マンションの隣人の声が気になる場合はどうする?

この記事を読んでいる人の中には、マンション住まいの方もいると思います。

マンションに住んでいる人の中には、隣人の声が聞こえてきて、困っている人もいるのではないでしょうか?

普段の生活で隣人の声が聞こえてくると、気になってしまい、快適な生活を送ることができないかもしれません。

マンションで隣人の声が気になる場合、どのように対処すればいいのでしょうか。

対処方法をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートにロフトを選ぶなら!はしごよりも階段がおすすめ

アパートを選ぶ際に、ロフトありの物件に住んでみたいと思う方は多いようです。しかし、ロフトには...

アパートの一階は特に注意?!賃貸でもできる防犯対策とは?

世界から見れば安全といわれる日本ですが、犯罪が全くないわけではありません。住宅を対象とし...

アパートを契約期間の途中で解約する!その際違約金は必要?

アパートには契約期間が設定されています。契約期間は2年間といったアパートが多いでしょう。...

アパートでBSを見る方法は?状況に合わせて対応を変えよう!

アパートで過ごすときの娯楽としてテレビは欠かせない存在です。できればたくさんの番組を楽しみた...

木造アパートにつきものの音漏れの問題には対策がある

日本で数多く建築されてきたのが、木造アパートであるのは間違いありません。家賃の設定も安くなり...

町家と長屋の特徴やメリット・デメリット!二つの違いとは?

町家や長屋と聞いて、まずは木造の建築ということをイメージする方は多いことでしょう。それでは、そ...

アパートの部屋数の数え方や間取りの表記について知りたい!

アパートの部屋探しをしていると、「1R」や「1K」、「2DK」、「2LDK」、「2SLDK」とい...

新築のオプションは何が良かった?注文住宅のおすすめ設備

新築の注文住宅を建てる際、頭を悩ませるもののひとつが「オプション」です。どのようなオプション...

新築の場合ご近所への配慮が大切!挨拶はどこまでするべき?

新築を建てようと考えている場合、ご近所への挨拶はどこまですればいいのでしょうか。昔から挨拶は「...

エレベーターなしのアパートの4階!階段の上り下りは辛い?

賃貸物件を探している方で、「階段しかない4階以上のアパートの部屋の住み心地はどうなのか知りたい」...

アパートを借りるときに保証人がいない場合でも契約できる?

人生の岐路のひとつに引っ越しがあり、アパートを借りる目的は人それぞれでしょう。スムーズに保証...

賃貸アパートのメゾネットタイプとは?本当に騒音はないの?

賃貸アパートと言えば、フラットタイプが多いですが、最近では、「メゾネットタイプ」の賃貸アパートも...

アパート住まいでも猫を飼いたい!鳴き声対策・猫用アパート

アパートと言えば、ペット不可のタイプが多いですよね。ペットは、室内を傷つけてしまいますし、活発...

アパートの退去は立会いなしでも大丈夫?想定されるトラブル

アパートから退去する際に、管理会社から立会いなしでもOKと連絡される場合があります。このとき...

アパートを建てるのにいくら必要?知っておきたい予算の話

近年、不動産投資の一つであるアパート経営は、現役のサラリーマンや公務員など若い世代から検討する人...

スポンサーリンク

マンションで隣人の声が聞こえてくる原因は?

最近では都会でもマンション建設が相次いでおり、利便性の高い都心エリアに住みたい人は、マンション住まいを選択します。

しかし、たとえ利便性の高いマンションに住んでいたとしても、隣人の話し声が聞こえてくるとなると、その声が気になってしまい、平穏な生活を送ることが難しくなります。

隣人の声が気になるというのは、大きくは2つの原因が考えられます。

まず1つ目の原因としては、マンションの部屋の壁が薄いということです。

住んでいるマンションの部屋の壁が薄い場合、通常の壁の厚さだったら問題がない声の大きさでも、隣の部屋まで聞こえてしまうことがあります。

このようにマンションの構造に原因がある場合、隣人の声が聞こえてくるという問題が発生します。

もう1つの原因としては、隣人の声量が大き過ぎる場合です。

マンション住まいの方は、マンションの隣人には、どのような人が住んでいますか?

周囲に気を配れる人だったら、隣人のことを考えて、普段の話し声も小さくするという配慮をしてくれるのでしょう。

大多数の人は配慮をしてくれる人だと思うので、問題が起こることは滅多にありません。

しかし、中には周囲の迷惑を顧みない人もいるでしょう。

そのような人は隣の住人に対する迷惑も考えず、大きな声で会話をします。

特に深夜だったら最悪ですね。

このように隣人の行為が原因で、隣の部屋から声が聞こえてきて迷惑を被るといったことが起きます。

ここまで隣人の声が聞こえてくる原因を挙げてきましたが、次は原因の違いに応じた対処方法をご紹介していきましょう。

マンション部屋の壁が薄い場合の対処方法

まず原因の1つ目、マンションの部屋の壁が薄い場合の対処方法についてです。

マンションの壁が薄いと、隣人の話し声が聞こえやすくなってしまいます。

ちなみにこの場合、自分の話し声も隣人に聞こえている場合があるので注意が必要です。

最近建築されたマンションは、壁が厚い構造となっているものも多いですが、中には壁が薄い構造のマンションもありますし、昔建てられた築年数の古いマンションでしたら、壁が薄い物件も大いにあり得ます。

