アパートのリビングが狭い!広く見せるにはどうしたらいい?

広々としたリビングでの生活が理想であっても、どうしてもスペースが限られてしまうのが、アパートなどの賃貸物件です。

また、リビングが広い物件があったとしても、家賃が高かったりしますよね。

そこで今回は、狭いリビングでも広くみせる、レイアウトのコツをご紹介します。

色の使い方や、配置をマスターすれば、狭くても快適な空間が実現します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートでもDIYできる!傷付けずに収納を増やすアイデア

アパートなどの賃貸物件にお住まいの方は、退去時に原状回復が関わってくるため、なかなか好きなように...

一般的なアパートのドアのサイズには決まった規格があるの?

みなさんは、自分が住んでいるアパートのドアのサイズを知っていますか?知っているという人は意外と...

マンションのオートロックとは?暗証番号式などの種類がある

マンションなどの建物でよく見かける「オートロック」ですが、どのようなシステムなのでしょうか。...

アパートの立ち退きに関わる書面が届いた場合

アパートなどでよく問題になるのが、立ち退き問題です。今回は、書面にて立ち退きを要求された場合に...

アパートの名義変更とは?その手続きや費用等について調査!

アパートやマンションなどの賃貸物件に住んでいて、何らかの理由で契約者を名義変更する必要に迫られる...

アパートの壁に画鋲は使える?代わりになるものはある?

アパートなどの賃貸物件の場合、退去時に修繕費用がかかることがありますよね。そのため、壁に...

アパートを契約期間の途中で解約する!その際違約金は必要?

アパートには契約期間が設定されています。契約期間は2年間といったアパートが多いでしょう。...

中古一戸建てをリフォームして住む!ブログから見るその魅力

一戸建てを購入するというと、多くの人は新築を想像します。しかし、あえて中古一戸建てを購入し、...

アパートで雨漏りが発生!家賃減額の交渉をする人も存在?

知らぬ間にアパートで雨漏りが発生していたとなると驚いてしまいますよね。雨漏りによってこうむっ...

アパートの電気代の平均はどれくらいなのか?

アパートに住んでいて気になるのが電気代ですよね。できるだけ安く抑えたい出費ですが、アパートの...

アパートの駐車場にほかの車が!様々な駐車場のトラブル

アパートやマンションのように多くの人が使用する駐車場には様々なトラブルがつきものです。駐車場で起...

アパートの退去費用!6年ならどれくらい掛かる?

アパートを退去する際に発生する『退去費用』何度か引っ越しをした人なら、ご存知ではないでしょうか...

アパート契約の疑問!契約書は郵送での手続きで大丈夫?

アパートの契約において、契約書に印鑑を押す時には借主と貸主が対面して確認しながら進めていくイメー...

アパートの足音がうるさい!管理会社への上手な伝え方とは?

アパートに住んでいると、他の住人の足音が気になることがあります。一度気になりだすと、そのこと...

アパートで水漏れが発生!対処の仕方や損害賠償について

アパートなどの集合住宅で水漏れを発生させてしまった、または水漏れの被害に遭ってしまったという方も...

スポンサーリンク

LDKのアパートはリビングが狭いと感じる?!

