Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

マイホームで後悔しやすいこととは?ブログを書いて情報交換

2019.2.15

夢のマイフォームを建てるとなると、心が躍りますよね。

しかし、後で「こうすればよかった」などと後悔しないためにも、事前の計画や予測が大切です。

最近では、さまざな情報が取得できる時代になってきました。

そのひとつがブログです。

実際にマイホームを建てた経験談や、失敗しないためのヒントが隠されているかもしれませんよ。

マイホームで後悔しやすい間取りとは

生涯で、マイホームを何度も建てる人は、おそらく少ないことでしょう。

家を買うことは、決して安い買いものではないため、多くの人が一度きりの購入になるかと思います。

そこで、後々に後悔しないためにも、マイホームを建てるときは慎重にならなければなりません。

まず、あなたの暮らしに大きく影響するであろう、間取りについて話します。

「間取りを失敗してしまった」という声を、よくブログで見かけるかもしれません。

それほど、多くの人が、間取り作りに後悔しているのです。

とくに多い意見は、光熱費が思ったよりもかかってしまう間取りにした場合です。

解放感や、自然光を取り入れるために有効な吹き抜けですが、設計次第では冷房や暖房が効きにくくなってしまいます。

吹き抜けのあるマイホームを建てるときは、空気の循環や断熱に詳しい専門家にお願いしましょう。

ブログ記事で多いマイホームで後悔したことは?

実際にマイホームを建てた人の声は、これから家を建てる人からしたら、とても貴重な情報ですよね。

「こうすればよかった」と後悔している記事をブログで書いている人も多いです。

とくにキッチンは毎日料理を作るところでもあるため、思い通りにならないキッチンだと何十年と後悔してしまいます。

対面キッチンやアイランドキッチンは、とても人気です。

しかし、一歩間違ってしまうと無駄な動きが多くなることもあります。

人を招いて食事をするならばメリットはありますが、家族の食事を作る目的である場合は、動線を重視してみましょう。

冷蔵庫から食材を取り出し、下ごしらえをして調理する。

調理したものを運ぶといった一連の動作が行いやすいことが肝心です。

コの字型のキッチンですと、こうした動作が小さな三角形でできるため、隠れた人気を集めています。

意外と後悔ポイント!コンセントの位置や数

マイホームの良いところは、コンセントの位置や数を決められることも挙げられます。

細かい部分ではありますが、賃貸物件ではすでにコンセントの位置や数が決まっているため、使いづらい物件もなかにはあります。

ですが、マイホームなら一定の範囲内であれば、どの位置に何個配置するかを決められるのです。

決めるのが面倒だからと、適当な場所に設置してしまうと、後悔することになってしまいます。

さきほどお話していたキッチン周りでは、調理家電がたくさん集まります。

調理家電を使うためには、電力が必要になりますよね。

電力を供給するコンセントの数が足りていないとタコ足配線ばかりになり、見た目にも安全性にも欠けてしまいます。

現在お使いの家電は何個あってどこに置きたいのか、延長コードを伸ばさなくても平気な位置なのかを考えて、決めましょう。

また、インターネットでブログを書いたり仕事をする場合、セキュリティの問題から有線で使いたいかたもいらっしゃるかもしれません。

有線の場合は、コンセントカバーにLANケーブルを差し込むタイプがあります。

ですので、主にどの場所でパソコンを使うのかを決めておきましょう。

お金の後悔はブログ記事でもシビアな内容

間取りなどの後悔と同じくらい慎重にならなければならないのが、お金の問題です。

マイホームについてのブログ記事を見ても、お金の後悔が綴られています。

さまざまなオプションをつけたことで予算をオーバーしてしまったり、ローンを組むときには共働きで計画のはずが、片方の収入での支払いになってしまったなどのケースです。

また、毎月のローンの支払いに加えて、固定資産税やマイホームのメンテナンス費用も必要になってきます。

賃貸の家賃の支払いと、マイホームのいローン金額が同額に近いからと安易に考えて建ててしまうと、思わぬ出費に戸惑ってしまいます。

マイホームの資金計画は独断で判断をせずに、信頼のできるプロに相談しましょう。

相談する相手を間違ってしまうと、後悔どころではなくなってしまいます。

人によって考えかたも異なるので、できれば2人以上の話を聞いて、検討することをおすすめいたします。

マイホームのローンの支払いが困難になったときのための保険

多くのかたが、ローンを組んでマイホームを建てています。

この住宅ローンを組んでいる人が、突然亡くなってしまったり、高度障害になってしまい支払いが困難になっってしまったら、どうしたら良いのでしょうか。

ブログなどでも、ローンの支払いで困っている方は大勢いらっしゃいます。

1つの共通点として、団体信用生命保険の未加入が挙げられます。

団体信用生命保険とは、通称「団信(だんしん)」といわれていて、住宅ローン専用の生命保険のことです。

ほとんどの場合は、団信に加入をしていることでしょう。

団信に加入していれば、ローンを組んでいる人が支払えない状況になったとき、残金の住宅ローンを清算することができます。

近年では、死亡時、高度障害に付け加え、三大疾病・七大疾病・八大疾病などの保障が付いた保険などもあります。

気になる団信の保険料ですが、多くは住宅ローン金利に含まれているので、追加で保険料を支払う必要はありません。

なかには任意加入になる金融機関や、別途保険料の支払いのある場合もあるので、確かめてみましょう。

また、金融機関によって保険金が支払われる条件が異なります。

あとで後悔しないためにも、こういった保険内容を1つ1つ確認して加入しましょう。

ブログを書いてみよう

ご自身のマイホームで後悔していることがあったら、ブログで書き込んでみませんか。

後悔している気持ちを整理することができますし、同じように後悔しているかたから、メッセージをもらえることもあるかもしれません。

思わぬ改善方法や、情報が手に入るかもしれませんよ。

また、今後マイホームを建てるかたにしたら、あなたの経験談は参考になることでしょう。

広いインターネットの世界だからこそ、普段得られないたくさんの情報を集めることができるのです。

ブログのはじめかたは、難しいものではありません。

サービスを利用するためには登録が必要になりますが、無料のものと、有料なものがあります。

無料ブログの特徴は、なんといってもお金をかけずに書けることです。

インターネットの環境があり、メールのアドレスなどで登録ができます。

ですが、無料がゆえに突然終了してしまう可能性もあります。

有料ブログの特徴としては、機能が充実しています。

ブログの容量を増やしたり、無駄な広告を消すことも可能です。

ただ、月ごとの支払いが滞ってしまうとサーバー自体がなくなってしまったり、ファイル自体も削除されてしまう恐れがあります。

大切な内容や、消えては困るものは、必ずバックアップを取っておきましょう。

後悔の残らない家にするためには

マイホームを建てることは、人生最大額の買いものといえます。

高額であると同時に、ご自身の生活する大切な住居です。

後悔がないように、慎重に検討しましょう。

なにかと専門的な知識が問われるので、それらに詳しいプロに依頼することも、ときには必要かもしれません。

 - マンション, 一戸建て, 住宅