では、このように壁が薄い構造上に問題がある場合、どのような対策を講じればよいでしょうか。

手軽にできる防音対策としては、市販の防音グッズを購入することが考えられます。

例えば市販の防音カーテンや防音パネルがあります。

防音カーテンや防音パネルを壁に取り付けることで、隣人の声が聞こえなくなるでしょう。

市販のグッズですので、すぐに手に入れることができ、お手軽にできる対策といえますが、購入の費用がかかります。

また、マンションの管理人やそれに相当する立場の人に、壁が薄いことを伝えるのもどうでしょうか。

場合によっては、壁の補強工事をしてくれるかもしれません。

ただしこの場合、時間がかかりますし、マンションの他の住人の同意を得る必要もあるため、実現が難しいこともあります。

マンションの隣人の声が大きい場合

次に、原因の2つ目である隣人の声が大き過ぎる場合の対処方法を考えていきましょう。

隣人が周囲に気を遣える人であれば問題ないですが、そうでないこともあります。

周囲に気を遣わずに大きな声で話す人は、普段の生活の中でたまに見受けられます。

このような人がマンションの隣の部屋に住んでいる場合、どうすればいいのでしょうか。

まずは隣人に直接注意できるのであれば、直接注意することをおすすめします。

普段挨拶をして、コミュニケーションをとれている関係であれば、直接迷惑していることを伝えれば、それで問題が解決する場合があります。

しかし、普段隣人とそこまでコミュニケーションを取っている人は多くないでしょう。

こうした場合、後々のトラブルにつながるため危険です。

無理に話し合おうとせず、別の方法での解決を目指してください。

マンションの管理者に連絡して隣人に注意を!

隣人の声が大きすぎて気になるという問題は、隣人と直接話し合って解決することが望ましいですが、当人同士での解決は難しいと思った場合は、マンションの管理者に連絡することをおすすめします。

では、連絡を受けた管理者はどのような対策を講じてくれるのでしょうか。

まずは、貼り紙による注意喚起が考えられます。

「隣人の部屋まで響くような大きな声を出すのはやめましょう。」といった類の貼り紙を共有部分に貼ってくれるでしょう。

このような注意喚起によって、大きな声を出している人の意識を変えていきます。

しかし、貼り紙程度では解決しない場合も考えられます。

そんなときは次の手段として、管理会社は、大きな声を出している住人に対して直接注意をします。

「あなたの話し声によって、他の住人の人に迷惑がかかっています。改善をお願いします。」といった類のことを伝えます。

マンションの管理者が本人に直接注意をすることで、問題の解決を目指します。

隣人の声から逃れる最終手段

ここまでマンションの隣人の声が聞こえて困っている場合の解決方法を説明してきました。

マンションの構造自体に問題がある場合、隣人の行為に問題がある場合、それぞれの解決方法を示してきましたが、なかなか解決が難しいこともあるでしょう。

問題解決が難しく、時間がかかりそうな場合は、自分から今住んでいるマンションを出ていくという方法も考えられます。

「自分は何も悪いことをしていない。」と思うと、自分から出ていくのは納得ができませんよね。

しかし、隣人の声が聞こえて気になってしまっては、毎日快適な生活を送ることができません。

一日でも早く快適な日常生活を取り戻すには、自分から引っ越した方が良いこともあるのです。

隣人の声に悩まされる毎日を送っていては、ストレスも溜まるでしょうし、仕事や勉強にも集中できないといった影響が出てくる恐れがあります。

そういった問題から抜け出すためにも、一日でも今の環境から抜け出すことを検討してみてください。

自分から引っ越して、新しい環境に移ることで、快適な生活を送ることができるかもしれません。

マンション選びは慎重に!

マンションの隣人の声が気になる場合の対処方法をいくつかご紹介してきました。

やはり一番良いのは、最初から問題を回避できることです。

そのためには、住む前のマンション選びが重要となります。

マンションを選ぶ際には、立地や料金など、いくつかの観点から選ぶことになるでしょうが、隣人の声が気にならないようにするためのポイントとしては、木造建築のマンションを選ばないということです。

一般的には木造建築の方が、鉄筋構造の建物よりも音を伝えやすいのです。

そのため木造建築の方が、隣人の声が聞こえやすいのです。

マンションを選ぶ際には、鉄筋構造のマンションを選ぶようにしましょう。

もし可能であれば隣人の人がどういう人なのかを、住む前に調べておくのがいいでしょう。

素行に問題があると思われる場合は、その部屋あるいはそのマンションに住むのは避けるべきです。

今後マンションを選ぶ際には、ぜひ気にしてみてください。

快適なマンション生活を!

マンションの隣人の声が気になる場合の対策方法をいくつかご紹介してきました。

隣人の声が気になる原因としては、そもそもマンションの壁が薄い構造の場合、隣人の声量が大きい場合が考えられます。

どちらの原因によるものなのかを確認し、それぞれの原因に応じた対策が必要です。

この記事を参考に、ぜひ快適なマンション生活を実現していただければと思います。