Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

隣人と良好な関係をキープ!騒音予防は一戸建てでも行う!

2019.10.9

「一戸建てだから騒音問題は引き起こさないだろう」と、思ってはいませんか。

共同住宅と比較してもこのようなイメージが強いのが一戸建てですが、意外と隣人の騒音が目立つという意見も見受けられており、騒音問題は無視できないというのが現状です。

そこで当記事では、どのような内容で騒音問題が起きやすいのか、対策の一例はあるのかなどについて考えていきます。

一戸建ての場合でも騒音問題は無視できない!

「隣人がうるさい」と騒音問題にお悩みになるのは、共同住宅にお住いの方が多いイメージがありますよね。

そのため、共同住宅に住んでいたころと比べると、一戸建てに移り住んでからのほうが騒音に関する意識が低くなってしまいがちなのかもしれません。

たしかに一戸建てであるほうが独立して生活空間を作ることが可能になりますし、共同住宅と比較してみても壁だけで仕切られているわけではありません。

しかしながら、一戸建ての場合でも騒音問題は無視できないのが現状です。

もちろん共同住宅と比べると騒音の度合いは低くなるのかもしれませんが、実際に一戸建てでも騒音問題に発展してしまったケースが存在するとのことです。

●外にいる子供の声が響く。

●子供がボール投げをしていて危ない。

●ペットの鳴き声が響く。

●楽器演奏の音がうるさい。

こちらが騒音問題に発展してしまったケースの一例として挙げられます。

庭があれば隣人から騒音のクレームは受けない?

将来、庭付きの一戸建てに住みたいという願望がある方も少なくはないですよね。

庭がある一戸建てだと子供も思う存分遊べる場所ができますが、先ほどお伝えしたように「外にいる子供の声が響く」と、隣人にクレームを入れられてしまうケースも存在していますから注意しましょう。

また、室外でペットを飼っている方も「ペットの鳴き声が響く」と隣人にいわれてしまう可能性もゼロではありませんでしたね。

実際に上記の事例が見受けられるわけですが、室内にいる子供の声なども、聞こえてしまう場合があるのでしょうか。

また、庭がある程度あっても同じことがいえるのでしょうか。

庭があるとその分騒音問題から遠ざかるイメージがしてきますよね。

実際は、庭があるからといって、隣人から室内の騒音のクレームを受けないとは限らないのです。

音というのは空気や物(建物など)から周囲に響き渡っていきます。

逆にいえば空気や物がある以上、音を響かせてしまうということがいえますよね。

相手が隣人となると、思っていたよりも生活音が響いてしまいます。

さらに、隣接面が広い場合や間取りが似ている場合などは、特にこの点を留意しておくことが大切です。

隣人への挨拶は一戸建ての騒音予防にも結び付く

一戸建てに引っ越してくるとなったら、隣人の方を含め周囲の人たちに挨拶を行うのが一般的ですよね。

一戸建てでは行うことが多いですが、共同住宅では近年の傾向ではあまり挨拶を行わないという情報があります。

たしかに、いつ引っ越しを行うかもわかりませんし、一戸建てよりも気軽に引っ越しを行えるため、周囲との関係性も薄まっているのは理解できますね。

さて、そんな何気ない挨拶ですが、しっかりと行って騒音予防に結び付けるという方法もあります。

●好印象を抱かせやすい笑顔での挨拶を心がけること。

●小さな子供(もしくはペットなど)がいることを伝えること。

●音が響かないように努力するという旨をいうこと。

●何か苦情があったら遠慮なく伝えてほしいということ。

このような点を意識して、隣人の方に挨拶を行うとベターですね。

こちら側の事情を前もって説明しておくのとしておかないのとでは、印象が全然違います。

また、何かあったら遠慮なく伝えてほしいといったことで、隣人の方も伝えやすくなるのではないでしょうか。

後は、音が響かないように何かしらの騒音対策を施しておきましょう。

子供に関わる防音方法!隣人に配慮した生活を

では、一戸建ての場合、子供に関わる防音方法は何があるのでしょうか。

日頃から隣人に配慮した生活を送っていくことが重要になってきます。

まずは大前提になることですが、「子供に躾をする」ということですね。

上記では「外にいる子供の声が響く」「子供がボール投げをしていて危ない」といったクレームが見受けられているということをお伝えしましたよね。

庭であっても大きな声を出してはいけないことを伝えるのも良いのではないでしょうか。

また、ボール投げに関していえば、庭で遊ぶ時には気をつけて遊ぶことを注意しましょう。

公園などでボール投げ遊びをするほうが安心感が高まるのではないでしょうか。

ボール投げの遊び方を注意しても隣人からクレームが来てしまう場合には、騒音問題を回避するためにこのように遊ぶ場所を変えてみるのもおすすめです。

公園や公共の施設でしたら思いっきり遊べるので、子供もストレスを溜めにくいのではないでしょうか。

一戸建てでペット飼育&楽器を演奏する人の騒音対策

一戸建ての場合で騒音問題に発展しやすいのは、小さな子供が関係していることだけではありませんでしたね。

上記でお伝えしたようにペットを飼育している方も隣人からクレームを受けないように配慮することが求められます。

隣人の方は犬や猫などのペットが好きな人だけではないので、当然ながらペットが苦手という方もいるでしょう。

そのような方にとっては、相当なストレスの種ともなってしまうと考えられます。

反対にペットが好きな場合、隣人の方と円滑な人間関係を形成することによって結果的に騒音予防につながる可能性もあります。

さらに、必ずしも外でペットを飼育しないという選択肢をとるのも良いでしょう。

室内の防音対策をしっかりと施して、ペットを室内飼育にするほうが安心感は高まりますね。

ペットの他にも、日常的に楽器を演奏する習慣がある方も騒音には気をつけましょう。

室内の防音をしておくだけではなく、楽器を演奏する時間帯のマナーを守ることも大事です。

ヘッドホンなどが利用可能であれば、そういった便利な道具も活用することも好ましいです。

隣人と良好な関係に!一戸建てで取り入れたい設備など

騒音問題を引き起こしてしまう隣人がいた場合、周囲の人たちとのもめごとに発展してしまいがちです。

せっかく念願の一戸建てをゲットしたとしても、騒音問題でストレスを溜め込んでしまっては夢見ていた生活から遠のいてしまうのではないでしょうか。

隣人をはじめ、周囲の人と良好な関係を築くためにも、騒音予防のために設備などを取り入れていくのもひとつの手段です。

施工が必要となるためどうしてもそれなりの費用がかかってしまうのは事実ですが、理想の生活を送るためにはこのようなことも視野に入れてみてもいいかもしれません。

騒音予防のための施工と一口にいってもさまざまですが、例えば「窓」に着目してみるのはいかがでしょうか。

窓は音を響かせやすい場所のため、対策として二重窓がよく使われています。

二重窓を使うことで機密性が高まり、こうした効果を得られることが騒音予防に関係しています。

また、「壁」「天井」などにも注目していき、防音性能の高い構造を採用するという方法も良いのではないでしょうか。

一戸建てでも騒音予防を施しておくほうが賢明

一戸建てだからと、騒音に関して安心といい切れないのが事実でした。

「外にいる子供の声やボール投げ」「ペットの鳴き声」「楽器演奏の音」などが騒音問題の引き金となり得ることが多い傾向にあり、一戸建てでも油断は禁物ですね。

隣人にきちんと挨拶を行ったり、家の防音性能を高める努力をしたりして騒音問題を起こさないように予防をするのが賢明でしょう。

 - 一戸建て, 住宅