窓から入りこむ音を遮断!シャッターを取り付けて防音対策!

窓から聞こえる音は、ときに騒音に感じてしまいます。

人によって音の感じ方は違えど、静かに過ごしたいときには、こうした音を遮ることができるといいですよね。

そこで、窓に取り付けるシャッターが効果的です。

では、防音のために、どのようなシャッターを選べばいいのかみていきましょう。

日頃から行いたいメンテナンス方法も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

不動産売買による仲介手数料を半額や無料にするための交渉術

マンションやアパート、新築住宅などを購入するときに、ほとんどの場合、不動産屋さんにお願いすると思い...

窓に貼り付けた両面テープなどの剥がし方!原状回復について

賃貸物件に住んでいる方のなかには「借りた部屋を自分好みにプチリフォームしたい」「窓に防犯グッズを...

ビルの窓に貼られている三角印!あの赤いマークの意味とは?

ビルやマンションなどの建物にある、窓の赤い三角形のマークを見たことがある方は多いのではないでしょうか...

引っ越し先ではBSが見られない!NHKのBS受信料の解約方法

今まで住んでいたところでは、NHKのBS受信料を支払ってBS放送を楽しんでいたとします。...

窓を使って棚を作る!作り方と意外な有効活用法をご紹介

窓とは、本来ならば光を室内に取り入れたり、風通しを良くしたり、室内に開放感をもたらしたりと、その...

あなたの好みは?男性におすすめな部屋のレイアウト構想6つ

男性の皆さん、部屋のレイアウトにはこだわっていますか?「生活感むき出しの部屋をどうにかしたいけ...

部屋の寒さが限界!窓にプチプチを貼ると断熱性が高まる!

「冬になると部屋が寒い」と悩んでいる人は、まず窓をチェックしてみてください。窓は室内の暖かい空...

共同住宅の階段を使いやすくするための踏面や蹴上の設計は?

共同住宅の共用階段は多くの人が使うため、使いやすく設計されている必要があります。実は、階...

誰でもできる!玄関のインターホンを簡単に交換する方法

玄関のインターホンを電気屋さんなどで購入したものの、交換するとなると難しいので自身ではできること...

初めてでも大丈夫!流木をアク抜きしてインテリア用に加工

近年はDIYの流行もあり、自分で家具や雑貨を作成する人が増えてきましたが、折角なら自分で初めから...

家の床面積の計算に便利な「坪」と「m²」を換算する方法

家の床面積は、一戸建てを建築するときやマンションを購入するときに重要な指標です。その床面...

私道にまつわるトラブルとは?迷惑駐車などはどう対処する?

近隣トラブルの中でも多いものの一つに、私道への路上駐車などによる通行妨害があります。公道とは...

建蔽率と容積率を考える!駐車場は屋根の有無がポイント

マイホームを建てるとき、「建蔽率」や「容積率」という言葉を目にしたことはないでしょうか。普段...

窓を自分の理想のインテリアへと変えるDIYのポイント

窓には、採光や換気などの役割がありますが、インテリアの要素としても重要です。窓の位置や大きさなど...

畳にフローリングマットを敷いても大丈夫?カビ対策が重要!

畳にフローリングマットを敷くだけで、和室から洋室に簡単にイメージチェンジができます。しかし、畳...

スポンサーリンク

窓から聞こえる騒音はシャッターで防音対策

窓に取り付けるシャッターといえば、遮熱効果や断熱効果のイメージが大きいでしょうか。

暑い日差や窓から入り込む冷たい風を遮ることで、室内の温度を保つことができますよね。

また、台風や雨風が強いときなど、立て看板といった大きな物が飛んでくる場合があります。

そんなとき、シャッターを閉めていれば窓ガラスを守ることができ、被害を最小限に食い止められることができるでしょう。

さらに、外からの音を軽減する防音効果もあります。

夜遅くまで仕事をしているかたは、朝方から寝る生活のかたもいらっしゃいますよね。

しかし、多くのかたは昼間を中心にして生活しているため、道路では車が走り、隣の家では掃除機をかける音がします。

できるだけ静かな環境で寝たいものですが、昼間の音を和らげるには、こちらが対策するほかないのです。

そこで、窓に取り付けるシャッターが効力を発揮します。

寝室のほかにも、リビング等に取り付けることで、防犯対策にもなりますよ。

窓用のシャッターは手動?それとも自動?

