窓に面格子を後付けしたい!その方法や費用などを徹底調査!

窓の面格子と聞いて、どのようなものを思い浮かべますか。

面格子といっても、近年ではその種類や素材には色々なものがあります。

設置する箇所も状況によっては様々で、住んでみないとその必要性に気づかないかもしれません。

そこでこちらでは、入居後に窓に面格子を後付けする方法やかかる費用、後付けにおすすめする箇所などについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

室内を快適な温度に保つ方法!窓に断熱シートを貼ると良い?

もし、部屋の暑さや寒さに悩んでいるのなら、窓の状態を見直してみてください。開口部である窓...

窓の防犯はルーバーに任せて大丈夫?DIYで窓周辺の防犯強化

お住まいの住宅にルーバー窓が設置されているところはあるでしょうか。このルーバー窓は、メリ...

窓の周辺に虫!小さい虫から大きい虫まで対策をしよう!

虫は独特な見た目をしていますし、小さいサイズの虫だとしても苦手意識のある方も多いかと思います。...

ロフトが暑い場合の対処法!サーキュレーターを使ってみよう

ロフトがある賃貸物件は憧れてしまいますが、実際に住んでみると契約時には分からなかった夏場の暑さに...

木造アパートでは騒音は避けられない?上下階の騒音の実態

集合住宅でご近所トラブルの一番の原因となるのは、やはり騒音問題でしょう。特に木造アパートでは、マ...

窓のゴムパッキンを取り替える!取り替えの目安や方法は?

窓は、築年数が経つとガタガタしてきたり、だんだん閉まりが悪くなったりすることがありますよね。...

こだわりのニッチに!玄関やリビングにおすすめなサイズは?

こだわりが詰まっているお宅の玄関やリビングなどでよく見かける「ニッチ」。これから新築やリフォ...

窓から入る熱を遮断する!おすすめのアイテムとは?

暑い夏が近づいてくるにつれ、気になってくるのがお部屋の温度対策ですね。特に、南や西に面したお...

窓に隙間テープを取り付けて防音効果を実感しよう!

「隙間テープ」は、使ったことがなくても名前を聞いたことがある方は多いアイテムかと思います。防寒...

ロフトでお布団を使うとカビが心配!すのこを敷いて湿気対策

家賃を抑えたいと思って部屋を探す場合は、どうしても狭い部屋や、部屋数が少ない部屋が候補に挙がるで...

窓に貼ったステッカー類をキレイに剥がす!剥がし方をご紹介

窓ガラスに貼ったステッカーやシールを剥がそうとしても、なかなかキレイ剥がせないことはありませんか...

窓の遮光性を高めるメリットは?おすすめの遮光方法も紹介!

「日差しが強くて部屋が蒸し風呂状態になってしまう…」「寝室に街灯の光が入ってきてよく眠れない!」...

窓に防犯グッズをつけても換気ができる?おすすめをご紹介

空き巣などによる侵入経路として選ばれる場所として、窓が最も多いことをご存知でしょうか。アパー...

窓の断熱シートを使うなら「透明」「不透明」どちらを選ぶ?

窓に貼る断熱シートは、様々な種類のものが販売されています。窓は、寒さや熱さを伝えやすい場所な...

玄関に網戸を取り付けたい!DIYでもできる方法はあるの?

蒸し暑い季節はもちろん、室内にこもった臭いが気になるときなど、「玄関のドアを開けっぱなしにしてお...

スポンサーリンク

窓の面格子とは?その種類と素材について

窓の面格子の形状には様々な種類があり、使われる素材も色々あります。

こちらでは、簡単に面格子の種類や素材について見ていきましょう。

・縦面格子

最もポピュラーな形状の面格子で、低価格かつ扱いやすいことが特徴です。

・井桁面格子、ヒシクロス面格子

井桁面格子とは、縦と横に格子を交差させた形状の面格子をさし、ヒシクロス面格子は、格子を菱形に交差させた形状の面格子をさします。

縦面格子より、機能的にも価格的にも高くなります。

・鋳物面格子

頑丈な作りをした格子なので、切断しにくく防犯に優れています。

また、見た目がおしゃれなので、外観が西洋風の造りの住宅に向いています。

・可動ルーバー面格子

風呂や脱衣所、トイレなどの人目を気にする場所に適しています。

手動はもちろん、リモコンで簡単に開閉ができるものもあります。

・室内面格子

外に開くタイプの窓や、外側に面格子が取り付けられない窓におすすめです。

また、窓の面格子に使われる素材には、アルミ、ステンレス、鋳物などがあり、最もポピュラーな素材は手頃で扱いやすいアルミであると言えるでしょう。

窓の面格子は入居前に取り付けられているものがほとんどかもしれません。

しかしながら、場合によっては面格子を後付けする必要性が出てくることも考えられます。

次項からは面格子の後付けについて詳しくお話ししていきます。

窓に面格子を後付けする理由にはどのようなことが考えられる?

