うっかり家賃の振込みを忘れた際の対処方法

毎月支払わなければいけない家賃ですが、ついつい忙しく家賃の振込みを忘れた…ということもあると思います。

忘れた際は、どのようにしたら良いでしょうか。

また、忘れたままにして放っておくとどうなってしまうかを簡単にお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家賃の振込を自動で引き落としたい どの方法がお得?

家賃の振込は、毎月のことで少々面倒なことです。しかも、遅れてしまうと大変なことになります。...

LDKのそれぞれに合うおすすめの照明の色は?

ご自宅の照明の色にこだわっていますか?照明の色を変えるだけで、部屋の雰囲気を大きく変えることが...

登記したけど錯誤がある!登記にかかる費用の登録免許税とは

まれに「不動産登記を過去にしたものの、内容に錯誤があった」ということもあるといいます。登記事...

家賃が高いと感じるのは自分が原因かも?おすすめ節約術5選

アパートやマンションなどの賃貸物件は、気軽に入居できることが魅力のひとつです。ですが、その気軽...

引っ越し先でベランダに出る窓のカーテンの長さが合わないとき

カーテンは、部屋の中で重要な役割を果たしています。引っ越しをしたときには、プライバシーを守る...

家賃を延滞すると利息がつく?それっていくらになる?

家賃を延滞すると、どのようなことが起こるのでしょうか。家賃に利息がつく?その金額はどのくら...

家賃の振込手数料の負担を軽減したい!おすすめの方法は?

家賃の支払いで指定の銀行などに家賃を振り込まなければならない場合、振込手数料というものが発生しま...

賃貸住宅のフローリング、ワックス剥がれは誰が負担する?

現代の生活様式に合わせて、多くの賃貸住宅がフローリングを採用しています。生活の中で、最も多く...

延べ床面積の計算の仕方は?平米(m2)と畳数・坪数の関係も

住まい探しをする際や、新しい家を建てる際に、「延べ床面積」という言葉を耳にすることがあると思いま...

準防火地域とは?窓・サッシ・シャッターに規制があるの?

建物の建設を考えている、あるいは購入した土地が準防火地域だったらどうなるのでしょうか。普段聞き...

家賃滞納をしたら家賃保証会社が動きだす目安は何ヶ月なの?

賃貸住宅において、連帯保証人の代わりを家賃保証会社が請け負うことが多くなっているようです。賃...

支払った敷金が返金される?お金が戻ってくるのはいつ頃?

アパートなどを探していると、家賃や礼金のほかに、「敷金」といった項目がありますよね。この敷金...

一人暮らしで家賃6万は高い?適正価格を知るための予備知識

一人暮らしを始めるとなると、最初に直面する問題は物件選びではないでしょうか。気に入った物件を見...

住所の正式な書き方とマンション名の表示について

住所を正式にマンション名を入れて書くことができますか?きっと書けますと言われるかもしれません...

賃貸物件の火災保険に加入してる?更新はどうすればいいの?

賃貸物件を借りるとき、火災保険にはきちんと加入していますか?火災保険に未加入のまま万が一でも...

スポンサーリンク

家賃を振込み忘れたら追い出される?

