隣人の騒音が原因で夜も眠れない人はどうすればいいの?

アパートやマンション住まいの方は、普段快適な生活を送れているでしょうか?

快適な生活を送るためには、静かな環境であることが重要ですよね。

特に夜の時間帯は、静かな環境でないと、十分な睡眠を取ることができません。

もし、隣人からの騒音が夜に発生したりすると、よく眠ることができず、生活に支障をきたします。

では、隣人の騒音が原因で夜も眠れない人は、どのように対処すればよいのでしょうか。

この記事で解決方法を解説していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

貸主から敷金の返還で領収書の発行を要求された場合の対処法

賃貸を退去する際、部屋の状態が良ければ、普通なら敷金が返還されることになります。しかし、敷金...

部屋の防音対策!ドアの隙間を埋めるなどの対策法

特に賃貸に多いのが、騒音トラブルですよね。人の話声や、足音、ドアの閉まる音など、数えたらきりがあ...

住宅(共同住宅を除く)の階段は蹴上と踏面のバランスが重要

注文住宅で家づくりを始める方は、自由な設計に夢が膨らんでいることでしょう。最近の住宅では、目...

ウォシュレットの水漏れトラブルの対処とTOTOの高い信頼性

生活の中で水回りの設備は、とても大切な役割を持っています。ところが、突然水漏れが起きてしまい、...

こだわりのニッチに!玄関やリビングにおすすめなサイズは?

こだわりが詰まっているお宅の玄関やリビングなどでよく見かける「ニッチ」。これから新築やリフォ...

窓からの冷気対策をどうするか?寒くなる前に考えよう!

冬のお部屋の中を効率的に暖めるためには、窓からの冷気を防ぐ対策を考えることが重要です。夏が終わ...

木造住宅は防音対策が大切!家を新築するときに考えること

木造の家を新築するときに、気になる問題が音の漏れについてです。近隣住民からの騒音だけでな...

窓にプチプチを貼って防寒対策!その効率的な貼り方をご紹介

冬の窓際は、寒いですよね。窓はガラス製なので外気の冷たさが室内に伝わりやすく、何も施していな...

仲介手数料に消費税はかかる?社宅についても検証

仕事の関係で会社が契約している社宅に居住する人がいます。単身赴任の場合や、家族で世帯ごと入居す...

準防火地域とは?窓・サッシ・シャッターに規制があるの?

建物の建設を考えている、あるいは購入した土地が準防火地域だったらどうなるのでしょうか。普段聞き...

家賃は前払い?後払い?自分で決めることはできるのか

現在借りているお部屋の家賃、前払いか後払い、迷ったことはありませんか?『契約期間の家賃を支払うん...

家賃の日割り計算はどうなってるの?端数は切り捨て?

賃貸物件に住む場合の家賃は1ヶ月単位で区切られていることから、月途中での契約や解約の際は日割り計...

ガスコンロの購入時は要確認!都市ガス用かプロパンガス用か

これから新しい物件に住むという方の中には、「ガスコンロを購入する必要がある」または「既に使用して...

窓を自分の理想のインテリアへと変えるDIYのポイント

窓には、採光や換気などの役割がありますが、インテリアの要素としても重要です。窓の位置や大きさなど...

窓の幅や高さに決まりはある?建築基準法をもとに考えよう!

住宅を建てるときには、窓の配置も重要なポイントとなります。どこに窓を作るのか、幅や高さなどのサ...

スポンサーリンク

隣人の夜の騒音は迷惑!

アパートやマンションに住んでいると、隣の部屋にはいろいろな人が住んでいることが分かりますね。

隣人が、周囲に気を配って夜の間は物音を立てないようにしてくれる人だったら、静かな環境で生活を送ることができます。

それならばいいですよね。

でも、中には周囲に対して配慮がない迷惑な人もいます。

そういう人が隣に住んでいたりすると、騒音に悩まされるかもしれません。

特に夜の時間帯の騒音は迷惑ですよね。

「夜遅くまで、大きな声で話している」「夜遅い時間帯に洗濯機を回している」「テレビを大音量で見ている」「楽器を演奏している」など、これらの行動は他人のことを考えていない迷惑極まりない行為です。

そのような騒音が夜に発生すると、静寂が妨げられ、睡眠に影響を及ぼすかもしれません。

満足な睡眠を確保することができず、体調や精神に支障をきたすことも考えられます。

こうなってしまった場合、隣人の夜中の騒音を一刻も早く解決させなければなりません。

では、どのように解決するのがいいのでしょうか。

隣人と親しい間柄であれば、直接話し合って騒音の解決を!

隣人の騒音を解決するために、隣人と親しい間柄であれば、住人同士で直接話し合って解決することをを考えてみてください。

あなたは隣人とはどのような間柄でしょうか?

もし、普段よく挨拶をして、気楽に話せる間柄であれば、直接相手に「夜の騒音で困っている。」ことを伝えてみると、案外上手く解決することもあるでしょう。

隣人も、自分の声や生活音が隣の部屋まで聞こえているということを気づいていない可能性があります。

そういう人に対しては、聞こえてきていることを直接伝えてあげることで、騒音問題が解決することが多いです。

ただし今ご紹介した方法は、隣人と親しい関係を築けている場合のみで使える方法です。

住人同士で解決できるのであれば、それが一番望ましいのですが、隣人と親しい間柄でなければ、直接話し合って解決する方法はおすすめしません。

隣人との直接交渉が難しい場合は、第3者に相談を!

