Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

アパート住まいでも猫を飼いたい!鳴き声対策・猫用アパート

2019.2.2

アパートと言えば、ペット不可のタイプが多いですよね。

ペットは、室内を傷つけてしまいますし、活発に運動すると隣や下のお部屋の迷惑になってしまいます。

特に、猫は、発情期になると鳴き声も響いてしまい、特に朝方や夜の鳴き声で、隣近所からクレームが来る、ということもあります。

今回はその対策や、ペットには厳しい状況の中で救いの手とも言えるアパート、「猫専用アパート」についても取り上げます。

ペット不可のアパートは多い!

ペット不可のアパートは多いですが、それも無理はありません。
ペットを飼うことができるアパートでも、入居者同士のトラブルは起こっています。

動物の中にもいろいろな性格の子がいます。

静かで温厚な子もいれば、鳴き声が多く、活発で攻撃的な子もいて、飼い主は自分の子が可愛いので大目に見ることもできますよね。

ですが、特に愛着を抱いていない他人からしてみれば、迷惑に感じてしまうこともあるでしょう。

今回は、ペットの中でも、猫のことついて取り上げます。

理由は、筆者が好きだからです。
というと、身もふたもないのですが、日本人の猫の飼育数がここ最近、増えているのをご存知でしょうか?

携帯アプリや、動画、映画や本でも猫をテーマにしたものが取り上げられ、ブームになっていますよね。

猫は、何匹も飼う人が多いので、それも飼育数の増加につながっているのですが、それでも、猫の人気は高まっているということは確かです。

しかし、人気に比例して猫を飼いやすい状況が整っているかというと、そうとは言えません。

相変わらず、ペット不可のアパートは多いですし、隣近所へのマナーを守って飼っている人ばかりではないのが現状です。

これから猫を家族に迎えようと思っている人は、猫を飼うことに伴って起こることを、一度、現実的に考えてみましょう。

猫ってこんなに素敵!

子供の頃はペット可のアパートに住んでいて、猫が何匹も家にいましたので、その頃の経験から、猫の素敵なところや逆に困ったところを分析してみます。

まずは、素敵なところからです。

・家族・恋人・友人になってくれる
・愛くるしい表情がたまらない
・身ごなしが優雅
・誇り高い自由をまとった雰囲気
・たくましく、図々しい(誉め言葉)
・太っても可愛い
・飼い主の心が読めるのではないかと思うことがある

特に、一番最初に挙げたことについては、猫ではなくても、ペットを飼ったことがある方なら、共感していただけるのではないでしょうか。

結婚=幸せとは言い切れない現代社会で、ストレスを和らげてくれたり、孤独を癒してくれる猫の存在は、かけがえのないものです。

この他にも、いくらでも挙げられそうですが、きりがないので省略しますね。
猫好きな人には共感していただけると思うのですが、そうでない人も多いです。

では、次は、猫の困ったところについて取り上げます。

やはり、発情期のあの鳴き声は大きいですが、他にも、トラブルになりがちなことがあるんです。

猫を飼うことのデメリット!

猫の欠点をいくつか考えてみると、

・興奮するとひっかいたり、噛んだりすることも(他のペット(犬など)に攻撃する)
・鳴き声、喧嘩する音がうるさい
・他のお家のお庭、アパートの階段・駐車場などで、ウンチ・嘔吐をしてしまう
・お部屋で爪を研いだり、活発に遊んだり噛んだりして、家具を汚したり壊してしまう
・アレルギー源になったり、喘息を引き起こすことがある
・ふらっと出かけて帰ってこない(浮気して他の家の猫になっている場合がある)
・去勢をしていないと、一度に子猫がたくさん産まれ、捨て猫などのトラブルも起きる
・去勢代などや猫グッズなどでお金がかかる

といったことが思い浮かびます。

中でも、ご近所トラブルに繋がることが多いのは、ウンチ問題と鳴き声問題ですね。

飼い主の家に猫のトイレがあって、基本的に室内で飼っていれば、そこまでの量を外ですることは考えにくいのですが、それでも完全に防げるわけではありません。

また、餌だけあげて、完全に外飼いしている人もいるようです。

広くて居心地のいいお庭が近所にあると、「ここは自分の場所だ!」とアピールしたくなってしまうのが猫という生き物の困ったところです。

ウンチ対策としては、やはり、なるべく家の中でさせることや、他の家に入ろうとしているときに、しっかりと叱ることが挙げられます。

心を鬼にして、なるべく子猫のうちにしつけましょう。

また、ご迷惑をかけてしまったお宅には、謝りに行ったり、日頃から挨拶したりしてコミュニケーションをとり、大きなトラブルにならないように努力しましょう。

猫の鳴き声の原因!アパートでの対処法って?