アパートの間取りで見る「LDK」とは、リビングダイニングキッチンを示します。

いわゆる1LDKや2LDK、3LDKなどの間取りですね。

LDKの場合は、リビングダイニングとキッチンを分けて表示することが、あまりありません。

そのため、実際にはキッチンスペースを含むので、間取りに表示されている広さよりも狭く感じることがあります。

「LDK12帖」と書かれていても、キッチン部分を除いたスペースが、リビングダイニングになるというわけですね。

とくに、ダイニングキッチンが対面キッチンの場合は、よりリビングが狭いと感じるかもしれません。

こういったことから、アパートを探すときは必ず内観して、リビングの広さを確認しておきましょう。

キッチンの配置によっては、リビングの広さに対する感じ方が違うはずです。

それでは、狭いリビングでも快適に暮らせる方法を、ご紹介していきます。

リビングに置く家具や色の使い方次第で、広く見せることができます。

狭いリビングが広く見える色の使い方

はじめにお伝えするのは、色の使い方です。

狭く感じるリビングでは、色合いが統一されていないといった特徴があります。

というのも、アパートに引っ越すときに、すべての家具をそろえることはなかなかないため、テレビ台やソファーなど、色がバラバラになってしまいますよね。

色合いがバラバラだと、どこかゴチャゴチャした印象になります。

そこで、家具の色を統一することを意識してみてください。

色を統一することで、ゴチャゴチャして見えていた空間も、スッキリします。

同じ家具メーカーで揃えなくてもいいので、色を統一してみましょう。

部屋全体がまとまって見えます。

色のトーンですが、狭いリビングにダークなカラーの家具を配置してしまうと、圧迫感がでてしまいます。

リビングに置くメイン家具は、ホワイトカラーなどの抑えめカラーにしてみましょう。

しかし、すべて抑えめのカラーでは、面白みがありません。

そこで、クッションなどの小物や雑貨でカラーを使いましょう。

ホワイトカラーは他の色とも相性がいいですから、アクセントになります。

低めの家具でリビングを広く見せる

つぎに、リビングに置く、メイン家具の選び方をお伝えします。

狭いリビングを開放的に見せるポイントは、家具の高さです。

低めの家具は天井までの高さを強調することができるため、部屋を広く見せる効果があります。

アパートを引っ越すときに家具をそろえるのであれば、低めの家具を中心に選んでみましょう。

床に近い場所で暮らすことも、狭いリビングを活用するテクニックの一つになります。

天井までが高く見える視覚的効果で、圧迫感のない空間がうまれます。

また、テーブルは、ガラス天板のものがおすすめです。

ガラスから視線が抜けることで、部屋の狭さを和らげることができます。

小さな子供がいるご家庭でガラステーブルを置く場合は、危険がないよう注意してください。

低めの家具やガラス素材のテーブルで、部屋を広く見せていきましょう。

ただし、リビングに置く家具は、最低限のものだけを置くように心がけてください。

よく考えてみると、リビングになくてもいいものがあるはずです。

年に数回しか使わないものなどは、この機会にリビングから他の部屋に移動してみましょう。

収納の少ないアパートは壁を収納に!

リビングを広く見せるためには、必要な家具を厳選して置くことがポイントです。

しかし、収納の少ないアパートでは、家具を置かなければならない状況もあるかと思います。

洋服や物がたくさんあればあるほどに、収納するための家具がどんどん増えてしまいますよね。

収納するための家具が増えれば、それらを置くスペースが必要になるため、結果的に狭いリビングになってしまいます。

そこでご提案したいのが、壁面収納です。

壁面収納のコツは、詰め込み過ぎず、空間をもたせること。

ギュウギュウに物を詰め込んでしまうと存在感が出てしまうので、気を付けましょう。

パイプ式の収納棚であれば、インテリアの邪魔になりませんし、部屋のテイストを変えたいときでも違和感はありません。

DIYが得意な方は、2×4材で棚を作ってみるのもおすすめです。

これらを使えば、壁や床を傷つけずにリビングに棚が作れますが、原状回復できるよう細心の注意を払って作りましょう。

アパートでくつろぐソファーの選び方

リビングに置きたい家具といえば、ソファーもその一つです。

学校や仕事が終わってアパートに帰ってきたとき、リビングでリラックスしたいですよね。

しかし、スペースのないリビングにソファーを置いてしまうと、狭く感じてしまうのではないかといった心配もあります。

ソファーを置くことでくつろぐことができなくなってしまっては、本末転倒ですよね。

そこで、狭いリビングでソファーを置く場合のポイントをご紹介します。

リビングを狭く感じさせないソファーの選び方は、ソファーの高さが重要です。

ローテーブルなどの低めの家具とソファーの高さを合わせてみましょう。

ローソファーであれば、部屋の圧迫感がなくなります。

もしも背の高い家具がある場合は、できるかぎり離れた場所にソファーを置いてください。

家具との高低差をつけないことも、部屋を広く見せるポイントになります。

狭いリビングをおしゃれに!照明の使い方

LDKのアパートは、リビングとダイニングキッチンが一つになっているため、ここからここまでがリビングといった使い分けがありません。

食事をする場所くつろぐ場所を区別し、メリハリのある生活をしていきたいものですよね。

ただ、狭いリビングでは、食事をするためのダイニングテーブルを置いて、くつろぐためのローテーブルを配置するとなると、狭くなってしまいます。

そこで、照明を使うのです。

最後に、狭いリビングを一気におしゃれにする、照明の使い方についてお話しします。

まず、くつろぎの場であるリビングには、落ち着いた照明を置いてみましょう。

ソファーがあれば、両サイドに間接照明を置いてみるのもいいですね。

食事を終えたら主照明を消して、間接照明から醸し出す柔らかい雰囲気を楽しんでみましょう。

照明を落とすことで、入眠しやすくなるメリットもあります。

反対に、ダイニングエリアではポップなライトで明るさを演出しましょう。

このように、照明は部屋を明るくすることだけでなく、シーン別に区切ることもできるのです。

狭くてもおしゃれにできる

部屋を広くするポイントを知っていれば、リビング以外でも活用できます。

狭いからとあきらめずに、上手にレイアウトしていきましょう。

また、リビングとキッチンを分けるためには、間接照明がおすすめです。

狭くてもおしゃれで素敵なリビングを演出してみてはいかがでしょうか。