建築図面で窓の位置や大きさが簡単にわかる!図面の解説

新築やリフォームなどで、工務店や設計事務所などから建築図面を見せてもらうことがあります。

また、不動産仲介の店舗や、不動産情報誌などでも、建築図面を見ることがあります。

しかし、その中で、建物の重要な部分である「窓」がどこにあるのか、どのくらいの大きさなのかは、なかなか理解しづらいものです。

今回は、建築の図面から窓の位置や大きさを簡単に知る方法を解説します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

悩む間取り!階段下の有効活用にはトイレや収納がいい!?

家を新築するとなって、一番悩むのが間取りでしょう。その人それぞれの生活スタイルによって、間取りは...

賃貸物件に関する疑問を解決!大家さんと管理会社の違いとは

マンションを借りるとき、まずは不動産屋さんに物件を紹介をしてもらって、大家さんと賃貸契約をするのが一...

準防火地域とは?窓・サッシ・シャッターに規制があるの?

建物の建設を考えている、あるいは購入した土地が準防火地域だったらどうなるのでしょうか。普段聞き...

家に蜘蛛の巣が張られるのはなぜ?蜘蛛除けのための対策とは

「布団を干そうとしてベランダに出ようとしたら蜘蛛の巣に引っかかってしまった…」などという経験のあ...

賃貸物件の大家さんへの挨拶!どのような言葉かけが適切?

賃貸物件に住む場合、挨拶をどうすればいいか悩む方も多いことでしょう。最近では賃貸に住む際に、...

会社の家賃補助は同棲でも続けられる?二人とも受けられる?

賃貸物件に住んでいる方は、会社から家賃補助を受けている場合がありますよね。それでは、今まで一...

賃貸物件で保証会社に加入!緊急連絡先は誰に頼めばいいの?

賃貸物件を借りている場合、通常なら連帯保証人を立てることを求められます。しかし、どうしても連...

窓にクレセント錠だけで大丈夫?プラスαの防犯対策が必要!

昔から窓の鍵として使われることが多いのがクレセント錠です。クレセント錠は確かに侵入者の不法行...

賃貸物件で防音して壁の向こうの隣人と上手に付き合う方法

アパートに住んでいても「楽器を演奏したい」「気兼ねなくテレビや音楽を楽しみたい」という方も多いか...

家賃6万円で余裕のある生活をするには手取りがいくら必要?

アパートやマンションの家賃は、一度契約を結ぶと、住み続ける限り、その金額を支払い続けなければなり...

窓を自分の理想のインテリアへと変えるDIYのポイント

窓には、採光や換気などの役割がありますが、インテリアの要素としても重要です。窓の位置や大きさなど...

新築のオプションは費用がかかる!選ぶポイントを押さえよう

新築する際、間取りやインテリアなど、決めなければならないことはたくさんあります。ベーシックな家を...

老後も賃貸生活を続けたい!保証人がいない場合は!?

平均寿命もぐんぐん延びて、日本は世界でも類をみない超高齢化社会となりました。賃貸をしている人や...

仲介手数料は値引きできる?お得に賃貸物件を借りるには

3月、4月は卒業と入学の季節です。新生活に向けたお引越しでは、引っ越し業者の手配、物件に合わ...

戸建のマイホームを購入する際の注意点をブログから学ぼう

マイホームの購入は、どの家庭にとっても人生の一大事です。マンションにするか戸建にするか、都市部に...

スポンサーリンク

建築図面の基本~平面図と立面図

一口に建築図面と言っても、たくさんの種類があります。

建物を上から表した平面図を見ると、その建物がどのような間取りで、部屋の位置や収納、階段の位置などがどうなっているのかがわかります。

そして、建物の外観を表した立面図は、建物を東西南北の4方向から見て、外壁のデザインや、窓や玄関の位置や屋根の形状がわかります。

基本的な建築の図面は、この平面図と立面図です。

それ以外にも、敷地に対して建物がどのように建っているのかを表す配置図や、断面図、展開図などがあります。

また、建築の図面の中には電気の配線を表したもの、給水や排水の位置や換気扇やエアコンの位置を示したものもあります。

どのような建物なのかイメージしやすいように、建物の造りを詳細に表現した、たくさんの種類の建築図面が存在するのです。

つまり、より理想の住まいを考えるために必要不可欠なものが、建築図面なのです。

建築図面の中の記号を解説

建築の図面には、わかりやすいように記号などで表したものがたくさんあります。

建物が東西南北に対してどのように建っているのかを表す際は、北方向を基準とします。

また、人が出入りする出入り口と窓は、一見、同じに見えるので、平面図では区別しづらいですが、出入り口用の記号を表記することで、出入り口と窓の見分けがつくようにしています。