では、いざ新居に住んでみて、窓に面格子を後付けすることを検討する状況には、どのようなことが考えられるでしょうか。

窓の面格子の役割は、大きく分けて防犯と目隠しであると言えます。

そのため、1階や北側の窓に面格子がついていなくて防犯面で不安を感じたり、面格子がないことで外からの視線が気になってしまったりしたときに、面格子の後付けを考えるでしょう。

暮らし始めてから、そのような不都合に気付くことも少なくないはずです。

また、戸建ての住宅に限らず、アパートやマンションなどの賃貸物件でも、そのような必要性を感じることもあるでしょう。

賃貸物件で窓の面格子を後付けしたい場合は、管理会社や大家さんに一度相談してみてください。

もしかしたら、管理会社や大家さんの方でも面格子の必要性を考慮してくれ、設置費用を負担してくれるかもしれません。

負担してくれない場合でも、穴あけ不要で設置できる面格子もありますので、面格子の後付けは可能かどうか、不安を感じたらまずは管理会社や大家さんに相談することをおすすめします。

窓の面格子を後付けするには?依頼先はどこにする?

こちらでは、窓の面格子を後付けするなら、どこに依頼するか考えられる依頼先についてお話ししていきます。

まずは、戸建ての住宅の場合の依頼先についてです。

1つ目はリフォーム業者やエクステリアの専門業者を頼る方法です。

ネットで簡単に自宅周辺業者を調べることも可能で、費用を抑えることも可能な場合もあります。

2つ目は、ホームセンターにあるエクステリアに頼る方法です。

ホームセンターのエクステリアは、身近にあるという利便性がメリットと言えるでしょう。

また、工事にかかる費用も抑えられる傾向にあります。

3つ目は、家を建てたときにお世話になった、住宅会社や建設会社などのハウスメーカーに問い合わせてみる方法です。

この場合は売主業者のオプションとして、手元に入居した際にカタログなどがあるかもしれませんので、ご自宅を探してみてください。

業者を探す手間が省けますし、入居して日が浅い場合には依頼しやすいでしょう。

ただし、費用は若干高めになる傾向があるので注意が必要です。

また、賃貸物件の場合の依頼先については、リフォーム専門業者やエクステリアの専門業者に頼むケースが大半のようです。

繰り返しになりますが、賃貸物件で面格子の後付けを希望する場合には、事前に管理会社や大家さんに相談し、許可を取ってからにしましょう。

窓に面格子を後付けするとしたら?おすすめの箇所や方法はこれ!

面格子を後付けする必要のある場所とは、どのような場所や窓か見ていきましょう。

基本的に面格子は、死角になりやすい場所へ設置されることが多いと思います。

そのため、以下のような窓に面格子がない場合には、防犯面で心配かもしれません。

・北側の窓
・雨戸やシャッターのない窓
・脱衣所や納戸の窓
・2階のトイレなどの小窓

このような窓には面格子の後付けを考えたほうが良いでしょう。

また、面格子の後付けにはいくつか方法がありますが、外壁にビスで取り付けするタイプが最もポピュラーです。

しかしながら、高層だったり、外開きの窓であったりなどの理由で、室外側への取り付けが難しい場合は、室内側に取り付ける方法もあります。

特に、賃貸物件の場合には、壁を傷つけずにサッシ枠に枠づけブラケットを使って取り付けするタイプもあるので、おすすめの方法と言えるでしょう。

窓の面格子後付けにはどの位の費用がかかる?

面格子の後付けにかかる費用は、面格子の素材や大きさによって違ってきますが、おおよその金額などについてご紹介していきます。

お風呂場やトイレの窓の面格子の場合ですと、大体2万円から5万円程度が相場です。

目隠しフィルター付きの面格子の場合は、5万円から8万円程度となります。

また、面格子の素材によっても金額が変わると前述しましたが、アルミ、鋳物、ステンレスの順に金額が高くなります。

さらに、縦面格子、ヒシクロス面格子、鋳物面格子、可動ルーバー面格子、ステンレス製の面格子などの順に、施工にかかる金額が上がっていきます。

防犯性を優先的に考慮して設置する場合は、ステンレス製のものを使用すれば安心ですが費用はかさむでしょう。

後付けにかかる費用を抑えたい場合は、複数の業者に見積もりを出してもらうのも一つの方法です。

面格子選びに失敗したかも?トラブル例とその対策とは

面格子を設置しても、結果的に後悔することになるケースもあるようです。

●防犯性を高めるために面格子を設置したが、面格子が足場になって逆に空き巣に入られた

●面格子を後付けしたが、アルミ素材の面格子だったため切断されてしまった

●面格子が雨で腐食しさびてしまった

●目隠しのつもりで面格子を後付けしたが、格子の幅が想像より広く目隠しの意味をなさなかった

●目隠しのルーバー面格子をつけたら、部屋の中が暗く感じるようになった

●面格子があることで安心し、油断して窓を開けたまま外出したら空き巣に入られた

ほんの一例ではありますが、上記のようなトラブルがあるようです。

エアコンの室外機など、窓の下に足場となるものを置かないようにすることで防げるトラブルもあります。

また、室外に設置する面格子なら、ビスの頭を露出させず取り外ししにくくするように一工夫するなども有効です。

そのため、面格子を後付けする際には、面格子の素材や取り付け場所、取り付け方法などをじっくり考慮して、空き巣に強い素材や形状のものを選ぶことが肝心です。

防犯対策や目隠し効果をあげるには面格子の後付けは有効!

窓の面格子の役割や後付けの方法などについてご紹介してきました。

取り付け方を間違わなければ、窓に面格子を後付けすることは決して無駄ではありません。

この記事を参考に、窓の防犯面に不安がある方は面格子の後付けを検討してみてください。

現状回復の義務がある賃貸物件や、外からの取り付けが難しい窓には室内面格子も効果を発揮してくれるでしょう。