窓のゴムパッキンが劣化したらどうする?原因と対策をご紹介

長い年月の中で、ゴムパッキンの汚れや傷みがひどくなってしまい、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

一軒家だけでなく、アパートやマンションなどの賃貸物件においても、そのようなケースは例外ではないでしょう。

この記事では、窓のゴムパッキンが劣化してしまう原因や交換方法などをご紹介していきます。

日頃から行えるメンテナンス方法についてもあわせてご紹介しますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

畳にフローリングマットを敷いても大丈夫?カビ対策が重要!

畳にフローリングマットを敷くだけで、和室から洋室に簡単にイメージチェンジができます。しかし、畳...

住所の正式な書き方とマンション名の表示について

住所を正式にマンション名を入れて書くことができますか?きっと書けますと言われるかもしれません...

家賃の未払いで強制退去?家賃振込を忘れることで起きること

家賃が振込の場合、時には支払いを忘れることがあるかもしれません。毎月のことでありながら、...

木造アパートの騒音問題!2階以上の物件は足音対策が大切!

木造アパートなどの集合住宅に住んでいると気になるのが、騒音問題です。たくさんの人が暮らしてい...

窓に遮熱フィルムを貼ると割れる?ペアガラスへの危険性

最近の新築の家では、窓にペアガラスを取り入れていることが多いですよね。ペアガラスを使用す...

市街化調整区域は建物が建築できない!コンテナ倉庫もNG?

市街化調整区域にある土地は制限が多く、土地活用を諦めてしまう所有者もいます。しかし、まったく...

競売物件を購入したいときの基礎知識!ブログの意見も参考に

不動産を購入するときに、競売物件を検討している方もいるのではないでしょうか。ただ、競売物件と...

窓の種類を知ろう!窓の開け方が個性的なレバー付き窓の特徴

新築の窓に工夫を凝らしたい方も多いでしょうが、用途によって使う窓は変わってきます。一般的な窓...

夜に洗濯機を使いたい!何時までなら迷惑が掛からない?

働いている単身世帯の場合、どうしても洗濯は帰宅してから行います。そこで気になるのは、帰宅した夜...

窓にアルミシートを貼って夏の暑さを軽減!節電効果にも期待

夏の暑さは毎年悩ましい問題ですよね。暑さを少しでも軽減させるようなアイテムがあれば、ぜひ使っ...

家賃が高いと感じるのは自分が原因かも?おすすめ節約術5選

アパートやマンションなどの賃貸物件は、気軽に入居できることが魅力のひとつです。ですが、その気軽...

窓が閉まらないのは家からのサイン?!原因を突き止めよう

空気の入れ替えをしようと、家の窓を開けることはよくあることです。気持ちのいい風が吹き抜けて、...

床にワックスを塗る!ワックス選びと剥がれにくくするコツ

みなさんの自宅のフローリングにはワックスが塗られていますか?ワックスを塗ることで、ピカピカで...

給料の手取りが12万円、一人暮らしはどんな生活になるか?

なかなか勤め先に恵まれず、給料の手取りが12万円程度しかないけれど、一人暮らしをするという場合、生活...

住宅購入を後悔しないために!買って後悔したパターンを紹介

家庭を持つと誰もが一度は検討するのが、マイホームの購入でしょう。「持ち家派」か「賃貸派」かと...

スポンサーリンク

窓のゴムパッキンはなぜ必要なの?

窓は、ガラス板の周りをサッシが囲み、その隙間をゴムパッキンが埋めるという構成で作られています。

ゴムパッキンはその名の通り弾力性のあるゴムでできていて、ガラス板とサッシの間に埋め込むことでズレを防ぎ、動かないように固定してくれるのです。

また、ゴムパッキンがしっかりと密着することで、窓ガラスが落下するという危険も防いでくれ、さらには衝撃吸収の役割も果たしてくれます。

ゴムパッキンの働きはそれだけではなく、高い気密性も持っています。

例えば、もし台風などで横なぐりの強い雨が降ってきたらどうなるでしょう。

ご自宅の窓にゴムパッキンがついていなかったとしたら、窓周辺はすぐに水浸しになってしまうはずです。

その他にも、高い気密性により外気温が室内の温度に影響を与えることを防ぎ、室内の空気も外に逃がすことがありません。

このように窓に欠かすことのできないゴムパッキンですが、いくつかの原因により劣化してしまうことがあります。

その原因について次章でお話ししていきます。

窓のゴムパッキンが劣化する原因

窓のゴムパッキンは、長年使い続けることで経年により劣化が進んでいってしまいます。

窓自体がさらされている環境や日頃のメンテナンスによっても違ってきますが、ゴムパッキンの寿命は約10年と言われています。

多少の前後はあるかもしれませんが、時が経つとともにゴムパッキンの劣化は進み、防ぎきることはできないのです。

ゴムパッキンが劣化してしまう原因には以下のようなものがあります。

・雨
・風
・紫外線
・汚れの蓄積
・結露

ゴムパッキンはどうしても外からの影響を受けやすいです。

雨や風はもちろん、日光からの紫外線もゴムパッキンが劣化してしまう原因となります。

また、掃除を怠り、汚れが蓄積することでも劣化が進んでしまいます。

さらに、結露も十分に注意しなければいけません。

室内と外気温の差によって生まれる結露は、窓のパッキンにカビをも発生させてしまいます。

「窓の掃除をしようとしたら、ゴムパッキンにカビが生えていた」という経験をお持ちの方も少なくないはずです。

カビは放っておくと表面だけではなく、内部までどんどんと浸食を進めていくので、注意しなければいけません。

窓のゴムパッキンが劣化したらどうなるの?