窓用のシャッターは窓の上部にシャッターケースを設け、そこに収納されます。

そのため、雨戸と比べて、見た目もスッキリです。

また、引き戸や折れ戸よりも、防犯性や防火性に優れている面もあります。

では、窓に取り付けるシャッターの種類をみていきましょう。

まずは、手動式のシャッターと、電動式のシャッターの特徴をお伝えします。

どちらも防音対策になりますが、どのシャッターがいいのか検討してみてくださいね。

●手動式のシャッター

本体の価格、そして設置までの費用は、電動のシャッターと比べると安く済むというメリットがあります。

停電といったトラブルが起きたときも手で開けられるため、災害時でも対応できますね。

ただし、シャッターを開けたり閉めたりする際に手間が生じます。

●電動式シャッター

スイッチやリモコンで、シャッターの開閉を簡単に操作することができます。

窓を開けなくてもシャッターを動かすことができるため、寒い季節にも室内の暖気を逃がさずに開閉を行えますね。

タイマー付きや複数のシャッターを開閉できる商品もありますので、暮らしのなかで無理なく操作することができます。

セキュリティー性や安全性に配慮したものが多いのも、電動式ならではの特徴です。

シャッターを窓に取り付けるときに必要な費用

窓にシャッターを取り付けるとき、具体的にどのくらいの費用がかかるものなのでしょうか。

本体価格だけでなく、設置費用がかかることを忘れてはいけません。

●手動シャッターの場合

シャッターの取り付け費用の相場は、約6~16万円します。

窓枠によっては他の作業を必要とする場合もあるので、プラスでかかる費用もでてきます。

●電動シャッターの場合

人気の自動シャッターですが、設置費用の相場は約10~35万円と高額になります。

高額であるのに人気を集めているのは、開閉の手間を減らし、防音のほかにも防犯性が高まるのが理由です。

ただし、リフォームの場合は電気工事をしなければならないため、加えて施工費用も高くなります。

また、手動でも電動でも、2階以上に取り付ける際には足場を組むこともあるため、業者に見積もりを出してもらいましょう。

なお、業者によって、足場の設置費用は大きく違います。

複数の業者に見積もりをいただいて、比較してみるといいですよ。

遮音性能の高いシャッターでしっかり防音!

窓からの騒音をどうにかしたい場合、防音性の高いシャッターを選びたいですよね。

このような場合、遮音性能の高いものを基準に探してみましょう。

遮音性とは、外からの音が室内に侵入してくるときの音、また、室内から外に漏れる音がどのくらいかを表すものです。

音のエネルギーの大きさや周波数(dB)に応じて、どれくらいの音を遮ることができるか等級によって決まっています。

・T-1 25dB遮音
・T-2 30dB遮音
・T-3 35dB遮音
・T-4 40dB遮音

これらを見るとお分かりいただけるように、Tの後につく数値が大きくなるほど、遮音性も高くなるというものです。

例えば、幹線道路の交差点が80dBだとします。

極めてうるさく感じますが、T-1の遮音性をもつシャッターを取り付けた場合、25dBをも遮音できるため、55dBまで下げられることができます。

55dBというと、日常生活で望ましい範囲になりますので、十分防音対策ができますよね。

もっと防音性を高めたい場合は、T-4の性能があるシャッターを選べば、かなり静かな環境にすることができるでしょう。

防音効果のあるシャッターのメンテナンス

最後に、シャッターのメンテナンスについてお話しましょう。

メンテナンスをすることは大切に使うことだけでなく、不備がないかをチェックするためでもあります。

特に手動式のシャッターは巻き上げ時にトラブルを起こしやすく、シャッターが閉まらない、開かないといった問題が起こることもあります。

シャッターが開いたままだと防音効果もなくなってしまいますし、ずっと閉まったままでは困ってしまいますよね。

ゆがみが生じていないか、錆びついている部分はないかなどを、確認してみましょう。

また、掃除をしていないことでガイドレールにゴミが詰まっていると、動きが鈍くなって止まってしまいます。

窓掃除のついでに、シャッターも綺麗に掃除をする習慣を心がけてみてください。

錆びている部分を発見したら錆止めなどで対処できますが、錆びついている部分が大きい場合は、業者に依頼してみましょう。

錆びつきに関わらず、ご家庭でのメンテナンスはできる範囲が限られていますし、ときに危険も伴います。

プロにメンテナンスをしてもらうと専門的な視点で見てもらえるので、不具合が生じた際には、迷わず相談してみてください。

シャッターを綺麗に保とう

窓からの音を遮る、防音対策のためのシャッター。

多くのシャッターは金属製のため、なにもしていないと雨風によって錆びや腐食が進んでしまいます。

雨が降った翌日など、硬く絞った布でやさしく水拭きしましょう。

また、落ち葉などがレールにある場合、取り除いておくことも大切です。

ガイドレールに錆止めを吹き付けておくと、開閉がスムーズに行えます。

ここまでは、普段で行いたいメンテナンス方法です。

汚れが溜まってしまった場合は、シャッターを閉めた状態で水洗いしましょう。

このとき、シャッターボックスの中に、水が入らないように注意してください。

錆を落とす際には、錆びた部分のみ、サンドペーパーでこすり落としていきます。

まわりの塗装が剥がれないように気をつけましょう。

錆が取れて金地が露出したら、その上からアクリル樹脂系水性塗料を塗ってコーティングし、完全に乾いてからシャッターを作動させます。

海岸沿いや港の近くでは錆びやすくなるので、必ずメンテナンスしてください。

防音のほかに何を重視する?

シャッターを取り付けることは、防音性のほかにも、さまざまなメリットがあります。

ただし、きちんとメンテナンスを行う必要性もありますので、よく検討してみてください。

手動にするのか、電動にするのかでも大きく変わってきますので、ご自身のライフスタイルに合わせて選びましょう。