うっかり家賃の振込みを忘れた際の対処方法

毎月支払わなければいけない家賃ですが、ついつい忙しく家賃の振込みを忘れた…ということもあると思います。

忘れた際は、どのようにしたら良いでしょうか。

また、忘れたままにして放っておくとどうなってしまうかを簡単にお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

住所を正式に書くときの書き方について

郵便、契約書、招待状の返信等、日常において名前と住所の記載を求められるケースがありますよね。名...

気をつけたい賃貸住宅のフローリングのへこみ!防止対策は?

ベッドや机、本棚のような重たい家具を置いた所の床は、気をつけないとフローリングにへこみができてしまい...

「ロフトのはしごは邪魔だ」と不評?メリットも多くある!

ロフトの付いている部屋に憧れて、ロフト付きの物件を探している方もいらっしゃるのではないでしょうか...

農地転用の疑問!青地や白地とは何?転用しても大丈夫?

農地転用をして宅地とし、家を建てようと考えている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、農地...

給料の手取りが12万円、一人暮らしはどんな生活になるか?

なかなか勤め先に恵まれず、給料の手取りが12万円程度しかないけれど、一人暮らしをするという場合、生活...

築年数が古い物件も選択肢に!安くておしゃれな物件もある

賃貸物件を探している人のなかには、築年数10年以内など、選択の幅をぐっと狭めている人もいらっしゃる...

No Image

集合住宅での問題!管理会社へのクレームにも言い方がある?

マンションやアパートに住んでいて、「住人による騒音や様々な問題で悩んでいる」という人もいるのでは...

窓の遮光は100均グッズで簡単お手軽にできる!

部屋に入ってくる日差しや光は、遮光カーテンに変えたり窓自体を遮光してくれるものにしなければ中々解...

窓にシャッターは必要?働きを知って取りつけを検討しよう!

家を建てるためには、部屋の間取りや内装から外観まで、たくさんのことを決めなければなりません。...

幼稚園児による駐車場トラブル!こんなことに気を付けよう!

自分の足で上手に歩けるようになってきた我が子には、日々の成長を感じることでしょう。とくに、幼...

中古物件の見学にはルールがある?手土産はどうすべき?

近年、マイホームの購入に、新築ではなく中古物件を選ぶ人が増えています。ですが、中古物件を見学...

窓やクーラーの隙間から虫が侵入!?それぞれの対処法は?

きちんと塞がれていると感じていても窓やクーラーにはごくわずかな隙間が存在しているのです。そんな...

家賃値上げの告知を受けたらどうする?借主が対応すべきこと

賃貸物件に長い間住んでいると、家賃の値上げの告知を受けるかもしれません。この家賃の値上げです...

窓の格子にすだれを挟む?格子付きの窓の日除け&目隠し対策

格子付きの窓の日除けや目隠し対策に、何をお使いですか?夏場、窓を開けて風を通したい時など、カー...

貸主から敷金の返還で領収書の発行を要求された場合の対処法

賃貸を退去する際、部屋の状態が良ければ、普通なら敷金が返還されることになります。しかし、敷金...

スポンサーリンク

家賃を振込み忘れたら追い出される?

