一戸建てを建てるときの土地の広さはどれくらい?平均は?

理想の一戸建てを建てることは、人生において、大きな夢ですね。

建てる際には、土地や住宅の広さが気になります。

どのくらいの広さがちょうど良いのか、なかなかイメージしにくいものです。

そこで今回は、土地や住宅の平均値を調査しました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートの名前を変更しよう!入居者増加に有効な方法なの?

不動産投資の目的で中古のアパートを購入した場合、アパートの名前が気に入らないと考えるオーナーの方...

中古マンションリフォーム!後悔しないためのポイントとは?

近年、中古マンションのリフォーム・リノベーションをする方が増えています。自分の思い通りにアレ...

マンションの隣人の声が気になる場合はどうする?

この記事を読んでいる人の中には、マンション住まいの方もいると思います。マンションに住んでいる...

もしもに備えるアパートの地震保険!加入で控除が受けられる

アパートの入居と共に加入することの多い火災保険ですが、地震保険と帯同して加入すると保険料控除が受...

アパートでの心配事!赤ちゃんの泣き声って迷惑に思われる?

生まれたばかりの赤ちゃんは、泣くことでコミュニケーションをとっています。だれしも、赤ちゃんの...

アパートで暮らす!掃除機や洗濯機は何時まで使っていいの?

アパートで暮らしていると、生活のリズムから夜に掃除機をかけることがあるかもしれませんが、気になる...

アパートはなぜ寒いの?考えられる理由を知り対策しよう!

賃貸物件のなかでも、アパートはマンションに比べて寒いと言われることがあります。その理由として、建...

アパートの老朽化による立ち退き費用は誰の負担になるのか

長く住んでいるアパートが老朽化し、大家さんからある日突然、立ち退きをせまられたとしたら、あなたはど...

アパートに入居する前にやらなければならない電気の申し込み

たとえば、親元から独立してアパートに入居するというとき、初めてのいろいろな契約や手続きをしなければ...

アパートのネットが繋がらない!原因と対策を考えよう!

アパートに住んでいて、ネットが繋がらない不具合に悩んでいる方はいらっしゃいますか。様々な情報...

アパートのエアコンが水漏れ!トラブルのときに慌てないために

賃貸アパートでエアコン付きの物件、というのは珍しくありません。エアコンは設置するときも、取り外...

マンション問題あるある!ピアノ騒音の苦情を未然に防ぐ方法

安定した生活環境作りには、他人とのトラブルを発生させないことが大切ですね。価値観は人それぞれ...

アパートでの車庫証明はどうする?必要な手続きや手数料など

車を所有するためには、保管場所を記した車庫証明を警察署に提出しなければなりません。それはアパ...

アパートの郵便受けを手作りで改良したい!その方法とは?

アパートでは、ドアに投函口がついている「ドアポスト」タイプの郵便受けがよく見受けられます。...

アパートの騒音トラブルを解消!管理会社への連絡はどうする

集合住宅であるアパートでは、騒音によるトラブルが起こりやすいと言えます。不特定多数の人が生活...

