家賃が高いと感じるのは自分が原因かも?おすすめ節約術5選

アパートやマンションなどの賃貸物件は、気軽に入居できることが魅力のひとつです。

ですが、その気軽さゆえに、家賃というリスクを見つけることができないまま、入居を決めてしまう人が多いです。

入居したはいいが、家賃が高いと感じる。

そう思う人は、節約しましょう。

高い家賃を乗り切る、おすすめ節約術5選をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

管理会社へ賃貸物件におけるクレームを入れる方法をご紹介

賃貸物件に住んでいる場合、管理会社へクレームを入れたくなることも起こります。しかし、クレーム...

購入する住宅は公道に接する?それとも私道?見分け方は?

不動産広告では、私道という言葉をよく見かけます。「私道負担有〇〇平方メートル」などと記載され...

床面積の計算で迷いやすい階段!1階と2階はどう計算するの?

家を建てる場合、建ぺい率と容積率を意識する必要があります。なぜなら、建ぺい率と容積率の値によ...

賃料に管理費を含むアパートは果たしてお得なのか?

アパートに住む際に支払うのは賃料ですが、それだけではありません。実際には「賃料+管理費」を支払っ...

建築物設計の基本!建蔽率と容積率の求め方を解説

整然とした街並を確保するために、建蔽率・容積率などの各種の決まりが定められています。建築物を設...

敷金の返却はいつになるの?気になる敷金について解説!

賃貸物件を退去する際、敷金について多くの方が気になっているようです。「いつどのくらいの金...

義父母との同居を解消したい?妻側の目線から考えよう

核家族化が進行しているとはいえ、特に夫が長男である場合や一人っ子である場合には義父母と同居するケ...

窓に貼ったプチプチが剥がれない!上手な剥がし方はある?

窓に貼ったプチプチがキレイに剥がれず、お困りではありませんか?窓用のプチプチシートは、断熱や...

窓にシャッターは必要?働きを知って取りつけを検討しよう!

家を建てるためには、部屋の間取りや内装から外観まで、たくさんのことを決めなければなりません。...

家賃を支払う月末が来た!でも土日だった場合はいつ払う?

毎月末に家賃を支払っている方も多いと思います。振込だったり、自動引き落としだったり、支払い方は...

夜に洗濯機を使いたい!何時までなら迷惑が掛からない?

働いている単身世帯の場合、どうしても洗濯は帰宅してから行います。そこで気になるのは、帰宅した夜...

家賃が給料の半分を占める生活は果たして成り立つのか?

一般的に、家賃は収入の1/3以内がよいといわれていますが、現実はけっこう厳しいようです。東京2...

ガスコンロの購入時は要確認!都市ガス用かプロパンガス用か

これから新しい物件に住むという方の中には、「ガスコンロを購入する必要がある」または「既に使用して...

窓のサッシにカビが!カビキラーやカビ取り侍で掃除しよう!

カビの繁殖しやすいところはいくつかありますが、窓のサッシもそのなかの1つですね。カビが発生して...

敷金が返金されない!こんなときはいつまで待てば良いの?

アパートを退去してしばらく経つのにいつまでも敷金の返金がされなくて困った、という経験がある人は意...

