新築のときエアコンの室外機はどこに?大事な設置場所の条件

新築の場合決めることは沢山ありますが、そのひとつとしてエアコンの室外機をどこに置くかということがあります。

エアコンの室外機はお家の外に置くため、どこに置くかによって性能が変わってきます。

猛暑だったり冬の寒さだったり、季節に関係なく室外機は働いてもらわないと困りますよね。

そのためには、設置場所はどこがいいのでしょうか?

記事では、エアコンの室外機の設置場所の条件などをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

エアコンの室外機が動かない!困った時の対処法をご紹介

エアコンをつけたのに室外機が動かない、という事態に遭遇したことはありませんか?「エアコンが故...

庭に駐車場をつくりたい!価格を抑えたいなら砂利がおすすめ

ご自宅の庭に駐車場をつくりたいと思ったとき、舗装方法に何を選びますか。駐車場をつくるための舗...

賃貸住宅におすすめ!「窓用エアコン」の取り付け方や選び方

エアコンというと、壁に室内機が設置されていて外に室外機があるような「壁掛けエアコン」をイメージされる...

モルタルの特性とは!モルタル玄関のメリット・デメリット

住宅の玄関に使われる素材は、「タイル」「石材」「モルタル」などが一般的です。今回取り上げるの...

モルタルは必要?不要?DIYでも簡単な花壇の作り方をご紹介

花壇を自分で作ってみませんか?ゆっくりと時間をかけて自分好みの庭を作りたい場合や、費用をなる...

セメントとコンクリートの違い!コンクリート住宅の値段は?

建設資材として使用されるセメントやコンクリートですが、一体何が違うのか理解していない方も多いので...

中古物件のリノベーション情報をブログから学ぼう

リノベーションという言葉が不動産業界内で流行り始めてから随分と時間が経ち、近年一般的な言葉になってき...

間取り図の書き方が知りたい!方眼紙を使って作成してみよう

これから家を建てる予定がある方、予定はないけれどいずれは考えている方など、一番気になるのは間取り...

物件選びのめやすに!軽量鉄骨と木造の特徴や耐用年数の違い

アパートの物件をお探しの方で、木造と軽量鉄骨造の建物にはどのような違いがあり、どんな特徴があるの...

玄関チャイム鳴らない原因と対策!賃貸での費用負担は誰?

最近は玄関にチャイムがない家の方が珍しいでしょう。プライバシー保護や防犯対策としては優れ...

賃貸物件のウォシュレット等の水漏れはパッキンが原因?

多くの家庭で使用されているウォシュレットや洗濯機等の水道栓に設置されているパッキンが、思わぬ水漏...

モルタルDIYの基礎情報!必要な道具や仕上げ方のコツとは?

玄関アプローチや壁などの外構DIYで「モルタル」を扱うときには、どのような準備をすべきなのでしょ...

嬉しい利点があるけど窓が大きいときは寒いの?寒さ予防を!

大きいサイズの窓が設置してあるお部屋だと、開放感が感じられたり、室内空間が明るくなる作用が見込め...

窓の開き方にはいろいろある?!ハンドルを回すタイプも!

窓は住宅の快適性を大きく左右するため、家を建てるときには窓にこだわりたいものです。採光や...

玄関にチャイムで大丈夫?テレビドアホンを取り付けると便利

家に来客があったとき、知らせてくれるのが玄関のチャイムです。何かに夢中になっていても、チャイ...

