BS用の室内アンテナを設置したい!映らない原因や対処方法

BS放送を楽しみたい方の中には、さまざまな理由からアンテナを室内に設置したい方もいるのではないでしょうか。

今回は、BS用に室内アンテナを設置するメリットや、設置方法についてご紹介します。

また、室内アンテナを設置したのにテレビに映らない原因や、対処方法についてもお話ししていきます。

ご自宅でBS放送を楽しむためにも、この記事をお役立てください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家賃の振込手数料の負担を軽減したい!おすすめの方法は?

家賃の支払いで指定の銀行などに家賃を振り込まなければならない場合、振込手数料というものが発生しま...

賃貸契約における連帯保証人とは?解除はできるのか

日本での賃貸契約には、連帯保証人がつきものです。連帯保証人は、重い責任を負うことになるので、親...

家賃5万円の賃貸物件を借りる場合、初期費用はいくら必要か

社会人になったのを機に、一人暮らしを始めようという人は多いと思います。また、お給料を1年程度貯...

住所には正式な書き方がある!必ずマンション名まで書こう!

突然ですが、皆さんは、自宅の住所を書くとき、どのように書いていますか?マンション名などが入る...

家賃を滞納して裁判になった場合 手続きから和解まで

家賃を滞納すると、裁判になるらしい、と聞いたことがある人もいると思います。なんとなくは知ってい...

家賃滞納をしたら家賃保証会社が動きだす目安は何ヶ月なの?

賃貸住宅において、連帯保証人の代わりを家賃保証会社が請け負うことが多くなっているようです。賃...

建築基準法にある居室の定義を知る!台所は居室になるのか?

建物は建築基準法をもとに作られています。もし建築基準法を守っていないことが分かれば、新築の場...

貸でも大丈夫!ブラインドの特徴と取り付ける方法について

「ブラインドを取り付けたい、でも賃貸だから穴を開けるわけにはいかないし…」そんな風に思っている方...

借主が貸主から敷金を返金された際の領収書の書き方は?

賃貸借契約において、敷金を預け入れる場合が多いですよね。敷金は、貸主の担保としての性質のもので...

準防火地域では軒裏に建築制限あり!軒裏に木は使えるのか?

住宅を準防火地域に建てる場合、準防火地域には建築に関する制限があるため、あらかじめその制限につい...

管理会社を知っておこう!クレームはどこに伝えるべきか

賃貸に住んでいる人の中には、様々な設備や近隣とのトラブルに出くわしたことがあるという方は結構多いと思...

家賃を延滞すると利息がつく?それっていくらになる?

家賃を延滞すると、どのようなことが起こるのでしょうか。家賃に利息がつく?その金額はどのくら...

市街化調整区域は建物が建築できない!コンテナ倉庫もNG?

市街化調整区域にある土地は制限が多く、土地活用を諦めてしまう所有者もいます。しかし、まったく...

幼稚園児による駐車場トラブル!こんなことに気を付けよう!

自分の足で上手に歩けるようになってきた我が子には、日々の成長を感じることでしょう。とくに、幼...

登記を行う場合はマンションの名称や部屋番号は示すのか?

不動産登記は、建物や土地の面積・所在地・所有者・権利関係などが明確化されています。しかし、住...

スポンサーリンク

BSを見るために室内アンテナを設置しよう!

BS放送とは、衛星の電波を利用してさまざまな番組を楽しむ方法です。

電波塔を介して情報が伝わる地上波放送とは違い、BS放送では衛星からの電波を受信するためのアンテナが必要になります。

ご自宅のテレビにBS放送受信用のチューナーが搭載されているのであれば、BS用のアンテナを介してテレビにBS放送を映すことができます。

このBS用のアンテナですが、多くの方がベランダなど屋外への設置を検討するでしょう。

しかし、「ベランダの前に障壁となる建物があるため映らない」「賃貸物件のため外観を損なう機器の設置が認められない」などの理由で屋外への設置が難しいケースがあるようです。

そのような場合は、部屋の中に室内アンテナを設置することを検討しましょう。

室内アンテナを設置することで、屋外への設置では得られないようなメリットが存在するようです。

室内アンテナでBS放送を楽しむメリットとは?

避けられない理由から、室内アンテナの設置を余儀なくされる方もいるでしょう。

けれども、室内アンテナを設置することは、さまざまなメリットが存在します。

マイナス点ばかりに目を向けるのではなく、視点を切り替えてプラスとなることを考えていきましょう。

まず、最初のメリットは複雑な配線が不要だということです。

屋外へアンテナを設置した場合、室内のテレビへ接続するために配線の引き込み工事が必要になります。

もしかすると、壁にケーブルを通すための穴をあける作業が必要になることもあるでしょう。

しかし、室内アンテナであれば、テレビに直接ケーブルを繋げられるので、大がかりな配線工事が不要です。

また、気候などによる影響を受けないという点もメリットと言えます。

屋外にアンテナを設置すると、雨や風などの影響で、部品が劣化したり、飛んできた異物で故障したりすることがあります。

その点、室内アンテナであれば、そのようなリスクを減らすことができます。

設置するポイントさえ間違えなければ、室内アンテナでも「BS放送が映らない」ということにはならないはずです。

映らない原因となるかも!BS用室内アンテナを設置するときのポイントは?

