アパートの洗濯機が室外!メリットとデメリット・必要な対策

なるべく安いアパート物件を探していて、「洗濯機が室外」という物件と巡り合ったことがある方もいるのではないでしょうか。

家賃や間取りは満足いくものなのに、洗濯機が室外というだけでその物件を選択肢から外してしまう方もいるかもしれません。

洗濯機が室外にあることには、実はメリットがいくつかあります。

今回は、洗濯機が外置きの場合のメリット・デメリットについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートのベランダでプールは非常識?考えられる問題点

暑い夏の時期になると、「子供をプールで遊ばせてあげたい!」と思う親御さんも多いでしょう。しか...

アパートの入居審査で保証会社から連絡が来る理由!対応は?

アパート物件を借りるためには、入居申込書を提出した上で、入居審査に通る必要があります。入...

マンションの隣人の声が気になる場合はどうする?

この記事を読んでいる人の中には、マンション住まいの方もいると思います。マンションに住んでいる...

アパートの更新料とはどんなもの?支払いは交渉が可能?

アパートや賃貸マンションに住んでいると、家賃だけでなく「更新料」がかかる時期があります。契約の...

アパートに光回線をひきたい!回線工事は大家の承諾が必要?

インターネットを使用する際の回線には、高速通信が可能な光回線や、電話のケーブルを利用するADSL...

アパートにおいて隣人トラブルに遭った時に知っておきたい事

アパートのような共同住宅で生活している方なら、誰しも遭う可能性のある隣人トラブル。悪気はなく...

アパートはネットで個人契約できる時代!IT重説とは?

アパートなどの賃貸物件を探している時に、IT重説という文言を見かけたことはありませんか?...

アパートの更新料が高い!少しでも費用を抑えるためには?

賃貸アパートの場合、契約期間が決まっていて、この契約を継続するためには、更新料を支払う必要があり...

アパートの名前は好感がもてるように工夫!和風も素敵!

新たにアパートのオーナーになったという方が最初に迷ってしまいがちなのが、アパートにつける名前では...

アパートの名義変更は必要?結婚後の入居や転居について

結婚を機に、どちらかのアパートで同居を始める方もいるのではないでしょうか?今まで住んでいたア...

アパートに引っ越し!オーナーや近所への挨拶はどうする?

引っ越しをする際、いままでお世話になった方々だけでなく、新しく生活を始める場所の近隣住人へ対して...

アパートを借りるときに必要な保証会社って?その料金や役割

高齢者や1人暮らしの増加によって、アパートを借りるときに連帯保証人を立てられないケースも増えてい...

引っ越しでアパートのガスコンロを買う場合のサイズ選び

引っ越しなどでガスコンロを買わなければならないことがあります。アパートなどに備品としてついてい...

新築なのにクロスに隙間がある!その場合の対処方法や解決策

新築の家にお住まいの方で、クロスに隙間を発見して「これって欠陥?」「直せないのかな?」などと対処...

アパートのwi-fiが遅い原因はなに?改善するための対策方法

現在ではwi-fiに接続してインターネットを楽しむことが当たり前になっています。wi-fiが...

スポンサーリンク

洗濯機が室外にあるアパート物件のメリット①

まずは、洗濯機が室外にあるメリットについてご紹介していきます。

●家賃が安い

洗濯機が室外にあるアパート物件の多くは、室内に洗濯機置き場があるものと比べて安いものが多いです。

基本的に、洗濯機置き場は室内にあるほうが人気が高い傾向にあるため、外置きの物件は家賃が低めに設定されているのです。

家賃を抑えたい方や、収入がない学生さんにとっては、大きなメリットとなるでしょう。

●室内を有効に使える

室内に設置しない分、部屋を広く使えることもメリットとなります。

洗濯機は思いのほか場所を取りますので、広さを確保するためにわざわざ外置きにしている物件もあるようです。

特に1人暮らしで予算が少ない場合、狭い物件が候補にあがることも多いと思います。

部屋を有効に使いたい場合は、洗濯機のスペース分でも余裕が生まれるでしょう。

●洗濯物をスムーズに干すことができる

当たり前ですが、外に設置されている洗濯物は洗濯物を干すまでの流れが非常にスムーズに行うことができます。

室内の場合、洗濯機から洗濯物を取り出してカゴに移し、移動して干すという動作を行いますがこの動作を省略することができます。

洗濯は毎日行う方も多いでしょうから、時間短縮になるのはメリットといえるのではないでしょうか。

洗濯機が室外にあるアパート物件のメリット②

続いて、洗濯機が室外にあるメリットをご紹介していきます。

※こちらは、1階・戸建ての場合のメリットです。

●漏水しても被害の心配が少ない

洗濯機の漏水は、いつ発生するか予想できないものです。

洗濯機自体が故障したり、排水ホースの劣化、排水口の詰まりなどでも漏水は発生する恐れがあります。

室内で漏水してしまった場合、室内が水浸しになってしまうことが考えられますし、また、アパートの2階以上にお住まいの方は、下の階の人にも被害を与えてしまうことも考えられます。

