Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

案外運転音が響く?!アパートでのドライヤーは何時まで?

2019.8.29

アパートでは騒音問題が生じやすいため、ドライヤーの運転音も気にしてしまいますよね。

短い間しか使わない人が多い傾向にあるかとは思いますが、運転音は案外響き渡ってしまい、周囲の部屋の住民にストレスを与えていないか不安にもなってしまうかもしれません。

そこで、今回はアパートのドライヤーは何時までOKなのかという点について、いろいろな意見を参考にしつつ考えていきましょう。

本来はアパートでのドライヤーは何時まででもOKだけど…

今現在アパートなどの共同住宅にお住いの方で「アパートでのドライヤーは何時まで良いのだろうか」と疑問に思う方も存在しているはずです。

こちらの記事ではその点にスポットを当ててお話を進めていきますが、実は本来はアパートでのドライヤーは何時まででも大丈夫だとされています。

明確な時間は決まっていないというのが事実ですね。

なおかつ、ドライヤーを活用する時間というのはそこまで長時間にわたらないのが通常です。

もちろん、ロングヘアの人はドライヤーの活用に時間を要してしまうこともあるかもしれません。

しかし、短い間だけだからと夜中や早朝などにドライヤーを活用している場合には、もしかしたら騒音トラブルに発展してしまう可能性もあるため注意が必要といえるでしょう。

できる限り一般的なマナーを守ってドライヤーを活用できれば良いですね。

しかしながら、ドライヤーを活用する時間は短い間だけなのが通常ですから、あまり神経質にならなくてもOKでしょう。

アパートでのドライヤー!何時までOKなのか意見をみてみよう

先ほどお伝えしたように、基本的なマナーを守ってアパートでドライヤーを活用すれば、ドライヤー使用の時間帯はさほど問題視することではないといえます。

しかし、気になるのが壁の薄さが目立つアパートにお住いの場合ですよね。

防音性能に優れたアパートにお住いの方は、ドライヤーは何時までなど時間帯を気にしすぎなくても平気な感じがします。

しかしながらそうではないという人は、アパートでドライヤーを活用するときには時間帯を気にしたほうが良いのかもしれませんよね。

また、周囲の部屋に住む住民の性格や価値観・ライフスタイルも深く関わってくる部分です。

もし、隣人と交流があり生活スタイルの大まかな事情を知っている場合には、合わせてあげるのもトラブル回避効果を発揮します。

では、アパートでのドライヤーを活用する時間帯の目安としてはどのような意見がみられるのでしょうか。

例えば、「深夜2時の時間帯まで」「真夜中まで」「夜の22時まで」「いつでも平気」といった意見が散見しています。

これらの意見を、アパートでドライヤーを活用するときの目安として捉えても良いでしょう。

アパートでの騒音問題!ドライヤー以外には何があるのか

前項ではアパートでのドライヤー使用時間の目安について、許容とする意見をみてきました。

あくまでも目安になりますが、ドライヤーを何時まで活用するかの参考になりそうですね。

ところで、ここまではドライヤーの音が騒音と捉えられないようにすることを目標として、時間の目安を考えてきました。

実は、ドライヤーから出される音はもちろんのことですが、その他の音にも気を配ることが重要です。

ドライヤーの音だけに配慮していても、他の音で周囲の住民から苦情をいわれてしまっては本末転倒ではないでしょうか。

騒音と捉えられてしまいがちな音の種類について代表的なのは、「子供の走る音・叫び声・泣き声」「話し声」「足音」「家電の音」「テレビの音」などですね。

なかには、「目覚まし時計の音」「咳の音」「エアコンの音」などにも苦情を入れられてしまうパターンもあります。

アパートではこのように髪の毛を乾燥させるのが◎

前項でお伝えしたように、アパートではドライヤーの音をはじめいろいろな生活音が騒音問題の引き金になってしまう可能性がありましたね。