室内アンテナでBS放送を楽しむためには、室内のどこにどうやってアンテナを設置するかが重要になります。

設置するポイントを間違えると、BS放送が映らないような事態に陥ってしまいますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

これからそのポイントを2つご紹介します。

BS放送を見るためには、衛星からの電波をしっかりとキャッチすることが大切です。

電波がアンテナまで届かないと、テレビにBS放送が映らないこともあるでしょう。

BS放送用の衛星は、日本から見て南西の方向にありますので、その方向に開けた窓際への設置をおすすめします。

衛星からの電波はあまり強いものではありません。

そのため、室内アンテナの前に障害物があると、うまく電波を受信できないことがあります。

窓の前に障害となるような高い建物は建っていないでしょうか。

室内アンテナを設置するときは、周辺に邪魔になるようなものがないかを確認するようにしましょう。

BS用室内アンテナの設置方法

BS用の室内アンテナを設置するときのポイントを押さえたら、実際に室内アンテナの設置を行っていきましょう。

現在では、室内にアンテナを設置する方に向けてアンテナと自立スタンド、同軸ケーブルがセットになったものがネットショップなどで販売されています。

「アンテナの設置が初めてで不安」という方は、セットのものを購入すると良いでしょう。

【用意するもの】

・アンテナ
・自立スタンド
・同軸ケーブル
・ドライバー

【手順】

1.ドライバーでネジを留め、自立スタンドにアンテナを固定します。

2.窓際に自立スタンドに固定したアンテナを置き、南西方向に角度を調整してください。

3.アンテナとテレビを同軸ケーブルで繋ぎましょう。

これで、室内アンテナの設置は完了です。

この方法では自立スタンドを利用しましたが、身近にある突っ張り棒でも代用可能です。

その場合は、天井と床の間に突っ張り棒を設置し、そこにアンテナを取り付けてください。

少しでも角度がズレるとBS放送は映らないので、角度の調整は細かく行いましょう。

BSが映らない!室内アンテナの設置に不具合が!?

なかには、「室内アンテナを設置したのにBS放送が映らない」という方もいるでしょう。

そのような場合は、まず、アンテナレベルの状態を確認してみてください。

アンテナレベルとは電波の受信状況を数値で確認できるものです。

テレビの種類にもよりますが、本体設定→アンテナ設定→電源・受信強度表示と進めていくと、その画面を見ることができるでしょう。

アンテナの受信状況は0~100の数値で表されます。

0は電波を全く受信できていない状態で、100に近づくほど受信強度が高いということになります。

とはいえ、受信強度が高ければいいというものではありません。

BS放送を受信するときに推奨される受信強度は50~81とされており、その範囲に収まっていれば受信状況に問題がないと言えるでしょう。

しかし、50~81という受信強度に満たない場合は、何らかの原因によるものが大きいと考えられます。

その原因については、対処方法とあわせて次章でお話ししましょう。

BSが映らないときに考えられる原因と対処方法

アンテナレベルが足りずにBS放送が映らないような場合は、どのような原因が考えられるのでしょうか。

考えられる原因と対処方法をご紹介していきます。

●室内アンテナの向きがズレている

自立スタンドを用いて室内アンテナを設置している場合、部屋での移動中に少し足をぶつけただけでも、アンテナの角度がズレてしまうことがあります。

もし、頻繁にズレが生じてしまうようなら、突っ張り棒を利用してアンテナを上部に配置してみましょう。

●窓ガラスやカーテンが電波を遮断している

衛星の電波はとても繊細です。

窓ガラスの素材やカーテンの厚みによっても、受信状況が左右されます。

室内アンテナを置くときは、ペアガラスやワイヤーが入った窓のそばは避けたほうが良いでしょう。

また、カーテンにはあまり厚みがないものを選んでください。

●配線が外れている・配線先が間違っている

室内アンテナやテレビから配線ケーブルが外れているかもしれません。

あるいは、配線の端子が間違ったところに接続されている可能性もあります。

一度配線を全て抜き、正しい場所に配線を接続しなおしてみましょう。

室内アンテナは角度設定が重要!

BS放送を見るための室内アンテナは、角度の設定が重要です。

ささいな角度のズレでBS放送が映らなくなってしまうので、アンテナレベルで確認しながら角度の微調整を行いましょう。

また、その他にもBS放送が映らなくなる原因はいくつかあります。

その対処方法についてもご紹介していますので、BS放送が映らないという症状でお悩みの場合は参考にしてみてください。