その点、ベランダなどの室外に設置されていれば室内への被害は抑えることができますので、その点はメリットといえるでしょう。

●掃除が楽

洗濯機の下やその周辺は、意外に汚れが溜まりやすい場所ですよね。

また、いざ掃除するとなったら重い洗濯機を動かす必要があるため、大変な作業となります。

その点、室外に設置されている洗濯機なら、水でサッと流すことができますので、洗濯機下や周辺の掃除は比較的楽に行えます。

洗濯機が室外にあるアパート物件のデメリット

続いて、アパートの洗濯機が室外にある場合のデメリットについて考えてみましょう。

●汚れや劣化

外に設置してあるということは、日光、雨水、埃、砂などの影響を受けやすく、汚れや劣化が早くなります。

たとえ洗濯機のフタを閉めていたとしても、隙間から砂は侵入してしまいますし、洗濯機の本体に使用されているプラスチックは紫外線に弱いため、放っておくとボロボロの状態にもなる可能性も考えられます。

●盗難やいたずら

洗濯機が室外にあるということは、外部の人が容易に触れることができるケースもあるでしょう。

洗濯機を回している間に洋服が盗難されたり、いたずらされるリスクも考える必要があります。

特に女性の場合は、下着泥棒にも注意しなければなりません。

●冬場は洗濯ができない可能性がある

冬場の寒い時期になると、水が凍ってしまい、洗濯自体ができない可能性もあります。

特に夜間の洗濯は、水道管自体が凍っている可能性が高くなりますので、そうした点も考慮しておきましょう。

室外の洗濯機の劣化を防ぐ対策

ではここから、アパートの室外にある洗濯機の劣化を防ぐための対策について考えてみましょう。

●洗濯カバーの取り付け

洗濯機が劣化してしまうのは、日光による紫外線、雨水などにさらされてしまうことが原因です。

これらを防ぐために、洗濯カバーを取り付けることは洗濯機の寿命を延ばすことに繋がります。

洗濯カバーを選ぶときは、防水加工やUV加工が施されているものがおすすめです。

また、洗濯カバーの中にはカバーをつけたまま洗濯を行うことができるものもありますので、いろいろと探してみるとよいでしょう。

●雨よけシート

竿に通すだけで、ベランダに雨水の浸入を防ぐことができるシートです。

本来は、洗濯物を雨から守ったりプライバシーを守るためのものですが、洗濯機の劣化を防ぐ対策としても効果が期待できるでしょう。

外から見えにくくなるので、女性にとってもうれしい対策となりますね。

室外の洗濯機を快適に使うコツ

ここでは、アパートの室外に設置されている洗濯機を、快適に使用するためのちょっとしたコツをお伝えしていきます。

●洗濯は朝行う

アパートの洗濯機が室外にあることで、1番怖いのは「盗難」ですね。

洗濯機を回す時間帯は、多くの人が活動している朝に行うことをおすすめします。

●洗濯機は安いもので十分

室外に洗濯機を設置すると、どうしても劣化や故障するリスクは高くなります。

たとえ故障しなくても、退去するときに劣化による破損や汚れにより使いものにならない、なんてこともよくある話です。

ですから、洗濯機は捨てることを前提に安いもので十分でしょう。

今現在、多機能洗濯機も数多くありますが、故障などのリスクを考えると、高額な金額を支払ってまで購入する必要はないかもしれません。

●掃除はまめに

室外に置いていある洗濯機は、いとも簡単に汚れてしまいます。

砂や埃などの汚れが洗濯機に侵入すると、故障の原因にもなりかねませんから、こまめに掃除することも心がけましょう。

●コインランドリーの活用も考える

寒い冬場になると、水が凍ってしまうことも想定されます。

その場合、洗濯をしたくても行うことは難しいですよね。

そんなときは、素直に諦めて近場のコインランドリーに持ち込むことも考えましょう。

自分なりに快適に行える、洗濯のやり方を見つけてみましょう。

洗濯機を外に置くならそれなりの対策は必要

洗濯機が室外のアパート物件の最大のメリットは、やはり家賃が安いことです。

そのため、「洗濯機は外でも気にしない」という方にとっては、思わぬ良い物件が見つかる可能性もあります。

ただし、洗濯機はもともと室外で使用することを想定して作られていませんので、紫外線による劣化や故障などのリスクは高くなります。

洗濯機の寿命は、一般的に7年~10年といわれていますが、これは当然室内での使用を想定されたものです。

しかし、室外での使用であっても先ほどお伝えした対策を行うことで、寿命近くまで洗濯機を使うことは不可能ではありません。

洗濯機の劣化を防ぎ、寿命を延ばすためにも、カバーなどでしっかりと対策を行うことは必要な作業といえるでしょう。

洗濯機が室外の場合は対策が必要

洗濯機が外にある物件は、ほかの物件に比べると家賃相場が低いことが多いです。

「洗濯機が外でも気にしない!」という方にとってはお得な物件が見つかるかもしれませんね。

ただし、ここまでご紹介したように、洗濯機はもともと室外で使うことを想定されて作られているわけではありません。

ですから、室外に洗濯機を置く際は、必ず対策を行うことをおすすめします。