窓をウォールステッカーで彩ろう!貼り方や剥がし方もご紹介

部屋の印象をガラッと変えてくれるウォールステッカー。

窓にウォールステッカーを貼るだけで、部屋のイメージチェンジが簡単にできます。

新築した家や、アパートやマンションなどの新たな居住先でも、一役買ってくれるアイテムとなるでしょう。

ここでは、ウォールステッカーについて、貼り方や剥がし方もご紹介していきます。

ウォールステッカーは窓以外にも使えますので、色々と工夫してセンスあるお部屋作りを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

室内を快適な温度に保つ方法!窓に断熱シートを貼ると良い?

もし、部屋の暑さや寒さに悩んでいるのなら、窓の状態を見直してみてください。開口部である窓...

賃貸アパートの設備である給湯器が故障した!誰が修理する?

人が生活するにあたって、さまざまな設備が必要になってきます。これらの設備が故障してしまった場合、...

木造アパートは騒音が心配?新築物件なら大丈夫?

部屋探しをしている時、木造アパートは周りの騒音が心配という人は多いようです。木造に比べて鉄筋コン...

延べ床面積の計算の仕方は?平米(m2)と畳数・坪数の関係も

住まい探しをする際や、新しい家を建てる際に、「延べ床面積」という言葉を耳にすることがあると思いま...

家の電気がつかないときはどうすればいい?原因と対処法は?

家の電気がつかないと焦りますよね。電気は今や日常生活に欠かせないものとなっており、電気無しの...

窓からの冷気対策をどうするか?寒くなる前に考えよう!

冬のお部屋の中を効率的に暖めるためには、窓からの冷気を防ぐ対策を考えることが重要です。夏が終わ...

幼稚園児による駐車場トラブル!こんなことに気を付けよう!

自分の足で上手に歩けるようになってきた我が子には、日々の成長を感じることでしょう。とくに、幼...

窓からの冷気を遮断!冬を暖かく過ごすおすすめ方法をご紹介

暖房をつけていても部屋がなかなか暖まらなかったり、底冷えを感じたりすることはありませんか?部屋...

無理のない家賃の目安は?手取り15万円で始める一人暮らし

現在、新社会人の初任給の平均は、だいたい20万円くらいです。しかし、社会保険料などを差し引か...

窓の格子にすだれを挟む?格子付きの窓の日除け&目隠し対策

格子付きの窓の日除けや目隠し対策に、何をお使いですか?夏場、窓を開けて風を通したい時など、カー...

窓に貼るフィルム!外から見えないからプライバシー効果抜群

賃貸物件に住んでいると、1階に住んでいる場合は特に、窓からの他人の視線が気になる方が多いのではない...

建築基準法による採光に有効な開口部とは?店舗には必要?

建築基準法では、明るくて生活しやすい環境になるように、居室には採光(さいこう)のための窓などを設...

敷金礼金なしの退去時費用は?退去時の不安を解決しよう!

賃貸物件を借りるときに必要な敷金礼金は、ほとんどの方が耳にしたことはあるでしょう。最近では、...

窓のサッシに隙間が!?隙間風防止には隙間テープが効果的!

せっかく建てた家も、時がたつとともに調子が悪くなる場所が出てくるものです。窓も例外ではありま...

マイホームを建てるなら建ぺい率と容積率の値で計算しよう!

マイホームと言えば一生に一度訪れるかどうかの大きな買い物です。できれば、納得がいくマイホーム...

スポンサーリンク

窓にウォールステッカーを貼ろう!

ウォールステッカーをご存知の方はいるでしょうか。

貼るだけで簡単に部屋の印象を変えることができる、魅力的なアイテムです。

今では専門のお店だけではなく、100均などでも販売されており、デザインも多様なものが用意されています。

ウォールステッカーのいいところは、傷をつけずに部屋のイメージチェンジができるということです。

新築の家だと、どうしても汚れや傷がついてしまうのが心配になってしまいますよね。

また、アパートやマンションの場合は、傷をつけたら修復費を負担しなければならないので余計に気になるところです。

しかし、ウォールステッカーならば貼り方や剥がし方を間違えさえしなければ、お部屋へのダメージはありません。

また、部屋の雰囲気を変えたいと思ったら、違うデザインのウォールステッカーに簡単に変えられるのです。

ウォールステッカーは貼る場所を選ばずに使うことができます。

小さな小物から窓などの広い場所にも使うことができるのですが、まずは、窓に貼るウォールステッカーを選んでいきましょう。

窓に貼るウォールステッカーの選び方

部屋の中でも、窓にウォールステッカーを貼ると、部屋の印象を大きく変えることができるでしょう。

季節やイベントごとにウォールステッカーを変えると、テンションアップにも繋がりますね。

貼り方を覚えてしまえば、簡単に貼りかえることができますよ。

窓に貼るウォールステッカーを選ぶときは、外の景色とマッチしたものを選ぶのがおすすめです。

例えば、窓の外に木や森などの緑の風景が広がっていたとします。

そのような背景のときに、お城や鳥がデザインされたウォールステッカーを選べば、背景と窓が一体化して窓自体を一つの絵としてとらえることができます。

しかし、窓にウォールステッカーを貼るときには注意しなければならない点があります。

それは、部屋の中からだけではなく、外から見たときのデザインについても、意識する必要があるということです。

もし、部屋の内側から読めるように文字のウォールステッカーを貼りつけたとしても、部屋の外側では文字が反転してしまっているので、判読がつかなくなってしまいます。

窓に貼るウォールステッカーを選ぶときは、この点を頭に入れておくとよいでしょう。

窓以外にも使える!ウォールステッカーをどこに貼ろう?