スポンサーリンク

家賃を高いと感じる前にチェックするべきこと

最初にするべきことは、その高い家賃を払い続けることが、可能かどうか確認することです。

自分の月の収入はいくらなのか、そこから支出を計算して、家賃にどれだけ当てられるか。
計算するときは、支出を少し高めに設定することがポイントです。

ギリギリに設定して計算すると、予想できない出費が出たときに、予定が狂ってしまい苦しくなります。

例として、一人暮らし、月の収入が20万円で家賃が6万円と仮定して、シュミレートしてみましょう。

まずは、月収20万円から、支出を算出します。

支出は、食費・水道光熱費・保険料・通信費・交通費などの固定で掛かる固定費と、レジャー費などの雑費に分かれます。

この2つを合算したものが、1ヶ月の出費になります。

固定費が10万円、雑費が3万円で節約することができれば、残り7万円ありますから、6万円の家賃は支払い可能です。

これを自分の収入と支出に当てはめて計算しておけば、提示された家賃が高いかどうかの判断ができると思います。

勢いで家賃の高い物件に決める前に、これくらいの準備をしておくと、安心して契約を結ぶことができるのではないでしょうか。

家賃の支払いに余裕をもつための節約術を考える

家賃を継続して支払いが可能かどうかを、事前にチェックする方法は分かりました。

ですが、月収20万円のうち、家賃を含めた支出が20万円では、生活を続けていくことはできません。

収入と支出が同額の場合、1ヵ月という単位でみれば問題ありませんが、1年という単位になると話は変わります。

それは、税金や冠婚葬祭など、突発的な出費に対応ができなくなるからです。
つまり、家賃を含めた支出は、収入よりも下回っていないとならないのです。

では、月々の支出を抑えるには、どうすればよいのでしょうか。

まずは、もう一度、支出を細かく見直していきましょう。
無駄な出費が、必ずと言っていいほど、あるはずです。

例えば、付き合いなどで発生する飲み代などはどうでしょうか。
月に5回も行っていたら、それだけで大きな支出になります。

最低でも、3回以下に抑えるべきでしょう。
たったこれだけのことで、月に1万円~2万円は浮くはずです。

節約のヒントは、どこにでも転がっています。

意外と気付かないものから、すぐにでも実行できるものまで、多岐に渡ります。

節約できるのに、見て見ぬふりをしていると、余裕があったはずの家賃も、高いと感じるようになってしまいます。

そうならないための節約術を、いくつか考えてみましたので、頭に入れておくと良いでしょう。

節約は毎日の積み重ねが大切

節約をするにあたって、大きく節約できることと、コツコツと節約できる方法があります。

大きく節約できれば、それに越したことはありませんが、どうしても何かを切り詰めたりする必要があります。

これは、人によっては、難しいと感じる可能性があります。

では、コツコツできる節約とは、どのようなものなのでしょうか。

まずは、食費に注目してみましょう。

もし、現在、一人暮らしで食費が3万円掛かっているのであれば、節約の余地が大いにあります。

3万円も掛かっているということは、外食やコンビニを頻繁に使用していると考えられます。

外食もコンビニも便利ですから、ついつい忙しいと、頼りがちになるのは分かります。

分かりますが、自炊を始めると、この食費を半分近くまで下げることができます。

コンビニは、便利な分、商品全てが高めの値段設定です。

同じような商品でも、スーパーで食材を購入して、自宅で調理すれば1食あたりの単価は、かなり抑えることができます。

料理なんてできないという人は、スマホやパソコンを使いましょう。

食べたい料理名を検索するだけで、最近では、実際に作っている動画も見ることができます。

自炊のほかにも、水道光熱費でも、節約できる部分はあるはずです。

電気つけっぱなし、テレビつけっぱなし、水出しっぱなしなどですね。

こういう小さな節約の積み重ねが、高いはずの家賃に余裕をもたせてくれるのです。

意外と見落としがちな節約術

節約は、小さなことから、コツコツと行うことが大事です。

ですが、もともと自炊や無駄な出費を控えている人は、節約することはできないのでしょうか。

決して、そんなことはありません。

意外と見落としがちな部分で、支出というものは発生しているのです。

最たる例が、固定費です。

固定費は、必ず毎月発生する支出ですので、案外見直したりしない人も多いのではないでしょうか。

では、その固定費を、どのようにして節約すれば良いか考えてみましょう。

固定費で大きな出費と言えば、保険料と通信費あたりでしょうか。

保険料は、現在契約している内容が、本当に自分に合っているのか、見直してみると良いでしょう。

保険会社の勧められるままに契約してしまったのであれば、金額的にも内容的にも、大きく変わる可能性があります。

保険の無料相談所などをうまく活用して、自分に合った保険を見つけてください。

通信費は、かなりの金食い虫です。

自分が普段使っている携帯環境を、一度、客観的に見てください。

あまり電話をかけないのに、通話し放題などの契約に設定していませんか。

Wi-Fiを中心に使っているのに、パケット放題にしていませんか。

スマホは最新機種を狙うよりも、2つ前くらいの機種を狙うとお得です。

性能面で大きく不便を感じることは、ほぼありませんから、これも無駄な出費と言えます。

固定費でも見直せば、月あたり1万円以上の節約は可能です。

その分を家賃や貯金に当てれば、高いと思うこともなくなるのではないでしょうか。

家賃が高いと感じてからでも節約は間に合う

小さな節約から、大きな節約まで考えてきましたが、それでも家賃が高いと感じる。

それはなぜでしょうか。

単純に家賃の金額が大きいですから、当然と言えば当然の話です。

これについては、人それぞれの価値観がありますし、完璧に失くすことはできません。

ですが、緩和することは可能です。

もっと、節約が目に見える形で、効果的にできれば良いわけです。

では、家賃が高いと感じてからでも、効果を発揮する節約術をご紹介しましょう。

まずは、交通費を抑えましょう。

通勤時の出社は車や電車を使わずに、自転車や徒歩を取り入れてください。

流した汗の分だけ、支出を抑えることができます。

毎日切符を買っている人であれば、目に見えて効果が現れてきますので、おすすめです。

さらに、運動面も充実してくるので、健康な体を手に入れることができます。

まさに、一石二鳥ですね。

もうひとつおすすめなのが、500円貯金をすることです。

通帳だと、いちいち記帳しなくてはなりませんが、自宅でできる500円貯金は、目の前で貯金が増えていきます。

500円という金額がポイントで、100円だと、なかなかまとまった金額にはなりません。

しかし、500円だと、あっという間に数万円という金額になります。

1年に1~2回くらいは、この貯金だけで家賃が払えたりしますから、お得感もありますね。

目に見える節約を行うことで、モチベーションが上がりますから、うまく利用していきましょう。

高い高いと嘆かずに自分の生活を見返すことが重要

ここまでご紹介した方法を、もし全て実行できていれば、相当な節約ができてるはずです。

今まで毎月支出が20万円くらいあった人であれば、家賃を含めても15万円くらいまでは、落とすことができるでしょう。

毎月5万円も差が出てくれば、年間でいけば60万円も浮く計算になります。

6万円の家賃でいけば、10ヶ月分は払える金額です。

このように、節約を徹底することで、難しいと思えた家賃が高いという問題も、ある程度余裕を持つことができるのです。

そのためには、自分の生活を見返すことが重要です。

自分にとって何にもならない、それどころか支出になっていることがあれば、どんどん切り捨てる方が良いでしょう。

いきなり全てを実行することは、難しいかもしれません。
今まで当たり前だと思って、やってきたことですから。

ですが、少しづつでも節約を始めてみましょう。

高かったはずの家賃を、気にすることなく生活できるようになるはずです。

無駄な出費を省くだけで家賃の維持は可能

家賃という支出は、決して安いものではありません。

例え6万円でも、4万円だったとしても、高額なのは間違えないです。

しかし、ちょっとした節約を心掛けるだけで、維持することは容易に可能です。

無駄な出費を抑える習慣をつけてしまえば、高い家賃も怖くないでしょう。