ムースタイプ

参考商品【株式会社トパック:虫除けコーティング 網戸用】

虫除けと洗浄のダブル効果が見込めます。

泡状の液体を網戸ネットにかけて、しばらく放置したあとに、布で拭き取っていきます。

こういったアイテムのほかには、防虫効果のあるアロマオイルを利用するのもおすすめです。

レモングラスやユーカリシトリオドラなどのオイルと、精製水、無水エタノールを混ぜ合わせてスプレーボトルに入れたら、防虫アロマオイルスプレーの完成です。

網戸に吹きかけることで、虫が入ってくることを予防できます。

虫が入ってくるのを防ぐ!その他の対策アイデア

ここまで、網戸の虫除け対策についてお話ししてきましたが、そのほかにも取り入れられるアイデアがあります。

【発生源の駆除】

蚊の侵入を防ぐためには、発生源を駆除していくことも重要でしょう。

蚊は水の中に卵を産みます。

そのため、庭やベランダに水溜まりができていないか確認してください。

まとまった雨が降ると、思わぬ場所に水が溜まってしまいますから、日頃からチェックしていけるといいですね。

【照明をLEDに変える】

蛾などの虫は、紫外線を発生させる照明の灯りに引き寄せられる性質があります。

そこで、もし自宅の照明が蛍光灯や白熱灯だった場合には、LEDに買い替えてみましょう。

大半のLED照明は、紫外線をほとんど発生させません。

網戸そのものに対策するだけでなく、こういった虫除けアイデアも参考にしてみてください。

すると、今までよりも室内に虫が入ってくることを抑えられるはずです。

虫の侵入に困っていたら網戸に一工夫!

網戸をしていても虫が入ってきてしまうのは、窓の開け方や網戸の劣化が関係しているかもしれません。

そういった問題を解決したうえで、虫除けアイテムを使ってみましょう。

また同時に、発生源の駆除や照明交換なども検討してみてください。

快適な夏を過ごすためには、ちょっとした工夫が必要です。