では、猫の鳴き声の対策にはどんなことがあるのでしょうか。

鳴き声の原因から考えてみましょう。

まずは、朝方や、夜中に鳴く場合です。

猫は、まだ薄暗い明け方の時に、活発に動き出すものです。
ですから、日常的に猫に起こされて、目覚ましが必要ない、という方もいるかもしれませんね。

また、もともとは夜行性だった、という説もあります。
暗い場所と明るい場所で目が変わるのは、猫を飼ったことがある方ならお馴染みのことですよね。

こうした理由から、朝や夜に猫が元気に動いているのは、当たり前のことなのですが、あまりにもよく鳴く場合は、お昼寝しすぎて、エネルギーを発散しきれていないせいもあるようです。

ですので、お部屋に閉じ込めておくのも、夜鳴きの原因になるということですね。

お部屋に長時間いさせるなら、キャットタワーを設置するなどして、猫が飽きずに運動できる環境を作ってあげましょう。

また、アパートの場合、遮音カーテン、防音カーペットなどの防音アイテムを活用するのもいいでしょう。

さらに、飼い主への愛情表現や、要求があって鳴く場合もあります。

かまってほしかったり、喉が渇いていたり、お腹が減っていたりするのです。

このうち、「甘え」からの鳴き声は、適度に対応してあげましょう。

全て無視するのも酷ですが、いつも遊んであげたりおやつをあげたりすると、味をしめてしまい、もっと鳴くようになるかもしれません。

おやつの場合は肥満の原因にもなります。

ご飯や水分を与え、たまにかまってあげているのであれば、無視するのもお互いのためでしょう。
そのうち、鳴いても無駄なのかな、と理解できるようになります。

発情期の猫の鳴き声!解決方法は?

他にも、猫の鳴き声の原因は、「他のペット・赤ちゃんへの嫉妬」、「愛する家族の不在」、「洋服の着用」などのストレスや、体調不良やケガが原因のことがありますので、よく観察しましょう。

また、アパートでのトラブルで多いのが、猫の発情期特有の鳴き声です。

うなるように鳴いたかと思えば、他の猫とドタバタ喧嘩するのは、飼い主なら何とか我慢できても、そうでないなら、嫌で嫌で仕方がないのも無理はないことです。

そのため、怒鳴ったり物を投げたり、水をかけたりする人もいます。
愛猫に、そんな目に遭って欲しくはありませんよね。

これは、 避妊・去勢手術が根本的な解決方法になります。

マタタビをあげるというのも一時的な解決策になりますが、すぐに効果は薄れます。

去勢手術は自然の摂理に反する、猫がかわいそうなどと考えてためらう方も多いのですが、術前検査は万全で、後遺症が残ることはほぼありませんし、発情期の猫の身体の負担を軽くしてあげることもできます。

また、メスであれば、乳腺腫瘍も発生しにくくなるようです。

さらに、発情期が原因で、パートナーを探して家出してしまうこともあるのですが、そういうことも防げます。

「飼い猫の子供が欲しい」「のどかな地域で近くに住宅がない」とかでなければ、騒音問題が取りざたされる今の時代では、手術をしないで猫を飼うというのは、マナー違反にもあたるのかもしれませんね。

鳴き声も安心!猫専用アパートって?

最後に、猫好きな方に耳寄りな情報をお届けします。

それは、「猫専用アパート」です。
もちろん、猫だけが住むアパートではありませんよ。

猫を飼っている方だけが入居できるアパートということです。
入居者は全員、猫好きなんて、とても楽しそうですね。

具体的に、どのような工夫がされているのか、取り上げてみましょう。

・キャットウォーク、猫用の扉(くぐり戸)
・洗面周りに猫用トイレを置けるスペース
・玄関と居室の前の脱走防止用の扉
・汚れが掃除しやすいクッションフロアの床
・爪とぎの傷を防ぐため、壁紙は貼らずに壁はペンキ仕上げ(猫の爪がかかりにくい壁紙の場合も)
・コンセントを多めに設置(猫用のヒーターや給水機が置きやすいようにする)
・広いお部屋

こうした嬉しいポイントがある猫好きのためのアパートですが、ワクチン接種・去勢などの入居条件を設定している場合もあり、確認が必要です。

やはり、発情期の鳴き声などは、入居者同士では我慢できても、近隣住民からのクレームの原因になります。

また、こうした賃貸住宅は、ご想像の通り大変人気があるため、すぐに埋まってしまうのが現状です。

もし、これからアパート経営をしてみたいと思っているなら、こうしたアパートを探してみるのもいいでしょう。

管理の大変さや、近隣住民への配慮など、大変なこともありますが、「空き部屋が埋まらない…」といったお悩みとは無縁と言えます。

何より、猫のために、猫を愛する人のために、素敵な空間を提供できる、というのは猫好きにとっては魅力的ですよね。

猫好きが増えるかどうかは飼い主さんの心がけも大切

猫を飼うことのメリットやデメリット、鳴き声の原因や対処法について、ご説明しました。

避妊・去勢手術についても、飼い主さんが前向きにご検討していただけるように、メリットをご紹介しました。

これから、猫専用アパートのように、猫と人間が共存できる賃貸住宅が増えるといいですよね。
住民同士の交流が深まれば、旅行の間お互いに預けたり、いろいろな相談をしあったりすることもできます。

ペット不可のアパートに住んでいる筆者にとっては、夢のようなお話です。

 - アパート, マンション, 住宅