窓の結露防止にはプチプチが大活躍!手順や注意点は?

窓にできやすいのが結露ですが、実は思わぬ事態を招いてしまう可能性もあるので、しっかりと除去する必要性があります。

しかし、いちいち窓に生じた結露をふき取って排除するのは大変だと感じてしまう人も少なくはないでしょう。

そのような人は、窓の結露防止に役立つプチプチを活用してみませんか?

そこで今回は窓にプチプチをくっ付ける手順や注意点などをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートでも設置OK!玄関や窓に猫の脱走防止対策をしよう

近年のペットブームの影響からか、ペット可のアパートをよく見かけるようになりました。アパートで...

家の床面積の計算に便利な「坪」と「m²」を換算する方法

家の床面積は、一戸建てを建築するときやマンションを購入するときに重要な指標です。その床面...

No Image

お義母さんと同居することになった!生活費はどうする?

核家族が増え続けているといわれている現代ですが、経済的な理由などから、両親と同居をする方もいらっ...

建築基準法での容積率!床面積に吹き抜けは含まれるのか?

家を建てるために土地の購入を検討している方は、土地にどのような家を建てようか、あれこれ想像してい...

家賃の滞納が一ヶ月になってしまった場合の対処法

様々な事情で家賃を滞納してしまい、一ヶ月以上が経ってしまったという場合、どうしたら良いか焦って不安...

窓の外から見えないようにする方法!昼夜使えるアイテムとは

人通りの多い道路に面しているマンションやアパートに住んでいると、「外を通る人からの視線がなんとな...

床面積の計算で迷いやすい階段!1階と2階はどう計算するの?

家を建てる場合、建ぺい率と容積率を意識する必要があります。なぜなら、建ぺい率と容積率の値によ...

賃貸アパートの設備である給湯器が故障した!誰が修理する?

人が生活するにあたって、さまざまな設備が必要になってきます。これらの設備が故障してしまった場合、...

隣人宅からの騒音!昼間だけではなく夜中も起こること

アパートに住んでいれば、隣人宅が夜中に飲み会をしていてうるさいと感じたり、生活音が響いて耳障りだ...

窓をウォールステッカーで彩ろう!貼り方や剥がし方もご紹介

部屋の印象をガラッと変えてくれるウォールステッカー。窓にウォールステッカーを貼るだけで、部屋...

窓に防犯グッズをつけても換気ができる?おすすめをご紹介

空き巣などによる侵入経路として選ばれる場所として、窓が最も多いことをご存知でしょうか。アパー...

窓にブラインドをつけよう!機能的でおしゃれなものを選ぶ!

日差しを遮るものと言えば、一番に思いつくのがカーテンではないでしょうか。一般的にもなじみのあ...

管理会社から賃貸物件を直接借りるとメリットがいっぱい!

管理会社から直接賃貸を借りると、仲介手数料が無料になるなど、巷には多くの噂があります。そもそも管...

窓からの隙間風を防いでくれる?!隙間テープの貼り方

窓も閉めて暖房もつけているのに、家の中が寒いなんてことはありませんか?暖房効果も薄れてしまい...

エアコンの室外機が動かない!困った時の対処法をご紹介

エアコンをつけたのに室外機が動かない、という事態に遭遇したことはありませんか?「エアコンが故...

スポンサーリンク

窓の結露防止が重要!こんなことの引き金に?!

特に冬の時期などに目につくのが窓の結露ではないでしょうか。

結露を発見する度に毎回ふき取っているという人もいると思いますがなかなか大変ですよね。

手間削減のために近年ではプチプチを利用したりとユニークな結露防止法も広まっているので、後ほどご説明しますね。

さて、日頃から窓の結露防止をしておくほうが安心感が高まるのですが、以下に挙げるような問題の引き金ともなるのが結露だからです。

まず、挙げたいことは結露は「カビを招く」恐れがあるということです。

カビは見た目にも不愉快で嫌な印象を強く受けますから、そこにあるだけでもショックを受けてしまいますよね。

カビの温床となりやすいのは湿度が高い場所でかつ暖気に恵まれている場所だといわれていますが、結露があるというのはまさにそういう環境下です。

だだでさえカビを招くのが結露なのですが、掃除をきちんとしていない部屋というのは悪循環に陥ってしまいがちです。

ゴミ・チリ・ホコリはカビの大好物であっという間に部屋がカビだらけに、なんてことも避けられないのです。

ダニとも関係?!窓の結露防止は生活環境に影響

先ほどは窓の結露防止を行わずにいたり、生じてしまった結露を除去せずにしたりするとカビを招く可能性があることをお伝えしました。

見た目が悪いカビも嫌ですが、カビが原因で「ダニ」までも呼び寄せてしまいがちです。

部屋がカビで埋め尽くされていくと同時に、カビの胞子が飛ばされて舞い散ってしまう傾向にあります。

そのカビの胞子はダニの大好物ですから、ダニにとって住みやすい環境下になってしまうというわけです。

当然、ダニの数もどんどん増してしまうのは言うまでもないかもしれません。

考えるだけでゾッとしてしまうほど嫌ですよね。

また、結露が蓄積され続けると最悪な事態も招くケースもあるので要注意です。

それは「多量の水分によって徐々に脆く弱い状態に近づいていき最終的に建物が腐っていってしまう」という事態のことを示します。

これは極端な例ですが、水分が建物に大きな影響を与えかねないというのは間違いありませんから、覚えておきましょう。

さて、次項からは気になるプチプチによる結露防止法についてご説明していきます。

窓にプチプチ!結露防止以外の効果もアリ!

