賃貸住宅のフローリング、ワックス剥がれは誰が負担する?

現代の生活様式に合わせて、多くの賃貸住宅がフローリングを採用しています。

生活の中で、最も多くの時間を過ごすのはフローリングの部屋ではないでしょうか。

だからこそ汚れやすいともいえるフローリングは、ワックスがかけられていることも多いですね。

生活の中で、ワックスが剥がれてしまうということが起きることもあります。

ワックス剥がれななぜ起きるのでしょう。

修復は誰の負担になるのでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

賃貸アパートの設備である給湯器が故障した!誰が修理する?

人が生活するにあたって、さまざまな設備が必要になってきます。これらの設備が故障してしまった場合、...

窓を自分の理想のインテリアへと変えるDIYのポイント

窓には、採光や換気などの役割がありますが、インテリアの要素としても重要です。窓の位置や大きさなど...

土地の登記のマメ知識!分筆とは?必要書類と手続きを知ろう

土地の登記というと、とても難しくて専門家でないと手に負えないと考えている人は多いです。しかし...

賃貸契約書は重要書類!届かない場合はどう対処すれば良い?

賃貸契約にあたり、一般的には契約書が渡されます。署名捺印をするとても大切な書類になるので、賃貸に...

窓からの隙間風対策には何ができる?ニトリの商品をご紹介!

寒い冬場には、窓から隙間風が入ってくるので、部屋が寒い・暖房がきかないなどの悩みをお持ちの方もい...

賃貸住宅の床への傷防止対策と普段から気をつけたいこと

マンションやアパートなどの、賃貸住宅の床に目立つ傷をつけてしまった場合に、修理費用を請求されるのでし...

借主が貸主から敷金を返金された際の領収書の書き方は?

賃貸借契約において、敷金を預け入れる場合が多いですよね。敷金は、貸主の担保としての性質のもので...

窓をお洒落に変身!DIYに必要なアイテムは100均で揃えよう

DIYと聞くと少し大変そうに思えますが、100均のアイテムでお手軽にご家庭でも窓のDIYが出来ま...

築年数が古い物件も選択肢に!安くておしゃれな物件もある

賃貸物件を探している人のなかには、築年数10年以内など、選択の幅をぐっと狭めている人もいらっしゃる...

家賃以外の生活費は約6万円!同棲する場合の家賃相場は?

交際をしている相手がいると、「毎日一緒に居たい」「結婚に向けて同姓したい」と考えることは自然なこ...

貸でも大丈夫!ブラインドの特徴と取り付ける方法について

「ブラインドを取り付けたい、でも賃貸だから穴を開けるわけにはいかないし…」そんな風に思っている方...

窓から入る冷気対策には身近にあるプチプチを使おう

皆さんの自宅に、プチプチはありますか?プチプチは緩衝材ですが、寒い時期、窓に貼ることで窓から...

家賃の値下げ交渉をしたい!築年数の古さはポイントになる?

賃貸物件を探していると、「家賃が高い」という理由で、初めから候補に入れない物件もあることでしょう...

賃貸の窓や壁に飾ろう!貼って剥がせるジェルやテープ類

賃貸物件にお住まいの方は、退去時に原状回復の義務が生じます。その為、窓や壁などをオシャレに飾...

不動産登記を閲覧したい!その際にかかる費用はどれくらい?

登記が必要となるのは、どのような場面でしょうか。一般的に、土地や建物に関する「不動産登記」を...

スポンサーリンク

生活によってフローリングのワックスが剥がれてしまう

賃貸住宅といっても、いろいろなお部屋があります。

最近では、床にフローリングが使われるのが主流になっているようです。

フローリングには、汚れやキズを防止するためにワックスがかけられていることが多いのですが、住んでいるうちに剥がれてきてしまうこともありますね。

ワックスがはがれてしまう原因ですが、いろいろな要因が考えられます。

もともと剥がれやすいものや、入居者の使い方によって剥がれてしまったものなどです。

ワックスの剥がれは、入居者の生活によっても左右されます。

ワックスは自然に劣化しますが、いろいろな要因がワックスを剥がれやすくしてしまいます。

油料理をする、消毒液(エタノール)や除光液をこぼした、ジュースやペットのおしっこが付いたままにしてしまった、などです。

また、家具を引きずった、子どもが引っ掻いた、敷物がこすれてしまったなどの物理的な剥がれも生じます。

こういった原因で剥がれてしまうと、退去時にワックスを塗りなおす料金を請求されてしまうことがあります。

ワックスが剥がれやすいフローリングがある?

しかし、ワックス剥がれが入居者のせいではないこともあります。

賃貸住宅は、入居者が退去すると部屋をクリーニングします。

ワックスが塗られていない床でしたら、水拭きのあと洗剤を使って拭かれます。

ワックスが塗られている床でしたら、さらにワックスを塗って仕上げられます。

ワックスは、ワックス剥がしをしない限り簡単に剥がれるものではありませんので、クリーニングのたびに塗り重ねられていくということになります。

ワックスは、使い方によっては劣化が早まります。

例えば、料理をしたときに油がフローリングに飛んで、そのままにしてしまったとします。

そうなるとワックスにシミができ、黒くなったり剥がれやすくなってしまいます。

退去の際に、この部分のワックスを剥がして塗りなおせば良いのですが、そのまま上からワックスが塗られてしまうことも少なくありません。

シミなどができて剥がれやすくなってしまったワックスの上から新たにワックスを塗っても、剥がれやすさは改善しません。

また、ワックスが不要な床材に塗られている場合も、ワックスが剥がれやすくなってしまう原因になります。

現在では、ノンワックスの床材も増えてきています。

また、ビニール床もワックスが剥がれやすいことが多いです。

賃貸住宅では大家と入居者どっち負担?

