賃貸では退去後のクリーニングはいつ?入居前の掃除の必要性

賃貸では、前の借主が退去後のクリーニングを一体いつ行っているのでしょうか。

賃貸物件に住んだ経験のある方なら思い当たるかもしれませんが、クリーニングが済んでいるはずなのに入居前の内見の際に床がホコリなどで汚いなんてこともありますよね。

掃除が行われているはずなのになぜ床が汚いのか、スリッパ越しの床の汚れを感じながら不思議に思ったものです。

なぜ入居前には掃除が必要なのか、その理由を知って新しい生活を気持ちよくスタートさせましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

畳にフローリングマットを敷いても大丈夫?カビ対策が重要!

畳にフローリングマットを敷くだけで、和室から洋室に簡単にイメージチェンジができます。しかし、畳...

窓や扉があればOKなクーラー!?小型の冷風機で夏を涼しく

毎年、記録的な暑さを更新している日本の夏。エアコンなしで過ごすと熱中症の危険もあり、なにか対策...

賃貸の畳にベッドを置くときの注意点!予防対策や選び方は?

賃貸住宅では、部屋数が限られていることもあり、畳の部屋を寝室として使うこともあるでしょう。そ...

賃貸でオススメのキッチン収納!今直ぐに実践できる収納術!

「もっと使いやすいキッチンがいいなぁ」毎日料理を行うキッチンだからこそ、そんな風に思う方が多いの...

家を新築!義父・義母との同居はどのような間取りがいい?

家を新築するにあたり、義父・義母と同居することになったという方もいらっしゃるでしょう。親・子・...

賃貸物件退去日までの日割り家賃を安く済ませるポイントは?

賃貸物件を退去する際、退去日までは当然家賃を支払うことになります。では、この退去日とはいつの...

DIYでもできる?空配管を使ってlanコンセントを増設する方法

家庭でインターネットを利用することが当たり前の昨今、家族がそれぞれの部屋で回線を利用したい場合、ど...

窓から入りこむ音を遮断!シャッターを取り付けて防音対策!

窓から聞こえる音は、ときに騒音に感じてしまいます。人によって音の感じ方は違えど、静かに過ごした...

管理会社は賃貸契約で何をする?仲介手数料はいつ誰に払う?

新生活を始めるにあたって、お部屋探しはとっても大変です。賃貸物件には様々な種類があり、選ぶのも一...

不動産登記情報の閲覧・取得はインターネットが便利でお得!

不動産登記情報は、土地や建物の取引を安全に行うために必要な情報です。この登記情報を閲覧・取得...

新築前に容積率や建ぺい率を知っておこう!オーバーしたら?

家を新築しようと決めて、どのような間取りにしようかと考えている時は楽しいものですよね。しかし...

隣人の騒音が原因で夜も眠れない人はどうすればいいの?

アパートやマンション住まいの方は、普段快適な生活を送れているでしょうか?快適な生活を送るために...

家賃の日割り計算はどうなってるの?端数は切り捨て?

賃貸物件に住む場合の家賃は1ヶ月単位で区切られていることから、月途中での契約や解約の際は日割り計...

賃貸のベランダの管理は誰が?ドアが開かない原因あるある

賃貸物件には、ベランダが付いている部屋も多いです。ベランダがあると、部屋の中に置いておくには...

家賃6万円で余裕のある生活をするには手取りがいくら必要?

アパートやマンションの家賃は、一度契約を結ぶと、住み続ける限り、その金額を支払い続けなければなり...

スポンサーリンク

賃貸の床が汚い!入居前のクリーニングはいつ行われているの?

気に入った賃貸物件が見つかって不動産会社の方と内見を行った際、スリッパ越しでも床が汚いのを感じる場合があります。

通常賃貸では、退去の際に借主へクリーニング代を請求し、掃除は業者を呼んで行っていることが多いはずです。

しかし、賃貸を内見している際、床が汚く感じるのはなぜなのでしょうか。

それは、前の借主が退去してから日にちが経っていることが考えられます。

賃貸でクリーニングがいつ入るかというと、前の借主が退去した後に行っていることが多いです。

業者を呼んで水回りなども掃除してあるはずですので、クリーニング直後であれば部屋は当然綺麗だったはずです。

しかし、次の入居者がなかなか決まらなかったりして、何度も内見が行われていたとしたらどうでしょうか?

内見で窓を開けることがあるでしょうし、スリッパのままベランダに出ることもあるでしょう。

また、人が住んでいないことによって空中に舞っていたホコリなどが床に落ちてきていることもあります。

そういう過程を経て内見が行われている以上、日にちが経ってしまっている場合、入居前でも賃貸の床が汚くなってしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

入居前にクリーニング済みの賃貸!引っ越し直前に掃除はしてくれる?