契約時に約束した期日に、家賃の振込みが確認されなかった場合、数日で管理会社、または大家さんより連絡があります。

電話の場合「お振込みお願いします」というような簡単なアナウンスになりますので、あまりナーバスにならなくても大丈夫です。

この電話で、いつまでに支払うと約束することがほとんどです。

忘れた旨をしっかりと謝れば、大きなおとがめはありません。

その後も振込みの確認が取れない場合は、書面で連絡がきます。

度重なる書面通知でも振込みがない場合は、内容証明で督促が来ることもあります。

管理会社、大家さんが滞納による強制執行に向けて、督促の準備を始めるのがこの期間です。

家賃をうっかり振込み忘れただけでは、突然部屋を追い出されることはありません。

忘れた場合は、なるべく早く振り込みようにしましょう。

家賃を振込みせず忘れたままにし続けた場合

家賃を振込むのを忘れたまま、管理会社や大家さんからの電話や書面を無視し続けると、直接訪問に来ます。

これは、お部屋の中で倒れていないか、事故がないか安否確認も兼ねます。

それでも居留守を使ってしまったり、長期不在のまま連絡が取れずにいると、悪質と見なされ兼ねません。

契約書などで決められた一定期間を過ぎると、賃貸の契約解除の手続きに入ってきます。

契約解除になった場合も、未払いの家賃を払わなくても良いというわけではありません。

そのまま振り込みが確認できなければ、債務不履行として法律や契約に則って立ち退きを迫られてしまいます。

「遅延損害金」が発生することもありますし、場合によっては「強制退去」になることもあります。

家賃の振込みを忘れたらすぐに連絡を入れましょう

家賃の振込みを忘れてしまった場合、まずは電話をして置くとその後の対応が変わってきます。

以下のことを伝えておきましょう。

・家賃の振込みを忘れたこと
・いつ振込みができるか
・大家さんへの謝罪

誰でも忘れてしまうこと、うっかりしてしまうことはよくあります。

長期で出張や旅行に行っていたりしてついつい忘れてしまったりすることもあります。

何も連絡がないままだと、管理会社さんや大家さんも心配になってしまいます。

現在は、一人暮らしのお部屋での事故や病気、孤独死が大変多くなり問題となっています。
そのような心配もあるので、無事を知らせるためにも連絡を入れるようにしてください。

大家さんによっては家賃収入で生活をしている方も多いので、振り込める日程をお知らせしておくことも大切です。

度々振込みを忘れると大変なことに

度々家賃の振込みを忘れたままでいると、約束の守れない入居者とみなされ、更新手続きができなくなるケースもあります。

大家さんにとっては、空室になるリスクもあります。

しかし、家賃が滞り気味のまま不安なまま入居者を抱えているよりは、新しいより良い入居者さんが良いと考える大家さんも、少なくありません。

退去となると、新しい部屋を探し、初期費用、引越し費用と負担も増えてしまいます。

また、忘れたまま滞納し続けていると、退去時に清算しなければいけなくなるので、それも大きな負担になります。

家賃の振込みを忘れたまま放っておくと更新ができずに、退去のリスクもあるので、もし忘れてしまった場合は、誠意をもって対応するようにしましょう。

振込みを忘れて使ってしまった場合

家賃の振込みを忘れたまま、生活費や遊興費などで使ってしまい、支払えなくなった場合、こちらも大変困ってしまうケースです。

すぐに管理会社さんや大家さんに連絡を入れましょう。

以下のような内容を、率直にお話してみてください。

・振込みを忘れた謝罪
・お金が足りないこと
・来月に払えるかどうか

こちらに落ち度があるので、あくまでも相談という形でお話してみましょう。

来月に2ヶ月分や、今支払える金額だけ、振込みなどできる範囲で、相談に乗ってくれると思います。

無理な金策で苦しくなる前に、素直に謝罪し相談をすることが大切です。

あくまで人から借りているお家なので、家賃を払わずに済むということはありません。

今後も家賃の支払いが苦しくなるようならば、引っ越しも検討しておくべきでしょう。

振込みを忘れないためにできること

うっかり家賃の振込みを忘れないために、しておいた方が良いことがあります。

・銀行で自動引き落としの手続きをする
・カレンダーアプリに振込み日を登録する
・給料が入ったらすぐに振り込んでおく

自動引き落としの手続きをしておけば、残高不足が起こらない限り毎月自動で振り込んでくれます。

また、スマホを使用している場合、カレンダーアプリに登録しておけば、振込み日をお知らせしてくれます。

忙しくて忘れがちな方は、こういった手続きをとっておくと便利です。

また、すぐ使ってしまいそうで不安な方は、毎月のお給料日や締め日に家賃を振り込んでしまいましょう。

忘れたままでいると、電話をしたり督促を受けたりと不安な日々になってしまいます。

期日までに振り込めるように、準備をしておくことも大切です。

家賃を振込み忘れたらまずは連絡を入れましょう

家賃の振込みを忘れたら、まずは管理会社さんか大家さんに電話などで連絡を入れましょう。

そのままにしておくと、相手も事情が分からず不安になってしまいます。

また、お部屋の中で事件や事故があったのではないかと心配にもなります。

家賃の振込みを度々忘れたままにしておくと、更新ができなくなったり、住み続けることができなくなる可能性もあります。

誰でもうっかりと忘れてしまうのはあることですが、誠実に対応することで、信頼しあえる関係を続けていきましょう。