その他にも、階段やエレベーターの記号、照明やコンセント、点検口や換気扇などもすべて記号で表示します。

建築の図面では、多くの人がわかりやすいように、表示記号が定められているのです。

また、建築の図面と一緒に、表示記号の凡例などがあると、より一層わかりやすい図面となります。

賃貸物件などの情報誌やお店などに掲載してある平面図などの図面には、あまり詳しい表示記号は記載されていないかもしれません。

ですが、出入り口や窓などの建具記号は必ず記載されていますので、それだけでも理解していると、間取りのイメージがしやすくなります。

基本的な窓の種類

建築の図面の中で使用される窓の種類も、たくさんあります。

中でも基本的な窓の種類をご紹介します。

・引違い窓

一般的によく見かける、窓を左右に動かして開けるタイプです。

窓を開けても外部や内部にせり出すことがないために、住まい場所でも設置が可能です。

・横すべり出し窓

回転軸が水平にあり、窓が水平に開きます。

角度が自由に開き、外部からの視線も遮るために、お風呂場や洗面所などで多く使用される窓です。

・縦すべり出し窓

回転軸が垂直にあり、窓が垂直に開きます。

角度は90度まで開くので、風通しが一番良い窓です。

・開き窓

片開きや両開きなどがあり、欧米などで一般的に使用されています。

近年日本の住宅にも多く見られる窓です。

安全性の面から、ストッパーがついているものが多いです。

・FIX窓

別名ではめ殺し窓とも言われ、窓の開け閉めができない窓のことを言います。

ガラスをはめているだけなので、用途としては外からの光を取り入れたり、景色を楽しむための窓です。

・天窓

別名「トップライト」と言われる窓です。

吹抜けの上部や天井の高い部分での光を取り入れるための窓で、FIX窓同様、開け閉めはできません。

また、窓の設置位置により、名称が変わるものもあります。

床面に接した窓は、「掃き出し窓」と言います。

これは、バルコニーやテラス、ベランダと言った部分へ人が出入りする目的で使用されることが多い窓です。

一方、天井付近などの高い位置に設置する窓は、「高窓」と言います。

外部の視線を避けながら、外部の光を取り入れるのに適しています。

その他にも、ひじ掛け窓、腰高窓、地窓などがあります。

建築図面に書いてある窓の数字とは

建築の平面図などを見ると、窓の部分によく数字が書かれています。

この数字は窓の大きさを表しています。

実は、平面図だけでは窓の高さがわかりません。

しかし、立面図や展開図など、他の図面も確認しないと窓の形状がわからないのは、効率が悪いですね。

そのため、平面図だけで窓の位置、幅、高さがわかるように、窓の部分に数字が書かれているのです。

では、「16020」と書いてある引違い窓は、一体どのくらいの大きさの窓なのでしょうか。

これは幅160cm、高さ200cmの窓となります。

さらに引違い窓ですので、1枚の窓ガラスは幅80cm、高さ200cmで、その2枚で引違いということになります。

「16020」を「160-20」にわけるとわかりやすいと思います。

最初の3桁は窓の幅を表し、後の2桁は窓の高さを表します。

ですから「06505」と記載があれば、その窓は幅65cm、高さ50cmの窓ということになります。

窓の大きさや位置を知ると間取りのイメージがしやすくなる

建築図面には、窓の種類によってそれぞれの特徴を捉えた窓の表示記号があります。

例えば、引違い窓であれば2枚が交互に表現されています。

開き窓で言えば、ドアの表示のように開き勝手が表現されています。

窓の形状を平面図などで理解できれば、書かれている数字によって窓の大きさもわかります。

そうなれば、平面図を見ただけで、窓のイメージが大まかに理解できるようになります。

窓の形状がわかれば、その部屋の間取りもイメージしやすくなります。

賃貸物件の間取りだと、使い勝手の良い窓なのか、家具が置ける位置にある窓なのかなどの判断ができるようになります。

マイホームを建てようと計画している時なら、方位を考慮した上で、窓の大きさや窓の配置場所を決める判断材料にもなります。

南向きの窓は光を取り入れるために大きくしたいとか、人通りの多い方向の窓は小さくしたり、窓の形状を変えてみるなど、いろいろプランニングの幅も広がります。

よくある窓の勘違い

このように、平面図や立面図など、建築の図面の種類がたくさんあると、窓がどのような位置でどんな大きさなのか一目瞭然です。

しかし、平面図だけを見て勘違いしてしまうことも多くあります。

前述した図面の中に書かれている数字(窓の寸法)が、簡単なプラン図などでは記載されていない場合があるからです。

賃貸物件情報などでは、ほとんど記載がありません。

マイホームの設計でも、最初のプラン図などでは記載されていないことがあります。

平面図を見て「窓がある」とは思っても、その大きさや開閉方法などはつい見落としがちなので注意しましょう。

よくある失敗例は、

①思っていたものと窓の大きさ(特に長さ)が違っていた

②窓の開閉方法を見落として、家具を置くと窓が開けられない

③大きな窓がついていて外からの視線が気になる

④家具が邪魔で窓まで手が届かない

⑤窓からの光がまぶしすぎる

などです。

平面図ではなかなかわかりにくい部分があります。

賃貸物件だと現地を見に行くことができますが、これからマイホームを建てる方ですと、なかなかそうはいきません。

そのため、窓ひとつでも十分にイメージしていくことが必要となります。

窓などの建築の図面記号を知ることで、間取りのイメージが大幅アップ

採光、通風、換気など、窓にはたくさんのメリットがあります。

しかし、その反面、取り付ける位置によってはデメリットが発生することもあります。

建築図面でできるだけ窓の形状や大きさを理解すると、間取りのイメージもしやすくなります。

自分のライフスタイルに合ったマイホームにするためにも、窓や図面の知識をつけておくと良いのではないでしょうか。