入居前に賃貸を内見していて床などが汚かったりすると、たとえ気に入った物件であっても借主からすればあまり気分の良いものではないかもしれません。

新築でなかったとしても、やはり綺麗な状態から住み始めたいですよね。

このように床など汚いのが気になる場合、不動産会社に引っ越しの直前の掃除をお願いできるものなのでしょうか。

もし、前回の退去後のクリーニングが既に行われている場合には、再度掃除に入ってもらうのは難しいでしょう。

なぜなら、新しい入居者のために再度クリーニングなどをする不動産会社はほとんどないのが現状だからです。

これがもし、前の借主が退去後のクリーニングがまだ入っていない場合は状況が違ってきます。

前の借主が退去してすぐの場合などは、まだクリーニングされていないこともありますし、そのようなタイミングで内見した場合は前の借主が住んだままの汚い状態です。

当然これからクリーニングに入るはずですので、すぐに契約に繋がればクリーニング後の綺麗な状態から住み始めることができるでしょう。

入居前のクリーニングがされていない?賃貸に入居前に確認してほしいこと

前項では、入居前のクリーニングがされていない状態で内見する場合もあることをお伝えしました。

その場合、通常でしたら内見後にでもクリーニングが行われるはずですが、まれにクリーニングが行われないまま入居しなければならないことになってしまう方もいるようです。

不動産会社の手違いなのかその辺りの事情は分かりかねますが、借主からすれば困った話ですよね。

実は、クリーニングに入るのがいつかは賃貸によって違いがあるようです。

内見の際に綺麗な状態にしておきたい貸主なら、前の借主が退去してすぐにクリーニングすることでしょう。

一方、次の借主が決まるまでクリーニングはしない貸主もいるようです。

そのようなことがありますので、クリーニングのタイミングが賃貸によって違うという現状を知っておく必要はあると思います。

それを踏まえたうえで、賃貸の内見をした際に確認してほしいことがあります。

それは、

・部屋のクリーニングは既に行ったのか行っていないのか
・部屋のクリーニングを行っていない場合、必ずクリーニングに入ってくれるのか

この2点を確認していただきたいのです。

賃貸に入居前のクリーニングの確認!注意点は?

前項で、賃貸を内見をした際に確認してほしいこととして、2点お伝えしました。

ここでは、この確認事項での注意点をお伝えしていきます。

まず、部屋のクリーニングを既に行っているか行っていないか、の確認からです。

部屋のクリーニングが行われていると伝えられた場合、床が多少汚れているのは仕方ないかもしれませんが、その他水回り、キッチンなどがきちんと掃除されているか確認してみてください。

クリーニングが入っていれば掃除がされているはずです。

もし、換気扇など汚い箇所を見つけた場合は入居前に掃除してもらえるのか確認してみましょう。

次に、部屋のクリーニングが行っていないと伝えられた場合です。

この場合には特に注意が必要です。

クリーニングがまだ入っていない場合は、今後確実にクリーニングに入ってもらえるのか確認しなければなりません。

勝手な判断でクリーニングに入ってくれるだろうと思っていたところ、実際に引っ越ししてみたところ全く綺麗になっていなかったということもあるのです。

入居前のクリーニングが済んでいたら!引っ越し前に掃除を

不動産会社に確認したところ、入居前のクリーニングはもう既に済んでいる場合もありますよね。

その場合は、明らかに掃除していない箇所がないのであれば、後は自身で掃除するしかありません。

賃貸への引っ越し当日は荷物の搬入などでバタバタしてしまいますので、できれば引っ越し前に軽く掃除を行っておくことをおすすめします。

掃除をする箇所は、やはり床が一番かと思います。

まず、落ちているホコリなどを取ることが先決です。

フローリングワイパーなどで床に溜まったホコリなどを取ったら、雑巾などで拭き掃除をしましょう。

それだけでもかなりスッキリするはずです。

天井や壁にホコリなどがありそうな場合は、綺麗に拭き取っておきましょう。

また、納戸やお風呂・トイレの扉を開け放して空気を入れ替えることも大切です。

納戸の床などには特にホコリが溜まりやすいので、しっかりと取り除いておきましょう。

棚がある場合は、荷物がすぐに置けるようやはり雑巾などで水拭きして乾燥させておいてください。

余裕があれば水回りの掃除をしておけば住み始めもスムーズにいきます。

最後に害虫駆除のための薬処理をしておけば、更に快適でしょう。

賃貸に入居前にしてほしい部屋の状況確認!

賃貸に住む場合、退去の際には原状回復義務があるため、故意に壊したり傷つけてしまった箇所は綺麗にしてから部屋を返さなければなりません。

クリーニングなどで綺麗になるような汚れであれば問題ありませんが、傷など残ってしまうものに関しては直しておく必要があります。

しかし、入居前からあった傷や故障など自分がやってしまったものでない場合は修理などの必要はありません。

入居前の傷や故障が自分がつけたものでないと証明するためにも、写真を撮ってデータを残しておきましょう。

そうすれば、退去後に不当な請求をされてしまうことを防ぐことができます。

写真は日付をつけたものにし、具体的なメモも添付して残しておくと後々便利です。

入居前には部屋の現状をしっかり確認したものの、入居しているうちに傷などが自分がつけたものか元からついていたものかわからなくなってしまうことも考えられます。

自分でもうやむやにしてしまわないよう確かな証拠を残しておきましょう。

入居前のクリーニング済の賃貸は引っ越し前に掃除を!

内見の際、床などが汚い場合がありますが、既にクリーニングされていたとしてもそれから日にちが経っていれば部屋が汚れていることもあります。

そのため、クリーニングが既に済んでいるのであれば、引っ越し前に自分で掃除することが必要になります。

入居前の内見では、クリーニングは行ったかを確認し、行っていない場合は後からクリーニングが入るのかの確認を必ずしましょう。

引っ越し前にしておきたい掃除箇所もお伝えしましたので、参考になさってください。