窓のゴムパッキンが劣化すると、どのような症状が現れてくるのでしょうか。

まず考えられるのが、先ほどもお話ししたようにカビの発生です。

カビは見た目を損なうだけではなく、ゴムパッキン周辺へもダメージを与えます。

窓ガラスやサッシだけではなく、カーテンなどにもカビが移ってしまうことがあるほど、カビの力は大きいのです。

また、ゴムパッキンの硬さも如実に現れてきます。

ゴムパッキンが硬くなるということは、先述したような気密性や衝撃吸収の働きなどが果たせなくなるということです。

ゴムパッキンが硬くなることで、ガラス板とサッシの間には隙間ができ、ひどいときには亀裂が入ってしまうこともあります。

ここまでの状態になってしまうと、お手入れだけではどうしようもありません。

放っておくと、窓ガラスが落下し、怪我や事故などの被害が出てしまう可能性もあります。

これ以上、症状を悪化させないためにもゴムパッキンの交換を検討しましょう。

劣化した窓のゴムパッキンを交換しよう!

窓の劣化したゴムパッキンの交換は、できれば専門の業者に頼んだほうが確実です。

もし失敗した場合、ガラス板が割れてしまう心配がありますし、ガラス板を取り外しはできたものの元の状態に戻せなくなる可能性も考えられます。

しかし、費用を抑えるには自分で交換作業を行ったほうがいいのも事実です。

ここでは、ゴムパッキンを交換するときの手順についてご紹介していきますので、ご自分でチャレンジしてみたいという方は参考にしてみてください。

①ゴムパッキンのサイズを計測します。

サッシの溝幅とガラス板の厚さを計測してください。

少しでもズレるとゴムパッキンの働きが十分に発揮されないので、細かな単位までしっかりと測ってください。

そして、ガラス板の全周囲に必要な長さを計測して、専門の業者などで事前にゴムパッキンを購入しておきましょう。

②窓を取り外してください。

窓をレールから取り外しましょう。

取り外し方が分からない場合は、メーカーサイトなどを参考にしてみてください。

この続きの工程は次章でご紹介します。

ゴムパッキンを交換する手順の続きをご紹介!

前章から続いて、劣化したゴムパッキンを交換する手順についてご紹介していきます。

③サッシを分解していきます。

サッシには「サッシ固定ビス」と「戸車調整ビス」の二つが存在しています。

サッシを分解するためには、サッシ固定ビスを外す必要があります。

多くのサッシが、この二つのビスが並んで配置されているので、どちらがサッシ固定ビスなのかをメーカーサイトなどで確認しておくようにしましょう。

④取り外したガラス板にゴムパッキンを巻き付けてください。

ガラス板の辺中央付近から巻き始め、ぐるりと一周させます。

角を巻き始めにしてしまうと、きれいに仕上がらないので注意してください。

また、ゴムパッキンを角に巻くときは切れ込みを入れると曲げやすくなります。

⑤サッシをはめ、サッシ固定ビスを取り付け、窓をレールに戻せば完了です。

この方法に自信がない場合は、無理せずに専門の業者に任せてみるのもいいかもしれませんね。

ゴムパッキンの劣化を防ぐ!日頃からのメンテナンスが大切!

ゴムパッキンの劣化を防ぐためには、定期的に掃除などのメンテナンスを行うことも大切です。

そうすることで、ゴムパッキンの寿命を延ばすことができるでしょう。

まずは、窓のゴムパッキンに付着したホコリやゴミなどの掃除です。

ホコリやゴミは、カビが繁殖するための栄養源になることがありますので、たまる前にきれいに取り除きましょう。

掃除にはサッシブラシや使い古しの歯ブラシなどを利用するのがおすすめです。

汚れがこびりついて取りにくい場合は、綿棒に中性洗剤を染み込ませ、拭き取ってみてください。

ゴムパッキンに洗剤を用いた場合は、いらなくなった布などで水拭きと乾拭きを行い、しっかりと洗剤を落とした後よく乾燥させましょう。

もし、ゴムパッキンにカビが生えているのを見つけたら、早急に対処してください。

早い段階で見つけたのなら、ゴムパッキンを交換するのではなく、表面のカビを除去するだけで済むかもしれません。

パッキンのカビには、ゴムパッキン専用のカビ取り剤を使うときれいに落とせます。

ゴムパッキンにカビが生えてしまう原因は、結露によるものが大きいようです。

そのため、ゴムパッキンが濡れるのを防ぐために、フェルトテープを貼り付けるのもおすすめの方法です。

ゴムパッキンは水分が大敵!

ゴムパッキンは、水分からの影響を受けやすいです。

もし、結露などで窓のゴムパッキンが濡れることが多い場合は、そのままにしておくのではなく水分を拭き取るようにしてください。

しかし、ゴムパッキンにも寿命があり、いずれ交換が必要になるときがくるでしょう。

ご自分での交換も可能ですが、確実な仕上がりを求めるなら専門の業者に頼むことをおすすめします。

少しでもゴムパッキンの寿命を延ばすためには、日頃からメンテナンスも忘れずに行うようにしてください。