スポンサーリンク

一戸建ての平均【土地と延床面積】

一生に一度の買い物というと、そう多くはありません。

一戸建ての住宅は、ほとんどの方にとって、一生に一度の買い物です。

だからこそ、後悔や失敗はしたくないものです。

特に、土地や家の広さは、後悔したとしても、後から簡単に変更することができません。

一戸建てを建てるためには、どのくらいの土地の広さが必要なのでしょうか。

多くの方は、一戸建てを建てた経験がないでしょうから、土地の広さのイメージが付きにくいですよね。

そのようなときに参考になるのは、平均値です。

おおよその目安として、知っておくことをおすすめします。

ただ、住宅の広さというものは、家族構成・予算・ライフスタイルによって、家族ごとに違います。

あくまでも、参考にしてください。

◇全国平均

(注文住宅)
土地面積:223.5㎡
延床面積:131.3㎡
家族数:3.7人

(建売住宅)
土地面積:124.0㎡
延床面積:102.0㎡
家族数:3.2人

このような平均値になっています。

注文住宅の一戸建てでは、土地面積は、延べ床面積の1.7倍が平均です。

これを目安に考えると良いでしょう。

しかし、これは全国平均で、土地や建物の広さは地域によって、かなりの差があります。

一戸建ての広さは地域によって平均値が大きく違う

例えば、首都圏の平均を見てみます。

◇首都圏平均

(注文住宅)
土地面積:162.0㎡
延床面積:124.6㎡

(建売住宅)
土地面積:114.0㎡
延床面積:97.0㎡

◇近畿圏平均

(注文住宅)
土地面積:176.0㎡
延床面積:127.9㎡

(建売住宅)
土地面積:100.3㎡
延床面積:103.2㎡

◇東海圏平均

(注文住宅)
土地面積:226.3㎡
延床面積:137.5㎡

(建売住宅)
土地面積:151.6㎡
延床面積:110.8㎡

このようにして見てみると、地価の高い首都圏では、土地面積・延床面積ともに、狭くなっています。

特に、東海圏と首都圏の差は顕著です。

同じ一戸建てだとしても、建てる場所によって、面積や値段は大きく変わってきます。

都道府県別の一戸建ての延床面積は、このようなランキングになっています。

◇1位 富山県 152.18㎡

◇2位 福井県 146.16㎡

◇3位 山形県 141.51㎡

最下位は、もちろん東京です。

◆45位 沖縄県 76.28㎡

◆46位 大阪府 76.22㎡

◆47位 東京都 64.48㎡

延床面積が最も広い富山県と、最も狭い東京都の一戸建てでは、倍以上の違いがあります。

しかし、単純に広さだけを比較することもできません。

広さが得られない分、利便性など、東京都ならではの魅力もあります。

住まいに何を求めるのかによっても、土地選びは重要になってきます。

一戸建ては家族構成に合わせて

さらに、家族構成も、土地や延床面積を決めるうえで、重要なポイントです。

平均家族数は、3.7人です。

これは、夫婦2人+子ども2人を想定しています。

しかし、すべての家庭が、この家族構成というわけではありません。

子どもが多ければ、それに合わせて、子ども部屋も増えます。

例えば、6畳の個室を増やすとしますと、床面積は10~12㎡必要になります。

お庭を諦めるなどすれば、確保できる面積です。

また、必ずしも子ども1人に対して、ひとつの個室を作らなければならないというわけでもありません。

広めの子ども部屋をひとつ作り、成長に合わせて、家具などで間仕切ることで対応することもできます。

このようにすることで、床面積を有効に使うことができます。

二世帯住宅であれば、延床面積が2倍必要になることもあります。

延床面積が広くなるということは、その分、土地も広くする必要があります。

しかしこれは、生活空間を、それぞれ別にした場合です。

二世帯住宅でも、共用スペースを多くするなどすると、思ったよりも延床面積を増やさずに済みます。

一戸建ての住宅は、簡単に住み替えることができません。

年月の経過によって、家族構成は変化します。

そのため、「家族が〇人だから何部屋必要」と無理に考えることはありません。

いずれ、子どもは巣立ちます。

将来、部屋の用途を変えられるようにしておけば、無駄な部屋を作らずに済むかもしれません。

土地にはいろいろな規制がある

厄介なことに、土地というものは、すべての部分に建物が建てられるというわけではありません。

土地に一戸建てを建てるためには、いろいろな法律で規制がかかっているのです。

例えば、建ぺい率です。

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築物の割合のことです。

建築基準法で規定されています。

一般的に、「建ぺい率△%」と表記されます。

これは、地域によって上限が違い、30%~80%の間で定められます。

住宅地でしたら、60%程度に定められている場所が多いです。

地域によっては、40%の場所もあります。

例えば、土地50坪で建ぺい率60%であれば、

50坪×60%=30坪

です。

土地の30坪の部分にのみ、建物を建てることができます。

2階建てでしたら、最大で60坪の家ということになります。

もし、40%だとしたら、

50坪×40%=20坪

です。

2階建てにしたとしても、40坪の家しか建てられません。

ですから、同じ土地面積であったとしても、建てられる家の大きさが異なってくるのです。

この建ぺい率は、地域によって定められているので、全国的な平均を出すことができません。

建築を考えている土地が、どのような法律によって規制されているのか、しっかり調査しましょう。

住宅のみと住宅+土地の平均費用

一戸建てを建てるために必要な土地について、お話してきました。

しかし、土地のことを考える前に、考えなければならないことがあります。

それは、費用です。

一戸建ての注文住宅では平均で、どのくらいの費用が掛かるものなのでしょうか。

全国平均が、どれくらいなのか見てみましょう。

◇住宅のみ 2,388万円

◇土地+住宅 3,433万円

土地があるかによって、大きく差が出ます。

これは、地価の高い東京では、さらに顕著です。

しかし、住宅に掛かる費用も地域差が大きく、平均はあくまで参考値にしかなりません。

住宅ローンの借り入れ平均額も見てみましょう。

◇住宅のみ 2569万円

◇土地+住宅 3372万円

毎月の返済額の平均は、8万1211円です。

無理なく返済できる金額に、設定している人が多いようです。

住宅ローンを借り入れるうえで用意する頭金の平均は、740万円ほどです。

頭金が多いと、ローンの金利が優遇されることもあります。

また、一戸建てを建てるときは、手付金や中間金などが掛かります。

頭金を準備しておくことで、資金繰りに困ることが減ります。

しっかり資金計画を練りましょう。

住宅ローンは平均値を参考に

土地や一戸建ての広さは、地域によって大きな差がありました。

しかし、住宅ローンの場合で考えると、地域によって大きな差があるというわけではありません。

ここでは、年収による平均のデータを活用することができます。

しかし、気を付けてほしいことがあります。

年収に、とらわれ過ぎないことです。

年収から、借り入れ額を決める人は多くいます。

年収は、金融機関からも、必ず確認される項目です。

しかし、年収だけを重視してしまいますと、「いくらまで借りられるか」ということしか考えられなくなってしまいます。

住宅ローンは、いくら借りられるかで考えてはいけません。

安全に返済できる額を、借り入れるのが本来です。

年収によって、借り入れられる額が決まってしまうことは、事実です。

しかし、それを目いっぱい借りるつもりで計画してしまうのは危険です。

ローンの返済は、何十年も続きます。

「毎月安全に返済できる額」をベースに考えることが大切です。

一戸建ては広さだけで決めない

土地や一戸建ての広さは、平均だけでは決められないのですね。

住宅において大切なのは、そこで暮らす人が安心して快適に過ごせることです。

長く住むことになる住居です。

広さだけでなく、快適性や無理なく返済できるローンなど、総合的に考えることが大切です。