アパートのネット環境について!光ファイバー対応の意味とは

アパートなどの賃貸物件を選ぶときに、様々な条件の中でもインターネットの環境が決め手になることがありますよね。

しかし、選び方を間違えると、入居後にインターネットを接続できない可能性があります。

そのような事態に陥らないためにも、インターネット完備や対応の意味を知りましょう。

この記事では、その中でも「光ファイバー対応」に焦点をあててお話しをしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートの表札ってどうしてる?豆知識や作り方をご紹介

アパートに既にお住まいの方や、これからアパートに住もうとお考えの方のなかで、「表札」の掲示をどう...

アパートの契約更新!保証人の審査や署名捺印は再度必要?

アパートの契約更新をする場合、また更新のための契約をすることになります。その際、保証人に変化...

アパートの駐車場に知らない車が!?無断駐車への対処方法

車を所持している方にとって、車を保管するスペースとして駐車場が欠かせません。それは賃貸住宅で...

アパートがペット禁止それでも猫を飼ったときのトラブルは?

アパートがペット禁止でも、猫と住みたくなってしまう、そんな衝動に駆られる方も多く沢山います。...

アパートでも壁掛け時計を飾りたい!付け外しはどうする?

皆さんは、インテリアは好きですか?自分のお部屋を、自分の好きなインテリアで飾ると、気分が上が...

家を新築!階段の設計で注意すべき点とは?失敗例から学ぼう

家を新築する際は、決めるべきことが山ほどあります。その中の一つが「階段」です。階段で特に失...

アパートは音が伝わりやすい?!夜も快適に生活できるのか

アパートと聞くと、どのようなイメージを持つでしょうか?同じ築年数で立地が一緒なら、RC造のマン...

アパートにロフトを選ぶなら!はしごよりも階段がおすすめ

アパートを選ぶ際に、ロフトありの物件に住んでみたいと思う方は多いようです。しかし、ロフトには...

アパートの給湯器トラブル!修理・交換したい場合には?

アパートの給湯器に関するトラブルも、よく起きがちなトラブルなのかもしれません。では、アパート...

区分所有法を見ても分かりにくい!区分所有者と占有者の違い

区分所有者と占有者の違いって何でしょう?「建物の区分所有等に関する法律」にある区分所有者と占有...

アパートの騒音!苦情を手紙で伝える場合の利点やポイント!

アパートなどの賃貸物件では騒音問題に直面することが少なくはありませんが、一度他人の物音に敏感になっ...

アパートの連帯保証人は必要?変更したいときの手続きは?

アパートなどの賃貸物件では、契約時に連帯保証人を求められます。それではなぜ、連帯保証人が必要...

アパートに多い騒音トラブルの原因にテレビの音量も!?

アパートの隣人が発する生活音って、どうしても気になってしまいますよね。生活音とは、日常生活に...

アパートで壁掛け時計の穴を空けた場合原状回復義務がある?

アパートなどの賃貸で、壁掛け時計やフックを取り付けたい。でも、穴の跡がついてしまったら…。...

戸建のマイホームを購入する際の注意点をブログから学ぼう

マイホームの購入は、どの家庭にとっても人生の一大事です。マンションにするか戸建にするか、都市部に...

スポンサーリンク

意味を知ろう!アパートのインターネット環境

アパートなどの賃貸物件では、インターネットが使える環境を売りにしているケースも多く見られます。

最近では、インターネットの端末を利用している人がほとんどで、「整ったインターネット環境」を物件探しの重要ポイントとしてみている方もいるようです。

しかし、記載されている言葉を間違った意味でとらえると、入居後にインターネットを楽しめないかもしれません。

物件探しの際によくみられるのが、「インターネット完備」と「インターネット対応」という言葉ではないでしょうか。

この二つは同じことのように見えて、意味は違うものになります。

まずは「インターネット完備」についてです。

インターネット完備とは、入居後すぐに端末を繋げてインターネットを楽しめるということです。

回線の工事やプロバイダとの契約はすでに済んでいるので、改めて何か手続きをする必要はありません。

それでは、「インターネット対応」とは、どういう意味にとらえればいいのでしょうか。

インターネット対応とは、インターネットができる環境が整っているという意味です。

アパートの共同スペースまで回線の工事は済んでいますが、その後の手続きが必要になります。

つまり、入居してすぐにインターネットができるという訳ではなく、端末を繋げるために入居後に回線の工事やプロバイダとの契約が必要になるのです。

「完備」と「対応」だけでもこのように違いがあるのですが、この他にも「光ファイバー対応」を掲げているアパートもあるようです。

アパートの光ファイバー対応はどのような意味?