入居者のせいではないワックス剥がれは、入居者が負担する必要はありません。

もし、入居してすぐに剥がれ始めてしまったようでしたら、すぐに不動産屋に連絡してその旨を伝えましょう。

退去時に、ワックス剥がれがある場合は、不動産屋によって対応が変わります。

もし、入居者の不注意によってフローリングのワックス剥がれが起きてしまった場合は、ワックス剥がしと塗り直しの費用を請求されることがあります。

小さな剥がれくらいは気にしない不動産屋もいます。

賃貸住宅の退去時のトラブルは大変多く、国土交通省が一般的なルールを示した「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」という指針を設けています。

このガイドラインには、どのような場合に大家と入居者のどちらが負担するべきかが示されています。

入居者は退去時に、原状復旧をしなければいけません。

原状復旧とは、「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」です。

簡単にいいますと、通常に使用した建物の自然な経年劣化は大家が負担し、入居者の故意や過失によって発生した損耗は入居者が負担する、ということです。

具体的に、大家と入居者の負担は、どのように分けられるのでしょう。

賃貸住宅はワックス剥がれの原因によって負担者が変わる

賃貸住宅の損耗について、どちらがどのような負担になるのか、書き出してみましょう。

【大家】

・フローリングのワックスが剥がれた

経年劣化の場合は大家の負担になります。

ワックスがけは、通常の掃除範囲と言い切れません。

物件の維持管理の意味合いが強いため、基本的には大家負担です。

・フローリングの日焼け

日照による自然な劣化は、入居者の責任にはなりませんので大家負担になります。

・全体的に汚れてしまったので、クリーニングをかける

通常の使用範囲での汚れは、経年劣化ですので大家負担になります。

・冷蔵庫の裏側のクロスが電気ヤケで変色した

こちらも通常の使用範囲になりますので、大家負担です。

続いて、入居者の負担になるものを見てみましょう。

【入居者】

・フローリングのワックスが剥がれた

入居者の故意や過失によるものは、入居者の負担です。

掃除を怠った、ペットや子どものいたずら、キャスター付きのイスによるものなどがあります。

・フローリングの色落ち

入居者の管理が悪かったために発生したものは、入居者の負担になります。

ただし、これはあくまでもガイドラインに沿ったものになります。

交渉次第で折半になるケースもあります。

賃貸契約を結ぶ際に、よく確認しておくことが大切です。

日々のお手入れが大切!賃貸住宅だからこそ丁寧に住もう

フローリングを必要以上に劣化させないためには、日々のお手入れも大切です。

普段から気を付けていれば、賃貸住宅でもフローリングをキレイに使い続けることができますよ。

フローリングは、コーヒーや油などをこぼしてしまうと、シミになってしまうことがあります。

フローリングのいちばんの敵は、水分なのです。

液体をこぼしてしまった時は、すぐに拭き取ることが大切です。

こぼしたまま放置してしまうと、シミ、変色の原因となり、元に戻すのが難しくなってしまいます。

もし、しばらく放置してしまったという場合は、雑巾に中性洗剤を染み込ませて拭き取りましょう。

傷がつく原因として多いのが、家具の移動です。

キャスターが付いたイスを使うのであれば、カーペットを敷くなどの工夫が必要です。

また、テーブルやイスの脚にはフェルトを貼っておくと良いでしょう。

日々のお掃除ですが、フローリングは水分が苦手です。

水拭きではなく、乾拭きが基本になります。

それでも落ちない汚れの場合、水分を含んだ雑巾でやさしく拭きましょう。

表面を保護するために、ワックスを塗ることも有効です。

フローリングに傷がついても慌てない

故意でなく、過失であっても賃貸住宅のフローリングに傷をつけてしまうと、ショックを受けますよね。

ワックスを塗ってあったとしても、ちょっとした家具の移動で、フローリングに傷がついてしまうこともあるのです。

フローリングに傷がつくことはよくあることです。

あまり気にし過ぎずに、ある程度傷が付くことは仕方がない、と考えておきましょう。

また、小さな傷は修復できることも覚えておきましょう。

一般的なものは、ホームセンターなどで販売しているフローリング補修キットです。

フローリングのへこみや傷、えぐれなどを補修することができます。

フローリングは、材質によってそれぞれ色が違います。

その色に合わせて、色を作ることから始めます。

補修キットには、数種類のクレヨンのような補修材が入っています。

この補修材を溶かして使います。

近い色のものを使うか、もしくはコテの上で数種類を混ぜ合わせて近い色を作りましょう。

作った色の補修液を、そっと傷にのせます。

押し付けてはいけません。

やさしくのせて冷めるのを待ちます。

1分ほどで、固まります。

しっかり固まったことを確認したら、ヘラで盛り上がった表面を平らに削っていきます。

最後に水分を含んだ雑巾で拭き、完了です。

丁寧に住んで傷を最小限に

賃貸住宅では、小さな剥がれや傷にも敏感になってしまうものですね。

確かに、賃貸住宅ですとそこからトラブルに発展してしまうこともあります。

しかし、経年劣化としてくれる大家もいます。

気になるようでしたら、早めに相談すると良いですよ。

賃貸住宅であったとしても、持ち家であったとしても、自分が住んでいる家なのですから丁寧に住みたいものですね。