スポンサーリンク

騒音の原因に?エアコンの室外機の設置場所は平らな場所にしよう

新築の場合、部屋の中のエアコンの設置場所も気になりますが、室外機の設置場所にも気を配っていただきたいものです。

室外機の性能を十分に発揮させるには、適切な場所に設置することが大切ですよ。

ここからは、エアコンの室外機の設置場所として、大事な条件を順にお伝えしていきます。

まず一番大切なことは、「室外機を平らな場所に置く」ということです。

室外機を平らでない斜めな場所に設置すると、運転中に振動や音が大きくなったりすることがあるからです。

平らな場所に設置した場合でも室外機の振動はある程度ありますが、それが斜めに設置されることによってさらに振動がひどくなることがあるのです。

これは室外機の音に対しても同様なことが言えます。

斜めな場所に設置することは、場合によっては部屋の中まで室外機の音が聞こえることがあるかもしれないのです。

室外機の設置場所によっては、室外機が騒音になってしまう可能性があることも考えておきましょう。

また、平らな場所に設置することは、地震などの災害にも有効です。

斜めに設置していれば、地震の際に簡単に倒れてしまうことも考えられます。

最近は大きな地震もよく発生していますので、なるべく安定した場所に設置したほうが被害が少なくて済みますよね。

エアコンの室外機の設置場所によっては非効率に!風通しが良い場所を選んで

エアコンの室外機の設置場所として大事な条件の2つ目は、「風通しが良い」ということが挙げられます。

エアコンの室外機は、冷房運転の際に熱風を吹き出しています。

もし、風通しが悪い場所に室外機がある場合、吹き出した熱風が室外機の周りに溜まってしまうことでしょう。

ただでさえ外の気温が高いのに、室外機の排気でさらに高くなってしまっては、室外機の効果が落ちてしまうのは目に見えていますよね。

夏の暑いなか、家に入ってエアコンをつけても、なかなか涼しくならないような現象が起きてしまう可能性もあるのです。

猛暑の時期の夏にエアコンの効きが悪くては、せっかくの新築のお家が台無しですよね。

また、風通しが悪いと室外機の性能が落ちてしまうことがありますが、それは同時にエアコンの効きの悪さだけでなく、電気代が余計にかかってしまうことも意味します。

性能が落ちた分、エアコンが頑張って働こうとするため、それだけ余計なエネルギー消費が必要になってしまうのです。

電気代のことも考えると、エアコンの室外機を効率的に働かせるためにも、設置場所の周りにはある程度のスペースを確保する必要があります。

直射日光が故障の原因に!エアコンの室外機の設置場所に気をつけよう

エアコンの室外機の設置場所、大事な条件の3つ目は、「直射日光を避ける」ということです。

直射日光が室外機に当たると、室外機に熱がこもり性能が落ちてしまうことが考えられるからです。

せっかく風通しが良い場所に室外機を設置したとしても、直射日光がガンガン当たるような場所に設置してしまえば、風通しが悪い状況と同じような不具合が起きてしまう可能性があります。

人間が夏の暑い日差しのなか外出するときに日焼け止めクリームを塗るように、室外機にも日光対策が必要なのです。

それでも、室外機の設置場所がどうしても直射日光が当たる場所になってしまうこともありますよね。

その場合は、室外機カバーで直射日光を遮ることをおすすめします。

外観のために室外機をすっぽり覆ってしまうカバーもありますが、直射日光を避けるだけであれば、屋根がついたタイプのカバーがおすすめです。

室外機を覆ってしまうタイプのカバーですと、室外機から出た熱がカバーの内部にこもってしまうことがあるからです。

直射日光を避けるためのカバーによって、かえって室外機内に熱がこもってしまっては、電気代がかかる上に故障の原因にもなりかねません。

エアコンの室外機の設置場所によってはご近所トラブルに発展!?

エアコンの室外機の設置場所、大事な条件の4つ目は、「隣家に迷惑にならない」ということがあります。

これは、これまでご説明してきた室外機の性能とは関係のないところですが、ご近所トラブルを防ぐためには最も重要なポイントだと言ってもいいでしょう。

室外機は普通に使っていても、ある程度の振動や音が発生しています。

ですから、隣家との距離が近ければ、自分の家だけでなく隣家への悪影響が起きてしまうことも考えられるのです。

実際にご近所トラブルとして、室外機の音がうるさいという案件は挙げられています。

室外機自体の性能を保つことも大切ですが、隣家のどこに向かって室外機が設置されるのかも、事前によく確認する必要があるのです。

しかし、心配なのは室外機の騒音だけではありません。

夏のエアコンの使用では、室外機から熱風が吹き出てきます。

そして、基本的に室外機はお家の外に向かって、つまり隣家に向かって設置されます。

ですから、隣家との距離が近い場合は、熱風を隣家にまき散らすことにもなりかねません。

設置には、ご近所への配慮も必要となってくることが分かりますね。

室外機の設置場所!1階と2階でのおすすめは?

エアコンの室外機の設置場所として、おすすめなのはどこでしょうか?

1階の場合、地面に設置できれば問題はほとんどないでしょう。

しかし、砂利など多少不安定な場所に設置する場合もありますよね。

その場合は、室外機を土台の上に設置する方法があります。

土台を使うことによって、砂利などの多少不安定な場所でも安定して設置することができるのです。

金属製の土台を使えば、より安定感が増すでしょう。

2階の場合は、ベランダがあればベランダへの設置がおすすめです。

しかし、ベランダが近くにない場合は、部屋から地面まで配管でつなぐ方法が一番適しているでしょう。

屋根や壁に設置する方法もありますが、安定感や振動や音のことを考えるとあまりおすすめできません。

ただし、2階から地面まで配管を伸ばす方法は、配管を備え付けるのに余分な金額がかかることがほとんどです。

金額の詳細は、実際に設置する業者などに確認してみましょう。

室内機と室外機の関係!離れて設置しても大丈夫?

前項でも少しお伝えしましたが、エアコンの室外機の設置場所として、2階から地面まで配管を使って室内機と室外機をつなぐ方法がありました。

それでは、配管で繋げればどれだけ離れていても大丈夫なのでしょうか?

実際のエアコンとしての性能は、15mくらい離れていても問題ないようです。

ですから、通常の2階建てであれば、十分問題なく使えると言えるでしょう。

気になる性能ですが、それも問題がないようです。

どちらかというと、外壁を伝う配管の劣化を心配したほうがいいかもしれません。

配管が剥き出しになっていると、紫外線の影響を受けたり、鳥がつついたりして悪さをすることも考えられるのです。

配管は、設置の際にプラスチックカバーなどで保護するといいでしょう。

エアコンの室外機の設置場所はよく検討しよう

新築の場合、外観や内装に気持ちがいってしまい、室外機の設置場所についてはあまり気にしない方も多いかもしれません。

しかし、室外機の性能を最大限に発揮させるためには、どこに設置したらいいのかよく検討する必要があります。

大事な条件として、平らな場所であること、風通しが良いこと、直射日光を避けることがあります。

あと、隣家への影響を考えることも忘れずにいてくださいね。