斬新な発想で窓に発生する結露防止に役立てようと、いろいろなプチプチが販売されています。

窓にプチプチをくっ付けることが結露防止になり、カビ・ダニの発生を抑制する効果が見込めることはお話しした通りです。

それだけでも嬉しいものですが、窓にプチプチを付着させることでさらなる力を発揮してくれます。

まずふれたいのが、「断熱性が高まる」という効果が見込める点ですね。

冬などの寒い時期に近づくにつれて朝晩は寒くなっていきますよね。

ここで役立ててほしいのがプチプチに秘められた効果なのですが、外気をガードしたり、暖気を部屋に閉じ込めたりと部屋の快適さが高まるといわれています。

少しでも過ごしやすいお部屋のほうが良いかと思いますから、この機会にプチプチを取り入れてみるのも手段のひとつですね。

また、これと似た発想ですが「暑さを緩和する」という効果も見込める点も魅力的でしょう。

先ほどお伝えしたプチプチが持ち合わせている外気のガード力を生かしています。

プチプチを窓に貼るときは断熱目的のものを!

みなさんは「プチプチ」と聞くとどのようなものが思い浮かぶのでしょうか。

人それぞれでしょうが、梱包目的のプチプチを想像したという人も多いですよね。

何か品物を購入したときに付属してきた梱包用のプチプチを潰して遊んだ経験は筆者にもあります。

梱包用のプチプチを窓の結露防止のために使用すると思いがちですが、そうではありません。

「断熱シートであるプチプチ」を利用することが重要ポイントです。

両者はプチプチだから一見同じような印象を受けるかと思いますが、構造が異なっているので注意しましょう。

どこが異なっているポイントなのかといいますと、シートの配置部分です。

プチプチといわれている凸凹部分を覆うように両面にシートが存在しているというのが断熱シートの特徴です。

一方、梱包用のプチプチは、潰せる感覚から想像つきやすいでしょうが方面しかシートが存在していないので、それぞれの特徴をおさえておきましょう。

この構造を理解すると、名前の名の通り「断熱シートであるプチプチ」のほうが機能性が優れているのですね。

窓の結露防止を行うために、プチプチを活用するのであれば、断熱目的のものの購入をおすすめします。

窓にプチプチを貼っていく手順

断熱目的のプチプチをゲットできたらさっそく窓に貼って結露防止に役立てていきたいですよね。

今回は多くの断熱シートのなかの水で付着可能なタイプを利用していきます。

複雑な作業もなく簡単にプチプチを設置することができるので、是非試してみましょう。

まず最初に行うべきことは、窓の清掃です。

汚れやゴミが付着しているのは不衛生なのはいうまでもないかもしれませんが、しっかりとプチプチを貼るためにも重要なことですから手を抜かないのが賢明です。

窓の掃除を行うときにはいらなくなった新聞紙を上手に活用するのが良いでしょう。

次に、どちらの窓からプチプチを貼り始めるか決めてくださいね。

初心者の場合には、鍵が存在しないほうからスタートすると要領がつかめてきておすすめです。

ずれは結露防止の効果を薄める!窓にプチプチを貼る際は要注意

前項からの窓にプチプチをくっ付けていくための手順の続きを記載していきます。

窓に水分を付着させていきましょう。

霧吹きスプレーといった便利アイテムを活用すると手軽に済みます。

念のため、窓の下部分には布やタオルを設置して、水分を吸収してもらいましょう。

いよいよプチプチを窓にくっ付けていきますが、手で少し圧力をかけていくイメージが良いですね。

窓にプチプチを付着させていくときには、サイズ感にも配慮する必要性が出てきます。

先に左上部分にプチプチを配置してから、窓のサイズを確認していらない部分を切るとスムーズなのではないでしょうか。

また、窓の鍵が存在するところは上手にまわりを切っていくのが求められますね。

窓がプチプチで覆われたら作業完了となります。

もし、窓のプチプチがずれていると結露防止などの効果が薄まってしまう可能性もありますから、その場合には正してください。

より強く付着させるために、最後のひと仕上げとして、プチプチをまんべんなく優しい力でプッシュすると安心感が高まるでしょう。

結露防止のためのプチプチ!やってみる価値はある!

結露はいくら除去してもすぐに発生しがちなので、事前に結露防止策を施すと安心感が高まりますよね。

今回は、窓にプチプチをくっ付けて結露防止に役立てるという方法についてお話を進めてきました。

正しい手順で行うことと、梱包用のプチプチではなく断熱目的に作られた断熱シートのプチプチを利用するのが重要ポイントです。

結露に困らない生活にするためにも、一度やってみる価値はありそうな対策法でしょう。