賃貸では退去後のクリーニングはいつ?入居前の掃除の必要性

賃貸では、前の借主が退去後のクリーニングを一体いつ行っているのでしょうか。

賃貸物件に住んだ経験のある方なら思い当たるかもしれませんが、クリーニングが済んでいるはずなのに入居前の内見の際に床がホコリなどで汚いなんてこともありますよね。

掃除が行われているはずなのになぜ床が汚いのか、スリッパ越しの床の汚れを感じながら不思議に思ったものです。

なぜ入居前には掃除が必要なのか、その理由を知って新しい生活を気持ちよくスタートさせましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓からの冷気を断熱シートで対策!驚きの100均アイテム!

冬の寒い時期に窓から冷気が入り、お部屋が寒くて暖まらないといったお悩みはありませんか?暖房機...

家賃を支払う月末が来た!でも土日だった場合はいつ払う?

毎月末に家賃を支払っている方も多いと思います。振込だったり、自動引き落としだったり、支払い方は...

位置指定道路の持分がない家!売買にどう影響するのか?

もし位置指定道路に家が接していた場合、その道路の持分があるかないかは重要です。なぜなら、家を...

購入する住宅は公道に接する?それとも私道?見分け方は?

不動産広告では、私道という言葉をよく見かけます。「私道負担有〇〇平方メートル」などと記載され...

賃貸物件を解約したい!退去日の連絡は1ヶ月前で大丈夫?

賃貸物件に住んでいて、契約を満了する前に解約したい場合もありますよね。その場合、まずは大家さ...

分筆すると土地の相続税評価が下がる!?それって本当なの?

元々ひとつだった土地を分筆した場合、土地の相続税評価額が変わるということを耳にします。しかし、そ...

白地や青地には制限がある!住宅などに農地転用できるのか?

自分が農地を持っている場合、または親が農業をしていて土地を譲り受けた場合、どのようなことに注意す...

JR東日本などの社宅事情!気になる家賃やメリットデメリット

JR東日本をはじめ、企業のなかには福利厚生制度として社宅や寮を用意している場合があります。街...

賃貸契約期間の途中で契約内容などは変更できる?

賃貸契約期間中、何が起こるのか、誰にも予想はできません。予想しなかったことでも、あらかじめ知って...

私道・公道・位置指定道路とは?土地購入前に違いを知ろう!

これから土地を購入し、家を建てようとしている方は、どのような家を建てるかということをメインに考え...

知っておくべき家賃未払いから裁判、立ち退きまでの流れ!

賃貸物件に住んでいる以上、家賃を支払う義務があります。しかし、何らかの事情で家賃の未払いを続...

賃貸アパートの鍵を紛失!鍵交換は自分でも出来る?

賃貸アパートなどの自宅の鍵を、注意して管理していたのに「紛失してしまった!」といったことはないで...

賃貸住宅におすすめ!「窓用エアコン」の取り付け方や選び方

エアコンというと、壁に室内機が設置されていて外に室外機があるような「壁掛けエアコン」をイメージされる...

窓に防犯ブザーをつけよう!空き巣対策として効果あり!

空き巣被害を防ぐためには、窓周辺の防犯対策を怠ってはいけません。なぜなら、空き巣犯の侵入経路...

建物の新築や増築は登記を行おう!用意する必要書類はなに?

建物を新築した際は、建物表題登記を行わなければならないことをご存知ですか?また、建物を増築した...

スポンサーリンク

賃貸の床が汚い!入居前のクリーニングはいつ行われているの?

気に入った賃貸物件が見つかって不動産会社の方と内見を行った際、スリッパ越しでも床が汚いのを感じる場合があります。

通常賃貸では、退去の際に借主へクリーニング代を請求し、掃除は業者を呼んで行っていることが多いはずです。

しかし、賃貸を内見している際、床が汚く感じるのはなぜなのでしょうか。

それは、前の借主が退去してから日にちが経っていることが考えられます。

賃貸でクリーニングがいつ入るかというと、前の借主が退去した後に行っていることが多いです。

業者を呼んで水回りなども掃除してあるはずですので、クリーニング直後であれば部屋は当然綺麗だったはずです。

しかし、次の入居者がなかなか決まらなかったりして、何度も内見が行われていたとしたらどうでしょうか?

内見で窓を開けることがあるでしょうし、スリッパのままベランダに出ることもあるでしょう。

また、人が住んでいないことによって空中に舞っていたホコリなどが床に落ちてきていることもあります。

そういう過程を経て内見が行われている以上、日にちが経ってしまっている場合、入居前でも賃貸の床が汚くなってしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

入居前にクリーニング済みの賃貸!引っ越し直前に掃除はしてくれる?