アパートの入居者募集には、「インターネット完備」「インターネット対応」の他に「光ファイバー対応」という言葉を目にすることがあります。

アパートにおける光ファイバー対応とは、どのような意味なのでしょうか。

まずは、光ファイバーについてお話ししましょう。

光ファイバーは、光信号により様々な情報のやり取りを行う回線のことを指します。

光ファイバーの詳しい特徴については後述いたしますが、通常よりもデータ処理能力に優れた回線と言えるでしょう。

この光ファイバーに対応しているということは、光ファイバーに接続できる環境があるということになります。

先述したインターネット対応と同じ意味合いということですね。

そのため、ご自身で回線の工事やプロバイダとの手続きを行えば、光ファイバーでのインターネットを利用できるのです。

インターネットを利用する頻度が高い人には、光ファイバーに対応している物件は大きな魅力があるのではないでしょうか。

そんな光ファイバーの特徴について、次項で詳しくお話ししていきましょう。

光ファイバーの特徴について

アパートなどの賃貸物件での光ファイバー対応とは、接続環境が整っているという意味を持っています。

その光ファイバーの特徴についてこれからご紹介していきますので、詳しく知っていきましょう。

〇優れたデータ処理能力

先ほど少しお話ししましたが、光ファイバーは通常の回線よりも優れたデータ処理能力を有しています。

通信速度が速いだけではなく、安定さも備わっているのが特徴です。

〇光電話の利用

光ファイバーの回線を利用して、光電話の使用が可能になります。

光電話は固定電話よりも使用料金が低額で、通話環境も優れています。

〇契約料金がかかる

光ファイバーを利用するためには、プロバイダと契約をしなければなりません。

プロバイダとの契約には月々の利用料金を支払う必要があり、その利用料金が通常よりも高いケースが多く見られます。

通信回線の利用料を抑えるためには、固定電話を光電話に変更するなどの工夫をすると良いでしょう。

光ファイバー対応のアパートでの注意点

光ファイバー対応のアパートでインターネットをするときには、いくつかの注意点があるということも頭に入れておきましょう。

〇回線の混雑による速度の低下

アパートなどの集合住宅では、一つの回線を複数の住人で使用することになります。

そのため、インターネットを利用するタイミングが他の住人と同じ時間帯になると、通信速度が低下することがあります。

〇使用料の二重支払いの可能性

光ファイバー対応というのは、別途ご自身で手続きをしてから接続をするという意味です。

しかし、アパートによっては家賃や管理費に光ファイバーの使用料が含まれていることがあり、そうなると使用料を二重で支払うということになってしまいます。

このようなことにならないためにも、光ファイバーの使用料について、大家さんや不動産会社などに事前に確認をしておきましょう。

意味が分かった!光ファイバーの回線手続きをしよう!

ここまで、アパートでの光ファイバー対応の意味、特徴や注意点についてお話ししてきました。

光ファイバー対応のアパートでは、ご自身での回線手続きが必要です。

これからその流れについてご紹介していきましょう。

まずは、アパートに導入されている光ファイバーの契約会社を確認してください。

多くが「フレッツ光」「auひかり」「NURO光」などの場合が考えられます。

ご自身が住まわれているアパートの契約会社が分かったら、利用開始の申し込みをしましょう。

インターネット上で公式サイトを検索すれば、必要事項を打ちこむだけで申し込みができるはずです。

このときにプロバイダを選択することになるでしょう。

プロバイダはそれぞれ特徴や利用料金も異なりますので、いくつかのプロバイダ会社で比較検討をすることをおすすめします。

光ファイバーの回線の工事とプロバイダの申し込み手続きが終わると、確認の書類が送られてくるはずです。

その書類に今後の工事の手配や手続きの方法が記載されていますので、その手順に従って回線手続きを行ってください。

光ファイバーの回線手続きが終わった後は?

光ファイバーの回線の手続きが終わった後は、工事が始まるのを待つだけです。

申し込み日からおよそ1~3週間の期間を経て、開通工事が行われます。

この期間ですが、申し込みが集中する3~4月だとより長くなることがあるので、前もって手続きをしておくと良いでしょう。

工事は住人立ち合いのもと、回線の引き込みや周辺装置の設置などが1~2時間ほどかけて行われます。

その後、ご自身が使用する端末の設定をすることで、インターネットの利用環境が整います。

端末の設定で分からないことがある場合は、周辺装置の説明書やカスタマーオプションサービスを利用すると良いでしょう。

アパートでの光ファイバー対応の意味を知ってしまえば、その後必要な対応もおのずと見えてくるはずです。

手続きを行えばアパートでも光ファイバーを楽しめる!

光ファイバー対応のアパートでは、回線の手続きが必要です。

手続きには多少の手間や時間が必要ですが、インターネットをより楽しむためには、光ファイバーが役に立ってくれるでしょう。

しかし、光ファイバーは一般的な回線よりも使用料が高くなることが多いです。

そのため、選ぶプロバイダや固定電話の使い方を見直して、できるだけ使用料を安く抑える工夫をしましょう。