ウォールステッカーは窓だけではなく、色々な場所に使うことができます。

しかし、接着面が凸凹していたりざらざらしたりしていると、上手に貼りつけることができなくなってしまうので、注意しましょう。

また、木製のものに貼りつけてしまうと、剥がしたときに表面も一緒に剥がれてしまうこともありますので、その点にも注意してください。

窓以外でウォールステッカーを貼る場所として思いつくのが「壁」です。

殺風景な壁にウォールステッカーを貼るだけで、まるで違う部屋になったかのような印象を与えることができます。

その他にも、鏡やキッチンのタイル、ドアなどにもウォールステッカーを貼ることができますし、家電製品に貼るのもおすすめです。

家電製品には白物家電が多いので、どうしても生活感が出てしまいますが、ウォールステッカーを貼れば一気にイメージチェンジがはかれます。

ウォールステッカーは、デザインだけではなくサイズも豊富なので、貼りつけたいものや場所に合わせたものを選ぶようにしてください。

希望のウォールステッカーが見つかったら、正しい貼り方で貼りつけていきましょう。

貼り方をご紹介!シールタイプのウォールステッカー

ウォールステッカーには大きく分けて2種類のタイプが存在し、そのタイプに合わせて貼り方も違ってきます。

まず一つ目は、シールタイプのウォールステッカーです。

シールタイプのウォールステッカーは、目的の場所に簡単に貼れて、貼り直しも可能なところが一番のメリットといえます。

これから、シールタイプのウォールステッカーの貼り方の手順をご紹介していきます。

①まずは、ウォールステッカーを貼りつける場所をきれいに掃除してください。

②ウォールステッカーを貼るレイアウトを決めておきます。

③接着面にあまり触れないようにしながらウォールステッカーを台紙から剥がし、目的の場所に貼りつけます。

これで終了です。

複雑な工程が無いシールタイプのウォールステッカーですが、粘着面に色がついていないことが多いです。

そのため、窓にシールタイプのウォールステッカーを貼ると、外から見たときにデザインが楽しめないこともありますので、注意しましょう。

窓におすすめ!転写タイプのウォールステッカーの貼り方は?

続いて二つ目が転写タイプのウォールステッカーです。

このタイプのウォールステッカーは、台紙・ウォールステッカー・透明シートの三層構造になっています。

ウォールステッカーの表にも裏にも色がついているので、窓に貼るなら転写タイプを選ぶのがおすすめです。

転写タイプのウォールステッカーは、しっかりと貼りつくので長持ちします。

しかし、シールタイプのウォールステッカーと比べて、簡単に貼りなおすことができないので、しっかりと貼り方を覚えましょう。

①ウォールステッカーを貼りつける場所をきれいに掃除しておきます。

②透明シート側にウォールステッカーがくっつくように、台紙を剥がしていきます。

③目的の場所に透明シートごとウォールステッカーを貼りつけ、上からこすりつけてください。

④ウォールステッカーが透明シートに残らないようにゆっくりと剥がしていきます。

これで、転写タイプのウォールステッカーの貼り方は終了です。

コツさえ覚えてしまえば難しいことはありませんので、本格的なウォールステッカーを楽しみたい方は、転写タイプを選んでみてはいかがでしょうか。

ウォールステッカーの貼り方が分かったら剥がし方も覚えよう!

様々なウォールステッカーを楽しむためには、貼り方だけではなく剥がし方も大切です。

簡単に貼り直しができるウォールステッカーなので、剥がし方も手でめくるだけの簡単な方法で大丈夫なはずです。

しかし、使用環境や素材、期間によっては、糊が窓や壁に残ってしまうことがあります。

無理に剥がそうとすればするほど、剥がした後の状態も汚くなってしまいますので、ウォールステッカーが剥がしにくいなと思ったときは、ドライヤーを使用するようにしましょう。

剥がれにくくなってしまったウォールステッカーに、ドライヤーの温風を軽く当てて粘着力を弱めると、はがれやすくなるはずです。

もしそれでも接着面の糊が残ってしまったら、専用のシール剥がし剤を使うと、きれいに落とせるでしょう。

無理に糊を取ろうとすると、傷がついてしまうことがありますので、丁寧に剥がすようにしてください。

ウォールステッカーで部屋の印象を変える!

ウォールステッカーがあれば、部屋の印象をガラッと変えることができます。

簡単に自分好みのテイストを取り入れることができるでしょう。

部屋の模様替えに役立つウォールステッカーですが、大きく分けるとシールタイプと転写タイプの二つがあります。

どちらも貼り方は難しくないので、ぜひチャレンジしてみてください。

剥がれにくいウォールステッカーには、ドライヤーの温風を当てると粘着力が弱まりますよ。