こちらでまたドライヤーのお話に戻りますが、「何時まで」ということも大事ですが「どのように」使うかという点も考え直してみてはいかがでしょうか。

いつも通りにドライヤーをかけるのとでは、髪の毛を乾燥させる時間に差が出てきます。

短い間しかドライヤーを活用しないためにも、以下のような流れをおさえて髪の毛を乾燥させるのがグッドです。

まずはお風呂上りに「タオルドライを行う」ことからはじめてください。

水気をタオルに染み込ませるようなイメージで行います。

ここで注意したいのが、フェイスタオルを利用することです。

水分を吸収したら、乾燥状態の新しいタオルにシフトして同じようにタオルドライを行います。

次に行っていただきたいことは「ヘアブラシでのブラッシング」です。

この作業の目的は、髪の毛の水分を毛先のほうに移動させるというところにあります。

ヘアブラシの目が粗いほうが効果が高まりますよ。

そして、「毛先にティッシュなどをあてていく」という作業に移りましょう。

ブラッシングで毛先のほうに水気が移動しているので、それを除去するのが目的です。

そして、いよいよドライヤーを利用していくのですが、またタオルを活用するのが重要なポイントです。

「乾燥状態のタオルを髪の毛にあててからドライヤーをかけていく」のをイメージしてみてください。

これで髪の毛を乾燥した状態にもっていければ完了ですが、このような流れで髪の毛を乾燥させられれば、よりスムーズに乾燥させることが可能になるでしょう。

ドライヤーが何時までかも気になるけど選び方も気になる

前項では、お風呂上りに髪の毛を乾燥状態にさせるときの時短方法をご紹介しました。

アパートでは騒音問題が生じてしまう傾向にあるので、ドライヤーを何時までに使おうかという点の他にも、ドライヤーの選び方にも配慮できるとなおいいです。

時間の配慮・乾かし方の配慮・選び方への配慮ができれば、騒音問題が生じてしまう確率を下げることにつながります。

おすすめのドライヤーの種類は、なるべく音が小さめの種類です。

騒音問題予防のことを思えば当然のことなのかもしれません。

例えば、静音のもの・稼働音60dB以下の製品が目安です。

買い換える際には、稼動音の目安として覚えておいて損はないでしょう。

いろいろなドライヤーがありますが、種類にも目を向けてみると新しい視点から騒音対策が行えるのではないでしょうか。

アパート選びにも配慮できればより良い生活が送れるかも

ここまでアパートでのドライヤーは何時までが好ましいといわれているのかという点や、髪の毛の乾かし方のポイントなどをお話ししてきました。

しかしながら、仕事の関係上昼夜逆転した生活を送っている方もいますし、遅くまで残業して夜遅い時間帯にドライヤーをかけるという場合もあり得ますよね。

周囲の部屋の住民に気を遣えれば良いのですが、気を遣いすぎてもストレスになってしまいますので、アパートを選ぶことにも配慮しましょう。

配慮するといってもさまざまな見解が見られますが、例えば角の部屋を選択するというのはいかがでしょうか。

ドライヤーの稼働音が原因で騒音問題が発生する確率を減らすことができます。

また、構造が鉄筋コンクリートのアパートもおすすめなのですが、その理由は防音効果が高いからです。

アパート選びにも配慮できれば騒音のストレスを減少させることにつながりますので、より良い生活が送れることに結びつくのではないでしょうか。

ドライヤーは何時までOKかという問いにはさまざまな意見がある

上記でお伝えしたように、アパートでのドライヤーは何時まででも大丈夫だとされていて、明確な時間は決まっていません。

ドライヤーは何時まで良いのかという問いには、「深夜2時の時間帯まで」「真夜中まで」「夜の22時まで」「いつでも平気」など様々な意見があります。

マナーを守ることは必要ですが、それでストレスを溜めすぎてしまわないよう、ドライヤーやアパートの選び方・髪の毛の乾かし方でカバーできると良いですね。

 - アパート, 住宅