契約時に約束した期日に、家賃の振込みが確認されなかった場合、数日で管理会社、または大家さんより連絡があります。

電話の場合「お振込みお願いします」というような簡単なアナウンスになりますので、あまりナーバスにならなくても大丈夫です。

この電話で、いつまでに支払うと約束することがほとんどです。

忘れた旨をしっかりと謝れば、大きなおとがめはありません。

その後も振込みの確認が取れない場合は、書面で連絡がきます。

度重なる書面通知でも振込みがない場合は、内容証明で督促が来ることもあります。

管理会社、大家さんが滞納による強制執行に向けて、督促の準備を始めるのがこの期間です。

家賃をうっかり振込み忘れただけでは、突然部屋を追い出されることはありません。

忘れた場合は、なるべく早く振り込みようにしましょう。

家賃を振込みせず忘れたままにし続けた場合

家賃を振込むのを忘れたまま、管理会社や大家さんからの電話や書面を無視し続けると、直接訪問に来ます。

これは、お部屋の中で倒れていないか、事故がないか安否確認も兼ねます。

それでも居留守を使ってしまったり、長期不在のまま連絡が取れずにいると、悪質と見なされ兼ねません。

契約書などで決められた一定期間を過ぎると、賃貸の契約解除の手続きに入ってきます。

契約解除になった場合も、未払いの家賃を払わなくても良いというわけではありません。

そのまま振り込みが確認できなければ、債務不履行として法律や契約に則って立ち退きを迫られてしまいます。

「遅延損害金」が発生することもありますし、場合によっては「強制退去」になることもあります。

家賃の振込みを忘れたらすぐに連絡を入れましょう

家賃の振込みを忘れてしまった場合、まずは電話をして置くとその後の対応が変わってきます。

以下のことを伝えておきましょう。

・家賃の振込みを忘れたこと
・いつ振込みができるか
・大家さんへの謝罪

誰でも忘れてしまうこと、うっかりしてしまうことはよくあります。

長期で出張や旅行に行っていたりしてついつい忘れてしまったりすることもあります。

何も連絡がないままだと、管理会社さんや大家さんも心配になってしまいます。

現在は、一人暮らしのお部屋での事故や病気、孤独死が大変多くなり問題となっています。
そのような心配もあるので、無事を知らせるためにも連絡を入れるようにしてください。

大家さんによっては家賃収入で生活をしている方も多いので、振り込める日程をお知らせしておくことも大切です。

度々振込みを忘れると大変なことに

度々家賃の振込みを忘れたままでいると、約束の守れない入居者とみなされ、更新手続きができなくなるケースもあります。

大家さんにとっては、空室になるリスクもあります。

しかし、家賃が滞り気味のまま不安なまま入居者を抱えているよりは、新しいより良い入居者さんが良いと考える大家さんも、少なくありません。

退去となると、新しい部屋を探し、初期費用、引越し費用と負担も増えてしまいます。

また、忘れたまま滞納し続けていると、退去時に清算しなければいけなくなるので、それも大きな負担になります。

家賃の振込みを忘れたまま放っておくと更新ができずに、退去のリスクもあるので、もし忘れてしまった場合は、誠意をもって対応するようにしましょう。

振込みを忘れて使ってしまった場合

家賃の振込みを忘れたまま、生活費や遊興費などで使ってしまい、支払えなくなった場合、こちらも大変困ってしまうケースです。

すぐに管理会社さんや大家さんに連絡を入れましょう。

以下のような内容を、率直にお話してみてください。

・振込みを忘れた謝罪
・お金が足りないこと
・来月に払えるかどうか

こちらに落ち度があるので、あくまでも相談という形でお話してみましょう。

来月に2ヶ月分や、今支払える金額だけ、振込みなどできる範囲で、相談に乗ってくれると思います。

無理な金策で苦しくなる前に、素直に謝罪し相談をすることが大切です。

あくまで人から借りているお家なので、家賃を払わずに済むということはありません。

今後も家賃の支払いが苦しくなるようならば、引っ越しも検討しておくべきでしょう。

振込みを忘れないためにできること

うっかり家賃の振込みを忘れないために、しておいた方が良いことがあります。

・銀行で自動引き落としの手続きをする
・カレンダーアプリに振込み日を登録する
・給料が入ったらすぐに振り込んでおく

自動引き落としの手続きをしておけば、残高不足が起こらない限り毎月自動で振り込んでくれます。

また、スマホを使用している場合、カレンダーアプリに登録しておけば、振込み日をお知らせしてくれます。

忙しくて忘れがちな方は、こういった手続きをとっておくと便利です。

また、すぐ使ってしまいそうで不安な方は、毎月のお給料日や締め日に家賃を振り込んでしまいましょう。

忘れたままでいると、電話をしたり督促を受けたりと不安な日々になってしまいます。

期日までに振り込めるように、準備をしておくことも大切です。

家賃を振込み忘れたらまずは連絡を入れましょう

家賃の振込みを忘れたら、まずは管理会社さんか大家さんに電話などで連絡を入れましょう。

そのままにしておくと、相手も事情が分からず不安になってしまいます。

また、お部屋の中で事件や事故があったのではないかと心配にもなります。

家賃の振込みを度々忘れたままにしておくと、更新ができなくなったり、住み続けることができなくなる可能性もあります。

誰でもうっかりと忘れてしまうのはあることですが、誠実に対応することで、信頼しあえる関係を続けていきましょう。