窓に隙間テープを取り付けて防音効果を実感しよう!

「隙間テープ」は、使ったことがなくても名前を聞いたことがある方は多いアイテムかと思います。

防寒用途でメジャーなアイテムである隙間テープですが、窓の防音対策の一環として活用しているケースもあります。

そこで、今回は防音に役立つ隙間テープのことについてお伝えします。

騒音にお困りの方や防音に気を使いたい方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ニッチで玄関をオシャレに!形は横長?正方形?何がいい?

オブジェやお花などの装飾品を置くための壁のへこみの「ニッチ」。オシャレなお宅にお邪魔すると、...

窓のゴムパッキンに生えるカビ!その掃除と予防の方法は?

お住まいの窓枠のお掃除はしていますか?窓ガラスを拭くことはあっても、窓枠まではなかなか手が回...

掃き出し窓の電動シャッターが故障した?原因と対処法

「窓にある電動シャッターが故障した?」と思っても、簡単にできることで解決する場合があります。...

木造アパートに住む前に知ろう!「新築」なら騒音は大丈夫?

これから物件を探そうとしている方のなかには、どのような構造の物件にしようかと迷っている方もいらっ...

窓のクレセント錠を交換するには?自分でできる方法をご紹介

住まいの窓の鍵がグラグラしてうまく閉まらないなど、お困りではありませんか?一般的な窓について...

気になる騒音問題!窓の防音対策は隙間テープで簡単手軽に!

大きな道路に面した家や線路沿いや車通りが多い道のそばに住んでいる方は、外の音に悩まされているとい...

窓を使って棚を作る!作り方と意外な有効活用法をご紹介

窓とは、本来ならば光を室内に取り入れたり、風通しを良くしたり、室内に開放感をもたらしたりと、その...

窓の結露防止にはプチプチが大活躍!手順や注意点は?

窓にできやすいのが結露ですが、実は思わぬ事態を招いてしまう可能性もあるので、しっかりと除去する必要...

初めてでも大丈夫!流木をアク抜きしてインテリア用に加工

近年はDIYの流行もあり、自分で家具や雑貨を作成する人が増えてきましたが、折角なら自分で初めから...

ロフトが暑い場合の対処法!サーキュレーターを使ってみよう

ロフトがある賃貸物件は憧れてしまいますが、実際に住んでみると契約時には分からなかった夏場の暑さに...

賃貸アパートの網戸が破れた!修理費を負担するのはだれ?

室内に虫が侵入することなく、空気の入れ替えができる網戸。どの窓にも取り付けてる賃貸アパートが、...

築年数が古い物件も選択肢に!安くておしゃれな物件もある

賃貸物件を探している人のなかには、築年数10年以内など、選択の幅をぐっと狭めている人もいらっしゃる...

引っ越し先に郵便物が届かない?住所変更には転居届の提出を

引っ越しをする場合、しなければいけないことが多すぎて大変ですよね。引っ越し作業だけでなく様々...

私道持分がないと困る?!売買方法についてご紹介

私道に接している土地を購入する場合、私道の持分も一緒についてくることが一般的になっています。...

家賃の未払いで強制退去?家賃振込を忘れることで起きること

家賃が振込の場合、時には支払いを忘れることがあるかもしれません。毎月のことでありながら、...

スポンサーリンク

防音対策を行えばより過ごしやすい空間に変身

家にいるときは、ストレスなく快適に過ごしたいというのが本音ではないでしょうか。

アパートのように、さまざまな人たちが一緒に過ごしている共同住宅にお住まいの方のなかには、他の住民が出している生活音や外からの騒音にお悩みの方もいるはずです。

生活音と一口にいっても幅が広く、会話や赤ちゃんの泣き声のような人の声、掃除機や洗濯機、ドライヤーなどの家電製品を使用する音、ドアの開け閉めや床を歩くときに出る音などが例として挙げられます。

また、外からの騒音としては、電車や車が通る音、大きな話し声、工事の音などをはじめとして、いろいろな音が窓から室内に侵入してきます。

このような音が気にならないという人もいる一方、どうしても耳障りに感じてしまう人も一定数いるものです。

もし生活音や騒音でストレスが溜まったり、生活に支障が出てしまった場合には、いわゆる騒音問題としてとらえてもいいと言えます。

騒音によって、リラックスできるはずの家にいるのにストレスを抱えてしまうのは避けたいですよね。

そこで、少しでもストレスを緩和させて過ごしやすさを高めるために、個人で行える防音対策として隙間テープの貼り付けなどを実践してみてはいかがでしょうか。

どうして窓に防音対策を施すのが効果的なのか?