夜の騒音問題は、隣人と直接話し合って解決できるのが望ましいですが、それができない人はどうすればいいのでしょうか。

普段隣人と、そこまで蜜にコミュニケーションを取っている人は多くないでしょう。

このような関係性の場合、相手に直接伝えることで、逆にトラブルにつながることがあります。

隣人と直接話し合って解決することが難しいと思った場合は、第3者に相談することをおすすめします。

具体的にはアパートの管理会社やマンションの管理人に相談するのがいいでしょう。

まずは隣人の夜の騒音に悩まされていることを連絡してみてください。

では、連絡を受けた管理会社や管理人はどのような対策措置を講じてくれるのでしょうか。

例えば、建物内の貼り紙や回覧板による注意喚起が考えられます。

「夜中に大きな音が出るような迷惑行為はやめましょう。」といった類の貼り紙を共有部分に貼り付け、回覧板を回して騒音問題の解決を目指します。

また夜何時以降は洗濯機の使用を禁止にするといったルールをアパートやマンション内で定めることで、問題解決を目指していくかもしれません。

管理会社が隣人に直接注意をして、夜の騒音を解決へ!

貼り紙や回覧板による注意で隣人の騒音問題が解決すれば問題ないですが、それでも解決しない場合があります。

夜に騒音を発生させている人の中には、まさか自分に原因があるとは思っていない人もいるからです。

貼り紙や回覧板の注意喚起は、自分のことではないと思っているのです。

そのような人に対しては、貼り紙や回覧板による注意喚起は効果がありません。

そんなときは次の手段として、管理会社や管理人が、騒音を発生させている本人に対して直接注意をします。

騒音発生者に対しては、「夜中に大きな音を出すのをやめてください。他の住人に迷惑がかかっています。」といった類のことを伝えます。

注意された騒音発生者にしてみれば、自分のせいで周囲に迷惑をかけていると気づくことができます。

そして今後は迷惑をかけないようにしようと考え、今後の行動を改めるでしょう。

このように騒音を発生させている住人に対して、管理会社が直接注意をすることで、夜の騒音問題が解決することが多いです。

それでも夜の時間帯の騒音が収まらないこともあるかもしれません。

管理会社に連絡をしても夜の騒音が解決しない場合、警察に通報するのも手段の1つです。

ただし、警察を呼ぶと事態が大ごとになってしまうので、あまりおすすめしません。

あくまでも最終手段だという認識でいてください。

何度も注意しても改善されないときは?

管理会社が隣人に対して、何度も直接注意をしているにも関わらず、夜の騒音が解決しない場合、管理会社は、騒音発生者である隣人をアパートあるいはマンションから退去させることも検討します。

たいていの場合、契約書の中に、「他の住人に対して迷惑行為を繰り返し行った場合、アパートから退去をお願いすることもある」といった内容のことが書かれています。

つまり何度も騒音を発生させていると、「今住んでいるアパートから出ていきなさい」と言われても文句が言えないのです。

騒音を発生させて注意を受けた場合、そこで行動を改めないといけません。

たいていの人は、注意を受けたときから、話し声を小さくし、できるだけ生活音が大きくならないように慎重に行動するといった改善を試みます。

しかし、中には全く改善しようとしない人もいるかもしれません。

そのような人は、「今住んでいるアパートから出ていきなさい」と言われても仕方がないと思います。

ただし、騒音発生者が「出ていきなさい」と言われて素直に出ていくとも限りません。

「自分はきちんと行動を改めている」と主張されると、仮に行動に改善が見受けられなくても、反論することが難しいです。

つまり、アパートから住人を強制的に退去させるのは難しいのです。

仮に退去させられるとしても、解決に時間がかかります。

もし、早急に解決したい場合は、次にご紹介する方法を実践してみてください。

自分から出ていくのも夜の騒音から逃れる手段!

隣人の夜の騒音問題が解決しない場合、または解決に時間がかかりそうな場合は、最終手段としては、自分から今住んでいるアパートやマンションを出ていくという方法が考えられます。

自分から出ていくことは納得ができませんが、一日でも早く快適な生活を取り戻すには、今住んでいる場所から引っ越すのがベストです。

何よりも自分の健康が大事です。

夜の騒音に悩まされる毎日を送っていては、ストレスも溜まるでしょうし、快適な睡眠を取ることができません。

日中の仕事にも影響が出てくる恐れがあります。

精神や体調に支障をきたしてからでは手遅れですので、そうなる前に、一日でも早く、今いる環境から抜け出してください。

隣人の夜の騒音を解決へ!

ここまで隣人の騒音で夜も眠れない場合の解決方法について説明してきました。

隣人の夜の騒音は本当に迷惑な行為ですよね。

もしそうなってしまった場合は、今回紹介した方法を実践して、解決を目指してください。

警察を呼ぶ方法や自分から出ていくという手段は意外だと思った方もいるかもしれませんが、それらの方法も頭の中には入れておいてください。

そしてぜひ快適な生活を送ってください。