入居前に賃貸を内見していて床などが汚かったりすると、たとえ気に入った物件であっても借主からすればあまり気分の良いものではないかもしれません。

新築でなかったとしても、やはり綺麗な状態から住み始めたいですよね。

このように床など汚いのが気になる場合、不動産会社に引っ越しの直前の掃除をお願いできるものなのでしょうか。

もし、前回の退去後のクリーニングが既に行われている場合には、再度掃除に入ってもらうのは難しいでしょう。

なぜなら、新しい入居者のために再度クリーニングなどをする不動産会社はほとんどないのが現状だからです。

これがもし、前の借主が退去後のクリーニングがまだ入っていない場合は状況が違ってきます。

前の借主が退去してすぐの場合などは、まだクリーニングされていないこともありますし、そのようなタイミングで内見した場合は前の借主が住んだままの汚い状態です。

当然これからクリーニングに入るはずですので、すぐに契約に繋がればクリーニング後の綺麗な状態から住み始めることができるでしょう。

入居前のクリーニングがされていない?賃貸に入居前に確認してほしいこと

前項では、入居前のクリーニングがされていない状態で内見する場合もあることをお伝えしました。

その場合、通常でしたら内見後にでもクリーニングが行われるはずですが、まれにクリーニングが行われないまま入居しなければならないことになってしまう方もいるようです。

不動産会社の手違いなのかその辺りの事情は分かりかねますが、借主からすれば困った話ですよね。

実は、クリーニングに入るのがいつかは賃貸によって違いがあるようです。

内見の際に綺麗な状態にしておきたい貸主なら、前の借主が退去してすぐにクリーニングすることでしょう。

一方、次の借主が決まるまでクリーニングはしない貸主もいるようです。

そのようなことがありますので、クリーニングのタイミングが賃貸によって違うという現状を知っておく必要はあると思います。

それを踏まえたうえで、賃貸の内見をした際に確認してほしいことがあります。

それは、

・部屋のクリーニングは既に行ったのか行っていないのか
・部屋のクリーニングを行っていない場合、必ずクリーニングに入ってくれるのか

この2点を確認していただきたいのです。

賃貸に入居前のクリーニングの確認!注意点は?

前項で、賃貸を内見をした際に確認してほしいこととして、2点お伝えしました。

ここでは、この確認事項での注意点をお伝えしていきます。

まず、部屋のクリーニングを既に行っているか行っていないか、の確認からです。

部屋のクリーニングが行われていると伝えられた場合、床が多少汚れているのは仕方ないかもしれませんが、その他水回り、キッチンなどがきちんと掃除されているか確認してみてください。

クリーニングが入っていれば掃除がされているはずです。

もし、換気扇など汚い箇所を見つけた場合は入居前に掃除してもらえるのか確認してみましょう。

次に、部屋のクリーニングが行っていないと伝えられた場合です。

この場合には特に注意が必要です。

クリーニングがまだ入っていない場合は、今後確実にクリーニングに入ってもらえるのか確認しなければなりません。

勝手な判断でクリーニングに入ってくれるだろうと思っていたところ、実際に引っ越ししてみたところ全く綺麗になっていなかったということもあるのです。

入居前のクリーニングが済んでいたら!引っ越し前に掃除を

不動産会社に確認したところ、入居前のクリーニングはもう既に済んでいる場合もありますよね。

その場合は、明らかに掃除していない箇所がないのであれば、後は自身で掃除するしかありません。

賃貸への引っ越し当日は荷物の搬入などでバタバタしてしまいますので、できれば引っ越し前に軽く掃除を行っておくことをおすすめします。

掃除をする箇所は、やはり床が一番かと思います。

まず、落ちているホコリなどを取ることが先決です。

フローリングワイパーなどで床に溜まったホコリなどを取ったら、雑巾などで拭き掃除をしましょう。

それだけでもかなりスッキリするはずです。

天井や壁にホコリなどがありそうな場合は、綺麗に拭き取っておきましょう。

また、納戸やお風呂・トイレの扉を開け放して空気を入れ替えることも大切です。

納戸の床などには特にホコリが溜まりやすいので、しっかりと取り除いておきましょう。

棚がある場合は、荷物がすぐに置けるようやはり雑巾などで水拭きして乾燥させておいてください。

余裕があれば水回りの掃除をしておけば住み始めもスムーズにいきます。

最後に害虫駆除のための薬処理をしておけば、更に快適でしょう。

賃貸に入居前にしてほしい部屋の状況確認!

賃貸に住む場合、退去の際には原状回復義務があるため、故意に壊したり傷つけてしまった箇所は綺麗にしてから部屋を返さなければなりません。

クリーニングなどで綺麗になるような汚れであれば問題ありませんが、傷など残ってしまうものに関しては直しておく必要があります。

しかし、入居前からあった傷や故障など自分がやってしまったものでない場合は修理などの必要はありません。

入居前の傷や故障が自分がつけたものでないと証明するためにも、写真を撮ってデータを残しておきましょう。

そうすれば、退去後に不当な請求をされてしまうことを防ぐことができます。

写真は日付をつけたものにし、具体的なメモも添付して残しておくと後々便利です。

入居前には部屋の現状をしっかり確認したものの、入居しているうちに傷などが自分がつけたものか元からついていたものかわからなくなってしまうことも考えられます。

自分でもうやむやにしてしまわないよう確かな証拠を残しておきましょう。

入居前のクリーニング済の賃貸は引っ越し前に掃除を!

内見の際、床などが汚い場合がありますが、既にクリーニングされていたとしてもそれから日にちが経っていれば部屋が汚れていることもあります。

そのため、クリーニングが既に済んでいるのであれば、引っ越し前に自分で掃除することが必要になります。

入居前の内見では、クリーニングは行ったかを確認し、行っていない場合は後からクリーニングが入るのかの確認を必ずしましょう。

引っ越し前にしておきたい掃除箇所もお伝えしましたので、参考になさってください。