防音対策を施すのが推奨されている部位として、窓が挙げられています。

特に、外から出されている音というのはアパートでも一軒家でも響きやすくなってしまうものですよね。

外から出されている音にお困りの方は隙間テープなどで防音対策を行うのが効果的だと考えられています。

こちらでは、どうして窓に防音対策を施すのが最適なのかお伝えしていきます。

まずお伝えしたいのが窓のサッシの小さな隙間を抜けて音が伝わる傾向があるということです。

一般的に採用されることの多い窓のサッシというのは、機能性に優れているというメリットがありますが、とあるデメリットが発生してしまうと考えられていることに注目してみましょう。

そのデメリットとは、窓のサッシの気密性が低いということなのですが、これを言い換えると小さな隙間が生まれてしまうといえますよね。

そのため、窓のサッシの気密性が防音性に深く関係しているといえるでしょう。

次にお伝えしたいのが窓ガラスは音を通してしまう傾向にあるということです。

窓ガラスが薄いという特徴を持つことは見た目にも想像つきやすいことかと思います。

壁のほうが厚さがあるため、窓ガラスと比較すると防音効果を発揮してくれます。

防音に特化した隙間テープを窓に利用するのが良い

隙間テープを窓の防音対策として取り入れたいと思って、店舗やネット通販を確認してみたら「何だかさまざまな種類の隙間テープが存在しているな」と感じることもあるかと思います。

このように隙間テープを利用する理由が防音のためであるならば、防音に特化した製品をゲットするのがベターです。

一般的な防音に特化した製品はスポンジ状で、含まれている気泡があまり存在しない作りをしている傾向にあります。

上手く遮音効果を発揮してくれるような素材を採用してくれています。

また、スポンジのものをよく目にする機会が多く、隙間テープと聞いたらスポンジのものが想像つきやすいことかと思います。

しかし、隙間テープのなかにはモヘアのものも存在しているとのことです。

スポンジを採用しているものはどうしても結構の幅があるため、使用に不向きな箇所が出てきてしまうのが現状です。

例えば、防音したいと感じた箇所が引き戸であるというケースが挙げられます。

引き戸の開け閉めにも不自由さを感じずに防音対策を行えるのがモヘアの隙間テープだといえますね。

リーズナブルな価格でも隙間テープは出回っている

先ほどお伝えしたように、窓の防音対策として隙間テープを活用したいというパターンにおいては防音に特化したものをセレクトするのが賢明でしょう。

また、初めて隙間テープを扱うという人の場合にはリーズナブルな製品をお試ししていくという方法もおすすめになります。

隙間テープはバリエーションが豊富ですし、購入後に窓のサイズにぴったりではなかったとなってしまう可能性もゼロではありません。

特に初めて扱う場合では、自分が思うように取り付けられなかったりと失敗してしまう可能性もあり、そうなるとまた隙間テープを購入することからスタートしなければいけません。

近年では100円均一ショップでも隙間テープを取り扱っている店舗が増えており、比較的リーズナブルな隙間テープをよく見かけることがあります。

もし心配であれば、こういったリーズナブルな隙間テープを最初に使ってみて、合うか合わないか検討するという流れをとってみてはいかがでしょうか。

隙間テープを窓にくっつけてみよう!どうすれば良いか

隙間テープを窓にくっつけるといっても、どの箇所に取り付けるべきなのか迷うところですね。

特に防音対策に力を注ぎたいというケースでは、「窓を閉めている状態にして、サッシに当たっているところ」を選ぶのがベターです。

では、どのように隙間テープをくっつければ、より効果的な防音対策を行うことにつながるのか考えていきましょう。

【隙間テープを窓に効果的にくっつける手順について】

①窓のサッシを清潔な状態へ整えます。

粘着性を維持するためには、掃除を行うのが鉄則です。

なぜなら、汚れが残ったままでは隙間テープがきちんとくっつかずに剥がれ落ちてしまう確率を上げてしまうからです。

②徐々に隙間テープを窓にくっつけていきます。

「徐々に」という点が重要なポイントで、一度に隙間テープをくっつけようとすると失敗してしまう可能性があります。

徐々にくっつけることを意識的に行い、狙った位置に隙間テープを取り付けられるようにしましょう。

③余った隙間テープを切って、軽く隙間テープを押してあげます。

窓にくっつけた隙間テープを軽く押して、粘着度アップ効果を狙います。

隙間テープは度々交換してあげるのが大切なので、余った隙間テープは保管しておくと良いでしょう。

保存するときに注意したいポイントとは

窓にしっかりと隙間テープをくっつけたら、残った隙間テープを保存しておくのがおすすめなのはお伝えしました。

防音効果をキープさせるためには度々取り換え作業を行うのが重要になりますし、窓だけではなくドアなどの他のところの防音対策にも使えるケースが多いためです。

そもそも隙間テープ自体が長めなので残ってしまう傾向にありますよね。

理想的な保存空間というのは、冷暗なところです。

それに加えて、必ず密閉状態にしてあげることで品質が衰えてしまうのを防ぎましょう。

また、以下の2点のポイントも大事になってくるので、注目してみてください。

◆粘着保護シートはきちんとついているか確認する

◆粘着質の効果ダウンを予防するために直射日光に当たるところではないか確認する

窓の防音対策に隙間テープは便利!手軽なのが魅力的

上記で挙げたように窓のサッシや窓ガラスの特徴をみていくと、どうしても窓は音を通してしまう傾向にあるということが分かりましたね。

そこでサッシのところに施せる防音対策として便利なのが隙間テープです。

防音に特化した製品やリーズナブルな製品があり、希望に合ったものが入手しやすいのが嬉しいですよね。

さらに、窓にくっつけるというシンプル&手軽な方法で防音効果が得られやすいというのが魅力のひとつです。